• ベストアンサー
  • 困ってます

旧法による借地権と普通借地権

旧法による借地権と普通借地権との違いについて教えてください。 現在購入検討中の家が旧法借地権と契約書(案)に書いてあるのですが、契約満了日が平成39年10月10日となっております。 契約書には「但し、法律上の定めにより更新されるものとする」 と記載があります。 どういう意味でしょうか?? 皆さん教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数568
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

新法の借地権は更新できない定期借地権がありますが、旧法の借地権は契約満了時に自動的に更新される法定更新になります。 (新法でも法定更新はありますが) 法定更新は貸主と借主の同意が無い場合は、法律の定めに則り自動的に20年は更新されると言う事です。 もっとも貸主が出てゆけと言っても、それを認める程の理由と言う物はなかなか存在しませんし、仮に出てゆかなくてはならなくなった場合は、建物買取請求権が生まれるので、買取れと貸主に強制できます。 そんな感じでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、、、ありがとうございます。20年というのは決まっているのでしょうか?そのまた20年後も同じように更新されるということなのでしょうか、、、地代を固定資産税見たいなものと考えれば所有権と変わりませんね。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>地代を固定資産税見たいなものと考えれば所有権と変わりませんね。 ダメですよ。 所有権と確実に違う点があるのを忘れずに。 借地は他人の土地であり一部は借地権者の財産でもあるけど、所詮他人の財産。 その財産に抵当権が設定されていると、のちのち厄介な事になるかもやしれません。 登記簿をよく確認してから契約をした方がいいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>そのまた20年後も同じように更新されるということなのでしょうか、、、 その後も20年ずつ更新されます。 詳細はWebサイトで確認してください。 http://allabout.co.jp/house/buyhouseshuto/closeup/CU20030617A/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

大まかに言えば、借地借家法制定前か後かの違いで、借主に不利な内容は全く無いので心配いりません。 契約満了日の記載はあってもあまり意味が無く、形式上書いてあると捉えて良いです。 なぜなら法律で自動更新する事が定められているからです。 大変強い権利で、地代さえ払っていれば永久に存続すると考えていれば良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。購入に前向きになれそうです。

関連するQ&A

  • 借地権(旧法)の更新について

    親の借地権について質問です。 今年、別居している親の借地権(旧法)の期限がきます。 先日親が軽い梗塞で一時入院し、現在は介護施設に入れています。 私の仕事の関係ですぐに同居が難しく、借地上の親名義の建物が空家になっています。 先日地主さんに借地契約の更新を申し出たところ、「誰も住んでいないのだから借地契約は更新しない」と言われました。 ネットで調べたところ、旧法借地権であれば、更新されるものと思っていたのですが、上記のような理由で空家の場合、返さなければいけないのでしょうか? また、私は今は住めないのですが、誰か(いとこなど)に住んでもらって空家を解消すれば良いのかなど考えています。 よろしくお願いいたします。

  • 旧法借地権を今新しく契約

    旧法借地権での土地賃貸借契約を、 今現在あらたに結ぶことに違法性は無いのでしょうか? (ネットを見る限り旧法の方が、賃借人が保護されているような内容なので 不動産屋さんのすすめ通り、その内容で契約したいのですが・・・) 郊外の田舎の土地ですが ・契約時に地代以外(一年分)の費用は無し ・契約期間30年、更新可、更新料無し ・返還時(更新時期途中、満了いずれでも)は更地戻し ・保証金無し ・書き換え料、各改築、増築に承諾料なし、移転料も無し ・純粋に地代を年ごとに地主に払うだけ という契約を結ぼうとしていますが、これは旧法でしょうか新法にあたるのでしょうか? また、賃貸契約を結んでいるだけで、借地権を有していると考えてよいのでしょうか? (地主の承諾が得られて、借地権を売る??というような場合、 自分が借地権を有している証明は「賃貸借契約書」のみということかどうか) 売却の時には (1)建物を撤去して、更地の状態で第三者に任意の価格で売却 (2)建物をそのままにして、第三者に建物+借地権という形で売却 などは可能なのでしょうか? それとも、保証金も承諾料も更新料も無しの、シンプルな賃貸借では ただ土地を地主さんに返す(賃借契約を解除する)のみになるのでしょうか? また、30年契約を途中で解約した場合にも(年単位の支払いは返還されないようですが) 特に残存期間の地代の請求などもされないようなのですがこれも一般的なのでしょうか? 分からないことだらけで恐縮ですが、 詳しい方よろしくお願いします。

  • 借地権 新法 旧法

    昭和10年代頃から借りていた土地の契約を取り交わしていなかったので 平成4年の日付で 20年借地権契約をしました。期間が平成2年のから22年のまでです。 この契約は 新法か旧法かどちらにあてはまりますか。

  • 借地権の更新料と地代の違い

    借地権20年の期限が来て、貸主から契約の更新料を請求されました。最初に契約をした時点では口頭でも書面でも更新料については取り決めていません。力関係から言って何がしかを払うしかない、と思っています。これから契約書を作ります。 そこで不動産所得からの控除に関して更新料でなく地代の値上げとして支払うとどうかな、と思いつきました。 借地権の更新料と地代は法律上はどう違うのでしょうか?

  • 旧法借地権と新法定期借地権

    自宅の購入を考えています。旧法借地権ということで不動産屋から紹介された 物件を購入しようとしていますが。契約前に書類を見ると定期借地権に代わっていました。 土地の持ち主に尋ねると旧法です。と言われていますがいまいちよくわかりません。 旧法と新法の詳しい違いを教えてください。また中古なので 13年後に借地権の更新が あると言われましたがこれも旧法でもあるのでしょうか?

  • 借地権について、教えて下さい。

    親の代から、もう40年以上、借地に家を建てているのですが、親がなくなり私が、借地権を相続することになりました。丁度そのときに借地権の更新の時期にあたります。新しい契約は、新しい法律(定期借地権とか?)で契約しなければいけないのでしょうか?又このような場合何か注意することがありましたら教えて下さい。

  • 中古戸建てでの旧法借地権の新規契約

    旧法借地権付き中古戸建ての購入を検討しています。 新築の場合は、業者が古家とともに借地権も買い取って、地主に建て替えの了承を頂ければ、旧法借地権新規20年というのは理解できます。 中古であるなら、売主と地主との借地権契約を名義変更して、私が契約を引き継ぐことになると思います。この場合の契約期間は、原契約の残存期間になるはずです。 売主と地主との借地権は、すでに消滅または終了しているとするならば、新規の借地権は新法によるものになると思います。 業者に頂いた中古戸建ての図面には、地代と旧法借地権新規20年と書かれています。中古で旧法賃借権新規20年とは、どういったことなのでしょうか? 私は、「名義変更と同時に20年更新する」ことではないかと思ってます。で、地主への承諾料等の支払いは、借地権評価額の10%のみとすることが、売主と地主で話がついている。 ちなみに、神奈川県の場合、中古物件の売買時の名義変更承諾料は、売主負担で売買代金に含まれているものでしょうか?

  • 普通借地権と旧法の更新

    普通借地権と旧法での借地契約では、 更新拒絶に関してはほぼ一緒で、正当事由がなければ出来ないということでよいのでしょうか? イメージ的には旧法であれば地主は土地が帰ってこないという借地人有利な契約で、 新法ではそれが払拭されたのかと思ってました。 正当事由が無ければ更新拒絶ができないのであれば、 新法でも定期じゃなく普通借地権で契約すれば借地人としては安心でしょうか? よろしくお願い致します。

  • 借地権 契約満了時について

    今旧借地権の土地に主人名義の建物に住んでいます 契約が20年でまだ先のことなのですが疑問が出てきましたので質問させてください ここを購入する際 20年後契約更新をしなくても契約時に支払った土地賃貸料(?)の何千万というお金は 大家なり第3者なりから戻ってくる(買い取ってもらえる)と言われて購入をしたのですが 最近 契約満了時には何千万と言うお金はやはり戻ってこないのではないかと思い始めました もし戻ってこないのであれば契約満了になる前に第3者に売るなり大家に買い取ってもらうなりしたいので 契約満了時について教えてください

  • 借地権契約 旧法?新法?

    父の友人(=現借地人)から借地権付建物譲渡の話があり、現在前向きに話を進めています。 地主側も当方も不動産業者を介していて、双方の業者ともに『旧借地借家法に基ずく契約』となると説明しています。 しかし、借地権関係の書籍を読むと『平成4年の新法借地借家法施工以降に締結された普通借地契約は新法に基づく』とされているように読めます。 今回の契約は名義変更ではなく、新たに20年の契約を結ぶことになっています。 今回の契約で旧法に基づいて契約ということがありえるのでしょうか? ありえるとすれば、旧法に基づくことで不利はないのでしょうか?(新法では非堅固30年契約らしいですが?) 以上、よろしくお願いします。