• 締切
  • すぐに回答を!

タコメーターの種類について

  • 質問No.56689
  • 閲覧数618
  • ありがとう数4
  • 回答数1

お礼率 49% (55/112)

タコメーターを取り付けるにあたって機種選定をしているのですが、タコメーターにはステップ(パルス?)モータータイプと普通のタイプ(?)があるようです。
ステップモーターは値段が少し高いようですが、普通の電子式タコメーターとの違いは何でしょうか。
ちなみに、検討しているメーカーは大森です。
よろしくお願いします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
通常のタコメーターはアナログ式(積分回路を利用しています。イグニッションパルスによってトリガされるワンショットマルチの出力を積分しています)ですが、ステッピングモーターをドライブする形式のものでは、単位時間あたりのパルスの数をカウンターで計測し、ステッピングモーターをドライブすると言うデジタル構成の回路で在ると考えられます。どちらが正確かと言えば、後者の方が誤差は少ない(最小分解能にもよりますが)でしょうが、実際使用するにあたって数%の誤差が問題になるようなことは、よほど高度にチューニングされたエンジン以外ではないと思います。まぁ「こだわり」の問題ですね。運転中に50や100の回転数の差を確実に管理して、運転できるとしたら、もうプロレーサーのレベルでしょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ