• 締切
  • すぐに回答を!

小学校、中学校の教員採用について

  • 質問No.5661924
  • 閲覧数1402
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 91% (21/23)

自分は今まで中学か高校の英語の教師になりたかったのですが、最近になって中学や高校の教員採用の倍率が恐ろしく高いことに気づきました

英語の教員は社会科とかよりは倍率は低いらしいのですが、それでも8倍台とかばっかりでした

そこで、自分は小学校の教員の採用倍率を調べてみたのですが、首都圏では2倍台とかがザラですよね?

自分は小学校で全教科教えるよりはやはり中学で英語を専門に教えたいのですが、中学高校の教員志望者で、非常勤講師をやりつつ何年も正規採用待ちな方も大勢いる状況を考えると、やはり小学校の方が安全なのかな・・・と考えているのですがどうでしょうか?


やはり中学の英語の教師は小学校とは比にならない狭き門なのでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 35% (27/77)

中学校・高校は教科別の採用になりますので,どうしても採用枠が少ないですよね。
中学校全体での倍率を考えると,小学校全体より低かった時代もありましたが,小学校全体と中高の教科別の倍率を考えると,やはり狭き門といえると思います。
もちろん,臨時講師等をしながら,中学校英語の試験を受験し続ける方法もありますが,見通しもなく不安ですよね。
もし,小学校の免許をお持ちなら,一度小学校で採用されて,その後中学校への転勤を希望するという方法もあります。これは都道府県の異動方針の違いがあると思いますので,小中間の人事交流があるかを確認しておいてくださいね。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ