• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

中古住宅の断熱効果

これから中古住宅を探そうと思っているのですが、予算の関係上築30年以上の住宅も視野に入れています。ただ古い住宅になると断熱効果が薄いとよく聞きますが断熱効果を考慮すると築何年くらいまでがいいでしょうか。また、リフォームで断熱材を補充してもらうとするといくらくらいかかるでしょうか。建屋は2階建てで床下面積は90m^2程度を想定しています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • srakky
  • ベストアンサー率37% (37/99)

中古住宅を売ろうとしているものです。 しかも築30年以上の(^_^;) 私の伯父が建て売りの会社を50年経営してきたので、私たちは今年伯父のところで建ててもらったのですが、断熱材が入り始めたのは建て売りではそんなに昔からではないようです。(詳しいことはハウスメーカーにでも聞いてみてください。) 事実、売ろうとしてる家も断熱材なんてゼロですし、実家も30年以上経ちますが入ってませんね~。 あまり期待しないほうがいいと思われます。 ということで、断熱材を購入してから入れてもらうというのは大正解だと思います。 最近はリフォーム済みで売っている物件が多いですが、断熱対策なんてされて売られることはないと思うので、上っ面だけ・・ 壁紙を張り替えたり畳を取り換えたり、水周りをとりかえたり、よくて外壁の塗り替えくらいでしょうか。 リフォームを専門にしている知り合いも言っていましたが、「高く売りたいため」に見た目だけでもとやりかえているので、 基本は変わらないと思いますよ。 たとえば耐震なんて、そんなことを気にする人はリフォームでは皆無だと。 私たちは、新築するにあたって、耐震なども考えたりしたので、買ってくれる人には「自分がやりたいところまで」やってもらうために、 あえてリフォームせず売りだしました。 予算で考えるのであれば、私なら古いリフォームなしのものを購入して、まずは基礎の部分だけ(耐震と断熱)と、床が危ないのはこまるので床くらいは直し、それだけにして暮らし始めますね。 で、お金に余裕ができてから気になるところを少しずつという具合に直していきます。 それが一番無理なくできると思うので。 今不況なので、無理はしないほうがいいと思われますし。 (うちも買ったのはいいんですけど、住宅ローンの破たんをニュースで聞くたびに自分がそうなってしまったら・・と気分が悪くなってしまいます) いくらかかるか、というのは、リフォーム店に聞かれたら教えてもらえると思います。知人いわく、今はどこも不況で仕事がないので「したい」って言えば飛んでくるって(^_^;) いい物件に出会えるといいですね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご経験を踏まえた適切ななコメントありがとうございました。 >「高く売りたいため」に見た目だけでもとやりかえているので、基本は変わらないと思いますよ。 >たとえば耐震なんて、そんなことを気にする人はリフォームでは皆無だと。 このあたりのことは大変参考になりました。急がずにじっくりと物件探しを続けたいと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.4

 断熱という考えがしっかりしているのはせいぜい築10年内の住宅でしょう。  サッシの性能であればここ5年でしょう、それ以前のはアルミ枠の住宅しかないでしょう。外側はアルミで内側がプラが標準的になってきたのはごく最近のことでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。 >断熱という考えがしっかりしているのはせいぜい築10年内の住宅でしょう。 そうなんですね。よく分かりました。ありがとうございました。

  • 回答No.3

断熱とありますが、古い家は隙間だらけです。 断熱材があっても効果はほとんどありません。 住むときのリフォームに合わせて防水シートと気密シートを張ってもらったほうがいいかもしれません。 他の方も書かれていますが耐震もされていなかったり非常に弱い可能性があり、合わせて工事されるといいと思います。 自分でLDKなどメインの部屋の壁に構造用合板を張っちゃうという手もあります。 この辺は中古ならではの楽しみなのかもしれません。 工事費と予算のバランスですね。 場合によっては新築の方が安くなっちゃうこともありますからよ~く検討してくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。 >古い家は隙間だらけです。 断熱材があっても効果はほとんどありません。 う~ん,そうなんですね!具体的な対策を教えていただき,ありがとうございました。今までいただきましたコメントを参考にしてじっくり検討していきたいと思います。

関連するQ&A

  • 中古住宅の欠陥について

    中古住宅の下見をしたところ、床下や屋根裏を見たとき、素人目には構造的な欠陥はなさそうでしたが、断熱材は隙間だらけでお粗末な施工に見えました。 一応注文住宅なようなのですが、このぐらいの手抜きはあるものなのかなと思っています。 中古住宅を決められた方にお聞きしたいのですが、どの程度欠陥について妥協されたのでしょうか?参考に教えてください。

  • 断熱材と防水紙の入っていない中古住宅について

    築24年の中古住宅を購入する事にしました。現在、売主様が居住中です。2度目の内覧の時に不動産屋さんの連れてきた一級建築士とは別にこちらで第三者の一級建築士を含む3人の建築士の方に住宅診断して頂きました。その結果、天井裏、床下、壁の全てに防水シートと断熱材が入っていないとの診断でした。実際に写真も提示されました。外壁はサイディングで再塗装されています。第三者の建築士の方によると築30年位の住宅で防水紙が入っていない施工は考えられないとの事でした。その写真を不動産屋さんに渡してお話をした所、不動産屋さん側の建築士に相談して回答するとの事でした。実際に防水紙と断熱材を施工しないで張れるサイディング材等は有るのでしょうか? とても気に入った物件ですのでどうしても諦めきれない気持があります。下手な文章表現で恐縮ですがどなたかアドバイスお願い致します。

  • 中古住宅 断熱工事の費用

     中古住宅を購入して断熱工事を行うとするとおおまかにいくらくらいかかるのでしょうか。  仕様にもよると思いますが、 (1)築15-20年程度の内断熱で施行されている家 (2)建坪20坪程度、2階建て直方体の形状  このような家の断熱工事を内断熱あるいは外張り断熱で行った場合、どの程度の費用がかかってくるものなのでしょうか。断熱材の性能等でも価格は変わってくるかと思いますが、大まかに500万程度だとか1千万くらいかかるとか...。

  • 築28年中古住宅の寒さ対策

    この度、中古住宅を購入しました。 すきま風も無くしっかりしたすきや造りの家ですが、 いかんせん寒いです。 リフォームの際、フローリングの床下に断熱材を いれてもらいました。 でも窓が大きいのか朝などけっこう寒いです。 インプラスサッシや2重窓も考えましたが予算が 合わず今回は見合わせました。 カーテンを変えるだけでも大分違うとも言われました。 低予算でできる寒さ対策など教えていただけたら 幸いです。 よろしくお願いします。

  • 床下の断熱材のついて

    中古住宅で床下に断熱材が入っていません。 今から床をはがさずに床下から断熱材を取り付けることは可能ですか? また、床に断熱材がないとかなり暑さ、寒さは変わりますか? わかっている事は以下の通りです。 基礎はベタ基礎。 床はフローリング。(コンパネの上にフローリング。2枚張りと言うのでしょうか?) 壁と天井には断熱材あり。 宜しくお願いします。

  • 中古住宅

    資金に余裕がない場合 (1)格安中古住宅(築20年程度)を購入して、建替またはリフォーム。 (2)定期借地権付住宅を購入。 敷地面積・立地条件を無視した場合、どちらがよいのでしょうか?

  • 床下断熱リフォームについて

    床下断熱リフォームについて 築20年ほどの中古家に住んでいます。(杭基礎) 横浜在住なのですが、真冬は朝の室温が4度にもなり、寒くて仕方ありません。 床暖房を入れようかと検討しているのですが、床下の断熱がされてなければ、あまり意味がないのでは…と思い、床下に断熱材を入れるリフォームも考えています。 一階の床面積が50~60平米の場合、いくらぐらいからの施工ができるのでしょうか? (あるいは、いくらくらいかければ、まともな施工なのでしょうか?) また、壁や窓ガラス等の断熱については、いじらないつもりなので、その場合、床下だけリフォームして、効果は期待できるのでしょうか?

  • 中古住宅について

    皆様の意見をお聞きしたく質問させていただきます。 私は、現在、住宅の購入を検討しています。(青森市内)希望は新築でも土地も購入しなければいけないのでなかなか予算とあいません。 インターネットで中古住宅を見つけました。(800万)ただ、築30年なのでリフォームをしないと住めないのかなという気もしています。 だいたい、1000万円位かけてリフォームしようかなと思います。 そこで質問なのですが、1000万円位かけてリフォームすればどの位の規模のリフォームになるのでしょうか?又、それでリフォームした場合でも何年かしたら家が悪くなって立て替えなければいけないのでしょうか?もし立て替えなければならないのなら最初から家を壊して立て替えた方がいいのでしょうか?無知なもので・・・宜しくお願い致します。

  • 住宅の断熱処理について

    6年前に一戸建ての住宅を建てました。当時住宅エコポイントに対応するべく既定の断熱処理を追加してもらいました。 床下の断熱処理についてですが、基礎コンクリートの上に断熱材を接着剤で固定してあります。 床材の真下ではありません。 後で断熱処理について勉強すると、どの資料も床下は床材の直下に根太との間に断熱材を入れているものがほとんどです。 さもなければ発泡ウレタンを床裏から床材の直下に吹き付けて断熱しています。 振り返って我が家を見ると床材の直下ではなく基礎コンクリートの底面に接着されているので本当に断熱効果があるのか素人目にも疑問です。 もしほとんど断熱効果がないと明確な場合は業者に施工しなおしを要求できるのもでしょうか? 当時の図面を見ると業者の施工そのものには嘘はありませんが、当時は全く気に留めていなかったので根太に挟まれた空間の床材の直下に何もないのも不思議に思いませんでした。 今から基礎コンクリートの底面に接着された断熱材をなるべくきれいにはがして根太の間に挟んで断熱したいと思います。が費用を業者に負担してほしいのが心情です。 住宅リフォームの援助があるのも期限が近付いている様なのでなるべく早く結論を出したいと思いますので、どなたか専門的な見地でアドバイス頂ければ幸いです。

  • 風呂の壁に断熱材はあったほうが良いですか

    約30年前の住宅です。風呂のリフォームなどで解体したら、風呂場の壁だけ断熱材が入っていません。 冬は風呂の洗い場が寒いので断熱材があったほうが良いのかなと思っています。 それとも断熱材が湿ったりすることを想定すると、入れないほうがよいのかなとも思います。 どちらにすべきなのでしょうか?