• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

位相についてのご質問です。

位相について質問です。 「集合Sの部分集合族Kが (1)O(空集合)、SがKに含まれる (2)集合A,BがKに含まれるならAとBの共通集合もKに含まれる。 (3)任意のKの元Fmに対してFmの全和集合もKに含まれる。 以上を満たす時,KはSに位相を与えるといい(S,K)を位相空間という。 そして、Kの元を開集合といいKを開集合系という。」 このKの元を開集合といいという所からさっぱり分かりません。 どこがどう開集合なんですか? 例えばS={1,2,3}とすればK={O,{1},{2},{3},{1,2},{1,3},{2,3},{1,2,3}} となってこれは(1)から(3)を満たすので(S,K)は位相空間でKの元は開集合にもなってないと思うのですが。

noname#100530

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数58
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

位相数学、位相空間を学ぶのは、大変でしょう。微分積分の基礎の、極限、収束を厳密にやっていくと、εδ論法がでてきます。ε近傍とδ近傍とxからyへの連続写像がセットで登場します。 実数の連続性と、実数のなかに、極限という、近い遠いという距離の考えかたが、埋もれている、その距離を抽象したものが、開集合です。 経済学の研究の出発点に商品があります。その商品が、位相空間の開集合にあたるのではないでしょうか?商品にたどりつくまでは、現実のありとあらゆる物質世界の中の、最小単位まで、下降してきます。分析ですね。ここから、上向して、現実の社会にもどるのですが、どんなものでも上向できるわけではありません。 もう一度、距離空間から、位相空間へ、降りてくる過程を学習してみてください。位相空間のめざす到達点は、実数と実数の関数の連続性、極限、収束などの世界であることを、いつも思い出してください。 無味乾燥、真っ暗な闇の中を手探りで進む苦しさの、灯明として、微分積分の基礎を思い出してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今後とも頑張ります。分からないところあるかもしれませんが、発想を切り替えることも大切なので何がどう大事かを把握するようにしていきます。回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • 位相の問題です。

    位相の問題です。 (X,Q)、(X,Q'):位相空間 X×Y={(x,y)|x∈X,y∈Y} Qx×y:=U×V{U∈Q,V∈Q'の形の任意個のX×Yの部分集合の和集合} ここで (X×Y,Qx×y):位相空間になることを示せ。 わかる方いましたらよろしくお願いいたします <(_ _)>

  • 位相空間

    位相初心者です。次の問題がよく分かりません。 問.実数直線R1の位相をTとする。   BをTに各無理数についてそれだけを元とするRの部分集合を   すべてつけ加えたRの部分集合族     B=T ∪ {{x}:x∈P}   とする。このBにおいて生成されたR上の位相T_Mに対して、   位相空間(R,T_M)をMで表す。     このMについて、次を求めよ。(証明付きで。)  (1) i(Q)、i(P) (iは内部を表す。)  (2) Qの閉包、Pの閉包 (1)は、Qは有理数全体の集合だから、Qに含まれるMの開集合全体の 和集合は、Φ となる。 (2)も同様に、Qを含むMの閉集合全体の共通集合はQである。 こんな感じでいいのでしょうか。もっと適当な証明があれば、 教えてください。

  • 位相

    数学科2年のものです。 位相空間についての授業が始まったのですが、演習問題で、わからない問題があります。 初歩的な問題かもしれませんが、どなたか解答お願いします。 集合S={1,2,3,4}に部分集合族Lを L={Φ、{1}、{1,2}{1,3}{1,2,3}、S} により与える。Sの部分集合{1,2,4}をTとおく。 (1)(S,L)は位相空間であることを示せ。 (2)位相空間(S、L)においてTの内部を求めよ。 (3)位相空間(S、L)においてTの閉包、境界を求めよ。 特に(1)の位相空間の定義の、「Lに属する任意個の和集合がLに属すること」の確認の仕方に自信がないので、お願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

========引用はじめ 例えば、S={3}とすればSの部分集合系Kは K={O,{3}}となる。Oは空集合とした。 もしもKの元が開集合であるなら、{3}は開集合なのでは? しかし、{3}は開集合でなく閉集合です。{3}=[3,3]と表せる! =========引用終わり あーあー,やっぱりねー. ちがいます, S={3}としたとき,K={φ,{3}}は位相です. なぜなら,位相の定義を満たしているから. {3}は「この位相において」開集合です. ちなみに,S={φ}とかして,K={φ,{φ}}としたって まったく同じです.これなら,実数と混同することはないでしょう. いいですか? あなたは「実数の自然な位相」しかこの世に位相がないと 思い込んでますが,それは間違いです. あなたが知っている位相は,実数に入れることができる位相の 一個(ただし,もっとも有名で有益なもの)でしかありません. 位相というのは,その「三つの条件」を満たす 集合族のことをいうのです. そして,その集合族の元を開集合というのです. あなたの知っているものは,あくまでもその一例にすぎません. 発想を切り替えてください. 同じ集合に異なる位相があることは普通のことです. #って・・最初の回答で同じ様なこと書いても #ああいう補足だったからなあ・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。もう少しいろいろな考えがあるということをもっと私は知るべきでした。・・・と定義するというのも定義は定義と発想を切り替えることは大切ですね。

  • 回答No.1

>どこがどう開集合なんですか? では逆にたずねます. あなたのいう「開集合」とは何ですか? あなたの採用している「開集合の定義」とは何ですか? #大体想像がつきますが,こういう「定義の問題」を #想像ですすめるとろくなことにならないものです >S={1,2,3}とすればK={O,{1},{2},{3},{1,2},{1,3},{2,3},{1,2,3}} >となってこれは(1)から(3)を満たすので(S,K)は位相空間で >Kの元は開集合にもなってないと思うのですが。 あなたが質問文中であげた「開集合の定義」の意味おいて (S,K)は位相空間であり,Kの元は開集合です. これは「離散位相」と呼ばれる基本的な位相です. ちなみにK={φ,S}とするだけでも(S,K)は位相空間となり, これは「密着位相」といいます. これら二つの位相の存在によって 「任意の集合は位相空間とすることができる」ことが 分かります. ここで重要なのは, ・一つの集合に対して,異なる位相を導入することができる ・位相が導入できたとしてもその位相が有意義かどうかは別問題 であるということです. =========== 「どこがどう開集合か?」ではなく 質問文中の条件を満たすものが開集合であると 定義するのです. この条件は,たぶんあなたが理解しているであろう開集合の 性質の本質を精密に抽出した,先人の偉大なる知恵の結晶です.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

例えば、S={3}とすればSの部分集合系Kは K={O,{3}}となる。Oは空集合とした。 もしもKの元が開集合であるなら、{3}は開集合なのでは? しかし、{3}は開集合でなく閉集合です。{3}=[3,3]と表せる!

関連するQ&A

  • 位相の定義ついて

    位相の定義ついて 質問させていただきます。 定義の仕方は参考書等で異なるということは理解していますが、私の持っている参考書には以下のように記載されています。 (定義)-- 集合XとXの部分集合族Oについて、Oが次の条件を満たしている場合、OをX上の位相と呼ぶ (O1) Xおよび空集合0はOの元である (O2) Oの任意の部分集合Т'に対して、Т'の元の和集合がOの元である    すなわち、    ∪{T:T∈Т'}∈O    が成り立つ (O3) Oの任意有限個の元T_1,T_2,・・・,T_nに対してそれらの共通集合がOの元である    すなわち、    ∩{T:i = 1,2,・・・,n}∈O    が成り立つ -- ここで、疑問があります。 (O2)は以下のように言い換えることはできますか? (O2) Oの任意有限個の元T_1,T_2,・・・,T_nに対してそれらの和集合がOの元である    すなわち、    ∪{T:i = 1,2,・・・,n}∈O    が成り立つ (O3)は以下のように言い換えることはできますか? (O3) Oの任意の部分集合Т'に対して、Т'の元の共通集合がOの元である    すなわち、    ∩{T:T∈Т'}∈O    が成り立つ 「Oの任意の部分集合Т'の元」 と 「Oの任意有限個の元T_1,T_2,・・・,T_n」 の違いが良く分かっていないのです。。。 どなたか、良い具体例などを交えて、分かりやすく解説していただけませんか? 教科書だけ読んでいるとうまくイメージできません。。。

  • 集合・位相

    集合・位相初心者です。 授業で開集合と閉集合、近傍の定義を教えてもらったのですが、理解できず、困っています。 以下は、授業で使っているプリントに載っている定義です。 X:集合 T:Xの部分集合からなる集合族 (X,T):位相空間 とする。 Xの部分集合UがTの元であるとき、Uを開集合という。 また、Xの部分集合Fの補集合がTの元であるとき、Fの閉集合という。 点x∈Xに対して x∈U゜ を満たすXの部分集合Uを近傍という。また、このような近傍全体のなす集合族をxの近傍系といい、U(x)で表す。 具体的な例で教えて頂けると助かります。 例えば、集合X={1,2,3,4,5}、位相T={φ,{3},{4},{3,4},{1,3},{1,3,4},X}として、位相空間(X,T)をつくると、この(X,T)の開集合、閉集合、点3の近傍(点は適当に選びました)はどうなるのか。 集合・集合は初心者なので、詳しく教えて頂けると嬉しいです。 ご教授、よろしくお願い致します。

  • 離散位相、密着位相はなぜそう呼ばれる?

    X を集合とするとき、X のすべての部分集合からなる位相 を考えることができる。この位相を離散位相(りさんいそう、discrete topology)といい、それを開集合系とする位相空間を離散空間(りさんくうかん、discrete space)という。また、空集合と X 自身のみからなる族 {&Oslash; , X} も位相となる。この位相を密着位相(みっちゃくいそう、indiscrete topology)または自明位相 (trivial topology) といい、それを開集合系とする位相空間を密着空間という。 なぜ、離散、密着という言葉が使われるのですか?

  • 位相について初心者なのでよろしくお願いします。

    実数全体の集合Rの二つの部分集合族θ1={U⊂R|R-Uは有界集合}、θ2={U-R|0はRに入らない}に対して、θ=θ1∪θ2としたとき(空集合φは有限集合とする。)にθがRの位相空間であることを定義に基づいて行うときに、一つ目のX∈θかつφ∈θ(φは空集合)は明らかだと分かったのですが、残りの2つの導き方がイマイチ分かりません。 導き方を教えてください。

  • 位相空間の問題についてです。以下の問題がわかる方い

    位相空間の問題についてです。以下の問題がわかる方いましたら、一問でもいいので、教えてくださると助かります…! 次の各集合が開集合あるいは閉集合いずれであるか判定せよ。 (1) (1,4)U{5}(Rの部分集合として) (2) {( x , y )∈R^2 ; 3 < x + y , x^2 > y}(R^2の部分集合として) (3) {( x , y , z )∈R^3 ; x^2 + y^2 + z^2≦ 1}(R^3の部分集合として)

  • 位相の問題です

    Rに整数を境界とする開空間とその和集合と、空集合を開集合系を考える。 Rの部分集合がこの位相に関してコンパクトであること、有界であることは同値であることを考えています。 コンパクト⇒有界はわかったのですが、有界⇒コンパクトであることをどのように考えていけばいいのかわかりません。 よろしくお願いいします。

  • わからない教えてください。位相数学

    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2672839.htmlで質問したものです。位相数学でわからないことがあります。教えてください 松坂和夫の集合・位相入門(44刷)の第4章についてわかりません。 甲) p152にこんなことが書いてあります。ただ、ここにQに似た文字が出てきて、Qを横にしたものがでてきます。いかこのQをよこ向きにしたものをQと表記します。またфの表記は本当はこれではありません。なんかみたことない記号です。似ているこのфで代用します。φは空集合のきごうです。 Sを一つの空でない集合とする。Sの部分集合系(すなわちф(S)の部分集合系)が次の3条件をみたすとき、QはSにひとつの位相構造を定める。あるいは簡単に、QはSにおける一つの位相であるという。 Oⅰ)S∈Qおよびφ∈Q Oⅱ)Ο1∈Q、Ο2∈QならばΟ1∩Ο2∈Q Oⅲ)(Ολ)λ∈∧ をQの元からなる任意の集合族(すなわち、添数集合∧は任意の有限または無限集合で、すべてのλ∈∧に対してΟλ)とすれば∪Ολ∈Q  と表記されています。なおΟλというのはΟλのλは添え字でちっちゃいです。Ο1も同様に数字は添え字です。正直書いてある意味がわかりません。これは定義だとおもうのですが。考えたのですが、前の質問の ”空でない集合Xの位相Oとはなにか”でXがSに対応して、OがQに対応するんですか? 乙) (S、Q)を一つの位相空間とする。以下これをSと書く。この位相空間の閉集合系をΨとする。 Q∩Ψ={S、φ}であるとき、位相空間Sは連結である。と明記されていますが、これも意味がわかりません。 この二つの事柄について教えてもらえないでしょうか?具体的な事例を示してもらえれば納得できるかも。

  • ”コンパクト”の定義について。集合、位相

    集合論における、”コンパクト”の定義について質問です。 言い回しの違いがあるにせよ、以下の2種類があるようですが どちらが正しいのでしょうか? (その1) コンパクトであるとは、位相空間Xの任意の開被覆が、必ずXの有限被覆を部分集合として含むことである。 (その2) ある集合Aを、有限個の開集合の和で覆えるときにコンパクトという。 個人的には、(その1)の定義が正しいとおもっています。 ”位相空間”であることが、前提条件でないと 話が進まない気がしています。

  • 集合と位相

    (問)fを集合Xから位相空間(Y,U)への全射とするとき、つぎを証明せよ。 ※Uは位相 (1)T={f^(-1)(V)|V∈U}のときTはX上の位相である (2)Tはfを(X、T)から(Y,U)への連続写像とするX上の最小の位相である。 (1)の答案 (O1)Uは位相なので、Y、φ∈Uである。fは全射なのでX、φ∈Tである。 (O2)Uは位相なので任意のVの和集合はUの元である。fは全射なので、Tの任意の元Sの和集合はTの元である。 (O3)Uは位相なので有限個の任意のVの共通集合はUの元である。fは全射なので、Tの有限個の任意の元SはTの元である。 (2)はまったくてがつけられません。 どなたか詳しい方教えてください。

  • 有限集合からなる位相空間における写像の連続性

    ある位相空間Xから別の位相空間Yへの写像fが連続であるとは、Yの任意の開集合Oの逆像f^-1(O)が開集合であると定義されていると思いますが、この定義に従うと、有限集合に位相を入れた位相空間Xからの別の位相空間Yへの写像は、位相空間Xの集合が全部開集合となり、必ず連続になるのでしょうか。