• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

日本におけるカミ(神社)と仏(寺院)の関係

奈良東大寺二月堂のお水取りなどがありますが・・・ 日本におけるカミ(神社)と仏(寺院)との関係を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数789
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>奈良東大寺二月堂のお水取りなどがありますが・・・ とありますが、これはカミと仏との関係とは関係ないので無視しますね。 元来、日本の土着宗教は祖霊崇拝からくる精霊信仰でした。八百万の神々といわれる、全てのものにカミ(精霊)がいるという、あれです。 その後、仏教がはいってきましたが、日本に入ってきた時点で既に仏陀の説いた原始仏教とはほど遠いものとなっており、ヒンズーや道教などが混然とした多神教に近い形となっていました。 だからこそ、精霊信仰をしてきた日本人にとっても、日本に伝わってきた仏教は受け入れられやすかったのだと思います。 その後、日本人にとってカミと仏は並列した存在として長く信仰の対象になってきました。 イメージとしては、場所やものを守る「カミ」と、哲学を教え死後の世界の安寧をくれる(原始仏教から言うと間違った考えですが)「仏」という形で住み分けられていたのだと思います。 これは、『「カミ」は祀らねば祟るもの。「仏」は拝めば救われるもの』という形で受け入れられました。 また、日本に伝わった仏教の教えの中で、「カミ」は人間と同じく仏に帰依するという考えがあり、国営の神宮寺が設けられるなど神仏習合が進んでいきます。 特に奈良時代前後には修験道などの山岳信仰や、真言宗など密教系の仏教の中で神仏習合が系統立てられて支配層や民衆にも受け入れられていきます。 ですから、仏教寺院の中に地域を守る「カミ」が祀られたり、稲荷があったりするわけです。 それが、江戸時代中期以降、国学の隆盛とともに天皇と「カミ」とを結びつけた考えとともに神仏分離が言われだし、明治維新とともに神仏分離令によって分けられるようになりました。 ですから双方の関係としては、仏教はカミを認めているが、神社は仏を認めていない関係、といえるでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • Hamida
  • ベストアンサー率23% (267/1151)

日本は元来、自然信仰の多神教の国です。奈良時代には神社の境内に神宮寺という寺を建て、神に対して坊主が経を読んでいたところもあります。また、平安時代には寺を建立する際に、その土地の氏神を祀るお宮を建てるようになります。そして、本地垂迹説が出てきます。これはインドの仏(本地)が日本に合わせて神の姿(垂迹)となってあらわれたのだという考え方です。神とは仏の仮の姿であるから、神を拝むことは仏を拝むことでもあるとされるようなり、その後、日本では長く神と仏を一緒に祀る様になったのです。 明治になって、神仏分離令という太政官令が出され、神仏一体から、寺と神社を分離して、仏教の弾圧を始めました。その結果、今の神仏が分離した形になったのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

質問の意味が不明です。 「お水取り(東大寺二月堂修二会)」は法会の一つで、東大寺修二会が始まってからただの一度も途切れることがないことから「不退の行法」とも言われています。 東大寺が有名ですが、そのほかに 薬師寺修二会(花会式) 新薬師寺修二会(おたいまつ) 法隆寺修二会 長谷寺修二会(だだおし) などもあります。 純然たる仏事ですが、 >日本におけるカミ(神社)と仏(寺院)との関係を教えてください。 こちらにどうつながるのか不明です。 本地垂迹説についてでしょうか、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 神社や寺院など

    よく高貴な場所の寺院や神社が良いと聞きますが、 素人判断では何処がどうなのかよくわかりません。 こういった場合何を目安にしたら良いのでしょうか?

  • 初詣は神社派?寺院派?

    今年も初詣で神社や寺院は賑わったようですが、 1.あなたの初詣は神社と寺院、どちらでしたか。 2.その選んだ理由は?(信教、知名度、近くだから等) よろしくお願いいたします。

  • 仏様が常時拝観可能な寺院を教えてください

    5月の連休に嵐山に行きました。 新緑の写真を撮るのがメインでした。 来月6月に一泊二日で京都に行く予定です。 西芳寺の庭園を拝観するのがメインです。 本来は仏様を拝観するのが好きなのですが、 来月は一泊二日ということもあり、景色だけでなく じっくり仏様と向き合ってみたいと考えています。 そこで、京都市内で御本尊や仏様が常時拝観可能な寺院を教えてください。 既に行ったことがある寺院を以下に記載しますので、それ以外で教えていただきたいです。 東寺 三十三間堂 養源院 清水寺 高台寺 知恩院 建仁寺 六波羅蜜寺 大徳寺 常寂光院 祇王寺

  • 神社や寺院のお守り等は、どのように仕入れているのですか?

    こんにちは。 さっそくですが、それぞれ神社や寺院には、たくさんのお守りやお札等がありますが、 専用の問屋があるのですか? それとも、それぞれの神社や寺院が直接、製造メーカーに注文しているのでしょうか? また、具体的に問屋か、注文を受けている製造メーカーの会社が分かれば、幸いなのですが。 ご存知の方、よろしくお願い致します。

  • 寺院めぐりについて、何か教えていただけませんか?

    寺院めぐりについて、何か教えていただけませんか? さいきん、寺院に少し興味が沸きはじめています。 今年は上野のボタン園があるお寺、あるいは神社に一度行きましたが、自然な穏やかなふんいきがよいと感じました。 これまでは、宗教的なことなどもあり、そういうものには触れないようにしてきました。 しかし、そういうものに幼少の頃から興味はあったので、31になって厄年を迎えたことをきっかけに訪問してみようと考えています。 そこで、何か、日本の寺院の探求について、何か知ってらっしゃる方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか?

  • 神社や寺院と花の関係について教えて下さい。

    神社や寺院と花の関係について教えて下さい。 京都の仁和寺の桜は江戸時代ごろより有名であったとききました。 他にも多くの花の寺があります。 大和路だったら 長谷寺(牡丹)・當麻寺(牡丹)・般若寺(山吹)・不退寺(黄菖蒲)・大野寺(しだれ桜) 室生寺(石楠花)・船宿寺(躑躅)・春日大社(藤)などなど。 神社やお寺に花を植えるようになったのはいつごろでしょうか。 私は案外最近のことではないのかな、と思っているのですが。 なぜなら、昭和のはじめごろは、結構荒れた寺が多かった、と聞いたことがありますので。 (石楠花などは元々山に自生していたのかもしれませんが)

  • 病気平癒のご利益がある神社(寺院)を教えてください。

    いつもお世話になっております。 知人が病気を患い、病気平癒のご利益がある神社(寺院)へお参りし、お守りを授与していただきたいと考えています。 岡山県近隣で、病気平癒のご利益がある神社(寺院)をご存知の方、お力を貸してください。 (出来ればお守りを授与していただける神社(寺院)にお参りしたいと思っています) また岡山近隣でなくても、病気平癒にご利益がある神社(寺院)をご存知であれば、教えてくださると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

  • 寺院は有料、神社は無料?

     一部に例外があるのかもしれませんが、 寺院に入るのは有料、神社は無料のような気がします。 なぜなのでしょうか?

  • 修行僧の方たちのいる神社・寺院

     最近、厳かな雰囲気に惹かれて、神社や寺院を観光に訪れることがとても好きになりました。  特に、修行僧の方々のいらっしゃる所はよりいっそう禁欲的な、世俗とは離れた、ピンと張ったような澄んだ空気が感じられる気がして、ぜひ訪れてみたいと思っているのですが、修行僧の方々がいらっしゃるところで、一般の見学・観光が可能な寺院・神社などご存知でしたら教えてください。  自分も、そのような空気にあやかって、ストイックに自分の生活に打ち込んでみたいと思っています。

  • お寺や神社は日本にしかないのですか?

    ふと思ったのですが、 お寺や神社は日本特有の文化なのでしょうか? また、お寺と神社の違いが良くわかりません。 仏と神の違いでしょうか。