• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ベトナム戦争

お世話になってます。 大学で、冷戦時の国際政治について勉強しているのですが ベトナム戦争についてお伺いしたいです。 冷戦の代理戦争としてベトナム戦争(第二次インドシナ戦争)が勃発しましたが アメリカはなぜ、長い間ベトナムへの介入に固執し続けたのでしょうか?? 国内の世論の動き・金銭的コスト・損害損失を考えると ドミノ理論に基づく共産主義拡散防止だけが理由だとすれば どうもアメリカにはデメリットの方が大きい気がします。 (周辺国の共産化を考えると確かにどこかで手を打たなくてはいけなかったのかもしれませんが…) 特にパリ協定調印後の北ベトナム・南ベトナム解放戦線の違憲進軍の時にはあっさりまったく手を出さなくなったのに その前までは意地になって介入を継続したようにも思えます。 ここに、何か大きな理由はあるのでしょうか?? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1145
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

 アメリカがベトナム戦争へ介入した原因の研究はこれまでにも様々な角度と、多くの国々の研究者たちによってなされてきましたが、その原因はこれだといえる明確で単純なものはまず私たちが目にすることは出来ないと考えます。  それだけあのベトナム戦争における当時のアメリカの立ち位置と、国際情勢の相関関係は複雑なものだったのです。  とはいえ最初はやはり単純そのものの理由からであったことは間違いありません。それはやはり朝鮮戦争後に構築された「冷戦構造」にその端緒を求めることが出来るかと考えます。  朝鮮戦争後共産勢力の足音に焦りを感じたアメリカは、インドシナ戦争で敗退したフランスの後釜を引き受けざるを得なくなりました。これは共産主義勢力の影響を受けた政権が南ベトナムに樹立されることを絶対に阻止したいということと、当時の西側諸国でのヘゲモニーを確立していたアメリカ自身の自尊心がなさせたという面もあります。  さらにそこに日本という地政学的な問題もありました。太平洋戦争後表面的にはアメリカの統治に甘んじておとなしくしていた日本国内も、中国、ソビエトの共産主義的イデオロギーに感化されつつあるという状況の中で、ベトナム全体を赤化させてはならないという絶対的な使命感がありました。  太平洋に門戸を大きく開き、なおかつ中国、ソビエトがアメリカの庭である太平洋への進出に蓋をすることが出来る日本という国は、アメリカが常に目標としてきたグローバルパワーを具現化するための必要不可欠な道具でした。そのような日本をイデオロギー的な面だけであっても、共産化させるわけには行かなかったのです。    そのようなアメリカの強い意志を日本国内へ見せ付けるためにも、ベトナム戦争への介入は恰好の舞台となったわけです。  さらにアメリカ国内の軍政学な事情も見逃せません。アメリカが当時も今も世界を席巻するほどの軍事国家だということは誰も否定できないと思いますが、ワシントンの主要なポストを軍関係者たちが多く占めていた事実を思い浮かべてください。  当時(ベトナム戦争介入直前)のアメリカ4軍は朝鮮戦争後さすがに戦争疲れをしたのか、または冷戦というある意味軍縮時代と言っても良いような期間の只中にあったこともあって、軍事費の大幅な削減が目前に迫っていました。これは軍側の要求額の3分の1程度しか認めないという厳しいものでしたが、これもベトナム戦争への介入が決定してからというものの、軍側の要求の満額が毎年計上されていきました。もちろん後々になってその放漫経営ともいえる大盤振る舞いにアメリカは苦しむことになったのですが、何はともあれアメリカの軍需産業と軍にとっては思いもかけない長い春が訪れたということです。  アメリカは今になって考えればベトナム戦争の遂行の仕方にしても、奇妙なくらい腰が引けた作戦ばかりを行っていました。その端的な例が北爆における異常なくらいの目標限定攻撃です。当時北ベトナムへ投下した大量の爆弾のその一部でも首都ホ-チミンの主要施設へ振り分けていれば、北ベトナム政権は無条件で停戦交渉のテーブルに座っていたことは間違いありません。それなのにアメリカは北ベトナムの戦争遂行能力を存続させたいとしか思えないような作戦ばかりを続けていたことも、やはり国内の軍需産業に何らかの恩恵を与えるためだったといわれても仕方ないかもしれません。  近代軍隊でもっとも金が掛かるのが戦闘機や爆撃機などの航空機です。その価格は半端ではなく、現在の貨幣価値から言えば1機10億(日本円で)以上のヘリコプターやこれまた1機40億から100億に近い戦闘機が毎日毎日バタバタと撃墜されたり、事故などで墜落していたのです。そして軍はそのたびに各航空機メーカーへ追加発注をおこない、更には新型航空機の開発と納入を矢継ぎ早にオーダーしていたのですから、当時の軍需産業メーカーの経営陣のホクホク顔が目に浮かんでくるようです。  質問の中にアメリカが意地になっていたのでは?と仰っていますが、これはなかなか当を得た考えだと思います。  当時のアメリカはベトナム戦争介入にあたって、自国の同盟国へ派兵の要求を行っていました。しかし結果は無残なもので、主要な同盟国は介入支持という毒にも薬にもならない態度でお茶を濁し、アメリカの懇願に負け自国の軍隊を送り込んだのは、ニュージーランド、オーストラリア、タイ、フィリピン、韓国と、惨憺たる状況を呈しました。しかも実際にまともに戦闘に参加したのは韓国とオーストラリアだけというおまけつきです。  世界の警察官を辞任していたアメリカにとって、これは侮辱以外の何物でもありませんでした。いわゆる大国としてのアメリカの面子は丸つぶれになったというわけです。とくに英国の不参加は許しがたかったようで、このことは今に至るも二国間の諍いの火種として残っており、イラク戦争においてもアメリカ側の「参戦したくないなら無理しなくてもいい」というつれない返事に焦ったブレアが、国内の猛反対を押し切って英国軍を参戦させた話しは、どこか哀れみさえ感じさせるような話しでしたよね。  ともあれ、民主主義と自由の供給者であり、世界秩序の構築者であることを自認するアメリカが、単なる「意地」だけでアメリカやベトナムの多くの兵士たちや市民を死に追いやったも言えることは、決して忘れてはならないと思います。  こうやって書いてみると、ベトナム戦争は「金」「イデオロギー」そして「面子」という実にくだらない原因によって起こったといえるかもしれませんね。これってまるで今回のイラク戦争にも通じるものがありますね。実はアメリカって地球の最も厄介な「お荷物」なのかもしれませんね。  最後にちょっと脱線しました。申し訳ない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ヨーロッパで勉強をしているもので、なかなか日本まで視野に入れた分析を聞くことがなかったためすごく参考になりました!! 軍需産業、やはり大きいですね… とても参考になりました、ありがとうございました!!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

何でと言っても撤退を決断した大統領が、軍部に(?)暗殺されたからとしか言いようが無いでしょう。弟の大統領候補まで暗殺されたんだから、結局撤退を考える人間が生きて大統領になる目はなかったのでしょう。私が生きている間に機密解除はされるのだろうか? まあ国益より軍の利益・軍需産業の利益が優先され、そのためにクーデター状態に陥っていたわけです。まさに軍産複合体の恐ろしさですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 戦争を続けることで、軍需産業が発展し また兵器生産者が得をする… その利益のために、自国外で戦争を続ける…ということですねo 軍と戦争継続の関連性についてもっと調べてみようと思います。 ありがとうございました!!

  • 回答No.4

冷戦です。  日本の敗戦後の東西の冷戦。つまり、資本主義と社会主義の対立。  ソ連とアメリカの二大大国です。 ベトナムは社会主義でしたから、アメリカが枯葉剤などをまき、長期戦争へ突入した。  つまり、中国という共産主義圏が近くに会って社会主義圏に圧力をかけたかったから。  それで、ゴルバチョウが冷戦締結するまで続き、1999年ソ連解体でロシアが常任理事国入り。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 アメリカの枯葉剤などの作戦がベトナム戦争をより一層引き延ばした、ということでしょうか… ベトナム戦争の事を考える時、必ず頭の片隅に冷戦を意識して何事も考えなくてはならないということですね。 ありがとうございました!!

  • 回答No.3
  • sudacyu
  • ベストアンサー率35% (687/1961)

ほとんどの政治的動きの裏には経済事情=損得計算があります。 ベトナム戦争の根本には、第一次世界大戦前に世界最大の生産力を誇る国家となったアメリカの経済事情があります。  第一次世界大戦前に、世界最大の生産力を持つようになったとはいえ、イギリスに対する借金も多くありました。しかし、大戦でヨーロッパが消費する大量の軍需物資を供給する側に回り、大儲けして借金もなくなり、戦争後は債権国となって国力はさらに向上しました。  世界恐慌で大不況を経験したものの、第二次世界大戦では戦場とならずまたも世界中に物資を供給し、軍事・経済両面に隔絶した力を持つ超大国として、世界中の国・地域に利権(=外国にアメリカがお金を出して会社を設立し、資源開発を行いました。)を確保し、利益を上げるとともにアメリカの経済基盤を強化・確立しました。  ところが、ソ連が社会主義国として共産主義経済を標榜し、戦争で荒廃した国土を計画経済で急速に復興させ、核兵器開発を行って自由主義国アメリカ(=資本主義経済大国)と対抗する状況を作り上げました。  ソ連は、世界的な社会主義革命の支援を行い、アメリカなど先進国の資本で資源開発がおこなわれている多くの国や植民地で革命が起こりました。  これらの国・地域では、新しくできた社会主義政権が、「多くの住民が貧しいのは、アメリカなど先進国が搾取しているからだ」として、欧米人の持つ大規模農場や鉱山などを国有化していきました。  つまり、世界中の発展途上国にあるアメリカの利権を、武力によって守るという方針があったのです。  ところが、ベトナム戦争が長期化して膨大な軍事費を浪費した結果、利権を守るどころか、アメリカ本国の経済状態が悪化して、「ドル」が極端に弱くなってしまい、撤退せざるを得ない状況となってしまいました。  同様の失敗はソ連もやっており、アフガニスタン侵攻して10年も戦い続けた揚句、経済が行き詰って、ソ連崩壊となりました。  最近では、ブッシュ政権のイラク・アフガニスタン派兵で、アメリカどころか世界経済がおかしくなってしまいました。(アメリカがクリントン政権のもとで、金融の自由化を推し進め、経済のグローバル化が進展した結果、アメリカの金融危機が世界中に波及することとなってしまいました。) 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かに日本が戦後早期復帰できたのも朝鮮戦争のおかげ、という見方があるぐらいですから 確かに経済と切り離して考えることはできないですね。 >>世界中の発展途上国にあるアメリカの利権を、武力によって守るという方針があったのです。 これに関しては全然視野になかったのですごく参考になりました。 ありがとうございました!!

  • 回答No.2

国を治める立場にいる政治家と、戦いに勝つ事を使命とする軍人は、求めるものが一致する事も相反する事もあります。 敗戦間際の日本軍と天皇陛下の関係がそうであった様に、ベトナム現地に居て情報を発信する軍部は、増員を依頼しながらその結果が改善され計画を上申し続けました。 結局テト攻勢によってそれまで聖域化していると思われていた地区にまで攻撃が加えられ、軍部のレポートの信頼性が失われて、撤退の方向性が決まって行った訳です。 フランス軍が大敗を喫したディエンビエンフーの戦いは、フランス軍の敗北と言う軍事的決着をつけましたが、テト攻勢は一時的侵攻に過ぎず勝ち負けはつきませんでしたが、政治的に決着をつける事になりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 政治家と軍人の違い、ですね。 そこがうまくかみ合わなければどうにもならないですものね。 テト攻勢・ディエンビエンフーの戦いについては簡単にしかまだ知らないので もっとよく調べてみようと思います。 とても参考になりました、ありがとうございました!!

  • 回答No.1

アメリカの各大統領のベトナムにおける方針を調べてみるとよいと思います。 意地になっていたと言えるかどうか・・・。 ケネディ大統領の時代は、まだ軍事顧問団を1万数千人派遣するにとどめており、それも早期に完全撤退を考慮していたとも言われます。1963年にケネディ大統領が暗殺されなかったらどうなっていたかわかりません。 次に1964年に大統領になったジョンソン大統領がベトナムへの本格介入を開始しました。 1965年始めににベトナムにいたアメリカ軍の地上兵力は1万3千人でしたが、年末には20万人に増強されます。以後、アメリカ軍は兵力を増強していきます。 南ベトナムに自分自身を守るだけの力が無い事が、アメリカ軍の派遣につながりました。 アメリカ軍がベトナムに最初から長期介入すると考えていたかどうかは疑問です。 戦局にしても本格介入して2年も経たない1967年にはアメリカ軍首脳部が「この戦争のヤマが見えた」と発言し、南ベトナム政府も「南ベトナムとして不敗体制が確立した」と発言しています。ジョンソン大統領も楽観した見通しを発言しています。 敵に対し、かなりの打撃を与えており、この頃はアメリカや南ベトナム政府には勝利が見えていたのではないかと思います。 しかし、1968年から南ベトナム解放民族戦線と北ベトナムの巻き返しが始まります。 結局、この巻き返しやアメリカ国内での反戦運動の盛り上がりにより、 1968年3月にはジョンソン大統領はベトナムからのアメリカ軍撤退と次期大統領選挙への不出馬を表明します。 この時、ベトナムに派遣されていたアメリカ軍の兵力は52万人以上でした。 1969年に大統領になったのはニクソンでした。この就任初めの年よりニクソン大統領はベトナムからのアメリカ軍撤退を開始しています。この年だけで6万人が撤退しています。以後も次々と撤退がなされました。 1970年には在ベトナムのアメリカ軍兵力は33万人となり1973年には撤退を完了しています。 結果的にアメリカは長期間、ベトナムに介入はしましたが、初めは限られた軍事顧問団だけでしたし、本格的に軍事介入を始めた当初は勝利の可能性も見えていました。結局、勝利する望みが薄れたため、ベトナムから手を引く事になりましたが、その撤退の方針は本格介入した張本人であるジョンソン大統領の時代に既に出ています。 次の大統領であるニクソンの時代から実際に撤退は始まっています。 つまり、ケネディ大統領は撤退を考慮していたし、本格介入したジョンソン大統領も最後には撤退に方針転換していたし、ニクソン大統領は撤退を行っています。 アメリカの介入は結果的に長期間になりましたが、意地で介入を継続していたようには私には見えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かにこうして大統領別に並べてみると 常に念頭に"撤退"を意識しているようですね… それぞれの大統領の方針については一通り見ていたはずなのに 気がつかず…盲点でした。 確かに撤退せざるを得ない状況が続き、結果的に長期介入になった という方が正しいのかもしれませんね。 とても参考になりました、ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • ベトナム戦争についての質問

    ベトナム戦争は、アメリカの侵略戦争だといいますが、それをいうなら北ベトナムはどうなのですか。北ベトナムのやったことも南ベトナムに対する侵略ではないのですか。攻め滅ぼしたわけですから。パリ和平協定では、無期限の戦闘停止を南北ベトナム、アメリカと合意したのにそれを破ったわけですから。ベトナム戦争を侵略戦争というとベトナムを植民地もしくは領土化するために行った戦争と誤解を招く恐れがあると思います。実際は、冷戦構造を背景に分裂したベトナムが共産化されたくないために介入した戦争なので(アメリカの自衛戦争とは思ってません)。

  • ベトナム戦争について

    ベトナム戦争において悪者扱いされるのは常にアメリカもしくは南ベトナムです。アメリカによる侵略戦争だといわれます。しかし、北ベトナムだって南を侵略しました。テト攻勢の時にフエで虐殺事件も起こしました。それなのに責められるのはアメリカばかりで北ベトナムやべトコンは責められません。やはり、勝てば官軍ということなのですか?

  • アメリカはなぜ・・・

    アメリカはなぜ共産主義を嫌うのですか。 また共産主義とは何ですか。 戦後アメリカとロシアの冷戦がありましたが、一体何故そうなったかわかりません。 ベトナム戦争やその他の戦争でもアメリカが介入していました。ベトナム戦争に介入した真の理由についても教えてください。

  • ベトナム戦争とアメリカ

    こんにちは。 先日ベトナム戦争についての授業で、 「1965年にアメリカが北爆を始めた事、 アメリカが戦争に深く介入した事は、 アメリカにとって良かったのか、悪かったのか?」 という題でディスカッションをしました。 色々話し合ったあったのですが、結論は出ませんでした。。。 もし介入しなければ、共産主義の拡大は止められないし・・・。 もう少し意見を聞いてみたいので、宜しければ回答お願いします。

  • ベトナム戦争でアメリカの敗因は?

    泥沼化したベトナム戦争ですが、 圧倒的な軍事力を誇った米軍がまたたく間に北ベトナムを 制圧できたとしても不思議ではなかったと思います。 実際、朝鮮戦争では一時的にせよ北朝鮮軍を圧倒しました。 アメリカの敗因として、どういうことが考えられますか? ジャングルの中のゲリラ戦ではどの軍隊でも勝てないということでしょうか。 それともソ連、中国などの大国から武器援助を受けているので(代理戦争) いつまで経っても戦争は続くということでしょうか。 また戦略的にこうすれば勝つ方法があったということがありますか? よろしくお願いします。

  • ソンミ村の虐殺はなぜおこったのか?

    お世話になっております。 私はいま、ベトナム戦争について調べているのですが、「ソンミ村虐殺事件」がなぜ起こってしまったのかが分かりません。 北ベトナムの領土内にあった村だったならまだ分かるのですが、ソンミ村は南ベトナム内にありアメリカとは味方のはずですよね? なぜソンミ村が狙われたのでしょうか? 教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 国際政治(アメリカ)

    20世紀の国際政治におけるアメリカの役割についてレポートを書こうと思っているのですが、 なにかいいサイトがありましたら紹介して下さい。 また、それに対して皆さんの御意見を伺いたいと思っております。 私は、とくにベトナム戦争前後、冷戦前後のアメリカの外交政策における 変化に対して論じていこうと思っておりますが、他に何か良い意見が ありましたら、よろしくお願い致します。

  • 日本に平和憲法があって、本当に良かったが、

    東西冷戦が始まった頃から、アメリカは本格的に共産主義との闘いに突入しました。 この当時のアメリカには、共産主義を嫌悪する風潮があり、アメリカ社会の各方面、政界、軍、ハリウッドなどで赤狩りが行われ、公職追放なども行われました。 冷戦中には共産主義国家を敵視し、多額の税金が投入され核兵器などの大量破壊兵器が開発されましたし、実際に朝鮮戦争やベトナム戦争ではアメリカの若者と、アメリカと同じ価値観を共有する国々の若者達が戦場に散っていきました。 しかし冷戦後のアメリカはと言えば、中国共産党と手を結び、表向きは友好関係をアピールしてきました。 このようなアメリカの態度を見て、共産主義との闘いで肉親を失ったアメリカの人達を始め、アメリカと同じ価値観を共有する国々の人達は、アメリカに対してどのような思いを抱いているのでしょうか? これではまるで、共産主義との闘いで死んでいった人達が馬鹿みたいで、"犬死"以外の何ものでもないではないですか!? もし、日本に平和憲法が無かったら、日本人もアメリカに言われるまま、戦争に駆り出され犬死をしていたでしょう。 そのような事になっていたら、現在、生きている私達日本人は犬死していった日本兵の人達に何と弁明すればいいのでしょうか? 日本に平和憲法があったおかげで日本人は犬死しなくてすんだのです。 現在、憲法改正が盛んに叫ばれていますが、私も憲法を改正すべきだとは思っています。 そこで、アメリカの大義に引きづられ、日本が戦争に巻き込まれないようにするには、憲法をどう改正するべきだと思いますか? 事情通のみなさん、どうなんでしょうか?

  • アメリカがアフガニスタンに侵攻する理由

    アメリカがアフガニスタンに侵攻する理由 以下は私の簡潔な解釈です。 冷戦時、 ソ連がソ連側のアフガニスタン共産主義勢力を、 アメリカがアメリカ側のアフガニスタン反共産主義勢力(=アルカイダ)を、 それぞれ支援し代理戦争をさせる。 しかし、泥沼化し、米ソは撤退、取り残されたアフガニスタン、特に今まで散々戦争をさせられた挙句裏切られたアルカイダは困窮、報復テロ(=9.11(アメリカによるやらせ疑惑がありますが、ここでは真偽には触れません))、更にアメリカは報・報復としてアフガニスタンに侵攻=現在のアフガニスタン戦争。 という解釈ですが、テロへの報復が目的で14年間もアメリカは戦争をしてるんですか?(正直、たかが復讐のためにこんなに戦争をしているのか..?という風に思ってしまいます。これは私の感覚が国際社会とずれているのでしょうか..。) アフガニスタンは石油は出ないですし、私の社会科の先生も、「アメリカはアフガニスタン国内の混乱を収拾させてあげるため、そしてテロを根絶するためアフガニスタンに侵攻してるんだ、だからアメリカが世界の警察と言われてるのはここに理由がある」と仰っていました。(こんな背景がありながら世界の警察だなんて私は思えませんが。) 教えてください、お願いします。

  • 史上最高から史上最低までをどうやって決めるの?

    アメリカ合衆国の前大統領を、 アメリカ合衆国の歴史上、または、人類の歴史上、 最も愚かで、最低最悪の大統領と論評する人がいますが、 人類の歴史上はあまりにも大きな話になるのでさておき、 アメリカ合衆国の歴史上、最も愚かで、最低最悪との評価は、 どのように決めるのでしょうか。 現職の大統領は除いて、初代大統領から前大統領までの歴代大統領を評価をする、 客観的で具体的な、統一評価基準とか、統一評価マニュアルとか、 統一評価ポイント一覧表のようなものがあって、 それに当てはめれば、誰でも客観的で具体的な評価ができるんでしょうか? アメリカ軍の死者は、、 南北戦争>第二次世界大戦>第一次世界大戦>ベトナム戦争>朝鮮戦争です。 交戦相手国民の死者は、、 ベトナム戦争>朝鮮戦争>第二次世界大戦>第一次世界大戦>対テロ戦争です。 昔の戦争のほうが今の戦争より桁違いに多くの死者をだしてます。 GDPや国家予算に対する軍事費の割合も、戦争による財政赤字の割合も、昔のほうが多いです。 第一次世界大戦、第二次先大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争への参戦・軍事介入を開始し、 拡大させた大統領は、良い大統領、立派な大統領として、賞賛する人が多数います。 第一次世界大戦、第二次先大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争は、 良い戦争・正義の戦争だから、良い軍拡・正義の軍拡だから、 開始した大統領や拡大した大統領が賞賛され、 ベトナム戦争への介入を終わらせて、大規模軍縮をした大統領は、 悪い大統領と評価されるのですか。 ベトナム全域とインドシナ全域の共産化を阻止しなければならない、 世界最強のアメリカ軍が介入すれば南ベトナム解放戦線など簡単に壊滅できる、 と自信満々で介入して、ベトナムをクラスター爆弾やな焼夷弾や枯葉剤で爆撃し、 今でも残存不発弾や残留ダイオキシンで影響を与えてるんですが、 それを始めた大統領は神のごとく賞賛されてますので、 聡明で見識が高く、他国を配慮する思いやりがあり、善政や正義の政策を行った、 人格高潔な立派な大統領だったのですか。 初代大統領の任期は18世紀末期のことですが、その時代から現代まで、 共通の統一評価基準があるんですか、その頃は先住民や黒人奴隷は、 殺しても強制労働させても土地や財産を強奪しても、問題なかったんです、 そういう時代と共通の評価基準はありますか。 クラスター爆弾や劣化ウラン弾は今でも使ってますが、 核兵器はもちろん、焼夷弾も枯葉剤も、今では政治的理由で使えません。 第一次世界大戦、第二次先大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争への参戦・軍事介入を開始し、 拡大させた大統領も、平和主義者だったとか、戦争を望んでなかったとか、 国際協調に熱心だったとか、他国に対する思いやりがあったとか、軍縮に取り組んだとか、 作り話で賞賛されてますが、実際に外交や戦争でやったことを知ってたら、 少なくとも外交や戦争では賞賛できないでしょう。 良い・悪い、正義・不正義、賢い・愚か、などと、 全時代に共通の評価基準や判断基準があるのでしょうか、わかりません。