-PR-
解決済み

杏仁とアーモンド

  • 暇なときにでも
  • 質問No.53737
  • 閲覧数8448
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (5/5)

杏仁豆腐が好きです。
いつか、テレビで「杏仁とは、あんずの種」というのを聞きました。
でも、近所の中華料理屋さんでは、杏仁豆腐のようなものを
アーモンド風味の・・・・
というようなメニューで出していました。
また、テレビで見た杏仁=杏の種は、アーモンドのような形をしていました。
そこで、私が勝手に出した結論は、
杏仁=アーモンド
でした。
でも、これってやっぱ、ちがうのかな?
ちがうのであれば、なぜ、アーモンドを使うの?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 30% (77/250)

面白いサイトを見つけましたよ。

 杏仁とは杏の種子のことですが、中国ではアーモンドと同一視されて
いるのだそうです。このページでは同じアーモンドでもビターとそうでない
のがあって、杏仁豆腐つくりに向いているエッセンスとそうでないものが
写真入りで(!)載ってます。これは、思わずへー、でしたよ。

わたしはいつも「麒福食品工業」の「杏仁霜」というアーモンドパウダーを
使って杏仁豆腐を作っています。
お礼コメント
altonly

お礼率 100% (5/5)

ほんとにおもしろいページでした。思わず笑っちゃいました。ありがとうございました。
こんなに一生懸命杏仁豆腐に向き合っている人がいるんですね。脱帽!!
結局、杏仁が手に入りにくいから、かわりにアーモンドを使う と理解していいのかな?
投稿日時 - 2001-03-20 23:14:38
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

杏仁は日本薬局方(日本で汎用の、また、重要な医薬品についての規格を定めた法律)に『キョウニン』という正式名称で収載されています。基本的にはアンズの種子の殻を除いた中身がこれに相当します。

主産地は中国なのですが、苦杏仁と甘扁杏仁の2つの系統があります。苦い方は薬用で鎮咳去痰作用があるのですが、甘い方は専ら食品として用いられています。

苦い方の杏仁はビターアーモンドともいわれており、青酸配糖体のアミグダリンが含まれているので、大量に摂ると命に関わるものですが、甘い方には含まれていません。
杏仁豆腐はこの甘扁杏仁を原料として作ったものですネ。

結局は風味の問題があり、通常のアーモンドは使用できないのではないでしょうか?
とはいうものの、一般に食べられている杏仁豆腐の多くは杏仁を使わずに作られているようですが‥
以上kawakawaでした
お礼コメント
altonly

お礼率 100% (5/5)

さすが、医食同源の中国のデザートですね。
で、つまり、杏仁とアーモンドは別 ということですよね。
どうも、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-20 23:12:35


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ