• ベストアンサー
  • 困ってます

武蔵野線 立ち往生

先日の台風で武蔵野線や総武快速線が駅間で立ち往生しましたよね。 総武快速線については、駅にほかの電車が停車しており駅に進入できなくなったことが立ち往生の様です。 しかしなぜ武蔵野線は、川の手前で急停車したのでしょうか? また平行する総武線各駅停車は、快速線より過密ダイヤなのに乗客が閉じ込められなかった様ですがなんでなんでしょうか? 回答お願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数658
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#132927
noname#132927

鉄道従事員です。 各鉄道会社は、危険だと考えられる橋梁や、風の強い場所に風速計を設けており、これの観測データを基準に信号を変化させたり、司令からの指示であったりで、安全のための徐行運転や、手前での運転見合わせと言うことを行なっています。 特に古い話ではありますが、メトロ(当時の営団)東西線の電車が橋梁通過中に台風の風に煽られて脱線転覆(橋梁のトラスに引っかかって横倒しにはならなかった。昭和年代の話しです)や、餘部鉄橋での回送列車転覆墜落事故などの教訓で、かなり各社とも安全策を講じています。 私の会社でも雨量や風による規制があり、どれだけの状態でどうすると安全規定を設けて対応してますし。 他の方ではないですが、乗務員が危険を感知して事前に見合わせることもあり得ます。 実際過去JR九州だったかでこんな話しがあります。 台風の大雨の中、ある駅に停車した列車(気動車)の車掌が、駅の目の前にある山の斜面の異常気づき、乗車していた乗客、運転士、駅係員、等に直ぐに避難しろと大声で連絡、この声で避難した直後に斜面が地滑りを起こし大規模な斜面崩落事故となったことがあります。 駅設備や列車は大量の土砂にのまれましたが、乗員乗客、駅職員全員が無事だったとして、新聞で全国的に報道され、賞賛されたことが過去にあります。 危険回避の設備、乗務員等の機転は、時に大惨事を回避するわけです。 今回は、安全装置が働いて停車したのか、乗務員の機転で停車したのかは不明ですが、橋梁途中で停車した場合、突風で煽られての転覆事故、脱出の際の歩行での脱出に危険があることを考えると、直前に停車したのは安全上、褒められるべき状況で避難される状況では無いと考えられますが、いかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 鉄道を安全に動かすのは、チームワークのタダものですね。 たしかに今回の件は、ほめられることですね

関連するQ&A

  • 武蔵野線に201系が走ってたのは本当?

    ホリデー快速むさしの号や特別な列車(臨時列車)は除くものとして、 武蔵野線って今まで101系、103系、205系、205系5000番の車両しか走らせていませんよね(武蔵野線内各駅停車においては)。 ところがネットには、昔武蔵野線には201系が走ってたもんだなという サイトもあったりしたので、「あれー。武蔵野線って201系は試運転などにしか使われてなく、上記の4つの車両の種類にしか走ってたのではないかと」 でも本当に201系が武蔵野線に走ってたのは本当なのでしょうか? どう考えても武蔵野線昔の走行音を検索しても201系はなく、101系などにしかありませんでした。

  • 何故武蔵野線は快速から各駅化にする傾向があるのか?

    武蔵野線は歴史を見ても快速から各駅化にする傾向があると感じます。例えば2013年のダイヤ改正により京葉線内の葛西臨海公園、潮見、越中島が停車し、2014年のダイヤ改正ではむさしの号において国立、日野、豊田が停車するといったことが行われました。 何故快速から各駅化にする傾向があるのでしょうか? 多分京葉線や中央線との接続とかに関わっていると思いますがそれにしても通過駅だったはずが停車駅にする駅の数が多い気もします。

  • 武蔵野線の問題点

    武蔵野線は、問題点が他の路線に比べて非常に多いと思います。 参考: http://space.geocities.jp/the_expert_of_sith/musashinosenn.html http://www.geocities.jp/toyosan1129/musashino.html 利用者が増加傾向にあるにも関わらず、8両編成で運行本数も少なく、他の路線と比べて輸送力が非常に小さいと思います。3月のダイヤ改正で1本だけ増えましたが、ほとんど変わっていないのが現状です。(毎日使用しています) このことに関して、JR東日本は何か対策をとろうと考えているのですか。ある区間を複々線にするとか、車両所を増やすとか、新しく折り返し運転できる場所を設置するとか、10両編成に増やすとか、運行本数を増やすとか、新しい車両を導入するとか・・・ また、越谷レイクタウン駅が新しく開業するそうですが、武蔵野線内でほかに新駅を作ることはできますか。もちろん、地元自治体が負担を負うということでも仕方ないと思いますが、例えば、新松戸-新八柱間ではどうでしょうか。JR東日本はいくら地元が負担するからといっても、むやみに新駅は作らさせてくれないのでしょうか。 また、武蔵野線と他のJR線との接続が悪いように思います。東武伊勢崎線や東武東上線、つくばエクスプレスなどは急行・快速等を武蔵野線の乗換駅に停めますが、常磐線や総武線、中央線は各駅停車しか停めてくれません。このことに関しても何か対策をとる計画・予定はあるのですか。 詳しい方、JR東日本等にお勤めの方よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

>なぜ運転手は、橋の手前で25m/sの風速がわかったのでしょうか 先の回答どおり、風速計と連動した規制信号機が赤を現示したからです。 観測地点の風速計は、運転指令でも監視でき、規制風速に達すると警報が表示され、列車無線で各列車に指示を出します。 それ以外にも、運転士が目視で木々等の揺れる状況から、危険を予知し、自らの判断で列車を止める場合もあります。 事実、日豊本線で竜巻が発生、危険を感じた運転士が列車を止め、その直後横転しましたが、乗客の少なかった事も幸いし、大事には到らなかった事例もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 運転士判断で危険回避もしないといけない場合もあるんですね!

  • 回答No.3

JR東日本では、羽越線で起こった強風による脱線転覆事故の教訓から、強風警報システムの導入を進めています。 この強風警報システムとは、強風の影響が強く出そうな橋梁や高架等に風速計を設置し、そこから得られた連続した風速観測データから、列車が駅間(運転規制区間としてあらかじめ定めた駅間)を通過中に発生する可能性のある風速の最大値(予測最大風速)をコンピュータにより算出し、それに伴い運転規制等を行うシステムです。 このシステムにより導き出された予測最大風速、もしくは現実の風速データが規制値を超える場合には、徐行及び運転中止といった運転規制が実施されます。 武蔵野線の北朝霞-西浦和間の荒川橋梁はこの強風警戒システムの観測対象区間であり、予測最大風速または実際の風速データが規制値(25m/s 以上)を超えたために緊急停車の指令(もしくは停止信号の表示)が出されたのでしょう。 また、総武線のほうですが…。 総武快速線と総武緩行線(各駅停車)とでは、快速線が最短3分間隔なのに対し、緩行線は最短2分半、とどちらも運転間隔にあまり違いはありません。 この運転間隔というのは、緩行線の最短2分半というのは一駅に一列車というような間隔ですが、快速線の場合は駅間に必ず列車が存在する=運転停止が行われると駅に止まれない列車が必ず発生するという列車間隔なのです。 首都圏で導入されているATOS(東京圏輸送管理システム)では、駅間における列車の立ち往生を防止するため、次の駅までの区間が空かない限り列車を発車させないという「通知運転」を行うことができるようになっています。 しかし、この通知運転は総武線各駅停車のような駅が多い場合は有効(だから今回は立ち往生しなかった)なのですが、快速線のように駅数に対して列車が多すぎる場合は、通知運転を行っても駅に収容できない列車が続出するので現実問題として行いづらいでしょうし、行っていなかったがゆえに立ち往生してしまったとも言えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます やはり信号と連動するんですね。 緊急停車の指示とは、輸送指令からくるんですかね? 踏切で人が入ったり大雨で停止信号が現時されるのと同じような仕組みなんですね。

  • 回答No.2
  • gsmy5
  • ベストアンサー率57% (1307/2272)

>なぜ運転手は、橋の手前で25m/sの風速がわかったのでしょうか 停止条件の風速を感知すると、その橋手前にある専用の信号又は普通の信号が赤表示になるから、運転士は停止せざるを得なくなります。 鉄道は、何か異常を感じた時に「停車さえすれば安全」と言う原則があるので、安全のために何か監視している場合、その専用の信号で赤信号を表示させるか、通常の信号と連動させて赤信号を表示させるかにより列車を停止させ、安全を確保するわけです。 例えば、地震監視用に設置した震度計が一定の震度を越えると判断した場合、新システムでは一斉に信号を赤にします。旧タイプのシステムでは、電車稼動用の電源を停電させます。停電すると、信号は自動的に赤表示しますから、すべての電車が停止すると言うわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 信号が連動するんですか! 赤信号なら信号を通過しても急停車しますよね。

  • 回答No.1

JRでは、沿線に設けられた風速計が、瞬間最大風速25m/sを記録すると列車を停止させます。(私鉄は、概ね30m/s) 河川は、風の通り路になり、規制の風速を記録し易い場所です。 ですから、橋の手前で列車が停車したのだと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます では、なぜ運転手は、橋の手前で25m/sの風速がわかったのでしょうか?

関連するQ&A

  • 総武線に自動音声放送が導入されたのに・・・

    JR総武線(各駅停車)をよく利用していますが、最近自動音声放送が導入されてきました。でも、この前乗ったときは普通の男性の声でした。まだ山手線のように完全に導入されてないのでしょうか?また総武快速線も同じでしょうか? また、総武線(各駅停車、快速)に新車両が(液晶ディスプレイ付き)が導入されたと聞きましたが私が使っている駅には普通の電光のやつしか来ません。新車両は千葉~三鷹間で使われてるのでしょうか?  質問が多くてすみません。よろしくお願いします。

  • 武蔵野線→京葉線の混み具合

    引越しに伴なって、通勤経路を変えようと思うのですが 武蔵野線の市川大野から京葉線乗入れに乗って、東京駅まで行きたいです 京葉線も武蔵野線もものすごく混むイメージがあるのですが 混雑具合はどうなのでしょう? バスで総武線の駅に出て、秋葉原乗換えで山手線 or錦糸町乗り換えで総武線快速ってのも考えているのですが バスに乗るのと、乗り換えるのが面倒くさいので… 朝は、市川大野発9時~10時位 夜は、東京発8時以降の混雑具合をご存知の方教えてください

  • 京葉線快速(武蔵野線快速)

    いつもお世話になっております。 武蔵野線の京葉線内の快速について質問があります。 武蔵野線快速では、潮見・越中島・葛西臨海公園を通過しますが、なぜ市川塩浜駅だけは通過しないのでしょうか。京葉快速では、潮見・越中島・葛西臨海公園・市川塩浜は通過するのに、なぜ、武蔵野快速では停車するのでしょうか。 市川塩浜駅の1日の平均利用者数は、4700人程度と少なく、周辺に住宅は殆どなく、大体は、東西線か新浦安駅を使うようです。 京葉線の各駅は絶対に停まるわけですし、武蔵野線を利用する場合は、一駅前の新浦安で乗り換えれば済むはずです。 西船橋~新浦安間は約8.0kmもあるわけですから、直線部分で90km/h以上出して走ることも可能だと思います。そうすれば、数分の時間短縮になるはずです。 なぜ、京葉快速は停まらないのに、武蔵野快速では停まるのか、その理由を教えてください。

  • 走行中の側面行先表示(LED)を消すのは何故?

    総武線各駅停車はしばしば駅間を走行中の行先表示(側面)を消灯します。 隣を走る快速電車からの乗り継ぎ客に非常に不親切に思いますが、何故そのようにしているのでしょうか? 乗り換え客の殺到を防止しているのでしょうか?

  • 朝の常磐線の混み具合

    現在、松戸で部屋を探しているのですが、常磐線の朝のラッシュ時の混み具合はどんな感じなのでしょうか?(松戸から日暮里まで乗る予定です) 今まで朝のラッシュ時に乗った(定期的に)ことのある路線は東京メトロ東西線と総武線各駅停車、武蔵野線なのですが、常磐線はこれらの路線より混んでいるんでしょうか? 私の記憶では東西線が一番ひどかったように思います(浦安から乗車していました。快速は乗る気がしなくて、各駅停車にわざと乗っていました) 東西線より混んでいたら引っ越すのもやめようかなぁと思ってしまうのですが(背がちっちゃいのでラッシュは本当に地獄なのです)、どうなのでしょう? 2つの路線に実際乗ったことのある方、教えていただければと思います。

  • 6:48大網駅発京葉線通勤快速の混み具合

    お世話になります。 さっそくですが、6:48大網駅発京葉線通勤快速の混み具合はどの程度のものでしょうか? 私は6:40大網発の各駅停車からいつも京葉線通勤快速に並んでいる人の列を見ているのですが、そんなにたくさんの方が並んでいる印象はうけませんでした。 もし大網からでも座れる、または比較的楽な立ち位置のまま東京まで行けるのであれば、今後京葉線を利用したいと思っています。 ちなみに今は、新茂原より上記の各駅停車で千葉まで行き、7:15発の総武線通勤快速で東京方面へ出ています。 なので、総武線快速との比較で混み具合を示していただけると非常に助かります。 よろしくお願いいたしますm(__)m

  • 武蔵野線が分かりづらすぎる。

     今日、海浜幕張から西船橋に行こうとした時のことです。南船橋駅の4番線に着いたので、武蔵野線の西船橋方面(府中本町行き)に乗ろうとしたところ、対面の3番線の電光掲示板に「府中本町」と表示されていました。なので当然3番線から電車が出るものだと思い、そのまま待っていましたが、実際は階段を下りて反対側の2番線から発車してしまい、乗ることができませんでした。  土日の武蔵野線は1時間に2本くらいしか本数がなく、結局30分くらい余計に待って2番線から乗車しました。  そもそも南船橋駅に着く前に車内放送で乗換番線の案内もなく、また駅ホームでも何のアナウンスもなく、実際には発車しないホームの電光掲示板に行先の表示を出すこと自体が間違いだと思います。  階段の下にある3番線の表示だけ写真添付しましたが、2番線にも同じように「西船橋」の表示があります。しかし人間の心理として、先に行先の駅名が目についた方に行ってしまいます。それが時間帯によって発車ホームが違うのであれば、もっと分かりやすくこまめにアナウンスするか表示を増やすかしないと、初めてその駅を利用する人には分かりません。そもそも2番線から発車するのに3番線の電光掲示板に表示があるのが間違いで、乗客をダマしているように感じます。  武蔵野線は分かりづらいと昔から評判が悪いそうですが、自分が利用してみて、この分かりづらさを実感しました。  こうした苦情や改善案はJRに連絡する手段はあるのでしょうか。 あれば何とかしろと苦情を言おうと思います。よろしくお願いします。

  • 新宿駅(総武線各駅)で乗り、錦糸町で快速へ乗り換えに良い車両は?

    今度の外出の際、錦糸町で各駅から快速へ乗り変えしなくてはいけないのですが、2分しか時間がありません。(Yahoo!路線調べによる時間) 新宿から総武線各駅停車に乗るのですが、何両目に乗れば錦糸町駅で階段前に停まるかがおわかりになる方いらっしゃいましたら教えてください。 何年も前ですが乗り換えに失敗してかえって時間が掛かってしまったことがあるので、同じ失敗は避けて通りたく思っています。 よろしくお願いします。

  • 武蔵野線の貨物列車

    武蔵野線っていろいろな問題を抱えていると聞きます。例えば、 武蔵野線っていろいろな問題を抱えていると聞きます。例えば、 ■ 運転本数が少ない、終電が早い、輸送力が乏しい ■ 混雑率が非常に高い ■ 快速がない ■ 電車の騒音・揺れがひどい、電車の速度が遅い ■ ダイヤの乱れが激しい ■ 駅のバリアフリー化が進まない ■ 貨物列車通過時の待避線がないため、非常に危険 などがあると聞きました。 この中で一番怖いと思ったのは■ 貨物列車通過時の待避線がないため、非常に危険と言うかもくです 現に宇都宮線とかは貨物専用の待機線が恐らくある?と思いますがこれを考えるとこわくてのれません。 でも武蔵野線は埼玉県内にある数少ない県内を横断する路線なのでこれに乗らないと京浜東北線や埼京線にたどり着けません。実際に貨物列車通過時の待避線がないがために起こる問題って何なのでしょうか?

  • 113系が総武快速線で運用されていた時代の案内について

    113系が総武快速で運行されていた頃、 君津や上総一ノ宮など、千葉ローカルへの直通する快速列車と 各駅停車との区別、誤乗対策はどのように行われていたのでしょうか。 快速線を走る列車は方向幕にも「快速」の表示はなく 113系だと両数くらいしか見た目での区別が出来ないと思うのですが…

専門家に質問してみよう