-PR-
解決済み

癌  高濃度ビタミンC点滴療法

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5326147
  • 閲覧数1781
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (76/82)

「高濃度ビタミンC点滴療法」について、経験されたご本人またはごく身近な身内、ご友人の方にお尋ねします。私は62歳男性、この9月に胃癌と肝臓とリンパへの転移で胃のみ全摘出手術を受け、現在残りの癌に対して抗がん剤TS-1(25mg*2)を一日に2回服薬しています。副作用(疲労感と下痢)がひどく殆ど寝たきりの状態です。医師からは5年生存率は20%であると宣告されています。徒に延命のためだけの治療を望んではいませんが、できることならあと5年間動ける身体で生きていたいと思っています。先日知人から「高濃度ビタミンC点滴療法」というのがある。担当医に相談したらどうかとの助言をもらいました。ところが治療を受けている病院(総合病院)ではこの療法をしていません。インターネットで調べたところ市内に2箇所この治療をしているという個人医院がありましたのでサイトを詳細に読みましたが、この治療方法を褒めている文章はありますが「実績」について何も書いてありませんでした。そこでこの療法の実績について具体的にご存知の方ぜひ教えてください。もし期待が持てる療法であれば実施している医院への転院も考えようと思っています。どうぞよろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 55% (158/286)

http://www.shikoku-cc.go.jp/kranke/hokan_guidebook.pdf

がんの補完代替医療の有効性や安全性を、科学的な方法で評価しようという気 運が、世界各国で高まっていることはすでに解説しました。その一環として、今 までに学術論文として報告されたものをまとめた総説が、米国の内科学の専門誌 である「Annals of Internal Medicine(内科学アナルス)」の2002年12月 3日号に掲載されました。(Weiger WA et al: Advising patients who seek complementary and alternative medical therapies for cancer. Annals of Internal Medicine 137: 889-903, 2002.)

高容量ビタミンC:全ての患者が避けたほうが賢明



抗酸化物質で、というのは魅力的なアプローチなのですが、大切なことを忘れています。酸化物質はたしかに癌になる原因の一つの可能性があるのですが、抗酸化物質が癌をやっつける訳ではなく、免疫や抗がん剤、放射線療法は酸化物質の力を使ってがん細胞をやっつけるということです。
ですので、抗酸化物質は癌治療や癌への免疫を抑えてしまう可能性があるのです。

まだまったく人体で実証された治療法ではありませんので、現時点では「理論的には逆効果、著明な学会も推奨していないが、将来の人類のために実験台になってください」という正直な説明をしてくれる所以外、単なる商売目的のクリニックと考えてよいと思います。
お礼コメント
inisisi

お礼率 92% (76/82)

誠実で丁寧な回答をありがとうございます。紹介していただきました「ガイドブック」を読むことで、”私にとっての補完治療の意味・意義を考えるきっかけになりましたことを” 特に感謝します。 ”人生の後始末をできるだけ滞りなく済ませたい”と思っていましたが、”残された時間を良く生き、良く死んでいくために私に何ができるか”を考え実行したいと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2009-09-29 10:42:46
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ