• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

お月見はなぜ秋?

満月は年に何度もあるのに、この時期だけ「中秋の名月」といってお月見をしますよね。中秋=旧暦8月15日で、日本は8月15日に月を見る風習があったから、というのは分かっているのですが、ではなぜ8月15日だったのか、ということです。 真夏のうだる暑さや真冬の寒さに震えながら月を愛でたいとは思いませんが、春では駄目だったのでしょうか。農耕民族なので豊作を祝ったり祈ったり、だと秋の方が都合が良かったから?カエルの鳴き声よりは虫の音を聞きながらの方が良かったから?? 「秋」にこだわった理由を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1272
  • ありがとう数21

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

歴史的根拠も、科学的根拠も分かりませんが、月を愛でるのが好きな人間の感想としては、秋の月の方が、春の月よりも綺麗なような気がします。 春は空がぼんやりしていることが多く、月もなんだかぼんやりしているように思います(それはそれで愛でる価値があるのですが)。 その点、秋は空気が澄んでいるからか、皎々と照っているような気がします。 ぼんやりしているよりは、はっきりくっきりぴっかり輝いている方が美しく、鑑賞するにふさわしいということなのではないでしょうか。 その観点からいえば、真冬の寒々とした空の月の方が、冴え冴えと美しく輝いて見えるように思いますが、いかんせん寒いので、長時間の月見には向かない気がします。 月を愛でる風習は中国から伝わったそうですから、中国の古典あたりに根拠があるのかもしれませんが、勉強不足でそこまでは存じません。 あくまで個人的な感想で、回答になっていなくてすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そう言えば「朧月夜」という歌もありましたね。それはそれで趣がありますが、綺麗に見える方を優先したということでしょうか。 ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • kyo-mogu
  • ベストアンサー率22% (3398/15359)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり中国の影響が強そうですね。お芋の話は芋好きのためか妙に納得してしましました。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

http://ja.wikipedia.org/wiki/中秋の名月 上記からポイント 1 西日本では中秋の名月の頃は天気が悪い 2 地球レベルでは一番観月にいい季節 3 竹取物語ではあまり月見は推奨されていない ここから考えられるのは、自然な日本人の心情から中秋の名月が決まったのではなく、中国文化の受容によって中秋の名月がベストだと決められたと思われる。 旧暦八月は五行説では、金なので、硬質な月にもっとも適合したのではないかなと思ったが、ネットで探しても、吉野裕子の五行循環の本を読んでも言及はなかったので、裏付けはない。 吉野の八朔が休みで、それは農繁期直前の、小休みという事だという説明はあったが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

中国から伝わったときに既に決まっていた、ということでしょうか。地球レベルでは一番いい季節だとすると、中国でも綺麗に見えていたのでしょうね。 竹取物語までさかのぼるとお月見は推奨されていないのですね。昔の人ほど喜んで愛でていたような気がしていたので少々驚きです。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

夏は暑すぎ、冬は寒すぎ、春は湿度が高いので月が綺麗に見えず、残るは秋という感じかも。 実際には月見の儀式的要因もあるはずで、夏の豊作を祝って団子を作るなどもあるのかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

消去法、ということですか。でも豊作を祝う目的であれば秋ですよね。お団子は元々里芋だったということですし。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • hornet3
  • ベストアンサー率19% (12/62)

歴史的根拠はないですが、春よりも秋が、満月をみるのに適した気候のとき満月がより高い軌道をとって見栄えがいいからではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざ見るのですから、見栄えは大事ですね。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 芋名月と豆名月の二度月見をするのはなぜですか。

    こんばんは。よろしくお願いします。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E8%A6%8B 上記によりますと ●月見とは、旧暦の8月15日と9月13日に月を鑑賞すること。 ●旧暦の8月15日の夜を「十五夜」という。  サトイモなどを供えることが多いため「芋名月」とも呼ばれる ●旧暦の9月13日の夜を「十三夜」という。呼ぶ。  栗や豆を供えることが多いため「栗名月」又は「豆名月」とも呼ばれる。 ●どちらか一方の月見だけをすることは、「片見月」として嫌われた。 ●十五夜の月を鑑賞する習慣は中国から伝わった。 ●十三夜の月見は日本独特の風習であり、平安時代に貴族たちが集まって、月を見て詩歌を詠んだのが始まり。 とあります。 なぜ日本では芋名月と豆名月の二度の月見をする習慣が生じたのでしょうか。 推測でも結構です。 意味はない、というような回答でも結構ですが 意味がないと考えられるのであれば その理由をお願いします。

  • 中秋の名月

    高1のものです! 今さらなんですが中秋の名月についてです。 中秋の名月と満月がずれるのはなぜかと学校の先生に考えてくるように言われたので調べてみたのですが、よくわかりません。 中秋の名月と満月は全く別のもの、と考えていいのでしょうか? 中秋の名月はただの旧暦の8月のど真ん中の月、満月は15日前後であやふや、と認識すればいいんでしょうか? だから満月とは関係ないからずれて当たり前、ということなんでしょうか? すみません、補足お願いします!

  • 職場の教養という本を読んで、それについて1分程度の

    職場の教養という本を読んで、それについて1分程度の感想を述べなくてはいけません。 文章を作るのが苦手でうまく言葉がまとまらず焦ってます。 どういうことを話せばいいか参考にさせてください。下の文を読んでの感想です。お願いします。 『十三夜』 本日は、十三夜です。十三夜は、中秋の名月といわれる旧暦八月十五日の十五夜に対して、「後の月」とも呼ばれます。 十五夜は、中国から伝わった風習です。満月であり、一年で最も明るい月を愛でる日です。また、里芋を供えるので、芋名月ともいわれます。 十三夜は、醍醐天皇の月の宴に始まるとも、宇多法皇がこの夜の月を無双と賞したのにもよるともいわれ、日本固有のようです。満月の二日前の、少し欠けた月を楽しみます。栗や豆を供えることから栗名月∴豆名月とも称されます。 十五夜にも十三夜にもそれぞれの良さがあり、味わいがあり、楽しみ方があります。人間関係や仕事も同じかもしれません。 私たちは、似たような立場や物があると比べてしまい、「善し悪し」または、「正しい、正しくない」と思ってしまうものです。 お月見の宴のように、まずは良いところに目を向け喜ぶ時に、人間関係や職場は和み、的確な判断ができるのではないでしょうか。 今日の心がけ◆まず良いところに目を向けましよう

  • 月が満月になると・・・

    月が満月になると引力とかは、なんか変化あるんでしたっけ。何かが変わったような気がするのですがどなたか教えてください。 そろそろ中秋の名月ですな~~、秋はよいですな。

  • 中秋とは

    中秋を調べると、 旧暦の秋の真ん中の月の真ん中の日、つまり秋全体の真ん中の日 と書いてあります。 7,8,9月が秋なので、8月はわかります。 月の真ん中は、旧暦は1ヶ月28日か30日だった気がします。14.5日か15.5日になるのではないでしょうか。 30日ならば、1-15日が前半で16-30日が後半なので、15.5日になりませんか。 よろしくお願いします。

  • 長月の有明の月はそれほどに明るいのでしょうか?(他)

    回答者の皆さんにはいつもお世話になっております。 先日、ひょんな事から新古今和歌集の藤原惟成の   しばし待てまだ夜はふかし長月の有明の月は人まどふなり   (今しばらくお待ちなさい。まだ夜のうちですよ。長月の有明の月影は明るくて、もはや夜が明けたのかと人は勘違いするのです) という歌に出会いました。 <長月の有明>・・・旧暦九月で月の出が夜更け以降になり、そのため明け方近くになっても月が沈まずに空に残っている頃。すなわち新暦の十月下旬~十一月上旬であろうかと思われます。そのころの有明月をじっくり観察した事はないので良くわからないのですが、実際そんなに明るく月が輝いているのかな、と疑問を覚えました。 平安時代の文学を読んでいると「長月の有明月に誘われてそぞろ歩いた」とか「長月の有明月のことに美しい夜に・・・」などと、様々な物語や随筆で<長月の有明>をさかんに賞賛しています。旧暦八月十五日の<中秋の名月>や同九月十三日の月なども平安人に愛でられて和歌に詠まれたりしていますが、<長月の有明の月>も他の季節では感じられないような、なにか特別な風情を漂わせているものなのでしょうか。それに明るさと言えば、満月のそれに勝るものはないと思うのですが・・・。 そこで月について詳しい方に伺いたいのですが、  *十月下旬~十一月上旬の頃の月光はそれほど明るいのでしょうか  *他の時期の月と比べて、どのように優れた美しさなのか、またそのよう   に見える理由 この二つについて教えて頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。    

  • 片月見について

    お月見は、十五夜と十三夜、両方見ないと片月見といって良くない、と聞きました。 雨で片一方しかお月見できなかった(つまり見る気はあったが不可抗力で見られなかった)の場合も良くないのでしょうか? できれば、どうして良くないか(由来)、どう良くないか(事例)もお教えください。 *カテゴリーが違った場合はご容赦ください。

  • お月見

    お月見って満月の夜ですよね?? 今年はいつになるのでしょうか??

  • 月見

    秋の中秋の名月を眺めながら酒を飲める居酒屋を知りませんか?範囲は都内です。

  • 今年のお月見っていつですか?

    今年のお月見っていつですか?