• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

屋根裏の垂木からはずた釘が多数?

新築在来工法の木造住宅で、コロニアル葺の屋根裏を点検口から覗いてみました。専門用語がよくわかりませんが、屋根の一番上にあたる棟木?から、多数直角に斜め下に下りてくる屋根をを支える垂木?の横や斜めに、屋根側から打たれた釘が何本も顔を出していました。屋根の上側から垂木に打とうとした釘が、垂木を外れているのです。見える範囲だけですが、ほとんどすべてにわたり、1本の垂木あたり1-3本くらいの割合で、外れた釘が出ているようです。当然その釘はほとんど効いていない、ということになると思います。 建売大手の平均的な30坪の住宅ですが、価格的には安い方かも知れません。大工さんは腕のいい職人ではなく、機械でどんどん釘を打つ下請け作業員という感じです。 質問1、このような条件ですが、1本の垂木あたり外れた釘が1-3本というのは、以下のどちらでしょうか。 A,見えているのは外れた物だけで、この程度なら許容量。実際にはちゃんと命中して効いている釘がある。 B,明らかに、手抜き作業による欠陥屋根 質問2 この状態は放置してもいいものでしょうか。または、これからの台風シーズン前に至急対応すべきものですか。 質問3、この釘は何を止めているものなのでしょうか。屋根の一番外側のコロニアルというものでしょうか。またはその下の野地板(裏板?)でしょうか。やり直しはできるものでしょうか。 質問4 もしやり直し(できるらならば)をした場合、はずれ釘といえどもすでに屋根(野地板だけ?)を貫いているわけで、それを抜くことによって雨漏りが始まったりしないでしょうか。 以上よろしくお願いいたします。 http://www.rokueikensetu.com/kentiku/images/ gifファイル「ken1-3l.gifの11-Mar-2003 13:29 442k」参照

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数6159
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

おっしゃるとおり、野地板を垂木に打ち付けるとき、テンポよくコンプレッサーで打っていったはいいが、垂木からはずれた状況です。残念ですが”よくあること(?)”です。あまり、問題にはならないと思いますが・・・ ですが、大丈夫かどうかの判断は、sekimaeさんがおこなわずに、その建て売り業者(工事施工者)に判断させましょう。 「点検口から見たら垂木をはずれて釘が出ていた。大丈夫なのかどうなのか、文章で回答が欲しい。」 といって、sekimaeさんから文書で申し入れしてみてください。 そうすると、あらためて業者は状況を見に来るでしょう。業者としては、そのままにできませんから、”大丈夫の文章を出す”OR”現場を補修する”のどちらかをおこなうはずです。 補修の場合は、屋根裏側からおこなうでしょう。(上からだと、コロニアルと下地ルーフィングなどをはがす必要があるため) いずれにしろ、業者サイドに判断させれば(文書付)、sekimaeさんの心配は緩和されるのではと思います。早めの申し入れをおすすめします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よくあることですか。ある意味ほっとしますが(ほっとしていていいんでしょうか?(^_^;))、やはり業者を呼ぶべきでしょうね。以前はざっとみただけで、気が付かなかったのですが、よくよく見るとあちこちから釘が出てるのです。建売では、職人芸を期待するほうが無理なんでしょうね。差し迫った危機はないようですが、業者から文書でもらっておくようにします。専門家の方からの貴重なアドバイスを、どうもありがとうございました。

質問者からの補足

お答えいただいた皆様への報告です。建築会社の監督に見てもらいました。野地板を垂木に止めるための釘が狙いを外れたものだ、ということでした。コンプレッサーで打っているうち、手元が狂ったのだろうということです。今からこれを引き抜くのはコロニアルをはずす必要があるので現実的ではなく、その会社では野地板は釘を3本づつ打つのか仕様となっているので、外れた物のほかに垂木の中に打たれている、との答えでした。とりあえずここまででしたが、本当に垂木の中に3本入っているかどうかは彼の言葉を信ずるしかないので、一応営業担当者に頼んで文書にしてもらおうかと思っています。皆様、色々とご親切にありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • ojin
  • ベストアンサー率43% (280/638)

たまたま、建売の建築現場の近くを通りました。 野地板がすでに張られていました。垂木から、釘は一本も外れていませんでした。コロニアルの釘を打つ場所は、2箇所で、積み上げてゆくと、雁行すると思いますが、いずれにしろ、釘の先が野字板を貫通する施工は、常識では考えられないと思うのですが、No.3の建築関係者の方がいわれるので、素人の私には自信はありませんが、これからも、何棟も建築されますので、自分の興味からも、観察してみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

どうも度々恐れ入ります。実は昨日、建築会社の営業の人に会うことがあり、とりあえず説明しただけではわかりませんでしたので、専門家に見てもらうよう段取りをつけてもらうことになりました。連休明けになるかもしれませんが、ojinさんを始めとする皆様のご親切への御礼に結果報告をいたしますので、それまでこの質問は締め切りらないでおきます。ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • mogri
  • ベストアンサー率51% (18/35)

建築関係者です。 ojin さんがおっしゃるように、これはコロニアルを止めている釘だと思います。 コロニアルは垂木を狙って打っていないので、どうしても野地を貫通して約15~20mmくらい裏に出てしまいます。 見分け方として、コロニアルに使う釘はツヤが無く、抜けにくいように筋目が入っています。 一方、野地を止める釘はツヤがあり(もう錆ているかな?)私たちがよく目にするあの釘です。 おそらく、何本かはこの野地を止めている釘も垂木をはずれている釘があるでしょうから、見比べてみるのも良いかも知れません。 よく、屋根裏に上がってこの釘が頭にあたるからと、裏から叩いてしまう方がいらっしゃいますが、これをしてしまうとコロニアルが持ち上げられたり、割れたり、防水紙を破いてしまったりするので注意してくださいね。 建築関係者からの声で恐縮ですが... 現在の建築では、屋根の野地を止めるのは何百本も打たなければならないので釘打ち機で打つのが通常です。むしろ手で打つより楽なので必然的に打つ本数も多いですよ。 しかし、お客様に納得ゆく説明をするのが業者の責任ですので、施工業者に来てもらって説明してもらうのはよいことだと思います。これからもその業者と長いつきあいになることと思いますので、お茶でもご馳走して仲良くなっておくチャンスかもしれませんね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

見てみましたが、暗くて色や筋はよくわかりませんでした。ただやはり長さは4-5センチくらいあり、野地板の真中では出ていませんでした。 業者さんに見てもらって、説明してもらうことにします。本当は屋根裏への収納折りたたみ階段の場所を移動できるかどうか調べたくて、屋根裏を覗いてみたのです。それも含めて聞いてみます。どうもありがとうございました。

質問者からの補足

アドバイスをありがとうございます。ちょっと補足させていただきます。(1)釘が出ている場所は垂木のすぐ横の野地板、または垂木の途中から斜めに、という具合で、1-2メートル間隔の垂木付近ごとに突き出ています。ただその垂木の間の広い野地板部分にはまったく突き出した釘はありません。(2)突き出している部分も4-5センチくらいある、かなり長い釘のようで、素人目にはやはり本来、垂木に対して打ったはずの釘に見えます。(3)色や筋目はわかりませんでした。今晩調べてみます。 このご時世に、職人技を持つ棟梁さんでもない限り、機械を使って能率を上げねばならないのはしかたありませんね。また機械を使うとちょっとばかりねらいが外れる事もある、というのも自分で電動工具などを使ってみるとわかります。高級注文住宅ではありませんから、10年程度の雨漏りや台風が保証されるなら、しかたないかなと思っています。後ほど色や筋目を調べてみます。もしよろしければ、またアドバイスをお願いいたします。

  • 回答No.2
  • ojin
  • ベストアンサー率43% (280/638)

かなり建築関係でお答えされていますね。建築にだいぶお詳しいようです。全くの素人が回答しても良いですか。 我が家の前の家で、コロニアル屋根の葺き替えを見ていました。 野地板を垂木に打ちつけるところは当然、見てはいないのですが、最近は、ほとんどエアーハンマーで釘を打っていますね。 >質問1、このような条件ですが、1本の垂木あたり外れた釘が1-3本というのは、以下のどちらでしょうか。 釘の先が見えているのが垂木に打ち損じたのか、コロニアル屋根を止めたときの釘なのかは文面からは判断できません。コロニアル屋根は、ちょうど家の形状をしたものを屋根の下から順に、上に向かって張って行きます。張るときに先端部を釘で止めます。その釘の可能性もあると思います。 A,B共に、素人の私には判断は出来ません。我が家は、鉄骨の軸作りで、天井裏の改め所から覗いたかぎりでは、釘は一本も出ていませんでした。野地板は、15ミリ程度のベニア板のようです。 >質問2 この状態は放置してもいいものでしょうか。または、これからの台風シーズン前に至急対応すべきものですか。 質問1と同じに断定は出来ませんが、コロニアルを止めてある釘であれば、そのまま放置しても問題ないと断定できます。 >質問3、この釘は何を止めているものなのでしょうか。屋根の一番外側のコロニアルというものでしょうか。またはその下の野地板(裏板?)でしょうか。やり直しはできるものでしょうか。 垂木に、野地板を打ち付ける場合、野地板を全部しいてから釘打ちをするのではなく、順に張っていきますので、打ち損じはあったとしても少ないと思います。 >質問4 もしやり直し(できるらならば)をした場合、はずれ釘といえどもすでに屋根(野地板だけ?)を貫いているわけで、それを抜くことによって雨漏りが始まったりしないでしょうか。 釘を抜く。出来ない。やって出来ないことはないけれど、傷口を大きくするだけ。外すとすれば、全てのコロニアルを外さなければならない。 よしんば、その釘を抜いたとしても、雨漏りの原因にはなりません。コロニアルと野地板の間に一枚防水紙が入り、コロニアルが、雨水が入らないようにに、下から順に張り上げてあるからです。 我が家もコロニアル葺き屋根です。最近、塗装をいたしました。コロニアルの寿命は、10年程で、表面の塗装が劣化して、反ってくるそうです。そのままにしておくと、割れて、そこから雨漏れを起こすようになるそうです。そのためには、屋根診断士(大手の建築会社であれば、その時期に点検してくれます。)に見てもらい、10年サイクルで、塗装をやり直す必要があります。 安い買い物ではありません。ご心配であれば、一度、家屋診断士に診断してもらったら良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

屋根張りの釘の可能性もあるわけですか。でも台風で飛んでいったりしないでしょうか。また打ち損じについては各垂木とも1-3本くらいというのが、多いのか少ないのか標準なのか...。5寸釘のようなのがにょきにょき出ているのです。また釘を抜くのはやっぱり危ないでしょうね。色々と経験に基づくアドバイスをいただき、どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 釘が垂木に刺さっていない

    在来工法で木造住宅を建築中です。 屋根の防水シートを垂木に打ち付けた際の釘が垂木に刺さらず、5cm 以上突き出しているものが20本くらいありました。 (全体で何本くらい打ったのかは分かりませんが、 3階の床面積は30平方mほどです) 5本くらいずつが列になって飛び出していますので、裏に垂木があると 思って打ち付けたのが、じつは外れていたという事のように思えます。 業者のウデに問題があると感じましたが、どうでしょうか? 責任者に言って、直ちに打ち直してもらう必要がありますか? これが本当に施工不良としたら、これから先の工事すべてが不安です。 皆様のアドバイスをお待ちしております。

  • 屋根裏の野地板?だと思うのですが

    屋根裏の野地板?だと思うのですが 斜めに15箇所くらい 9センチ角の柱と柱の間に釘で止めてあるのですが この野地板はどのような効果があるのでしょうか? 何かの意味があるのでわざわざ取り付けてあると思うのですけど。

  • 瓦止め釘について

    素朴な質問ですが、宜しくお願いします。 3年前に新築しました。 工事中に屋根葺きが気になり、瓦を伏せている作業を、 のぞいてみたら、「野地板裏の鉄骨に瓦止め釘があたりこれ以上は打ち込めない。」 と言って、14mmほど打ち込めず上流側へ折り曲げて、 別な位置にもう一本釘を完全に打ち込んでいました。 このように、釘を曲げて瓦を伏せている割合は、屋根全体でおおよそ13%位あります。 このように、瓦止め釘を曲げて、瓦を伏せることは、正常な施工方法でしょうか。 伺います。 宜しくお願いします。

  • 瓦棒ピッチと垂木ピッチについて

    屋根の野地板を910mm×1820mmの構造用合板をそのまま使いたいので,垂木ピッチを455mmにしたいと考えています。屋根材をガルバリウム鋼板瓦棒葺にしようとすると,瓦棒ピッチが455mmの製品を扱っているのは大同鋼板しかわかりません。三晃金属とか他社は420mm前後のピッチしかないようです。(455mmのロール状鋼板から製作しているので,しょうがないのはわかっています)垂木ピッチと瓦棒ピッチを変えるのは風対策や雨対策上あまりよろしくないように思うのですが,みなさんはそんなときどうされますか? 大同鋼板以外に瓦棒455mmピッチの製品を作っているメーカーがあれば教えていただきたいと思います。 また瓦棒ピッチ455mmが規格にないメーカーは455mmを注文にすると特注になるのでしょうか? また瓦棒420mmピッチ採用の場合は,垂木を同じピッチに合わせて,半端材を出すようにしている場合が多いのでしょうか。 だらだらと書いてしまいましたが,よろしくお願いします。

  • 屋根材の選択について(PART2)

    先日の質問では、具体的なご解答ありがとうございました。 今度は、とある業者に屋根の葺き替え見積もり(コロニアル→金属屋根へ)を取ったところ、その業者では竹田工業の【GMルーフ】(定尺横葺屋根)を使っているとのことでした。 上記商品を検索してみたのですが、良いのか悪いのかよくわからないので、どなたかご存知の方、施工したことがある方、ご意見をお願いします。 また、この業者のオリジナルで、屋根の断熱もしているようで、施工方法としては、 既存屋根解体(野地板まで解体) ↓ 新規野地板貼り ↓ 20mmの断熱材貼り付け(種類はまだわかりません) ↓ 垂木?取り付け(用語がわかりません) ↓(ここで断熱用の空気層ができる) 新規野地板貼り ↓ 防水シート貼り(アスファルトルーフィングかな) ↓ GMルーフ貼り 以上ですが、この工法は効果ありますでしょうか? 長くなりましたが、よろしくお願いします。

  • 2x4 壁と屋根接合部の気密性を保つ方法は?

    ハーフビルドで平屋40坪外断熱の住宅計画中の者です。コスト面で有利と思い、2x4を考えています。 2x4の場合だと壁外面合板が張られたプレカット状態で現場組み立てされ、壁パネル上端に垂木が乗り野地板を張る形になります。その結果、垂木と野地板と壁上端の間にスペースが出来るのでこれを上手く塞がないと機密性が保てない事になります。 以前検討した在来軸組みパネル工法だと屋根垂木下端を壁柱外面に合わせ斜めカットし、垂木、壁柱の上をすっぽり合板で覆う事で機密性がとれるのですが、2x4では気密性保持はどう対処するのでしょうかご教示願います。

  • ツーバイフォーの木から釘を抜きたい

    図のようにツーバイフォーの板4枚と真ん中に薄い板が釘を打たれて、1本の柱のようになっています。 釘の頭が木の中に5mmくらいめり込むように、さらに斜めに打ち込まれています。 これらの木をバラバラにして1枚ずつの板にしたいのです。 釘抜きで釘を抜こうとすると、釘の頭が出てくるまで木を削ったりする必要がありますが、やってみると非常に大変です。 板の2枚が使えなくなってもかまわないので、せめて残りの2枚はそのまま使えるようにバラバラにする良い方法はないでしょうか?

  • 新築の家に太陽光パネル 屋根部材について。

    現在 埼玉で新築予定で、太陽光パネルをのせようと考えています。(屋根の面積が少ないので、サンヨーのHIT230か205というパネルを3,22~3,28キロワットのせる事を検討中で、205という商品なら16枚、230という商品なら14枚のります。) 家は「売り建て」の家で、基本は、垂木が4,5センチのものを、野地板を12,5センチのものを使用するらしいのですが、パネルをあげる予定があるのなら垂木を6センチにした方が良いとハウスメーカーの建築士さんに言われました。 (重さ対策の為) しかしパネルを扱うメーカーの施工に関係する人に幾つか聞いた所によれば、サンヨーは野地板に固定するので 垂木はそのまま4,5センチでも 重さ的にも問題ないとの事でした。(垂木固定の商品ならば垂木が太いほうが、垂木にヒットしやすいとの事でした) 埼玉の気候ではそんなに大雪は降らないと思うのですが、パネルの重さなどで将来屋根が歪んだり、雨漏りしても困ります。ただ垂木を太くするのにもお金がかかる事なので悩んでいます。 パネルを乗せる業者さんと建築士さんでは そもそも視点が違うのかとも思いますが、 パネルをのせるにあたり垂木の太さはどのくらいあった方が良いのか、また 野地板について 野地板固定するのに厚さはどれくらいが理想なのか 出来れば専門家の方、ご教授ください。 宜しくお願いいたします。

  • 屋根の塗装で野地板が杉の場合

     よろしくお願いします。 自宅の壁面・屋根の塗装を考えています 築10年の木造住宅で、壁面は木質サイディング、屋根材はコロニアル(スレート瓦?)です。 何社か見積もってもらったところ、 小屋裏を覗いた1社が、杉板の野地板なので、屋根に上がるとかえって、瓦を割ったり防水シートを破いたり、トラブルが多い。塗らずにガルバリウムの屋根を、既存の屋根に被せる工法を勧められました。  素人考えですが、杉板と言っても垂木も入っているのに本当に上に乗れないのか? 上から被せる事で、軽いとはいえ耐震上問題にならないのか? 換気や防湿はどうなるのか? また、塗装できると見積もりを出した会社でも、塗装後縁切りで換気できるとした会社と、タスペーサーを使用する会社があります。 どちらが、一般的でしょうか?

  • 主要構造部の屋根とはどこまでを言う?

    主要構造部の屋根の定義はどこなのでしょうか? 小屋組みは屋根には入りませんよね? では屋根と小屋組みの境界はどこなのでしょうか? 垂木は小屋組みですが野地板は?ルーフィングは? それとも屋根と言うのは仕上げの屋根葺き材のみを言うのでしょうか? でも屋根葺き材のみでは構造上主要とは言えないですよね?