• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

LCのローパスフィルタを並列にした時の合成インピーダンスについて

 基準電圧が0VでVp-p=2V、周波数が500kHzの信号に直流電圧15Vを重畳させた信号があります(14V~16Vの周波数500kHz)。この信号から直流成分だけを取り出し、スイッチングレギュレータに通して、15V→3.3Vに変換したいと考えております。そのためにLCのローパスフィルタを使おうと思っています。ただ、今回スイッチングレギュレータが同じ経路上に二つありますので、LCのローパスフィルタも二つ並列につなぐ形となります。一つだけであれば、適切なカットオフ周波数を設定すればよいと思いますが、二つになったときに合成されたLCの値がどのようになるのかが分かりません。  もし分かる方がいらっしゃいましたら、教えていただけると幸いです。

この投稿のマルチメディアは削除されているためご覧いただけません。
noname#137276

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2416
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

信号の周波数特性を決めるためのLPFと電源のノイズ(レギュレータにとってっは500KHzの信号はノイズ)をとるためのフィルターは考え方がまったく違います。 信号用のLPFは入出力が決められたインピーダンスで終端されていなければその特性は保証されません。 電源回路では事情がまったく異なります。 レギュレータの入力電流は負荷が変化すると変化するのでインピーダンスを規定する事が困難です。 スイッチングレギュレータでは入力電圧が増加すると電流が減るのでインピーダンスは負の値となります。 電源の出力は電流が変化しても大きくは変化しないのでインピーダンスは小さい値となります。 このような条件でインピーダンスマッチングを前提に作られたLPFは意味がありません。 まずは考慮するのはコイルによる直流電圧のドロップです。 レギュレータの入力電流と許容する電圧ドロップからコイルの直流抵抗が決まります。 1A流して0.1Vのドロップならば直流抵抗が0.1Ω以下のコイルを選択します。 次は、レギュレータの入力で500kHzをどれだけ減衰させればよいかです。 例えば1/100にしたいのであれば500kHzにおけるコイルとコンデンサのインピーダンス比を100:1以上に選びます。 (正確にはjωLと1/jωCで計算するのですが正確である必要は無いのでωLと1/ωCで十分です) 最後は500kHzでの電源のインピーダンスとコイルのインピーダンスによる500kHzの減衰量をどれだけにするかを考慮します。 電源ラインには500kHzの成分が残っていなければなりませんからね。 90%は残したいと思えばコイルのインピーダンスを電源のインピーダンスの9倍以上にする必要があります。 並列性に対する考慮はこのときだけ考えれば良いのです。 全てのコイルを並列にした時のインピーダンスが上記の条件を満足すればOKです。 コイルのインピーダンスをそれより大きくする分には問題がありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明ありがとうございます。 スイッチングレギュレータなどを使うのは初めてで、分からないことがたさんあるのですが、 >まずは考慮するのはコイルによる直流電圧のドロップです。 >レギュレータの入力電流と許容する電圧ドロップからコイルの直流抵抗が決まります。 >1A流して0.1Vのドロップならば直流抵抗が0.1Ω以下のコイルを選択します。 コイルによる直流電圧のドロップとはどのような現象なのでしょうか? >例えば1/100にしたいのであれば500kHzにおけるコイルとコンデンサのインピーダンス比を100:1以上に選びます。 >(正確にはjωLと1/jωCで計算するのですが正確である必要は無いのでωLと1/ωCで十分です) LCのローパスフィルタの共振周波数はL×Cによって決まると思っているのですが、なぜ1/100にしたいときにコイルとコンデンサのインピーダンス比が100:1となるのでしょうか? 分からないことが多くて申し訳ないのですが、詳しく説明していただいてもよろしいでしょうか?

関連するQ&A

  • ローパスフィルタとベースバンドフィルタ

    技術翻訳をやっております。電子回路の知識はありませんので、わかりやすく説明してください。「ローパスフィルタAとローパスフィルタBのベースバンドフィルタのカットオフ周波数は互いに異なる。」という文の意味が分かりません。回路図を見ますと、周波数が異なる2種類のベースバンド信号が入力され、それらの信号をセレクタスイッチにより、それぞれの周波数に対応するローパスフィルタAとローパスフィルタBとに振り分けています。私が分からないのは「ローパスフィルタAとローパスフィルタBのベースバンドフィルタ」の「の」の部分です。ローパスフィルタとベースバンドフィルタとは、どのような関係なのでしょうか。「ローパスフィルタAとローパスフィルタBのベースバンドフィルタのカットオフ周波数は互いに異なる。」という文をを別の表現で言い換えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

  • スイッチングレギュレータ(MAX1837)の動作について

     スイッチングレギュレータ(MAX1837)がどのように動作しているか簡単に説明していただけないでしょうか?データシートで回路構成を見てみたのですが、複雑でよく分かりませんでした。  ちなみに、このスイッチングレギュレータの入力は普通直流成分のみだと思いますが、もしも、直流成分15VにVp-p200mVを重畳させたもの(V=14.9V~15.1V)を入力したときうまく動作をするのでしょうか?  また、入出力のコンデンサは10uF、出力のインダクタンスは33uH、ダイオードはMA21D3800Lを使用しています。  どなたか分かる方がいらっしゃいましたら、教えていただけると幸いです。  

  • 自己共振周波数を超えた場合のコイル

    仮に自己共振周波数が100kHzのコイルを使って、カットオフ周波数が500kHzのLCローパスフィルタを作ることはできるのでしょうか? 但し、コイルのインダクタンスは500kHzで100uHとします。計算ではコンデンサは1nF程度になると思うのですが、フィルタになるか疑問です。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#101087

電源からみたインピーダンスで合わせるのがふつうだと思います。 二つのスイッチングレギュレータが同品種なら、二つ並列の LC ローパスフィルタのカットオフ周波数は同じ、インピーダンスは一つの場合の 2倍 (L 値を 2 倍、C 値を 1/2 倍)、という設計でよさそうですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お早い返答ありがとうございます。 並列になるので、しっかりと考えて設計を行いたいと思います。

関連するQ&A

  • 交流電力の求め方について

    ある基準電圧に交流信号が重畳されているものが、負荷を通ったときに消費される電力について調べています。 例えば、基準電圧15Vで周波数250kHzのVp-p=1Vの信号が重畳されているときに、ある伝送路(ここでは抵抗とコンデンサで構成されるローパスフィルタとする)を通ったときに消費される電力はどうなるのでしょうか? 目的は、伝送路による電力損失をなるべく小さくしたいのです。 ただ、基準電圧15Vは変更することができないので、交流信号をなるべく小さくしたいと考えております。その際、交流信号の振幅を小さくすることでどれほど電力損失を少なくできるか計算したいと考えています。

  • スイッチングレギュレータ(MAX1837)のPSRRと入力インピーダンスについて

     スイッチングレギュレータ(MAX1837)を用いて、15V→3.3Vの電圧に変換したいと考えております。ただし、この15VにはVp-p=1.5Vほどのノイズがのっており、その際どの程度ノイズを除去できるのか知りたいのですが、PSRR(電源電圧除去比)の項目がデータシートにのっておりません。  また、15Vの電圧源の内部インピーダンスが50Ωとなっており、スイッチングレギュレータの入力インピーダンスによっては電圧降下を起こしてしまうと考えられるのですが、入力インピーダンスの項目ものっておりません。  どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたら、教えていただけると幸いです。

  • ローパスフィルタのカットオフ周波数と次数について

    ローパスフィルタにおいて、カットオフ周波数や次数を大きくしたり小さくしたらどのような結果になるのか(メリットとデメリット)を教えていただきたい

  • セルフパワーで信号を復調する受信回路の設計について

    現在、受信側で電源を必要としない、セルフパワーで信号を復調する受信回路をディスクリート部品を用いて設計を行っています。この際、受信側で信号と直流電圧を分離するために、受信モジュールの入力にHPFのためのCと、DC/DCコンバータの入力にLPFのL とCを挿入します。 DC/DCコンバータにはMAX1837と呼ばれるスイッチングレギュレータを用いています。MAX1837の入出力のコンデンサCは10uF、出力部のインダクタLは33uHを入れています。 信号周波数は250kHzでVp-p=1.5Vとなっております。 変調方式はDPSKです。 また、電源のLPFのLは470uH,Cは47uF挿入しています。 伝送路の等価回路モデルは詳しく言うことが出来ず申し訳ないのですが、カットオフ周波数が600kHzほどのRCのローパスフィルタとなっております。 この時、レギュレータの入力部のLを1000uH,C=10uFをしたところ、伝送路の交流信号はほぼ変化せず、LCのLPFを通過後は交流成分はなくなっており、よい結果となったのですが、L=100uH,C=10uFとしたとき、伝送路を通過した後のPSK変調がかかっているときの信号波形がゆがんでしまいました。 LCの時定数が関係しているのかと思い、L=100uH,C=220uFで行ったのですが、同じように波形がゆがんでしまいました。 この結果から、Lの大きさが波形がゆがむ要因になっていると考えられるのですが、なぜLを大きくすると波形がゆがまないのでしょうか? また、波形がゆがまないための最適なLはどのような値なのか計算から求める方法はあるのでしょうか? もし、Lのリアクタンスの大きさが関係しているのだとしたら、Lを掃引して実験を行うことで、ある程度絞り込むことができると考えています。 もし、分かる方がいらっしゃいましたら、教えていただけると幸いです。

  • 降圧チョッパについての質問です

    今、スイッチングレギュレータについて色々と調べています。 そして降圧チョッパにたどり着いたのですが、ある参考書にこんな問題がありました。 「降圧チョッパにおいて、スイッチング周波数を増加させることの利点、欠点とは何でしょうか?」 正直わからなかったのですが、実際降圧チョッパのスイッチング周波数を増加させることの利点欠点とは何でしょうか?

  • スイッチングレギュレーターをからマイコンに電力供給

    スイッチングレギュレーター(12V→5V)をからマイコンに電力供給することを考えています。 試験的に回路を組み実験したところとりあえず駆動しました。まあ実際にできたのならいいか、と先に進みたいところですが… スイッチングレギュレーターの出力電圧にはリップル(スイッチング周波数によるノイズ)が存在します。そのリップルはいずれマイコンに悪さをしないでしょうか?悪さをしないようにする設計の勘所のようなものがあればご教授いただけるでしょうか? ちなみにマイコンと周辺回路合計で300mA程度の負荷があります。

  • スイッチングレギュレータ(MAX1837)について

    スイッチングレギュレータの動作について質問があります。 現在、15Vの直流電圧を3.3Vに変換するためにMAX1837を用いています。 このMAX1837を動作させる際、CinとL1,Coutを挿入しなければならないのですが、Cin=10uF,L1=33uH,Cout=10uFを挿入したところ、Vp-p=0.2Vの基準電圧3.3Vで安定しました(3.2V~3.4V)。 しかし、Cin=200uFくらいにしたところVp-p=0.5Vほどで基準電圧がおそらく3.3V程に安定しました。 そこで、皆様にお尋ねしたいのですが、このCinやL1,Coutはスイッチングレギュレータの中で、どのような役割を果たしており、値を変化させることでどのような現象が起きているのかを教えていただきたいです。 もし、お時間がありましたらお答えいただけると幸いです。

  • スイッチングレギュレータ(MAX1837)の入力信号について

     現在15V→3.3Vへ電圧を変えるためにMAX1837を用いてDC-DCコンバータしようと考えています。ただし、その際入力電圧となる15Vが交流信号Vp-p100mVで周波数が500KHzほどの信号も重畳されています(つまり、14.9V~15.1V)。この時、DC-DCコンバータに接続した際、3.3Vへの変換はうまく行われるのですが、入力の交流成分が失われてしまいました。おそらくMAX1837の入力する際並列についているキャパシタにより、信号が減衰してしまったように思われます。そこで、間にLC型のLPFを挿入すればよいと考えたのですが、その場合、インダクタがあることにより不要輻射ノイズが発生してしまいます。また、RC型のLPFでは交流信号が減衰してしまいます。入力の交流信号にまったく影響を与えずMAX1837へ信号を入力する方法はあるでしょうか?

  • ローパスフィルタの遮断周波数を求めたいのですが

    あるサンプリング数のデータをエクセルでグラフにしたものがあるのですが、このグラフ(波形)にローパスフィルタをかけたいのですが、カットオフ周波数をいくらにしたらいいのか判らないので、ご存知の方おられたらお願いします。 サンプリング周波数は1msで行います。データの最大値(ピーク値(y軸))は約8μmです。 おそらくほかにも情報がいると思うのですが、なにがあればよいのかわからないのでそれを含めて教えていただけると非常に助かります。

  • ACインバーター制御IC

    ACインバーターの制御ICを探しています。 直流からPWM制御でフルブリッジを駆動して、LCを通して単相のAC出力を 得るものです。 通常はそれぞれ専用のCPUを使っていて、汎用品が見当たりません。 モーター用のインバーターではありません。 モーター用のインバーターは周波数を可変にするもので、電圧を変えたい ので、広範囲でPWMのDUTYを変える必要があります。 スイッチング・レギュレーター用の制御ICは直流用ばかりです。 交流ですので、リファレンス電圧に交流を加える必要があります。 よろしくおねがいします。