• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ブリッジ回路の合成抵抗について

ブリッジ回路(左上,右上,左下,右下に抵抗R1,R2,R3,R4があり,左と右を結ぶ回路に電池がある.R1,R2の間からR3,R4の間に岐路がある.)の合成抵抗の解説で 「R1R3/(R1+R3) + R2R4/(R2+R4)」とありました. いかにもR1とR3の並列回路とR2とR4の並列回路の直列接続の合成抵抗のような気がします. しかし,左上,右上,中央,左下,右上に5Ω,20Ω,10Ω,20Ω,5Ωの抵抗があり,上の式が正しいなら 4+10+4=18 になりませんか? 中央の岐路に抵抗がある場合とない場合では式が違うのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数6830
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • W_edged
  • ベストアンサー率42% (48/112)

>左上,右上,中央,左下,右上 右下はどれ? ・・・とい言うことはさておき、 この手の問題はおそらくこうなっているはず。 左上×右下と左下×右上を計算してみてください。 真ん中を無視して、対角線同志をかけます。 この値が同じだったら、回路が平衡しているといいます。 おそらくこの問題では、 R1×R4=5×20 R2×R3=5×20 となっているのではないでしょうか? R1・R4=R2・R3 が成り立つとき、回路は平衡していて、 真ん中の抵抗はあってもなくても良いことになります。 だから、 >いかにもR1とR3の並列回路とR2とR4の並列回路の直列接続の合成抵抗 となります。 平衡していないときは、面倒な計算になりますが。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます. 平衡しているときだけなのですね. これからもよろしくお願いします.

関連するQ&A

  • 保全 回路 抵抗(合成抵抗) 電流 電圧

    {回路・合成抵抗・電流についての質問} R1・R2・R3=1.2kΩが並列になっていて、V=10Vの回路図の場合、合成抵抗Rは400Ωで、電流Iは2.5mAとなる。 上の文章は正しいことを述べているか? ○× & できれば理由を教えて下さい。

  • 並列の合成抵抗での計算

    現在、電気回路について勉強しているのですが下のような並列回路の問題を解こうとしています。 問題はR1=400オーム R2=500オーム R3=100オームのとき 端子a-b間の合成抵抗がR=495オームであるとき抵抗R4の値を求めよ ---R1-----R2---- a|         |b ---R3-----R4---- ※並列回路だと思ってください。 この問題をずっと考えているのですが、R4の答えは500オームになるそうですが、私はその答えになりません。 どなたか、考え方を教えてほしいのですが・・・ 宜しくお願いします。

  • ブリッジ回路の2つの不明な抵抗は?

    電気基礎のブリッジ回路について、計算方法のわからない問題があったので質問します。 電圧100ボルト 電流30A (ひし形の回路として)左上8Ω 左下4Ω 右上・不明 右下・不明 不明な2つの抵抗の求め方が分りません。 計算方法も含めて誰か教えていただきたいです。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • a987654
  • ベストアンサー率27% (112/413)

NO1の方が答えられている通りと思います。 なおかつ、NO1の方の温情かとおもいますが >左上,右上,中央,左下,右上に5Ω,20Ω,10Ω,20Ω,5Ω 右下はどれ?のみならず、抵抗値の部分も違っていると思われます。 他の方々のお答とも重複しますが、 >「R1R3/(R1+R3) + R2R4/(R2+R4)」とありました. これは、ブリッジが平衡している時のみに適用出来るのもので あり、質問に記載されている抵抗値ではブリッジの平衡条件を 満たしておりません。 ブリッジが平衡条件:対辺するインピーダンス(この場合抵抗)の           積が等しい時。           すなわち R1・R4=R2・R3 のとき。           R5の両端電位が等しくなるのでR5を短絡           または開放しても回路は等価となる。  ・R5を短絡とした場合 20Ωの並列+5Ωの並列=12.5Ω   (「R1R3/(R1+R3) + R2R4/(R2+R4)」は短絡をした時に式です。)  ・R5を開放とした場合(20Ω+5Ω)の並列=12.5Ω   (結果は同じですが、開放の式のが判り易いかと思います。) ブリッジ不平衡のときは、「R1R3/(R1+R3) + R2R4/(R2+R4)」の ような簡単な式にはなりません。 これも他の方と同じですが、キルヒホッフn第一法則と第二法則を 使い連立方程式を作り、解くことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます. ブリッジ回路は平衡していないと面倒な計算が必要なのですね. これからもよろしくお願いします.

  • 回答No.2
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

「いかにもR1とR3の並列回路とR2とR4の並列回路の直列接続の合成抵抗のような気がします.」   →その通りです。 「中央の岐路に抵抗がある場合とない場合では式が違うのですか?」   →原則として違います。例外は#1さんの仰る「平衡」の場合で、このときは中央の抵抗の両端に電位差がなくなるので抵抗がないとみなして構いません。「平衡」でないときはキルヒホッフの法則を使って連立方程式で解けます。「ホイートストンブリッジ」で調べてみるといいかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます. 中央に抵抗があり,回路が平衡でないときはやはりキルヒホッフの法則が必要なのですね. これからもよろしくいお願いします.

関連するQ&A

  • ブリッジ回路の問題

    ブリッジ回路の問題で、端子a-b間からみた合成抵抗Rを求めるという問題です。    R1  a  R2 ――< ̄   ̄>――    R3 ̄ b  ̄R4   ただし、R1=40,R2=60,R3=30,R4=20(単位は、すべてΩ) また、端子a-b間は導線等でつながっていない それと、端子a-b間からみた  という表現がよくわかりません。 それではお願いします。

  • ブリッジ回路の問題で分からない問題があります…

    次のブリッジ回路の端子A-B間の合成抵抗R0を以下の手順で求めよ (1)、ブリッジが平衡していない一般的な場合について合成抵抗R0を求めよ (2)、ブリッジが平衡している場合は(1)の結果が         R1R3+R1R4+R2R3+R2R4    (R1+R2)(R3+R4)    R0 = ----------------------- = ---------------           R1+R2+R3+R4         R1+R2+R3+R4 となることを示せ。ただし、(1)の結果でR5=0としてはならないし、R5を無視してはならない。並行している場合に適用できるのはR1R3=R2R4という関係式のみである。 (1)はなんとか解けたのですが(2)が解けませんでした 分かる方いたら教えてください

  • ブリッジ回路について。

    【左上:R1 右上:R2 左下:R3 右下:R4 真ん中:検流計 というブリッジ回路があり、検流計に電流が流れない条件を求めよ。】 という問題があるのですが解答で、 【その中で検流計の両端の電位が等しくなる条件が答えである。】 とあり、それは分かるのですが、 【すなわち、R2にかかる電圧とR4にかかる電圧が等しければ検流計に電流が流れない】 がよく分かりません…。 なんでそこ2つの電圧が等しいと検流計に電流が流れないのか。そもそも並列の時って電圧は等しかったんじゃ?というかこれは並列? という具合にかなり混乱しています…。 よろしくお願いします。

  • ブリッジ回路について

    問題1 写真上の回路の両端の端子AB間に60Vの電圧を加える。この時電流I_0と、I_1の値を求めよ。 答え 合成抵抗R_0=12+8=20Ω I_0=60/20=3A I_1={(8/(12+8))*60}/10=2.4A 問題2 写真左下のブリッジ回路の端子AB間に60Vの電圧を加える。この時電流Iを求めよ。 答え この回路は、写真上の回路と同じものである。従って、合成抵抗R_0=20Ω I={(12/(12+8))*60}/30=1.2A 質問です。 まず右下のブリッジ回路は左下のものと同じもので間違いないのでしょうか。 もしそうならばなぜ左下(右下)のブリッジ回路が上の回路と同じになるのかがよく分かりません。右下のブリッジ回路で考えると、もし上の回路と同じならば問題1より10Ωの抵抗に流れる電流はI_1=2.4Aとなり、40Ωの抵抗には3.0-2.4=0.6Aの電流が流れるのではないかと思います。 そうすると、B点から見たC点の電位差はV_c=10*2.4=24V, 同じくB点の電位差は40*0.6=24VとなりC点とB点の電位差は0になると思います。 次に、問題2よりブリッジ回路の30Ωの抵抗に流れる電流は1.2Aですので、その1.2Aのうち0.6Aがブリッジ回路の中心DC間に流れ込み、残りの0.6Aが40Ωの抵抗に流れている様に思われます。しかし、CD間の電位差は0のはずですので、電位差が0にも関わらず電流が流れているという事が矛盾している様に思われます。 そして、ブリッジ回路において向かい合った抵抗の積が等しい時のみ中心間(この問題ではCD間)の電位差が0になるというブリッジの平衡条件をこの回路は満たしていない(20*40≠10*30)ので、そもそもC点とD点の電位差は0ではないのではないかと考えているうちにすっかり混乱してしまいました。 詳しい方教えていただければ助かります。

  • 合成抵抗値より抵抗Rを求める

    一陸特の過去問です。 合成抵抗値より抵抗を求める方法がわかりません。 ご教授願います・・・。 平成20年6月期の午後の問題です。 【4】 図の回路において、端子ab間の合成抵抗の値が10[Ω]であるとき、抵抗R1の値として、正しいものを下の番号から選べ。 ただし、R2=14[Ω]、R3=12[Ω]、R4=8[Ω]、R5=4[Ω]とする。 1.8[Ω] 2.10[Ω] 3.16[Ω] 4.20[Ω] 5.30[Ω] 答えは20[Ω]となるらしいです・・・。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • ブリッジ回路

     1---R2---2’---Z1---3  |           |          |   |           |         |  |           A         |  |            |         |   |           |         |              2   ---R1-------Z2----   |                    |   |                    |   --------E+--------- この回路における問題です。Eは各周波数ωの交流電源、Aは検出器で、ブリッジが平衡状態にあります。またZ1=R4+1/jωC4(R4とC4の直列抵抗)、Z2はR3とC3の並列抵抗、R1,R2,R3を流れる電流をそれぞれI1,I2,I3,そしてC3を流れる電流をIcとします。 まず、1-2,1-2',2-3,2'-3間の電圧降下V1,V2,V3,V4を求めて次式のようになりました。 V1=I1*R1 ,V2=I2*R2 ,V3=I1*{R3/(1+jωC3R)} ,V4=I2(R4+1/jωC4) この時、ωの値を求めたいのですが、平衡条件R1*Z1=R2*Z2より、左辺と右辺の実部、虚部どうしが等しいことより、ωを求めたのですが、それぞれ違う値で出てきてしまうのです。どこか計算間違いをしているのでしょうか?おしえてください。

  • ブリッジ回路の平衡条件について教えて下さい。

    ブリッジ回路の平衡条件について教えて下さい。   ブリッジ回路において、A-B間の電位が等しくなり、電流計がゼロ(電流値が0 [A])を示す条件をブリッジ回路の平衡条件といい、抵抗(R1,R2,R3,R4)をタスキ掛けした値が等しい時にブリッジ回路の平衡条件が成り立つ。 ○R1R4=R2R3 とあります。 何故このようになるのでしょうか? この時、 R1+R3=R2+R4 になると考えても問題ないでしょうか? 宜しくお願いします。

  • ブリッジ回路とオームの法則

    今ホイーストブリッジの回路でひずみなどの信号を読み取る勉強をしているのですが、わからないことがあります。 http://atlas-techno.com/geji.html このサイトの一番下の図の右に 「4ツの抵抗値を等しくし、R1をひずみゲージに交換する。 ブリッジ回路の出力電圧 e はキルヒホッフの法則とオームの法則より .......」以下の式の意味が分かりません。 普通に合成抵抗とEをかけたらeが求まるとおもうのですが。 R1*R2/R4+R3*Eと言った感じで。 この式はなんなのですか?? 詳しい方分かりやすく教えて下さい!

  • 電気基礎 分流器の問題と抵抗の並列接続について

    こんばんは 参考書の問題で解けない問題があり質問させていただきました。 |--------A--------| |  | *--r1----*----r2--* | | | +    5A 2A 内部抵抗が0.02Ωで、最大目盛が1Aの電流計がある。2A,5Aの最大目盛の端子をもつ多重範囲電流計とするとき、分流器の抵抗r1,r2はいくらか。 電流計には1Aしかながせないので、r1とr2に5A、2Aから1を引いた6を流れるようにするのかと考えたりもしましたが5Aと2Aをどう使えばいいかが分からなく困ってます。 -------------------- | | 5Ω 5Ω |         | a--*------10Ω--------* | | 10Ω 5Ω | | b--*------------------| 端子abからみた合成抵抗を求めよ。 上の方にある2つの5Ωと10Ωが並列であるので5Ωとなり、この5Ωが右下の5Ωと直列であるから10Ωとなる。この10Ωが左下の10Ωと並列であるので、abからみた合成抵抗値は5Ωとなる。 まず、端子abからみた合成抵抗という意味が分かりません。 どのように見ればいいのか。 上の方にある2つの5Ωは直列で10 上の10Ωと並列で5Ωになる。 そして、右下の5Ωと直列で10Ωになりますが 左下の10Ωとは直列ではないのでしょうか? 直列や並列になるのは端子や接続点も関係あるのでしょうか? 簡単な回路の抵抗は求められますが応用になると 手も足も出ない感じです。

  • 不平衡のブリッジ回路

    工業高校の一番初めの方にならう基本的なことなのですが、不平衡の場合のブリッジ回路の合成抵抗について教えてください。 1Ω、3Ωが直列  2Ω、4Ωが直列 で1Ω、3Ωの間、2Ω、4Ωの間からブリッジに5Ωがつながっている回路について、この合成抵抗の求め方と5Ωに流れる電流の求め方について、その考え方を教えてください