• 締切済み
  • 困ってます

下水道受益者負担金

この度、下水道が平成23年4月から供用開始されることになり、現在下水道管敷設工事が行われています。受益者負担金が供用開始区域になるだけで供用開始日から登記簿の地積より賦課されることになり、高齢者としては費用の出費のことで大変受け入れ難い事態となっています。現在の家屋は生活排水は河川に流し、汲み取り便所で水洗化工事は行わず本管に接続しなくても形式的な罰則条例はありますが適用されたことはないので心配はしていません。この受益者負担金は支払わないと延滞税が掛かり余計な出費となります。はっきり言って、行政の押売りだと思っています。歳が若く家屋も新しければ水洗化の改造もしようと思いますが高齢者にとっては現状のままで余生を過ごすことに何の不便もありません。下水道に反対ではありませんが、それぞれの住民の事情も考慮した対応ができないかといつも思うものであります。下水道には賛成ですが行政の押売りには反対です。そういうことで家の前の道路に下水道管を埋める工事を阻止すれば、受益者負担金の賦課はできないのかと思いますが他に何か穏便な良い方法はないものでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3349
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#210603
noname#210603

下水道には、生活排水のみならず雨水の排出もございますので、受益者負担の原則とは別に、自治体が一般財源(税金)で負担している部分も小さくはないものと思います。それでも、日本の多くの自治体が、厳しい経営に直面していますので、下水道受益者負担金は、貴重な特定財源として徴収されているものと思います。しかし、私は、その徴収を強要と感じる方は、実は、サイレントマジョリティーなのではないかと思っております。議員や審議会のメンバーでない限り、hachihaci様と同様に感じる、というのが現実だと思います。ですから、恐らく、厳しい経営状況が露呈することになると思いますが、自治体は、日頃から広く住民に対しても、(無論、条例を示すだけではなく)親切に説明する方法を模索すべきだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 自治体はできるだけ穏便にするため、このようなことの広報活動は余り取り組まないと思っています。そっとやりたいのが本音でしょう。 ほとんどの自治体が国の基準に準拠して『下水道建設費の一部負担である受益者負担金については、下水道への接続意思の有無に関わらず下水道が整備された時点で賦課させていただくこととなります』ということです。 http://www.city.kariya.lg.jp/kakuka/gesui/hutankin3.html でも南九州市では市民に優しい対応を取られており、敬意を表するものであります。 その内容は『下水道接続の際に,一戸当たり200,000円の受益者負担金が発生いたします。接続時に送付されます納入通知書でお支払いください』という内容です。 http://www.city.minamikyushu.lg.jp/cgi-bin/hpViewContent.cgi?pID=20070928200525&pLang=ja 本当に下水道管に接続することによって、受益を受けるものである事と解釈して行政に取組まれています。 今後このような自治体が増えることを期待するものです。

  • 回答No.5
  • hroronD
  • ベストアンサー率34% (632/1827)

 >下水道には賛成ですが行政の押売りには反対です。  押売りではなく、義務です。  >家の前の道路に下水道管を埋める工事を阻止すれば  無理です。公道はあなたの物ではありません。法的根拠に基づいているので工事にはまったく問題ありませんし。  >高齢者にとっては現状のままで余生を過ごすことに何の不便もありません  本人は良くとも、周辺の人や河川にとってはどうでしょうか?  受益者負担金は、下水道が整備される区域内に土地を持っている以上は避ける事は出来ません。ただし、自治体により、減免措置を設けているので確認すると良いでしょう。  例えば、生活保護法による扶助を受けている受益者の土地等。  払えるのに払わないのは単純に法令違反です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授、誠にありがとうございました。 下水道への接続意思の有無に関わらず下水道が整備された時点で賦課される受益者負担金の強要は、押売り反対でなく『押売りお断り』とさせて頂きます。 また南九州市のホームページでは次のような住民に優しい表現をされています。 下水道接続の際に,一戸当たり200,000円の受益者負担金が発生いたします。接続時に送付されます納入通知書でお支払いください。 下水道が整備されることにより、八割程度の人たちは下水道に接続されると思っています。現在の生活排水の八割が下水道に流れることになると今までの河川には残りの二割の水量が流れ込むことになりますが、総排水量が減少することにより河川への負荷が減り、きれいになることは間違いないものと思っています。当然今よりも排水には気を配り汚さないよう心がけるつもりでいます。 また、ご意見を頂ければと思います。

  • 回答No.4
  • onbase
  • ベストアンサー率38% (1995/5206)

下水道の接続拒否も自由ですし、屎尿処理には問題はないでしょう。 しかし、生活廃水を川に垂れ流しはいただけません。 環境汚染の現況の一つです。 「昔はみんなそうだった」かもしれませんが、「時代も社会状況も違う」のですから今は通りません。 それと「私道」なら工事拒否も出来るかもしれませんが、「公道」なら無理です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 家屋の敷地から外に排水される最終枡には竹炭を入れて、少しでも環境にやさしい排水になるように工夫はしております。 行政の下水道受益者負担金の賦課のやり方に『押売りお断り』と声を大にして言いたいのです。

  • 回答No.3

私が在住する「さいたま市」の場合を例にしてますが、 冷静に、公簿面積(m2)X 負担割合(610円?)を考えて見てはどうでしょう。農家規模だと高額になっちゃいますが・・。 負担金の納付は、1年の4期分、5年間で20回納付でしょうか? 当然、一括払いだと4期分ぐらいの報奨金(割引)がつくかと思います。 そちらの市町村ではどうでしょう。 申告書から決定通知書といった流れの手続きが行われないと納付書の交付と進みませんが、ご存じのとおり、期限が切られています。 公益的な施設などは、負担金の減免はあるようですが、私邸への適用はないようです。しかし、納税者として一言、担当課にぶつけてみてもいいのかもしれません。役人は聞かないと、いい方法があっても教えてはくれません。 「公益の設備には、3年以内?までに利用しないといけない。」とした決め事があるようですが、供用開始4年経っても浄化槽から道路U字溝へ排出している家はあります。 下水道利用料は、水道料金の1/2か月でしたっけ? しかし、これは、設備業者の工事申請後からだったと思います。 工事は、約30万円程度からかかるでしょうから、役所から言われるまで、接続は考えないでいることでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 兎に角、行政の強硬な下水道推進活動が全てに歪みを作っています。 受益者負担金は不公平をなくすものと言っていますが、下水道に接続する人は恩恵を受け入れ、接続しない人・接続できない人は逆に金銭負担という不公平を被っているのです。 『下水道建設費の一部負担である受益者負担金については、下水道への接続意思の有無に関わらず下水道が整備された時点で賦課させていただくこととなります』と押売りと思える表現になっています。 できる人の影にできない人がいることを真剣に考えてほしいものです。

  • 回答No.2
  • ben0514
  • ベストアンサー率48% (2966/6105)

素人です。 敷地の中までの工事をされなければ、受益者ではないでしょう。 自分の土地であれば、工事を受け入れなければ良いのではないでしょうか? 下水道課や福祉課などで相談されてはいかがですか? 簡単に解決するかもしれませんよ? ちなみに私の会社では国有地を購入しました。国有地のときに下水道管工事がされたにもかかわらず、国・公共ということを理由に無申告のうえ未負担のまま、白紙の負担金の申告書を渡され、全額負担させられましたね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 受益者負担金は生易しいものではありません。 下水道建設費の一部負担である受益者負担金については、下水道への接続意思の有無に関わらず下水道が整備された時点で賦課させていただくこととなります。 敷地面積は登記簿により、調べられて下水道の供用開始の公告と同時に負担金の納付書が送られてくるようです。 何か良い対処方法はないものでしょうか。

  • 回答No.1

>高齢者としては費用の出費のことで大変受け入れ難い事態 支払い能力がなければ、放置が一番穏やかでしょう。 支払うと生活保護に陥るのなら、徴収が免除されることでしょう。 福祉課で相談なさればよろしいかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 言われるとおり放置が一番でしょうかね。 なるようになるで腰を据えていましょう。 福祉課に相談するだけ無駄なことはありません。 条例にあることをオウム返しに話すだけですから。 受益者負担金を支払わなければ、容赦なく延滞金が課せられ国税滞納並の高利率に泣かされることになります。

関連するQ&A

  • 下水道受益者負担金

    下水道受益者負担金に消費税は掛かりますか? 新築の契約をした際、上下水道の引き込みがなく、工事費等の負担金を含めて見積もりを出してもらいました。 その際、市役所に支払う下水道受益者負担金も見積もりの中に入っていたのですが、この受益者負担金にも消費税がまるまる掛かっていました。 こういった見積もり等をチェックしてくれる第三者機関などありましたら、あわせて教えていただけるとありがたいです。

  • 受益者負担金について

    会社の下水道の関係で、受益者負担金を市に納める事になっていますが、金額が仮に600,000として、仕訳はどうなりますか?また税務上はどんな問題がありますか?教えてください。

  • 受益者負担金は何費で計上するの

    今度、市の下水道を使うことになりまして受益者負担金を100万程振り込むのですがこの金額は何費で計上するのですか?

  • 下水道事業受益者負担金の受益者について

    下水道事業受益者負担金決定通知書が市から届きました。 現在新築中です。妻の父親の土地に私名義の家を建てます。 「受益者とは土地の所有者をいいます。」 と書かれているのですが、これは妻の父親は関係あるのでしょうか?父は家に住む予定などはありません。土地を所有しているだけです。 私が全額負担するのがベターでしょうか?

  • 下水道受益者負担金の未徴収自治体

    下水道受益者負担金を利用者に賦課することが一般的ですが全国自治体約1800団体のうち50団体が負担金を徴収していないと平成15年度下水道統計要覧にあります。この負担金を徴収しないことは法律違反にはなりませんが勇気のある決断をされていると考えます。 具体的に市町村名をご存知の方がありましたら教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

  • 下水道受益者負担金の勘定科目

    教えて頂けませんか。 住んでいる市が下水道工事を行っています。 下水道受益者負担金が、所有土地に対し400円/1平方メートルかかります。 該当地域には、田畑、マンションを所有しております。 田畑の負担金は60万円、マンションの負担金は45万円程度になります。 青色申告、または、白色申告において、アドバイス願います。 1.田畑の負担金は、農業所得から経費でおとすこと可能でしょうか? 2.マンションの負担金は、不動産所得から経費でおとすこと可能でしょうか? 3.農業、不動産に関する勘定科目は、それぞれどのようになるのでしょうか?  4.経費扱いの場合、一括で本年度の処理は可能でしょうか?   よろしくお願いいたします。

  • 上下水道受益者負担金(代理)

    教えて下さい。困っていますので宜しくお願い致します。 私の実家の市です。  今までは、井戸水の為上水道は使用していません。今後も使用するつもりもありません。 今回、下水道が通ることになり、ほぼ強制的に(駐車場まで工事をして下さいとの事でしたが、断りました。)曹の工事(無料)をしました。 後ですると、高額な工事費が掛かるとの事でした。 この時に、いくらかの負担金(金額の提示は無し)がかかるとの話は有りましたが、工事が終わり暫くて、上下水道受益者負担金なるものの請求が来ました。この金額が半端ではなく、何十万と言う金額です。(曹の工事をしたために土地面積に応じて請求が来たようです。しかし、なかば強制的に工事をさせて、終わると何十万と言う金額の請求は全く納得できません。)  そこで質問ですが、上下水道は今まで、利用したことは無く、今後も利用するつもりもありません。それと使用するつもりも無いので、配管の接続もしていませんので、使用することも出来ません。  使用しないもの、使用出来ないもの、使用するつもりも無いものに、受益者負担金も無いと思うのですが、それでも払わなければいけないでしょうか。  取りあえず、異議申し立てをしてみようと思っていますが、どうでしょうか。  経験者の方、詳しい方、良きアドバイスをお願いします。

  • 下水道接続意向調査

    今年の8月に『下水道受益者負担金』として質問させてもらったものです。 下水道幹線工事も順調に進んで『下水道接続意向調査』を年末までに実施しますと、市役所から連絡がありました。 この調査次第で来年度の下水道枝線工事を実施するかどうかの決まるとのことです。民主党政権になったので方針変更かわかりませんが物事を進めていく順序がおかしいのではと感じています。 これで接続を希望しない回答が多いと、下水道工事は中止され『下水道受益者負担金』もなくなるので高齢者にとっては一安心で、平穏な生活が取り戻せます。

  • 下水道事業受益者負担金 長期分割払について教えて下さい

    下水道事業受益者負担金 長期分割払について教えて下さい 負担決定金額は306,600円 (一括納付の場合の報奨金は42,000円でしたが分割納付を選択したので上記金額になります) 平成21年の11月末日納付から始まって平成26年9月末日まで納付することになっています (1年のうち、1月・7月・9月・11月の各末日が納付期限になっています) 平成21年は15,900円を1回(11月末日に納付済) 平成22年は15,300円を4回 平成23年は15,300円を4回 平成24年は15,300円を4回 平成25年は15,300円を4回 平成26年は15,300円を3回 この時の経理処理についてご解説、ご指導頂きたく宜しくお願い致します 繰延資産の「長期分割払いの負担金の必要経費の算入」を読みましたら、次のいずれにも該当するのであれば支出した年の必要経費に算入することができるとのこと (1)・・・(後記) (2)分割して徴収される負担金額がおおむね均等額・・・(クリアしてると思います) (3)負担金の徴収がおおむねその支出に係わる施設の小路の着工前に開始・・・(クリアしてます) (1)その負担金の額がその負担金に係わる繰延資産の償却期間に相当する期間以上にわたり分割して徴収させるものであること (1)番の意味が分からないのです (20万円未満ではないので少額繰延資産にならいこと 下水道受益者負担金の償却期間は6年の月割償却・残存価額ゼロ・定額法) また、長期分割払の原則として 分割支払い額を順次繰延資産の額に加えて償却します(総額は未払金にして償却はできません)とありました 期中は一旦、繰延資産科目にプールしておき、期末に繰延資産を下水道事業・・・の合計金額306,600円の6年月割償却の金額で償却するということでしょか? 長くなり申し訳ありませんが宜しくお願いします

  • 下水道受益負担金の会計処理方法

    当方青色申告をしております。 昨年周辺での下水道の工事が終了し昨年9月、12月と今年3月に『下水道事業受益者負担金』が発生します。 一括納付なら40万円超ですが当方は年度一括で9万円弱(一回に付き3万円弱になります)を支払う方法を選択しております。 この場合の会計処理を教えていただけないでしょうか。 質問内容が分かりにくいかとは思いますがよろしくお願いします。