• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

税理士のことで、

設立して3年目の建築業です。 主人が代表取締役で、私が経理をやっています。(素人です。) 今年売上げが3000万円をこえそうです。 そうなると消費税の課税業者になるとおもうのですが、計算がいろいろと複雑になのではないかと心配しています。 税理士を雇った方が良いのでしょうか? また、税理士を雇うメリットってなんですか?

noname#48
noname#48

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数160
  • ありがとう数26

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • ixy28
  • ベストアンサー率42% (9/21)

こんにちは。 消費税についてですが、今年3000万円を超えると言うことは、再来年から課税事業者に該当します。 消費税の課税システムはちょっと変わっていて、3000万円を超えた年度(今年)の2年後に課税事業者になります。 つまり、今回の決算(6月決算とするとH12、6月決算)の売上が3000万円を超えた場合、税務署に「課税事業者届出書」を提出してH14,6月決算時に、消費税を申告して納付する義務があります。 そのとき、一緒に簡易課税か一般課税かの届も出すのですが、それは計算してみないとどっちが有利かは分かりません。 それと、税理士の件ですが、これからは税理士を雇った方がいいと思います。上記の消費税の件のように、税法は複雑でなかなか素人にはわかりにくい点が多いです。 今回の件でも、税理士の方に相談すればすぐ解決したと思われます。 社長さんが、経理をやっておられるとのことですが、税理士は決して経理代行ではありません。 税理士を雇っても、今までどうり経理をしていくことは必要です。 ただし、節税の相談や、経費一つにしても会社で落とせるもの、落とせないものその判断は、社長の判断では難しいと思います。 税理士を雇うメリットはそこにあります。 知り合いの社長さんに紹介してもらったらいかがですか? 税理士なんて、星の数ほどいてるので、VTZさんと波長が合う人がきっと見つかると思いますよ。 参考になりましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いままで何人か税理士の方を紹介して頂いたことがあるのですが、断られたり、合わなかったりでめんどくさくなっていました。 が、今回いろいろな回答をいただいた事で再度、税理士の方を捜してみようという気持ちが湧いてきました。 有り難うございました。

関連するQ&A

  • 法人成りの時期について

    現在、個人で建築デザイン会社を営んでおります。設立して3年経ちます。法人成りを考えておりますが、設立のタイミングや消費税増税を見越しての設立時期のメリット・デメリットを教えてください。現在は、従業員1人です(私を含めて2人)。経理は、嫁に任せていまして、税理士さんなどは、お願いしていません。 1年目(売り上げ800万) 2年目(売り上げ1600万) 3年目(売り上げ1800万くらい)→今年の年末までの予想 4年目(売り上げは、同規模程度の推移だと予測。。。) 今年中に(12/28まで)設立する方が良いのか?来年でも良いのか(例えば4月くらいとか) はたまた、今の状態では、設立してもメリット無し・・・なのか・・・ 職業柄、仕入れはありませんので、こちらから、仕入れ業者に消費税を支払う事は皆無です。 備品などの購入品くらいです。 どちらにしても、将来は、法人成りをするつもりです。増税もありますから、時期は、どう考えれば良いのでしょうか?法人設立の2期は免税のメリットを活かしたいです。また、来年度は、消費税対象業者ですよ!という「消費税簡易課税制度選択届出書」も案内が来て、「簡易課税方式」を選択して提出しました。来年からは、消費税対象業者という案内も税務署様から来たという事で、いよいよ、考えておかなくてはと・・・ 知識不足ですが、上記、売り上げを見て、どう判断するのがベストでしょうか?小さい規模で、大変お恥ずかしいですが、良いアドバイスをお願いします。

  • 法人化を予定しています。

    法人化を予定しています。 お店を3店舗経営しているのですが、売上は1店舗4千万円くらいで、3店舗合算すると1億を超えます。 消費税は、法人化後2年免税ですが、3年目以降の課税において、売上が5千万以下の場合に適用される簡易課税を適用させたいと考えております。 同業種、同じ店名(ABC新宿店、ABC池袋店、ABC上野店といったかんじ)で、代表取締役が同一人物の場合において、株式会社を3社設立することはできるのでしょうか? 脱税になってしまうのでしょうか? ちなみに、ホームページはひとつになります。 また、3社にした場合、代表取締役以外の役員に、別々の役員をたてることで、実態をかえてはどうでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 内容証明〒の送り先について

    建築業者の不法行為の対して、内容証明を送りたいのですが、建築業者は一年前に業務を停止し、現在破産手続中です。 その場合、建築会社の代表取締役宛と、代表取締役 個人と、2通、内容証明を送る必要がありますでしょうか? 教えて下さい。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

まず消費税。基準期間の売上高のうち課税取引が3000万以上で課税事業所となります。税務署配布のしおりなどである程度ご存じかと思いますが、本則課税を取るか簡易課税を取るか有利な方を選択できます。(事前に届出が必要なので、要注意。)建設業であれば公共工事の入札のために経営審査を受けたりするかねあいで、税抜経理という方式で記帳することが多いですがその場合税抜きで3千万を超えるかを判断しますので、目安にされて下さい。今現在帳簿の記帳をどんな風にされているのか分かりませんが、可能であれば一度、試算をされてみた方がいいです。  次に税理士の件。名目上、申告の代行、経理指導、のようなことをするというのはご存じの通りかと思いますが、 もう一つ、税理士の大事な役目はなんといっても(?)税務調査の立ち会いでしょう。あと、申告書に税理士の印鑑があるのとないのとでは、税務署の見る目も違うとか違わないとか。必ずしもとは限りません。もちろん、個人でもそうですが、原則として申告書は自分で書きましょう。ですから。 蛇足ですけど先生によっては、飛び込みを嫌う方が往々にしてあります。お知り合いの紹介などがなければ、お取り引き銀行や税務署を通して紹介してもらう、といった形が歓迎されるかと思います。余計なお世話かもですね。  頑張って下さいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本則課税か簡易課税どちらが有利になるのか一度試算してみます。 それから、飛び込みを嫌う方がいらっしゃるのですね、参考になります。 有り難うございました。

  • 回答No.3
  • 164
  • ベストアンサー率33% (3/9)

1.わからないことは教えてくれる。 2.わからなかった、知らなかったで済まされない ことも事前に回避できる。 3.消費税といった税金だけでなく、その他経営に 関する情報を提供してくれる。 等々挙げられますが、毎月来てくれる事務所であれば 上記も可能でしょう。 しかし決算のみの年1回のお付き合い程度であれば、 契約するだけ無駄になるおそれも。 仲の良い取引先に聞いてみてはいかがでしょうか。 ヘンな人であれば、紹介しないでしょう。 紹介してくれるということは、その税理士事務所を 信頼されているかと思います。 なんか、質問の意図と異なっちゃいましたね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「知らなかったでは済まされない」ことがあるのでは・・・といつも心配していました。 経営に関する相談もできるのですね。 有り難うございました。

  • 回答No.2
  • tuha
  • ベストアンサー率7% (3/41)

建設業の内容が解かりませんが、例えば、家を一軒建てれば、軽く超えてしまう額になりますネ。  経理には、建設簿記の資格が必要になります。 (いずれ)  お近くの建設労連に相談してみては? 親切に応対してくれる筈です。 がんばて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございます。 頑張ります。

  • 回答No.1
  • kitano
  • ベストアンサー率0% (0/1)

1.建前から言うとおっしゃる通り課税対象になりますが、おそらくいままでも  消費税はとられていたのではないかと思います。申告するかしないかも  含めて、税理士のアドバイスをもらったほうがお得です。もちろん申告  そのものはご自分で十分にできる範囲のものです。 2.メリットはまさにするかしないかの方針を決めるにあたり適切なアドバイス   ガ得られることです。また税務署から呼び出されたりしても税理士が対応   してくれますので,わずらわしくありません。 3.年間3000万と言う売上からすると税理士を雇われるほうがよいでしょう。   税務署にあれこれ言われることを考えれば安い経費です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございました。 あれこれ考え込んでいるよりは、お金を払って税理士の方に相談するほうが、無駄な時間をつかわなくてよさそうですね。

関連するQ&A

  • お悔やみ文に関して・・・

    当方は個人事業者です。 業種は請け負いの建築作業員でして、従業員は私一人で業務を行っております。 お世話になっていた税理士事務所の経営者(代表取締役)が、 先日、他界されました。 ただ、お葬式の約2週間後に、差出人はその税理士事務所より、封書にてその事を知らさせました。 内容は、「代表取締役が亡くなりましたので、新しく代表取締役が○○様に変わります・・・」 とのことでした。 基より担当して頂いている税理士はご健在です。 でも、亡くなられた代表取締役の喪主や家族系や住所も知らされておらず、元々知ってもいませんでした。 こういった場合、喪主も分からないのに、お香典をその事務所に送るべきなのか、 事務所へお悔やみの文章を封書にて郵送すべきなのか、 事務所へ電話にてお悔やみを・・・など、調べましたが、良く判らずに困っています。 どのようにすればよいのでしょうか? 宜しくお願い致します。 ※因みに、亡くなられた税理士事務所のその代表取締役とは面識はありません。

  • 取締役

    初めて投稿させて頂きます。 よろしくお願いします。 会社設立のため、定款の認証をすでに受けているのですが、 定款で設立時取締役を主人の氏名だけ記載しました。 登記はこれからです。 私は、主人の妻なのですが、定款に設立時取締役として記載しなかった場合、 定款の変更をしない限り取締役とはなれないのでしょうか? また、同族会社で主人が代表取締役、奥様が取締役となっている場合が 多いですが、奥様を役員としない場合のメリットはあるのでしょうか? 会社設立後は、経理を担当致します。 ご指導よろしくお願い致します。

  • 計画倒産この不届き者を取り締まる期間はないの?

    裏の住人の塀の工事の際に、私宅に越境し、スプリンクラーを破損させた建築業者が、3億の負債を抱え倒産しました。建築業者といっても 代表取締役の息子が一人で営業をし、設計は外注、パートが2人の会社でした。実際に運営していたのは息子です。倒産した数か月後に、息子が会社を設立し同じ建築業をしています。計画倒産のようですが、このような不届き者を取り締まる期間はないのでしょうか?

  • 建築業の主任技術者の資格について

    お世話になります。 小さな建築事務所についてお伺い致します。 代表取締役と主任技術者2名の小さい建築事務所なのですが、 代表取締役が2級建築士の場合、代表取締役が主任技術者となれますでしょうか? 何卒宜しくお願い致します。

  • 税理士・建築士等の消費税についておしえてください

    いつもお世話になっています。 税理士さんに報酬を支払うことがあるのですが、料金の中に消費税が含まれています。 この場合、支払調書には、消費税を含めた金額を記入しています。 それでよろしいのでしょうか? また、建築士さんの場合も同じでしょうか? 建築士さんは、事務所を持っている人ではないので、 確定申告をするときに、支払消費税は,どのようになるのでしょうか? 収入は少なく、支払義務はないと思うのですが、個人事業主でないと、支払った消費税は戻ってきませんか?

  • 新設法人の消費税

    お世話になります。 新設法人の消費税についてですが、資本金が1,000万以上ですので設立より2年間は消費税の課税事業者になるのですが、設立1年目は設立未開業で、2年目以後は開業しています。 このような場合、設立1年目は新設法人の特例期間の2年間に含まれるのでしょうか? また、消費税の実務書等を読むと、一般的には3年目は・・・・ と3年目からは特例期間から外れるので課税事業者の届出等を提出する必要があります。とのことですが、このように未開業というのは、ここで言う一般的にあてはまるのでしょうか? 参考までに設立2年目は課税売上高1,000万以上です。 長文で読みづらいですが、宜しくお願い致します。

  • 普通はどこまで税理士さんがやってくれますか?

    経理初心者です。 (1)年末調整 (2)会計ソフトへの消費税振分けての入力 (3)領収証のチェック 税理士さんがやってくれるのは、一般的にどの範囲までですか? 月々の顧問料プラス、決算報酬(平均よりは高い額だと思います) を払っているにも関わらず、色々な事を経理の方でやってくれと言われます。 これって普通ですか?

  • 税理士を告発したい

    現在、会社の代表取締役相手に係争中なんですが、顧問税理士が相手に頼まれて嘘を並べた陳述書を裁判所に提出しました。 結局は裁判は和解の方向へ行きそうなんですが、資格のある税理士が嘘の陳述書を提出したことが許せません。 嘘だという証拠は、全従業員が証言出来ることなんですが、告発するにはどういう方法があるのでしょう?

  • 役員と出資者の関係

    現在、私が600万、Aさんが400万を出資して株式会社を設立することを検討しています。 設立する会社が同業ということもあり直ぐに代表取締役にはなりたくないと考えています。 そこでBさんに(出資なし)最初の1年間代表取締役になってもらい、1年後に私が代表取締役になりたいと考えています。 株主と役員の関係が今ひとつあいまいなので教えてください。 出資者でないBさんを信用していないわけではありませんが、私が全てコントロールして最終的に確実に代表取締役になりたい場合の、役員構成、出資金の出し方でうまくできる方法を教えてください? 冒頭のケースだと、私とAさんの賛成すれば問題なく多数決で私が代表取締役になれますでしょうか?

  • 消費税の課税対象について

    個人事業者ですが、2008年度に課税売上げが1000万円を越えたので、 2010年度から消費税の課税事業者になるかと思います。 その場合、2010年の売上げに対して課税されると思いますが、 その年度の売上げが極端に少なく、例えば課税売上げ300万円だったとすれば、300万円に対してのみ消費税を納めるという認識で良いのでしょうか。 そして2011年度は再び非課税事業者に戻るのでしょうか。 まさか2008年度の売上げに対する消費税を2010年度に納めるわけではないですよね? 初歩的な質問かもしれませんが、どうぞよろしくおねがいいたします。