• 締切済み
  • すぐに回答を!

吸光度分析

吸光度分析でアルミ箔中の鉄分を定量したいのですが、出来ますか?錯形成剤に1,10-フェナントロリン、還元剤に塩化ヒドロキシルアミン、あと緩衝溶液を使いたいと思ってます。アルミ箔は、塩酸に溶かしてやれますか?一般の測定データ、市販の実験書籍をご存知でしたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数937
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#160321

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考しいたします。

関連するQ&A

  • 吸光光度法について

    UV-VIS吸光光度法を用いて2価の鉄の定量をします。発色にはオルトフェナントロリンを用います。そこであるサンプルに対して溶液処理を行う際、試薬は酸、還元剤、オルトフェナントロリン、緩衝溶液の順で添加しないと発色に影響を及ぼしてしまうと思いますが、これは何故なのでしょうか?大分本を探してみたのですが記載されているものを見つけることができませんでした。 ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただきたくお願いいたします。

  • 吸光光度法について

    吸光光度法について 吸光光度法について実験してそのレポートの考察がわかりません😭 実験内容はo-フェナントロリン(C12H8N2)はFe(II)と反応して[Fe(C12H8N12)-]2+の安定な赤色錯体を生成する。このことを利用して水中のFe(II)を吸光光度法により定量する です。 実験結果より o-フェナントロリンーFe2+錯体の吸光法は 1.0×10⁴となりました。

  • 吸光度のついて

    Lowry法により、BSA溶液を用いて、タンパク質の定量の実験を行いました。そこで、吸光度を測る際、750nmの吸光度を水を対照として分光光度計で測定したのですが、「750nm」という値は、実験により、青色に呈することに関係するのでしょうか?吸光度についてよくわからないのでよろしくおねがいします。

  • 吸光光度分析の計算

    微量のルテニウムは1-ニトロソ-2-ナフトールの錯形成を利用して定量することができる。645nmにおける錯体のモル吸光係数は1.83×10^4である。20.2mgの亜鉛、マンガン鉱を処理したのち、含有するルテニウムをRuO4として分離した。分離したルテニウムを含む25mlの測定液を2cmのセルを用いて吸光度を求めると、0.250となった。鉱石中のルテニウム含量は? ↑の問題が解けません。 ヒントでもかまいませんので、どなたか助けて下さい。

  • o-フェナントロリン吸光光度法について

    鉄の定量方法のひとつであるo-フェナントロリン吸光光度法の前処理の段階で、石英るつぼで試料を炭化・灰化して試料に含まれる有機物を分解している際に、硫酸を添加しすぎるとピロ硫酸が生成され吸光度が高くなります。 吸光度が高くなる原因は何なのでしょうか? 溶解性の問題で白濁して吸光度に影響しているだけなのでしょうか?

  • 吸光光度法について・・・お願いしますっ☆

    先日、私の高校の化学実験で吸光光度分析の実験を行いました。 内容はいつもやってることより全然ムズかしくて・・・(^^;) 図書館なんかに行ってもあんまり資料もなくてヒジョーに困ってしまいました(T-T) そこで質問なんですが、吸光光度法の利点、欠点とはなんなのでしょうか? 具体的な実験内容は、硫酸銅溶液、銅アンモニア錯イオン溶液の吸収曲線や検量線の作成などです。 また、黄銅をHNO3で溶かしてそこから銅アンモニア錯イオン溶液を作り、吸光度測定→検量線作成→銅の含有率を出す、なんてこともしました。 これらの操作 吸光光度法の利点欠点がどう考えてもわかりません。もしかしたら吸光光度計の機械に関することなのでしょうか? もしわかる方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。 よろしくお願いいたしますっm(_ _)m

  • 吸光光度法について

    吸光光度法において、L-アスコルビン酸を加える理由は何なんでしょうか? Fe2+-phen錯体の水溶液が赤く見えるのはなぜなんでしょうか? 10×10-5mol dm-3 のFe2+標準溶液調整の祭に、1×10-2mol dm-3 のphen塩酸塩溶液を5立方cm加えたが、この塩酸塩の量は十分なんでしょうか?

  • 鉄(II)とo-phenanthrolineの錯体形成について

    学校で鉄(II)とo-phenanthrolineの錯体形成に関する実験で『同濃度の硝酸鉄(III)とo-phenanthroline溶液を調整し、硝酸鉄溶液を0,0.05,0.1,0.2,0.3,0.4,0.5,0.7,1.0mlとり、そのそれぞれに塩酸ヒドロキシルアミン溶液を一定量ずつ加え、次いで硝酸鉄の採取量と合した液量が1.0mlになるように0-phenanthroline溶液を加えた。さらにpH4.5の酢酸緩衝液を一定量加えた。この溶液について510nmにおける吸光度を測定した。』という実験をしたのですが、このときに加えた塩酸ヒドロキシルアミンと酢酸緩衝液は、どういう意味で加えたのか分かりません。大変申し訳がございません、お答えをいただける幸いです。お願いします。

  • 吸光光度法

    溶媒抽出法で酸解離定数と分配定数を求める実験で 8-キノリノール(HL)の検量線を作るために さまざまな濃度の溶液の吸光度を測定しました。 分光光度計で透過率を測定する際に溶液に0.1M塩酸を加えたのですが なぜでしょうか? H^+が過剰になり HL+H^+⇔H2L^+ の平衡が右にずれると思うのですが 透過率を測定するときは溶質はイオンで存在するほうがいいのでしょうか? わかる方いらっしゃいましたら 教えていただけると助かります。 よろしくお願いします

  • 吸光光度法による鉄測定

    先日学校で行った実習のレポートで困っています。 試薬,手順はこのようにして行いました。 (1)試料水40mlに塩化ヒドロキシアンモニウム溶液1mlを加え撹拌し,15分以上放置 (2)その後, ・1.10-フェナントロリン溶液2.5ml ・緩衝液2.5ml ・イオン交換水4ml を加え全量を50mlとして30分放置 (3)できた試料水を510nmで吸光度測定 試料水には鉄の濃度が0.0,1.0,2.0,3.0,4.0ml/lのものを用意しました。 わからないことは次のことです。 *なぜ手順の(1)(2)でそれぞれ15分,30分と時間をおくのか *水道水質基準では鉄濃度は0.3ml/l以下となっていて,その理由として「それ以上の濃度になると水が赤く着色して見えることから」とあるのに,0.3ml/l濃度以上の試料水でも特に赤くはなく無色透明だったこと です。 もしわかる方がいらつしゃいましたらよろしくお願いします。