• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

吸光光度法について

UV-VIS吸光光度法を用いて2価の鉄の定量をします。発色にはオルトフェナントロリンを用います。そこであるサンプルに対して溶液処理を行う際、試薬は酸、還元剤、オルトフェナントロリン、緩衝溶液の順で添加しないと発色に影響を及ぼしてしまうと思いますが、これは何故なのでしょうか?大分本を探してみたのですが記載されているものを見つけることができませんでした。 ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただきたくお願いいたします。

noname#76745
noname#76745

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数18432
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1610/3267)

まず,試料中の鉄がイオン体で溶け出していないと話になりません.このとき Fe3+ はかなり低い pH でないと溶存できないので,とりあえずは酸で低 pH 状態にして,Fe3+ (あるいは Fe2+) として溶解する必要があります. o-phen は Fe2+ と Fe3+ とでは安定度定数も色も全然違うので,比色分析用にはすべて Fe2+ にするべきです.そのため,次に還元剤を加えて Fe2+ にすべて還元しておきます. いったん Fe2+ になると,Fe3+ に比べてもう少し高い pH でも沈殿しません.一方,o-phen はそれ自体が弱塩基であり,強酸性雰囲気では錯形成能力が下がります (速度的にも不利).とはいえ,中性くらいではほとんど溶解もしなくなります.そこでそれらの折衷案になるような条件の pH にするというのが有効です.なので,o-phen と緩衝液を加える順番は,逆でも問題ありません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい解説を有り難うございました。とても参考になりました。

関連するQ&A

  • 吸光度分析

    吸光度分析でアルミ箔中の鉄分を定量したいのですが、出来ますか?錯形成剤に1,10-フェナントロリン、還元剤に塩化ヒドロキシルアミン、あと緩衝溶液を使いたいと思ってます。アルミ箔は、塩酸に溶かしてやれますか?一般の測定データ、市販の実験書籍をご存知でしたら教えてください。

  • o-フェナントロリン吸光光度法について

    鉄の定量方法のひとつであるo-フェナントロリン吸光光度法の前処理の段階で、石英るつぼで試料を炭化・灰化して試料に含まれる有機物を分解している際に、硫酸を添加しすぎるとピロ硫酸が生成され吸光度が高くなります。 吸光度が高くなる原因は何なのでしょうか? 溶解性の問題で白濁して吸光度に影響しているだけなのでしょうか?

  • 吸光光度法について

    吸光光度法について 吸光光度法について実験してそのレポートの考察がわかりません😭 実験内容はo-フェナントロリン(C12H8N2)はFe(II)と反応して[Fe(C12H8N12)-]2+の安定な赤色錯体を生成する。このことを利用して水中のFe(II)を吸光光度法により定量する です。 実験結果より o-フェナントロリンーFe2+錯体の吸光法は 1.0×10⁴となりました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

確かにその順序が良いと思いますが「絶対」というわけではないでしょう。 酸は緩衝溶液より前でないと緩衝されて酸の意味がないし、 フェナントロリンより前に鉄はFe^2+に還元されている必要があります。 フェナントロリンも塩基ですから、緩衝溶液より前に加える方が良いでしょう。 といった「都合」の集積がこの順序になったと言うことではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。どうも有り難うございました。

関連するQ&A

  • 吸光度のついて

    Lowry法により、BSA溶液を用いて、タンパク質の定量の実験を行いました。そこで、吸光度を測る際、750nmの吸光度を水を対照として分光光度計で測定したのですが、「750nm」という値は、実験により、青色に呈することに関係するのでしょうか?吸光度についてよくわからないのでよろしくおねがいします。

  • 吸光度の検量線。

    血清アルブミン溶液をStandard溶液として、吸光度の検量線を作り、卵白アルブミンの吸光度を測定しました。 参考書に発色強度という事が載っていて、「血清アルブミンの発色強度を1とすると、卵白アルブミンは0.32」と書いてありました。これは、どのように使ったら良いのでしょうか?

  • たんぱく質の吸光度測定

    たんぱく質の吸光度を測定しました ゼラチンと牛の血清の溶液を使って280nmと750nmの吸光度測定をしました。 それぞれ比較したところ、280nmより750nmのほうが牛の血清は高かったのですが、なぜでしょうか? チロシンとトリプトファンが試薬と反応して発色するから、750nmでたかくなったらそれらが含まれているってことで280nmでも高くなるのでは?と思うのですが。 頭が悪くてよく理解してません すみません、教えてください

  • 吸光度の時間変化測定について

    吸光度の時間変化測定について 現在,とある物質の吸光度について,その時間変化を調べているものです. 物質はパラニトロフェニルリン酸です. この物質を高温で加熱し続けると加水分解によって,パラニトロフェノールが生成し,溶液が最終的に黄色になります. そしてここからが疑問点なのですが, 完全に分解しきったこの溶液(室温保存)を40℃に設定したセルに添加して吸光度の時間変化を測定した際に,最初の300秒の間は吸光度が著しく増加してしまいます. この吸光度変化はいったい何に起因するモノなのでしょうか. 温度が室温から40℃に変化する過程で吸光度が増加する要因でもあるのでしょうか. このような経験がある方,ご教授お願いいたします.

  • 原子吸光分析法の計算

    この問題の解き方を教えてください。 ************************************ 原子吸光分析法で鉄鋼中のクロムCrの定量を行うために、標準添加法を試みた。 それぞれ鉄鋼1.00 gにクロムを0, 25, 50, 75 μg加えた後、 酸で溶解し調整した4個の溶液の吸光度は0.060, 0.112, 0.170, 0.215であった。 鉄鋼中のクロムの含有量はいくらか。 ************************************* 添加濃度[μg]と吸光度Aでグラフを描くのはわかるんですが、含有量はその傾きの値に なるのでしょうか?また単位は[μg^-1]でよいのでしょうか。

  • 原子吸光分析法

    この問題の解き方を教えてください。 原子吸光分析法で鉄鋼中のクロムCrの定量を行うために、標準添加法を試みた。 それぞれ鉄鋼1.00 gにクロムを0, 25, 50, 75 μg加えた後、 酸で溶解し調整した4個の溶液の吸光度は0.060, 0.112, 0.170, 0.215であった。 鉄鋼中のクロムの含有量はいくらか。

  • 分光光度法による鉄の定量

    この実験で、 鉄キレートを発色させるときに、5%塩化ヒドロキシルアンモニウム溶液、6mM 1,10-フェナントロリン溶液、酢酸緩衝液を添加したのですが、各操作はそれぞれどのような理由で行うのでしょうか。

  • 吸光度、OD数について

    ODの概念がいまいち理解できないので質問させてください。 私の知るところでは、 「1ml溶液における1cm光路長あたりのUV260nmの吸光度を意味する」 たとえば1mlに溶解したDNAの、260nmにおける吸光度が0.5だった場合、0,5ODというところまでは分かります。 では、0.2mlに溶解したDNAの、260nmにおける吸光度が0,5だった場合、何ODになるのでしょうか? "1ml溶液における~"という言葉に惑わされているのか、慣れない単位だからかで混乱してしまっています。どなたかご教授お願いします。

  • 吸光光度法

    溶媒抽出法で酸解離定数と分配定数を求める実験で 8-キノリノール(HL)の検量線を作るために さまざまな濃度の溶液の吸光度を測定しました。 分光光度計で透過率を測定する際に溶液に0.1M塩酸を加えたのですが なぜでしょうか? H^+が過剰になり HL+H^+⇔H2L^+ の平衡が右にずれると思うのですが 透過率を測定するときは溶質はイオンで存在するほうがいいのでしょうか? わかる方いらっしゃいましたら 教えていただけると助かります。 よろしくお願いします

  • 吸光光度法による鉄測定

    先日学校で行った実習のレポートで困っています。 試薬,手順はこのようにして行いました。 (1)試料水40mlに塩化ヒドロキシアンモニウム溶液1mlを加え撹拌し,15分以上放置 (2)その後, ・1.10-フェナントロリン溶液2.5ml ・緩衝液2.5ml ・イオン交換水4ml を加え全量を50mlとして30分放置 (3)できた試料水を510nmで吸光度測定 試料水には鉄の濃度が0.0,1.0,2.0,3.0,4.0ml/lのものを用意しました。 わからないことは次のことです。 *なぜ手順の(1)(2)でそれぞれ15分,30分と時間をおくのか *水道水質基準では鉄濃度は0.3ml/l以下となっていて,その理由として「それ以上の濃度になると水が赤く着色して見えることから」とあるのに,0.3ml/l濃度以上の試料水でも特に赤くはなく無色透明だったこと です。 もしわかる方がいらつしゃいましたらよろしくお願いします。