• 締切済み
  • 暇なときにでも

エネルギーについて

エネルギーについて疑問があります。 まず、位置エネルギーについてです。 例えば質量mの物体をhだけ高く移動するとします。 この時最初のエネルギーよりmghだけ高くなります。 しかしよく考えてみると、手でゆっくりと持ち上げたとします。 この時手が作用する力Fと重力はつりあいます。 したがって手からの仕事はFh、重力の仕事は-mghになり、エネルギー変化は0になってしまします。 同様なことが、コンデンサー間の引力を求めるときに、手がする仕事と静電引力の仕事の和は0です。 何がいけないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数5
  • 閲覧数217
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.5

>大気圧を押し返す力とピストン(質量有り)を押し上げる時に負のエネルギーを得ます。これはどう考えたらよいでしょうか? 気体のする仕事やエネルギーは,本質的に分子の運動と衝突というミクロ現象なので,力学的エネルギー保存は成立しません。しかし,熱力学第一法則そのものがエネルギー保存であるし,このとき考えるべき内部エネルギーや仕事,熱の移動というものは微視的に見れば,分子の力学的エネルギーの変化に他ならないことはご存知でしょう?ミクロの目で見れば力学的エネルギー保存は成り立っていると考えることもできそうです。 気体が膨張してピストンを押し上げているときに起こっていることを分子レベルで見てみましょう。加熱により分子の熱運動が激しくなり,衝突によって生じる圧力が増します。すると,ピストンが受ける力のつりあいがわずかに破れて,ピストンが動き出してつりあい位置でとまるわけです。このとき,分子は野球のバントのときのボールのようにいきおい(運動エネルギー)の一部を失い,それによってピストンに仕事をしたことになります。ピストンに移ったエネルギーの一部はピストンの位置エネルギーを増加させ,また他の一部は外気を押したので外気の分子のいくつかに運動エネルギーを与えたことになります。ピストンの位置エネルギーが増したことは見ればわかります。外気の分子に与えられたエネルギーは直接には見えず,すぐに拡散してしまって測定することは難しいのですが,ミクロの目で「見れば」分子の力学的エネルギーを増していることになります。これが,大気圧に抗してピストンを動かした仕事の分になるのです。もちろん,厳密には分子ごとに重力による位置エネルギーの変化もありますね? こうして,仕事や熱として気体に出入りするエネルギーも,ミクロの目でみれば分子の力学的エネルギーであるとする立場が気体分子運動論ということになるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>位置エネルギーがないなら、どこにエネルギーは行ってしまうのでしょうか? 位置エネルギーの概念を使わないのであれば,保存力による仕事を考えることになりますから,例えば「仕事によって運動エネルギーが増加した」という表現になるでしょう。「位置エネルギーが減少した分運動エネルギーが増加した」という方が,力学的エネルギーの範囲で保存則による表現が可能になりますから,すっきりしますね?力学的エネルギーは必ず位置エネルギーを含むものですから,エネルギー保存を考えるなら当然位置エネルギーを考えざるを得ないわけです。位置エネルギーの概念が確立して初めて力学的エネルギー保存を語れるようになるということです。でも,そもそもがエネルギー=仕事をする能力をできる仕事量ではかるもの・・・ですから,本来のこの意味を見失わないようにしたいものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 最後に一つ疑問です。 僕がこのように考えてしまった理由は訳があります。 というのも、気体がピストンを押し上げるときに、よく熱力学第一法則で、気体がする仕事はPVグラフを積分すれば出ますが、得る熱量(エネルギー)は大気圧を押し返す力とピストン(質量有り)を押し上げる時に負のエネルギーを得ます。 これはどう考えたらよいでしょうか?

  • 回答No.3

位置エネルギーの変化とは、重力がした仕事×(-1)のことをさします。 手がした仕事とは実は別のものなのです。 一般的にポテンシャルエネルギーと言われる類のものは全てこのようにして得られます。 手のした仕事は何に使われたのか。それは位置エネルギーを増やすのに使われたのです。もし、重力が無ければ手が物体に与えたエネルギーは全て運動エネルギーに変化します。 >同様なことが、コンデンサー間の引力を求めるときに、手がする仕事と静電引力の仕事の和は0です。 そんなことはありません。静電気引力のした仕事でコンデンサーの持つエネルギーが変化します。(これは極板に蓄えられた電荷が持つポテンシャルエネルギーが変化したということです。) この変化量は手が行った仕事に等しい。 #1の回答について >力積が-Fh 力積とは"力×時間"を表す用語であり、仕事とは次元からして異なる別の概念です。仕事は"力×距離"の次元を持ちエネルギーと同次元の物理量です。(なお、力積は運動量と同じ次元を持つ物理量です) 間違えないようにご注意を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

とても大切な考察だと思います。 >手からの仕事はFh、重力の仕事は-mghになり、エネルギー変化は0になってしまします。 エネルギー原理を(名称はともかく)ご存知と思います。 1/2・mv'^2 - 1/2・mv^2 = W (運動エネルギーの変化=された仕事) yoshi456さんがおっしゃった「エネルギー変化は0」というのは運動エネルギー変化は0と読み替えるべきなのです。一方,間違いなく物体は持ち上げられるのですから位置エネルギーは増加します。これは, 0 = Fh - mgh (運動エネルギーの変化=保存力を含めてされた仕事) すなわち, mgh = Fh (位置エネルギーの変化=保存力以外の力によりされた仕事) と解釈できます。 位置エネルギーというものは,重力のような保存力がする「仕事」を考えるかわりに「位置エネルギーの増減」としてそれを記述しようという目的で導入されるものです。ですから,位置エネルギーを含む力学的エネルギーの増減を外からされた仕事に等しいとおくときには,保存力がする仕事を考えてはいけないのです。 保存力が正の仕事をした→位置エネルギーが減少した 保存力が負の仕事をした→位置エネルギーが増加した というふうに「保存力による仕事」を完全に「位置エネルギーの増減」に置き換えなければいけないのです。この読み替えをすることによって初めて,保存力以外の力がない場合に「仕事」という概念を用いることなく力学的エネルギー保存の法則が書けて,すっきりすることになるのです。保存力(今の場合重力)がする仕事でエネルギーの増減を考えたいなら位置エネルギーは考えるべきでなく,逆に位置エネルギーを考えたいなら保存力(重力)がする仕事を考えるべきではないのです。 位置エネルギー=基準の位置まで物体が動くときに保存力がする仕事量 という位置エネルギーの定義がこのことを物語っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい解説ありがとうございます。 今までに無い概念で、まだ整理しきれていない部分もありますが、結局”位置エネルギー=基準の位置まで物体が動くときに保存力がする仕事量”という定義により、保存力(重力)の仕事はすべて”位置エネルギー”というエネルギーに変わることにしているということですよね? >>保存力(今の場合重力)がする仕事でエネルギーの増減を考えたいなら位置エネルギーは考えるべきでなく とおっしゃっていますが、位置エネルギーを考えないとき、エネルギーの増減はどう考えたらいいのでしょうか? 位置エネルギーがないなら、どこにエネルギーは行ってしまうのでしょうか?

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

>手からの仕事はFh、重力の仕事は-mghになり、エネルギー変化は0になってしまします。 おっしゃる通り、力積が-Fh、ポテンシャルエネルギーがmghですから、和はゼロです。エネルギー保存の法則が成り立っていますからそれで問題ありません。 >コンデンサー間の引力を求めるときに、手がする仕事と静電引力の仕事の和は0です。 この場合も和はゼロでなくてはいけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 位置のエネルギーについて

    位置のエネルギーについてどう考えますか? 重力による位置エネルギーを考えます。 質量 m の物体を基準面よりhだけ高いところへおくと、 位置のエネルギー mgh が考えられますね。 このとき、基準面から物体を移動することを考えると、 物体に働く力は重力 mg と上に移動させるための F(=mg)の力が鉛直上方に必要となります。 仕事を考えます。 Fのする仕事は mgh です。 説明ではこれが位置のエネルギーとなる とあるのをよく見ますが、 しかし、同時に重力による仕事は -mgh で相殺されて0になります。 したがって、物体にされた仕事の総和は0です。位置のエネルギー mgh はどこから供給されたといえるでしょうか。 ちなみに、水平方向に運動する物体の運動エネルギーでは、した仕事が 運動エネルギーの変化分になります。物体にされる仕事の総和は 0ではありません。 また、位置エネルギーが蓄えられているのはどこに? 物体ですか?それとも重力場ですか?どう考えられますか? 運動エネルギーでは物体に蓄えられていると言っていいと思いますが・・・。

  • エネルギーと仕事の関係について

    エネルギーについて、した仕事分だけエネルギーをもつと教わりました。 たとえば、質量mの物体をある点から高さhまで持ち上げるとき、重力に逆らってhだけ仕事をするから位置エネルギーmghをもつ、ということです。 しかし、このとき重力が物体にする仕事-mghはどうなっているのでしょうか?何かのエネルギーになっているのでしょうか? わかりにくいかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 重力のする仕事とエネルギーの関係がわかりません

    重力は、物体に対して仕事をすると習いました。 高さhの物体の持つエネルギーをmghとすると、 これを、0mの位置まで持ってくると、mghの仕事を外部に与える というのはわかります。 それで、物体をhの位置で静止するよう手で支える とします。(力が差引0で釣り合うのはわかります) 手は、エネルギーを流入させると思います(体力を消耗しますから) 一方、重力は、物体に対して仕事mghを与えています。 この場合、 1. 物体の全エネルギー(T+V)は、Vのみ、つまり、mghですか? 2. そもそも、「物体が手に対してしている仕事」と「手が物体に対してしている仕事」は、     和ですか差ですか? (差としたら、↑の1は 0?) 3.もし「物体が手に対してしている仕事」があるなら、何故、手は楽にならないのですか?

  • 重力のした仕事と位置エネルギーの関係

    次のケース1について、お伺いします。 基本的な内容なのですが、困惑しております。どうかヒントを下さい。 (ケース1) 地表(高さ0m)にある物体(質量 m)を高さhまでもっていきます。 すると、物体はmghの位置エネルギーをもちます。 ところでこの位置エネルギーは、重力(-mg)のする仕事と関係があるかと思います。 しかし重力のする仕事は、-mghと負の値です。 重力のするこの負の仕事と位置エネルギーをどう結びつけて考えるのかが分かっておりません。 また、物体を高さhに持っていくには、重力に逆らう上向きの力が必要で、重力と大きさが同じで 向きが異なる力F (= mg)という力でhまでもって行ったとします。 Fのした仕事は、mghで正ですが、すると物体は正味でゼロの仕事(Fのした仕事+重力のした仕事 = 0) を受けたことになり、地表にあったときとエネルギー状態が変わらないことになってしまいます。 しかし実際は、位置エネルギーmghをもっているはずです。 たとえば、 (ケース2)として、最初物体が高さhにあったとし、地表に落ちていき、地表に着く直前の速さを求める、という 場合は、 1/2mv^2 = mgh と求められますが、右辺は位置エネルギーとも見えますが、重力のした仕事で、 重力のした仕事が運動エネルギーに変わったとなり、とても分かり易く納得がいきます。 ケース1をよく説明する方法を教えて頂きたく、どうか宜しくお願い致します。

  • エネルギーの定義

    物理にはいろいろなエネルギーがありますがそれはどのように定義されているのですか? どうやってその式が導き出されたのか、高校生にわかる範囲で教えてほしいです。 運動エネルギー 1/2 mv^2 重力による位置エネルギー mgh 弾性力による位置エネルギー 1/2 kx^2 静電エネルギー 1/2QV 光子の持ってるエネルギー νh などなど

  • エネルギーって何ですか?

    現在中3です。 最近理科の1分野でエネルギーについて勉強しました。 『エネルギー』=『力を加えて、物体を動かしたり、変形させたり、壊したりする能力』と習いました。 さらに『運動エネルギー』『位置エネルギー』『力学的エネルギー』などいろんなことを習うたびにわけが分からなくなりました。 まず… (1)エネルギーって何ですか? 先生に説明されたんですが、先生はわかーい女の先生で、あまり良く分からないんです。 (2)重力=エネルギーなんでしょうか。 友達は「位置エネルギーのことじゃない?」って言ってるんですが、位置エネルギーって高さが高いほど大きくなるので重力も大きくなるってことになると思うので…考えたら考えるほどどつぼにはまってしまいます。 (3)静止している物体にはエネルギーは働いてませんよね? (4)振りこの運動に関してですが、「エネルギーは互いに変換することができる」 ??? 運動エネルギーと位置エネルギーの駆け引きが分かりません。『力学的エネルギー保存の法則』により位置エネルギーと運動エネルギーの和は保存される(=一定?)ということですが、力学的エネルギーって本当に一定ですか? 最後まで読んでくださってありがとうございます。 皆さんにとってはたやすい問題かもしれませんが、答えて下さったら幸いです。

  • 高校物理、万有引力による位置エネルギー

    (1)図のように、物体の万有引力による位置エネルギーを考えます。 xにおける万有引力の大きさはF(x)=GMm/x^2 物体をこの位置から微小距離⊿x移動させるとき、万有引力のする仕事はーF(x)⊿x ここから、rから無限遠(基準)まで物体が移動したときに、物体に万有引力がする仕事すなわちrでの位置エネルギーを求めると、 U(r)=ー∫(r~∞)F(x)dx=-GMm/r ここで、もし地表(x=R)が基準だった時のrでの位置エネルギーを求めると、 U‘(r)=U(r)-U(R)とすることで、求められる。とあるのですが、なぜでしょうか? 私の考えは、U(r)-U(R)はRからrへ移動するときに、手が加える仕事=rでの位置エネルギー (2)(1)を考えていて、同様の話題を思い出したのですが、 上向き正として、Oを基準点とします。rの位置エネルギーの導出の際、Oからrまで移動することを考えるとき、物体に手が加える仕事とすると、 確かに○mghと正しい結果が得られるのに、 物体に重力が加える仕事とすると、×-mgh と間違った結果が出るのはなぜでしょうか?

  • 高校物理・エネルギーの問題

    なめらかに回る軽い定滑車に軽い糸をかけ、質量m[kg]のおもりAと質量M[kg](m<M)のおもりBをつり下げる。静かに放した後、おもりAがh[m]上昇した時のおもりの速さを求めよ。重力加速度の大きさをg[m/s^2]とする。 という問題の解答が次のようになっています。 (解)初めの高さを重力の位置エネルギーの基準とすると、 (初めのエネルギーの総和)=(後のエネルギーの総和)より (1/2)m×0^2+(1/2)M×0^2+mg×0+Mg×0=(1/2)mⅴ^2+(1/2)Mⅴ^2+mgh-Mgh …(1) ∴ⅴ=√{2(M-m)gh/M+m}[m/s] なぜ、初めのエネルギーの総和が(1)の左辺の様になり、 後のエネルギーの総和が(1)の右辺の様になるのかが分かりません。 どなたかご教授下さい。

  • エネルギー

    高専の物理より… 傾角30°の粗な斜面上に、質量3.0kgの物体を置き、静かに滑らせたところ、斜面上を6.0m滑り落ちるのに2.0秒かかった。 物体に働く摩擦力は一定であるとして、失われた力学的エネルギーが摩擦によって熱に変わるとすると、何calの熱が発生するか。 ただし熱の仕事当量を4.2J/calとする。 自分は最初にこの物体の位置エネルギー(U=mghより)を出して、仮にこの位置エネルギーがすべて運動エネルギー(K=1/2mV^2・K=Uと仮定する)に変わっているとしました。 その後に、実際の速度との差分を出してまた(K=1/2mV^2)より再びエネルギに変換しました。 でも、そうすると答えが1.82calになってしまいます。 本当の答えは8.1calなのですが… どなたかよろしくお願いします。

  • 仕事とエネルギー

    大問:曲面ABが点B,曲面CDが点Cにおいて,水平面BCとなめらかに接続されている。水平面から高さh[m]の曲面上の点Eから,質量m[kg]の小物体を静かにはなし運動させた。面と物体との摩擦は無視でき,物体は回転することなく面上を運動する。重力加速度の大きさをg[m/s^2],重力による位置エネルギーの基準点を水平面BCとして,以下の問いに答えよ。 小門:物体は曲面CD上をどの高さまで上がることができるか。水平面BCからの高さで答えよ。 という問題で、答えが mgh=mgh' h'=h になるのですが、このmgh=mgh'になる前の式って、どんなですか? BCは、平面なので高さが無いじゃないですか~? なのに何故mghとなるのですか?もしかしてA点を始めD点を後と見ているのですか? どんな公式を使いどこの点=どこの点の式なのか?何が0なのかまで詳しく教えて下さい。 最後に画像の図が見えにくくて申し訳有りません。