• ベストアンサー

数B、位置ベクトルの図形問題教えてください

閲覧ありがとうございます。 問題集の問題で回答は先生に預けているので、解き方がわからなくて困っています。 問題文をそのまま載せます。 -------------------- △ABCにおいて、辺ABを3:2に内分する点をD、△ABCの重心をGとする。そして直線DGと辺ACの交点をE、直線DGと辺BCの延長線の交点をFとするとき、次の比を求めよ。 (1)AE:EC (2)BC:CF -------------------- (1)はどこに文字を置いてよいかわからず、(2)は僕の見通しが違うかもしれませんが、ベクトルでPFの表し方がよくわかりません。 メネラウスとチェバの定理は使ってはいけないことになっているので、ベクトルでの解法を教えてください。 良ければ、計算などは説明は要りませんが、あまり省略しないでいただけると助かります。 よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)
回答No.2

#1のご回答にあるとおり、全ての点を ベクトルAB,ベクトルACで表せばいいのです。 DやGをベクトルで表すことが出来ますか。 ベクトルAD,ベクトルAGをベクトルAB,ベクトルACで表すということです。 DはABを3:2で内分する点であると書いてありますからできますね。 Gはどうでしょう。重心は中線を2:1に内分する点だということを使う高校生が多いでしょうね。その比を知らなければどうしますか。 作図で重心を求める場合は中線の交点です。「交点」であるということをベクトルでどういう風に表したらいいのか、出来ますか。 これが出来なければE、Fをベクトルであらわすことも出来ないでしょう。E、Fは「交点」です。 この問題のポイントは「作図で決まる交点をベクトルではどのように表したらいいのか」だろうと思います。だから「比についての定理は使わない」としているのです。 >説明は要らない と書いてありますが逆ですね。 どう手をつけていいのかがわからないということは考え方が分からないということですから。

rightlemon
質問者

お礼

回答ありがとうございます。 おかげさまで解けました!! 助かりました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • naniwacchi
  • ベストアンサー率47% (942/1970)
回答No.1

>ベクトルでPFの表し方がよくわかりません。 ベクトルDFのことでしょうか? ポイントだけ書きますので、手を動かしてみて下さい。 1)平面(2次元)の話ですので、2つのベクトルで平面上の点を表すことができます。 まずは、その2つのベクトルを決めます。 ベクトルABとベクトルACとでもしてみて下さい。 (点Aが位置ベクトルの原点となります) 2)直線状の点は、定数倍として表すことができます。 たとえば、辺AC上の点を表す場合には、 ベクトルAC = ベクトルAB + k * ベクトルBC (kは定数) と書けます。 3)2)で表れるベクトルBCですが、和で表してみて下さい。 ベクトルBC = ベクトルBA + ベクトルAC (間にAを挟み込みます) = - ベクトルAB + ベクトルAC となります。 言葉で言い換えると、ベクトルBC = BからCへ向かうベクトルとなりますが、 点Aを経由しても結果は同じなので、ベクトルBC = BからA と AからC のベクトルの和 という風に解釈できます。 2)についても、「AからBへ向かい、BからCに沿っていくらか進んだ」と解釈できます。 これらを繰り返していけば、内分点・外分点の公式を覚えてなくても、自然と導き出せます。 きちんと図は描いて下さい。

rightlemon
質問者

お礼

わかりやすい回答ありがとうございます。 そのポイントに注意してこれ以外の問題も頑張ります。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 平面図形・・・

    全く分からないです。お力をお貸し下さい。 三角形ABCにおいて、辺ABを2:3に内分する点をD、辺ACを3:1に内分する点をEとする。 そして点D、Eから辺BCと平行な直線を引き、それと辺AC、ABとの交点をそれぞれF、Gとする。 (1)DG:ABを求めよ。 (2)DF:GEと求めよ。 高校1年の範囲です。メネラウスの定理やチェバの定理は使えなさそうですし・・・ よろしくお願いします。

  • 図形の問題です

    △ABCの辺ABを2:1に内分する点をD、辺ACを3:1に内分する点をEとする。直線DEとBCの交点をPとする。 (1)DP:PEを求めよ。この問題でメネラウスの定理を使うようですがそれがわかりません。どなたか教えてください。

  • 平面図形の問題です

    問題文は、 三角形ABCの辺AB上の点Mと辺AC上の点Nとを結ぶ直線MN上に、三角形ABCの重心Gがある。MG:GN=3:2のとき (1)AM:MBとAN:NCを求めよ。 (2)Dを辺BCの中点とする。直線MDと直線ACの交点をEとするとき、AC:CEを求めよ。 です。チェバやメネラウスを使いたいのですが・・わかりません。解答お願いします。

  • 三角形のベクトルについて教えて下さい。

    △ABCにおいて、辺ABを2:1に内分する点をD、辺ACを3:1に内分する点をEとし 線分CD、BEの交点をPとする。 (1)APベクトルをABベクトル、ACベクトルを用いて表せ。 (2)AB=3、AC=4、AP=√7のとき、∠BACの大きさを求めよ。 この問題の解き方と解答を教えて下さい。   チェバ・メネラウスの定理などを使うらしいです

  • 数学bのベクトルの問題

    四面体OABCの辺AB, OCの中点をそれぞれM,Nとし 三角形ABCの重心をGとする。 OAベクトル=aベクトル OB…略 とするとき 三角形OMCにおいて2つの線分OG,MNの交点をQとするときOQベクトルをaベクトル、bベクトル、cベクトルで表せ という問題でメネラウスを使った計算の場合MCがGに1:2 で内分されるのですがなぜでしょうか? よろしくお願いします。

  • チェバの定理の応用の仕方がわかりません…

    △ABCの辺ABを3:2に内分する点をD、辺ACを4:3に内分する点をEとし、 BEとCDの交点をOとする。AOとBC、DEの交点をそれぞれF、Gとするとき、比 (1)BF:FC (2)DG:GE をもとめよ。 という問題。 (1)はそのままチェバの定理の公式に当てはめていくことはできるのですが、(2)を解くことができませんん… 参考書の解答では △ADEにおいて、チェバの定理により、 (DG/GE)(EC/CA)(AB/BD)=1 …とすすめられていくのですが >(DG/GE)(EC/CA)(AB/BD)=1 はどうして?と感じてしまします。 よくわかりません。 どなたか教えていただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • ベクトル問題

    続けて投稿申し訳ありません。質問させていただきます。 ベクトルの問題で、 aは0<a<1 をみたすかずとする。辺AB,ACの長さが等しい二等辺三角形ABCに対して辺ABを1:5に内分する点をP 辺ACをa:1-aに内分する点をQとする。また、線分BQと線分CPの交点をKとし、直線AKと辺BCの交点をRとする。 (1)ベクトルAK、ARをベクトルAB,ACであらわせ という問題で、 (以下のABなどの表記はベクトルABを意味するとする) AR=(1-a)AB/(4a +1) + (5a)AC/(4a+ 1) メネラウスで KA/RK=(4a +1)/(5-5a)まででました。 しかし解説では次に KA=(4a +1)AR/(5-5a+4a+1) と、RKがいきなりARに、そして分母にいきなり4a+1がたされています。この部分が不可解なのでアドバイスを求めています。 どうぞよろしくお願いします。

  • 数A 平面図形の三角形の問題です。

    どうしてもわかりません(^▽^;) 三角形ABCの内部の点Pを通り、辺BCに平行な直線がAB、ACと交わる点をそれぞれD、Eとする。 点Pが三角形ABCの重心で、AD=4のとき、線分DBの長さを求めよ。 という問題です。 解答ではDEとBCが平行でAP:PFが2:1だからDB=2 と出していますが、 自分はメネラウスの定理を使って解きました。 まず、APを延長した線とBCとの交点をFとし、 BPを延長した線とACとの交点をGとする。 BD/DA・AF/FP・PG/GB =BD/4・3/1・1/3 =BD/4=1 BD=4 と解きましたが、答え違いますよね汗 どこが間違っているのか教えて下さい!!

  • 数学B ベクトル

    △ABCにおいて、辺BCの中点をM、辺BCを2:1に内分する点をD,辺BCを2:1に外分する点をE、△ABCの重心をGとする。 ベクトルAB=ベクトルb ベクトルAC=ベクトルcとする。 次のベクトルをベクトルb ベクトルcで表せ。 ベクトルBC ベクトルBD ベクトルAD ベクトルAE べクトルAM べクトルAG この問題が意味がわかりません!!!!!!! 解説付きで教えていただけませんか? よろしくお願いします

  • 数1 図形問題の解答お願いします H24.06

    下記が問題文です。【1】~【5】が問題箇所です。 出来れば問題の解答の解説も付けて頂けると嬉しいです。 *図は画像を参照してください。 図のように△ABCの2辺AB、ACの中点をそれぞれD、Eとし、 線分DCを2:1に内分する点をHとして、頂点Aから点Hを通る 直線と線分DEとの交点をG、辺BCとの交点をFとする。 また、DB=4、DG=2、∠ABC=60°である。 (1) 三角形の辺BCの長さは、BC=【1】であり、線分DEの長さはDE=【2】である。 (2) 三角形の辺ACの長さは、AC=【3】である。 (3) この△ABCの面積は、【4】であり、△ADGの面積の【5】である。