• ベストアンサー
  • 困ってます

不偏分散の分布は?

不偏分散の分布について混乱していますので、ご助言頂けましたら幸甚です。 例えば母集団の分布を正規分布N(μ,σ^2)とした際、 標本平均x(=1/nΣxi)を区間推定する場合、正規分布の再帰性より、標本平均の分布はN(μ,(σ/√n)^2)となることから、μの区間推定が可能と理解しています。 また、若干やり様は異なりますが、標本分散s^2=1/nΣ(x-xi)^2に対し、ns^2/σ^2がΧ2分布に従うことから、σの導出が可能と理解しています。 ここで、上記と同様に、不偏分散(=1/n-1Σ(x-xi)^2)についての分布とは、どのような分布になるのでしょうか? おそらくΧ2分布になると推察しますが、証明できてません。 また、不偏分散の導出方法は、 E[S^2]、即ちS^2の平均と理解していますが、 S^2を確率変数とした際の分布がΧ2分布なのであれば、 このΧ2分布の平均が、不偏分散になってもよさそうですが、 Χ2分布の平均=n ですので、不偏分散とは不一致です。 上記のとおり、整理がついておりませんので、教えて頂けましたら助かります。 特に上記のとおり混乱しておりますので、現在はむしろ、「不偏分散については、点推定でのみ用いるのか?」と考えております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#227064
noname#227064

先のお二人の回答者と重複する部分がありますが、ご容赦願います。 > ここで、上記と同様に、不偏分散(=1/n-1Σ(x-xi)^2)についての分布とは、どのような分布になるのでしょうか? > おそらくΧ2分布になると推察しますが、証明できてません。 不偏分散 = Σ(xi-x)^2/(n-1) = {σ^2/(n-1)} * ns^2/σ^2 で、ns^2/σ^2が自由度n-1のχ^2分布に従うことから、不偏分散は自由度n-1のχ^2分布の横軸をσ^2/(n-1)倍に拡大して、縦軸を(n-1)/σ^2倍に拡大した分布に従います。 ちなみに標本分散は、 標本分散 = Σ(xi-x)^2/n = {σ^2/n} * ns^2/σ^2 であることから、自由度n-1のχ^2分布の横軸をσ^2/n倍に拡大して、縦軸をn/σ^2倍に拡大した分布に従います。 あくまでもχ^2分布に従うのは、ns^2/σ^2であって不偏分散や標本分散ではありません。 自由度n-1のχ^2分布の期待値がn-1となることから、 E[不偏分散] = E[{σ^2/(n-1)} * ns^2/σ^2] = {σ^2/(n-1)} * E[ns^2/σ^2] = {σ^2/(n-1)} * (n-1) = σ^2 E[標本分散] = E[{σ^2/n} * ns^2/σ^2] = {σ^2/n} * E[ns^2/σ^2] = {σ^2/n} * (n-1) となります。 > 特に上記のとおり混乱しておりますので、現在はむしろ、「不偏分散については、点推定でのみ用いるのか?」と考えております。 不偏分散も標本分散の分布もχ^2分布を上述のように拡大縮小したものですので、これを利用すれば区間推定もできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

quaestio様。 ご回答有難う御座います。お返事遅くなり、恐縮です。 時間余裕がなく申し訳ありませんが、後ほどしっかり読ませて頂きます。 また質問した際は、お答え頂ければ助かります。 まずは、ご回答の御礼まで。

質問者からの補足

遅くなりましたが、理解致しました。 有難う御座いました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

まず、知識の確認。 標準正規分布に従う母集団からの標本について、 χ^2 分布に従うのは、標本分散ではなく、 不偏分散のほうです。 その χ^2 分布の自由度がいくつかを考えれば 覚えやすいし、 疑問が残るなら、正規分布の確率密度関数から、 それぞれの分散の確率密度関数を求めてみれば判る。 E[S^2] に関する話は、E[ ] が線形ですから、 E[S^2] = (σ^2/n) E[n s^2/σ^2] = (σ^2/n) n = σ^2 となって、 n s^2/σ^2 の従う χ^2 分布の平均が n であることが、 E[S^2] = σ^2 の根拠になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Willyt
  • ベストアンサー率25% (2858/11130)

不偏分散は簿分散の推定値ですから、自由度が一つ下がりますよ。ですから割る数はn-1になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 不偏分散、ガンマ分布、そして不偏推定量

    X1..Xnは独立で標準分布、期待値μ、分散σ^2。不偏分散s^2=1/(n-1) Σ(Xi - X')^2, X'=1/n ΣXi, で iは1からnまでです。X'はガンマ分布Γ(α、λ)に従い、α=(n-1)/2, λ=(n-1)/(2*σ~2)です。 (a) ガンマ分布を利用して、s^2がσ^2の不偏推定量であることと、その分散を求めよ。 (b) T(k)=k*s^2、kは定数 を考えます。その際に、T(k)の偏り と 分散をσ^2の推定量で表せ。そして、T(k)の 誤差の平方は(MSE)を最小値にするkを求めよ。 と言う問題があります。 最初にs^2=1/(n-1) Σ(Xi^2 - n X'^2)と表し、E(X')=σ^2と言う準備はできたのですが、それ以降さっぱりここ3,4日間考えてますがわかりません。回答は自分で導きたいと思ってますので、アドバイスをいただけないでしょうか?

  • 不偏分散の分母の n-1

    標本平均 Xav を求める式、  Xav = 1/nΣxi を不偏分散で用いるため自由度が1減り、不偏分散の分母が n-1 になると思います。 母平均は標本から求めるものではなく(それは標本平均になる)、既知であることが前提であるため上式は不要であり、 標本分散では自由度が減らず分母が n-1 ではなく n になる。 この考えは間違っていないでしょうか? もし間違っていないとすると、母平均は事前にわかっているものなのでしょうか? 例えば、母集団をクラス40人のテストの点数とすると(これは母集団と言わない?)、上式より母平均(?)を求めることができます。 母平均が40個のデータに独立でないため、分散の自由度は1減らす必要がある気がします。 これは結局不偏分散を求めているのでしょうか?

  • 正規母集団の標本平均と標本分散の独立性

    X_1,…,X_nを正規母集団から取った大きさnの標本とします。 簡単のため、母集団の平均は0、分散は1と仮定します。 このとき標本平均X=(X_1+…+X_n)/nと 標本(不偏)分散s=((X_1-X)^2+…+(X_n-X)^2)/(n-1) を考えます。 Xは平均0、分散1/nの正規分布に、 (n-1)sは自由度n-1のχ^2分布に従うと思いますが、 このXとsの独立性の証明はどうやったらよいのでしょうか? 結合分布の計算にX_i^2が混じるので大変に面倒です。 非芯χ^2分布の特性関数の計算などを使うのでしょうか。 方針は立つものの、あまりに煩雑な計算になりそうで尻込みしています。 簡便な計算法をご存知であれば教えていただきたく思います。 よろしくお願いします。

  • 標本分散が母分散より少し小さくなる理由、不偏分散をn-1でわる理由

    お世話になっております。 統計学初心者で、母平均の信頼区間の推定について勉強しています。 勉強している中で、標本分散が母分散より少し小さくなるということ、 そのため標本分散ではなく不偏分散を利用し、不偏分散の算出は偏差平方和、サンプルサイズから1引いたもので割ることを勉強しました。 しかし標本分散が母分散より少し小さくなる理由、そして、そのために不偏分散の算出においてn-1でわる理由が分かりませんでした。 わかりやすい形で教えて頂けないでしょうか? どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 不偏推定量

    不偏推定量について、うまく理解できていないようなので手助けをお願いします。 以下の問題に取り組んでいます。 データX1,X2,...,Xn は指数分布Ex[λ^(-1)]から独立に得られている。指数分布Ex[λ^(-1)]の確率密度関数は f(x;λ)= (1/λ)*e^(-x/λ) (x>= 0) , x<0 のときは 0 と表せる。  パラメータλの推定量として T1 = (1/n)Σ(i=1->n) Xn を考える。 T1が不偏推定量であることを示せ。 不偏推定量の定義等などは、授業で教えてもらいなんとなく理解したのですが( E(s^2) = (1/(n-1)) Σ (Xi-X')^2 (X'は推定される平均)などは理解)、問題を解くとなると まったく応用できません。 T1の形から、パラメータは平均(μ)を推定したいのかなぁ それなら、 E(T1)= λ を示せばいいのか? と考えてるのですが、なにか検討違いな気がしてなりません。 何をすればいいか、よくわからず混乱しているのですが、 どなたかアドバイスをいただけないでしょうか。よろしくお願いします。     

  • X,Yは無作為標本で母平均をμ、母分散をσ^2(シグマの2乗)とする。

    X,Yは無作為標本で母平均をμ、母分散をσ^2(シグマの2乗)とする。 aX+bYがμの不偏推定量で、その分散を最小にするa,b の値を求めよ という問題が分かりません。 私なりに考えてみたものの、 正規母集団からの標本分布がN(aX+bY,σ^2/2)になることしか分かりません。あってますか?? どなたか分かりやすく教えて下さい。

  • 標本分散と不偏分散

    平方和で、個々の測定値と平均値の差の2乗(偏差の絶対値の2乗?)の総和を出せますね。その総和から、測定値と平均値の差の2乗の平均を出したものが標本分散。 単なる平均よりは余裕を持って出した平均(平均値の一部をn-1等分で振り分け?)が不偏分散ですか? また、不偏分散と標本分散は実際、どちらも使われるのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 不偏分散での「すべての可能な標本・・」とは?

    数学を趣味で勉強してる者です よろしくお願いします。 解説書に「すべての可能な標本の不偏分散の平均は、母分散に一致する」とあり、 例えば 母集団の大きさが、5  標本の大きさが、2 のときの、すべての可能な標本には、5*5=25通りとあります。 と言うことは、この場合の2つの標本は、同じもの(重複している)も、ありえるという前提と 解釈すればいいのでしょうか。 つまり、標本の採り方は、必ず元に戻すが基本なのでしょうか? またどうしても、2つの標本が必ず異なる(標本を戻さない)場合は、 不偏分散の考え方とは異なる、別の考え方があるのでしょうか? 理解不十分で、すみません、アドバイスお願いします。

  • Excel での母分散推定について

     母平均 169.6、母分散 66.5 の正規母集団 1000 個のデータから無作為抽出した 20 個の標本の標本分散(不偏分散)s^2 は 64.2 だった。  いま、母分散σ2は未知であるとして、σ2 の信頼区間を信頼度95%で推定する。  自由度 19 のカイ二乗分布両側 0.05% 点を k1、k2 とすると   k1 = CHIINV(1-0.05/2,19) ≒ 8.91(下側)   k2 = CHIINV(0.05/2,19)  ≒ 32.85(上側) であるから   (19*64.2)/32.85 ≦σ^2 ≦ (19*64.2)/8.91   19*64.2/32.85 ≒ 37.13   19*64.2/8.91 ≒ 136.90   ∴37.13≦σ^2≦136.90  確かに母分散 66.5 はこの範囲に入っていますが、感覚的にはずいぶんアバウトに感じます。こんなものなのでしょうか?

  • 正規分布からの標本

    正規分布からの標本 母平均・母分散・がわかっている正規母集団からある大きさnの標本を抽出したとき、どのようにして標本平均が存在する場の確立を求めるのでしょうか? 例えば、母平均μ=4、母分散σ^2=15の正規母集団から大きさn=10の標本を抽出したとき、標本平均Xが3と6の間にある確率は? という感じです。 また、この問題に付随して標準分散s^2がaを超える確率が0.05となるような定数aの値を求めよ。というときに、どのようにして定数aを求めるのでしょうか。