• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

正規分布からの標本

正規分布からの標本 母平均・母分散・がわかっている正規母集団からある大きさnの標本を抽出したとき、どのようにして標本平均が存在する場の確立を求めるのでしょうか? 例えば、母平均μ=4、母分散σ^2=15の正規母集団から大きさn=10の標本を抽出したとき、標本平均Xが3と6の間にある確率は? という感じです。 また、この問題に付随して標準分散s^2がaを超える確率が0.05となるような定数aの値を求めよ。というときに、どのようにして定数aを求めるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

X(1),...X(n) を平均μ、分散σ^2の独立同分布の確率変数 S(n) = (X(1) + ... +X(n))/n Pr[3≦ S(n) ≦ 6] この確率を求めればいいんじゃない? S(n)は平均μで、分散がσ^2/nの正規分布。 あとは正規化して、正規分布表から求める。 標準分散ってなんですか? 標本分散のことですか? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%81%8F%E5%B7%AE (標本分散の定義) T = ((X(1)-E[S(n)])^2 + ... +(X(n)-E[S(n)])^2)/n Pr[a < T] = 0.05 これを満たすaを求めればいいんじゃないかな。 左辺 = Pr[an/σ^2 < T/σ^2] U(n) = nT/σ^2は、自由度 n のカイ二乗分布に従う。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E4%BA%8C%E4%B9%97%E5%88%86%E5%B8%83 (カイ二乗分布の定義) で、あとはカイ二乗分布表を検索してもとめる。 自由度(df、この場合n)とp値があって Pr[p < U(n)] = 表の値. を表にしたのが下のサイトの表。 http://bstat.f7.ems.okayama-u.ac.jp/statedu/table/index.html#chi2 この表のdf=10の0.05の値がan/σ^2ということ。 多分あってると思うけど、自分で確認してね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございました。 サイトまで教えていただき、大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 正規分布の問題

    大学院進学のために院試の過去問を解いています。 その中で正規分布の問題があり、私の通っていた大学ではここまでは勉強していなかったために 解き方が全く分かりません。 大学の先生に聞いてみても良いかと思いましたが、その先生とは全くといって良いほど接点がなく、また、違う大学の院試なので聞いても教えてくれません。 自分で調べるとしても他の部分の勉強のためにこの問題を解くのに時間がありません・・・ 分かる方がいれば教えてもらないでしょうか? ------------------------------------------ 平均μ(ミュー、マイクロとも)、分散σ^2(シグマ二乗)の正規分布N(μ σ^2)から独立に抽出されたn個の標本平均をXとする。 問1 母分散σ^2が既知の場合、母平均μの信頼度100(1-α)%の信頼区間を求めよ。但し、有意水準α、標準正規分布の上側確率が100(α/2)%となる点の値をZ(α/2)とする。 問2 測定値は母分散がσ^2=0.04の正規分布に従うとする。母平均μの信頼度95%での標本誤差を0.1以下にしたいとき、最小限必要な標本の大きさnを求めよ。但し、標準正規分布の上側確率が2.5%となる点の値Z(0.025)は1.96である。 ------------------------------------------- 宜しくお願いします。

  • 統計学の標本についてです

    下記の問いが分からずに困っています。 手計算でも良いですが、可能ならばExcelでの求め方も教えて頂けると幸いです。 1.平均100、分散1000の正規分布に従う母集団から10個の無作為標本を抽出する。 (1)標本平均の分布は? (2)標本平均値が110を越える確立はいくつか? 2.母比率が0.3である場合、その母集団からの100個の無作為標本に基づく標本比率が0.4を上回る確立はどの程度か? (1)標本比率の分布は? (2)その分布で0.4以上の値を得る確立は? よろしくお願いいたしします。

  • 分布の検定

    正規分布に従う母集団(母平均μ,母分散σ^2) からn個の標本を取り出したとします。 その標本の分布は論理的に標本平均μ,標本分散σ^2/n に従った分布になると思います。 そこで、実際にn個抽出し、標本平均と標本分散を算出しました。 もちろん、論理的な数値と実際の数値は異なります。 けれど、この実際に出した数値が信頼できる(論理的な数値に近い)と いうにはどのような検定を行えばよいのでしょうか??

  • 正規母集団でないときの標本平均と標本分散の独立性

    こんにちは。 正規母集団であるとき、標本平均と標本分散の分布が独立であることは、直交変換によって証明することができますが、 非正規母集団であるときは、標本平均と標本分散の独立性は必ずしも成り立たないということでよろしいでしょうか。 また、正規分布以外の分布で、標本平均と標本分散が独立であるような母集団分布をご存知であれば教えて頂きたいのですが。 よろしくお願い致します。

  • カイ自乗分布の問題について質問です

    カイ自乗分布の問題について質問です 私は高校生で、経済学に興味があるので統計学を自習しております。しかし参考書にわからない問題があり困っております 統計学に詳しい方、よろしくお願いします。 1 自由度100のカイ自乗分布においてχ^2の5%点を正規分布近似により求めなさい 2 平均10 分散5 の正規母集団から抽出した大きさ4の無作為標本に基づく標本分散s^2が8より大きくなる確率は0.05より大きいか 3 平均μ 分散30の正規母集団からの大きさ16の無作為標本に基づく標本分散をs^2とする P(a<s^2<b)=0.95となるような定数a b を求めよ ただしP(s^2はa以下)=0.025とする

  • χ^2分布と標本の関係

    命題:正規分布N(μ,σ^2)に従う正規母集団から,大きさnの標本X_1,X_2,…,X_nを無作為抽出したとき, Z={(X_1-μ)^2+(X_2-μ)^2+…+(X_n-μ)^2}/σ^2 は自由度nのχ^2分布に従う. というのは理論的に数式から導かれたものなので,納得できました. ところが, 命題:正規分布N(μ,σ^2)に従う正規母集団から,大きさnの標本X_1,X_2,…,X_nを無作為抽出し, 標本平均X=(X_1+X_2+…+X_n)/n を作ると, Z={(X_1-X)^2+(X_2-X)^2+…+(X_n-X)^2}/σ^2 は自由度n-1のχ^2分布に従う. が成り立つ理由が分かりません.数式を用いて理論的に教えて下さい.

  • Xバーの分布について

    ある標本(xi:i=1,・・・,n)の母集団が平均値μ、標準偏差αの正規分布である。この母集団からn個の標本を抽出してその平均Xバーを求めたとき、この分布はどのような分布となるか説明せよ。という問題ですがわかる方いますか?

  • 正規母集団の標本平均と標本分散の独立性

    X_1,…,X_nを正規母集団から取った大きさnの標本とします。 簡単のため、母集団の平均は0、分散は1と仮定します。 このとき標本平均X=(X_1+…+X_n)/nと 標本(不偏)分散s=((X_1-X)^2+…+(X_n-X)^2)/(n-1) を考えます。 Xは平均0、分散1/nの正規分布に、 (n-1)sは自由度n-1のχ^2分布に従うと思いますが、 このXとsの独立性の証明はどうやったらよいのでしょうか? 結合分布の計算にX_i^2が混じるので大変に面倒です。 非芯χ^2分布の特性関数の計算などを使うのでしょうか。 方針は立つものの、あまりに煩雑な計算になりそうで尻込みしています。 簡便な計算法をご存知であれば教えていただきたく思います。 よろしくお願いします。

  • 高校数学の標本平均について 教えてください。

    母集団から大きさnの無作為標本を抽出しそれらの変量xの値をX1.X2.….XnとするときXバー=(X1+X2+…Xn)/nを標本平均という。標本平均Xバーの確率分布と母集団分布関係を調べよう。母平均m,母標準偏差σの母集団から大きさnの無作為標本を抽出しそれらの変量xの値をX1.X2.….Xnとする。各Xkはどれも大きさ1の標本で母集団分布に従う確率変数である。よってE(X1)=E(X2)=E(Xn)=m σ(X1)=σ(X2)=σ(Xn)=σであるしたがって E(Xバー)=mになる。 また復元抽出の場合はX1.X2.….Xnは互いに独立な確率変数であるから分散V(Xバー)={V(X1)+V(X2)+…+V(Xn)}/n^2というところがわかりません。 なぜn^2で割ることになるのですか? どなたか教えてください。お願いします。

  • 正規分布でない母集団の母平均の信頼区間

    数学を趣味で勉強してます。よろしくお願いします。 質問内容は 正規母集団の母平均は、t分布を使って求められますが 標本を取って行ったら「母集団が正規分布と言えない場合」の 母平均の信頼区間を求めるには、どのように考えればよいのでしょうか。 母集団が正規分布でなくても、 中心極限定理(標本数を大きくしていくと標本平均の確率分布は正規分布に近づく)から 標本数を増やしてt分布使えばいいのかな?と思うのですが、どうでしょうか。 アドバイス、お願いします。