• 締切済み
  • すぐに回答を!

統計学の標本についてです

下記の問いが分からずに困っています。 手計算でも良いですが、可能ならばExcelでの求め方も教えて頂けると幸いです。 1.平均100、分散1000の正規分布に従う母集団から10個の無作為標本を抽出する。 (1)標本平均の分布は? (2)標本平均値が110を越える確立はいくつか? 2.母比率が0.3である場合、その母集団からの100個の無作為標本に基づく標本比率が0.4を上回る確立はどの程度か? (1)標本比率の分布は? (2)その分布で0.4以上の値を得る確立は? よろしくお願いいたしします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数257
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

母集団サイズが書いてないので、無限母集団を想定します。 1の(1) 平均100、分散1000/10=100の正規分布 1の(2) 0.158655        Excelでは、「=1-NORM.DIST(110,100,100^0.5,TRUE)」で計算。 2      0.012498        Excelでは、「=1-BINOM.DIST(40,100,0.3,TRUE)」で計算。 2の(1) 標本比率×100が二項分布B(100,0.3)に従う       近似的に、平均0.3、分散0.3(1-0.3)/100=0.0021の正規分布に従う。 2の(2) 0.020989        Excelでは、「=1-BINOM.DIST(39,100,0.3,TRUE)」で計算。       正規分布による近似値は0.014548        Excelでは、「=1-NORM.DIST(0.4,0.3,0.0021^0.5,TRUE)」で計算。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 統計学の問題です

    母集団1(平均50、分散4000)から50標本、母集団2(平均40、分散2000)から100標本を無作為に抽出して得られる2つの標本平均値(母集団1-母集団2)の差が負の値をとる確率はどの程度か? と いう問題を教えてください よろしくお願いします!

  • 統計学の問題です。

    確率変数X1,・・・,Xnが正規分布N(μ、σ^2)に従うとき、標本平均X=(X1+・・・+Xn)/nは正規分布N(μ、σ^2/n)に従う。母分散10^2の正規母集団から無作為に9個のデータx1,・・・,x9を抽出したところ、x1+・・・+x9=720であった。 このとき、母平均μを信頼係数95%で区間推定した結果は(1)<μ<(2)となる。 答.(1)73.47 (2)86.53 答えはわかっているんですが、導き方がわかりません。 途中式を全てわかりやすく書いていただけるとありがたいです。

  • 統計学の問題です。

    全部で2問あります。 大学生(自宅外通学生)が受け取る仕送り額(月額)Xは、平均10ドル、標準偏差10ドルの正規分布に従っていることがわかっている。 ここから100人を無作為に抽出したとき、次の問いに答えなさい。 (1)100人からなる標本の標本平均Xバーは、正規分布に従う。 平均と分散はそれぞれいくつか。 (2)ゆとりのある生活のためには最低月額12ドルが必要である、という。 ここでの標本平均が12ドルを超える確率は何%か。 お願い致します。

  • 正規分布からの標本

    正規分布からの標本 母平均・母分散・がわかっている正規母集団からある大きさnの標本を抽出したとき、どのようにして標本平均が存在する場の確立を求めるのでしょうか? 例えば、母平均μ=4、母分散σ^2=15の正規母集団から大きさn=10の標本を抽出したとき、標本平均Xが3と6の間にある確率は? という感じです。 また、この問題に付随して標準分散s^2がaを超える確率が0.05となるような定数aの値を求めよ。というときに、どのようにして定数aを求めるのでしょうか。

  • χ^2分布と標本の関係

    命題:正規分布N(μ,σ^2)に従う正規母集団から,大きさnの標本X_1,X_2,…,X_nを無作為抽出したとき, Z={(X_1-μ)^2+(X_2-μ)^2+…+(X_n-μ)^2}/σ^2 は自由度nのχ^2分布に従う. というのは理論的に数式から導かれたものなので,納得できました. ところが, 命題:正規分布N(μ,σ^2)に従う正規母集団から,大きさnの標本X_1,X_2,…,X_nを無作為抽出し, 標本平均X=(X_1+X_2+…+X_n)/n を作ると, Z={(X_1-X)^2+(X_2-X)^2+…+(X_n-X)^2}/σ^2 は自由度n-1のχ^2分布に従う. が成り立つ理由が分かりません.数式を用いて理論的に教えて下さい.

  • 統計学

    統計学についての質問です。 平均u(ミュウ)、分散σ^2(シグマの2乗)の正規母集団から大きさ4の無作為標本の平均(標本平均)をX(Xバーのこと)とするとき、  確率P(|X(Xバー)-u|<σ)の値を求めよ。 まったく分からないので誰か助けてください・・・。

  • 統計学の問題

    早速ですが問題を書かせてもらいます. 身長の分布は正規分布N(170.5 , 36)に従うと仮定する. (1)N(170.5 , 36)からの大きさ10の無作為標本の標本平均の分布は何か. (2)前問における身長の平均をx0とおく.(1)の標本平均がx0より大きくなる確率を求めよ. 質問内容は2つあります.まず、(1)の「N(170.5 , 36)からの大きさ10の無作為標本」とはどういう意味なのでしょうか.また(2)の「前問における身長の平均」とは170.5のことなのでしょうか. よろしくお願いします.

  • PERT と中心極限定理 2

    中心極限定理は、次のような定理だと思います。 平均μ、分散σ2の母集団から無作為にn個の標本を抽出してその平均値mを求めることを繰り返すと、母集団がどのような分布を示す集団であるかに拘わらず、nが充分大きいとき、mの分布は平均μ、分散σ2/nの正規分布で近似される。 次に、PERTにおいて、n個の作業から成るプロジェクトの全体工程Tを求める方法は、一般に次のように説明されています。 作業iの所用時間がベータ分布に従うと仮定すると、その期待値ei、楽観値oi、最可能値mi、悲観値pi、分散σi2の間には次の関係がある。 ei=(oi+4mi+pi)÷6 (式-1) σi2=(pi-oi)2÷36  (式-2) 一般に平均と分散については加法定理が成り立つので、クリティカルパス上のn個の作業の総所要時間(n個の作業の所要時間の合計)Tの期待値eと分散σ2は次のように表される。 e=Σei  (式-3) σ2=Σσi2 (式-4) 中心極限定理により、Tは期待値e、分散σ2の正規分布で近似されるので、今、e=20、σ2=25であるとすると、95%の確率でTが完了する工期は、標準正規分布表の95%点=1.960から、20-1.960×5≦T≦20+1.960×5となる。 それで、次の(1)、(2)が分かりません。 (1)中心極限定理は、「平均μ、分散σ2の母集団から無作為にn個の標本を抽出してその平均値mを求めること」から始まる定理なのに、上記Tを求めた過程には、「平均μ、分散σ2の母集団」も「n個の標本の抽出」も「その平均値m」も、一切何もありません。母集団、抽出、平均値にあたるものは、上記Tを求めた過程のどの値または計算なのでしょうか。 (2)「中心極限定理により、Tは期待値e、分散σ2の正規分布」とありますが、いったいどう考えればTを正規分布であるとみなせるのでしょうか。

  • 正規母集団でないときの標本平均と標本分散の独立性

    こんにちは。 正規母集団であるとき、標本平均と標本分散の分布が独立であることは、直交変換によって証明することができますが、 非正規母集団であるときは、標本平均と標本分散の独立性は必ずしも成り立たないということでよろしいでしょうか。 また、正規分布以外の分布で、標本平均と標本分散が独立であるような母集団分布をご存知であれば教えて頂きたいのですが。 よろしくお願い致します。

  • 統計 心理学

    日本人全体の平均身長を推定しようとして、無作為に収集したサンプルサイズ10000人のデータの平均値は、168.5、分散は36であった。 母集団分布に正規分布を仮定した場合、『日本人の平均は本当は170である可能性はないのか?』という問いに対して統計学的な観点から述べなさい というのが分かりません… どうまとめたらいいですか?