• 締切済み
  • すぐに回答を!

貿易条件EXW(工場渡し)での輸出の注意点

中国の企業をバイヤーとする輸出で貿易条件についてバイヤー側がEXWを希望しています。通常日本では居住者である売主が輸出者となって輸出通関手続きを行うことが多いと聞いていますが、バイヤーが指定してきた本邦のフォワーダー(たぶんバイヤーの「税関事務管理人」となる)に文字どおり工場で荷物を引き渡して終わり、ということになると、質問(1)「輸出」にはならないと思うのですが売買契約の相手は中国のバイヤー(非居住者)になりますか?質問(2)代金は中国から送金で受取りますが「貿易外取引」となるのでしょうか?経理処理はどうなるのでしょうか。質問(3)契約上の当方としての注意点は何かありますか? 以上盛りだくさんですみませんが宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4628
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
  • OPANDA
  • ベストアンサー率66% (12/18)

 輸出を主とするメーカーのモノです。 最初にお断りしておきますが、実際EXW条件で契約したことはありません。 あまりにシッパーに有利すぎてそう言う条件の取引はありませんでした。 (1)売買契約は当事者同士で決めるのですから本質的には第三者へ質問する性質のモノではないと思います。 ただ、EXWを希望する者=バイヤー、EXWをする者=シッパーでしょうから、この両者が当事者同士となり、売買契約の相手は中国のバイヤーになるでしょう。 フォワーダーは、あくまでバイヤーの指定代理人ですから売買契約の当事者になることは普通ありません。 (2)通常の貿易取引です。(3)「危険の転移(所有権の転移)」が問題です。例えば、契約で7/20納期とした場合相手が7/20に荷物を持っていけば問題ないですが、車の手配がつかず7/30になった。 この間の倉庫代はどうなるのか? 最悪、7/21に火災で当該商品が消滅したらどうなるのか? 細かな契約が必要になるのではないでしょうか? また、送金のタイミングも大丈夫でしょうか? なかなか「代金の回収日」=「所有権の移転日」とはならないと思いますので、この辺も好く契約書に明記した方が好いと思うのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • フォワーダー業務の書類

    フォワーダー業務を行うにあたっての必要な作成書類をお教えいただけないでしょうか。 輸入者:日本 輸出者:中国 自社のポジションは日本側のフォワーダーとなります 自分なりに調べましたが うまくまとまらなく困っています。 (FA/N D/N FD/O 等などWEB上で検索しても何のことだか・・・)

  • 輸出貿易管理令について

    お世話になります。 弊社ではセラミック部品を作っています。 今回、ジルコニア製の軸受けを製造し出荷することになりましたが、 輸出貿易管理令に照らして、該当状況の報告を求められましたが、ネットで調べても良く分かりませんでした。 顧客の質問は ?輸出貿易管理令別表1の1~15項に該当するか否か。 該当しないのであれば「項目別対比表」の添付必要。 ジルコニアは別表1の2項原子力、5項先端材料。 軸受けは6項材料加工に記載があり、どれを使えば良いのか分かりません。 ?キャッチオール規制に該当するか否か。 材質はジルコニア80%以上、形状は筒型で、輸出先は中国、用途は生産設備用(武器や原子力用途ではないと思います。)です。 お忙しいところ済みませんが宜しく御願いします。

  • 中国への医療機器の輸出 注意点

    個人で日本で医療機器を仕入て、中国の病院に輸出する場合の考えられる注意点を教えてください。 まったくの素人ですので、医療機器卸売り、輸出販売経験者の方など詳しい方よろしくお願いします。 いまのところ、 (1)個人で日本で医療機器を仕入れることができるのか? (2)医療機器の輸出規制・通関 (3)仕入先が直接病院と取引しないように、販売先をわからないようにしておきたいのですが、仕入先に分からせても仕入先との契約で制限可能?卸売りの会社などはそのへんどうしているのでしょうか? (4)故障時等のアフターサービス(日本の仕入先に頼るしかないのか?) (5)決済方法(中国の病院から支払いを受ける際の通貨は元のみ?日本円でも可能か?その際の病院の準備事項は?病院からのこちらへの前払いは中国の法律上可能か?) このような点が心配です。 また、仕入先を日本の医療機器メーカーの中国支店等にした場合の、仕入代金の決済その他の注意点についても教えていただきたいです。 あいまいな質問で回答しにくいかもしれませんが、関連するようなことを一部でも回答いただければと思います。よろしくお願いします。

  • 回答No.1

バイヤーが指定して来たフォワーダーは、税関管理人と書いてありますが、一般的にフォワーダーと言えば、物流会社の事を指しますので、中国企業はEXWを希望して来ているという事は、フォワーダーが日本国内で商取引が出来る先なのでしょうか? 一応それを前提に書きます。 >>(1)「輸出」にはならないと思うのですが売買契約の相手は中国のバイヤー(非居住者)になりますか? おっしゃる通り、輸出になりませんので、売買契約はフォワーダーとする事になります。 >>(2)代金は中国から送金で受取りますが「貿易外取引」となるのでしょうか?経理処理はどうなるのでしょうか。 売買契約をフォワーダーとする事になりますので、代金はフォワーダーからもらう事になります。 >>(3)契約上の当方としての注意点は何かありますか? 商品の性質が分かりませんので、なんとも言えませんが、日本国内の取引になりますが、最終的には海外に出ますので、品質保証をどの時点まで負担するか、代金の回収についてどうするか、明確にする必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 貿易取引条件での買手の支払について

    通関士の勉強をやっていて疑問がありました。 (1)買手は売手から機械をFOB条件で輸入しましたが、当該輸入貨物の仕入書価格は、売手工場引渡し価格となっており、輸出国内の運賃及び運送関連費用が含まれていません。このため、売手は買手に対し別途$1000を請求しました。 (2)買手は、靴を輸入するため、売手との間でDDP条件で売買契約を締結した。 仕入書価格には ・売手の工場から買手の輸入港までの運賃・保険料 ・輸入港から買手の指摘する引き渡し地までの運送料 ・関税、消費税 が含まれています。 ここで疑問なのですが (1)について、なぜFOB条件で契約したのに仕入書ではEXW価格になっているのでしょうか? 条件通りに料金を提示しないのでしょうか?また、FOB条件では売手が輸出国内の運賃を支払うのに何故売手に請求しているのでしょうか? (2)についても同様に、なぜ買手は運賃や関税などを支払うことになっているのでしょうか?DDP条件は売手がすべて支払うと思っていました。そもそも、輸入取引において買手が支払うものは輸入貨物以外に決められているのでしょうか? 貿易実務経験がないので全く想像がつきません汗 よろしくお願いします。

  • 輸入貨物を乙仲業者が引き取る場合のBL記載方法

    某国で乙仲業に若干携わっている者ですが、経験が浅いため、基本的な事をお伺い致します。 FOBで日本から某国への貨物輸出の件で質問です。 輸出者は日本の会社なのですが、(輸出者が作成したS/Iを元にして作られた)BL上のコンサイニーの記載がバイヤー名、notifyも“same as consignee”となっており、当輸出者はこのBLオリジナルをバイヤーに直接送付しました。 但し、船舶予約及び現地貨物受け取りは、バイヤー依頼の乙仲業者(この度は私共)が引き取ることになっています。 この場合、現地にて依頼されている私共乙仲業者が、無事貨物を引き受けることが出来ない可能性が大いに考えられるように思われるのですが(バイヤーが乙仲に書類を渡さず自身で直接貨物を引き取ってしまう、もしくは第3者に譲渡して別の者が引き取ることが可能等)、 現地引取り時に乙仲が入る場合、どのような表記及び書類送付の流れが通常なのでしょうか。 バイヤー依頼の乙仲側としては、日本の輸出業者は全く面識がないことになりますので、BL等の重要書類について、日本側に直接細かな指示が出すことに、大変難しいものを感じます。 向こうとしては「アンタこそ誰?」になりますから。 そうなりますと、私共側から見た場合のクライアントであるバイヤーを通して、日本側へ伝えて頂くしか方法がないと思いますが、例えばバイヤーが誠実な会社で無い場合、依頼する現地乙仲側に不利な条件で書類を作成させるようなことも出来てしまうのではないかと考えています。 今回無事BLが私共に送られなかったとすると、こちらで船社からの請求を代替するのに、貨物は無事「コンサイニー」にリリースされた、となる可能性が起こる事を懸念しています。 BL表記及び送付先について双方に申し上げたい部分もあるのですが、双方とも「私共のいつも通りのやり方でやります」の方向で、こちらの提言が考慮されません。 どの方法が正しいのか、自問自答尽くしです。 ご教授頂けましたら、大変に助かります。

  • 船会社と海貨業者の違い

    貿易実務において「船会社」と「海貨業者」の違いについて質問です。インターネット等で得た情報では以下のように認識にしておりますが、、正しい知識をご存知の方がいらっしゃれば教えてください。 <小生の認識> 船会社:船を運送するサービスを提供するのみ。例:日本郵船など 海運貨物業者:自らは運送・輸送手段を有さず、船会社の運送を利用して貨物を運送する事業。船会社の代理店業務的存在。例:日本通運など Q1:よく貿易用語に出てくる「フォワーダー」=「海貨業者」ということなのでしょうか? Q2:例えば国内から海外に船で荷物を輸出するとき、船腹予約は船会社に直接行うのでしょうか?それとも両方で対応可なのでしょうか。 Q3:その後発生する通関手続き代行や船荷証券の入手などは主にフォワーダーの仕事と理解してよろしいのでしょうか。 それぞれの貿易における役割分担がいまひとつ理解できません。どなたかご教示いただければ幸いです。

  • 30万円を返してもらえますか

    うちの会社が国際貿易貨物を扱ってるNVOCCの会社ですが、この間、日本のある輸入会社に弊社のミスで、船荷証券なしに貨物を輸入者に渡してしまった、で、この輸入者は輸出者に30万の残金未払いまま貨物入手した後、その残金の払いは拒否した、やむ得なくうちの会社がその30万をとりあえず海外の関連会社に通じで、輸出者に支払いました、その同時に輸出者と海外の関連会社とうちの会社の間、契約書も作りました、要はもし、弊社がその30万が輸出者に支払いましたら、その債権は弊社に移ると言う契約です(ただし、その契約書は日本の輸入者、本件の被告に伝わってません)、それらに基づく不当利得返還請求を簡易裁判に起こしました、どころが、簡易裁判所は出張立証が不明瞭との理由に、弊社の請求を棄却されました。このようなケースでは上告しても勝目があるのでしょか、ぜひ教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします。

  • ベトナムとの貿易で、L/C決済についての質問

    ベトナムとの貿易で起業を考えています。ベトナムから衣類商品を輸入する貿易会社を設立するところです。輸出者への支払いはどうしてもL/Cで決済したいです。しかし、貿易知識は本当に全く知らないものです。以下の質問によろしくお願い致します。 日本側の銀行がL/C決済を引き受けてくれるため(いろんな条件が必要だと思いますが)、最低の条件として、今から設立する会社の資本金は最低で何万円にしなければならないでしょうか? 素人の質問ですみませんが、詳しい方、教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 輸出方法について

    恥ずかしながら、我社我が部署は輸出専門の会社ではなく、輸出に関しての専門部署や詳しいものがおりませんので、皆様のお知恵をお借りしたく質問させていただきます。 まず 1.弊社(国内)=A 2.お客様(国内)=B 3.お客様の子会社(海外)=C が登場いたします。 AはBへ国内取引で、商品を販売します。 現物は、AからCへ輸出いたします。 A社で、A→Bに対しての販売価格でINVOICEを作成し、輸出。 輸入時に B→Cに対しての販売価格INVOIVEにスイッチする。 という方法での取引は可能なのでしょうか? フォワーダーによって回答内容が異なり困っております。 輸出者は、B社としたいのですが その場合にはB社からINVOICEをもらわないといけませんか? 輸出に対してはA社で何とかしてB社に手間がかからないように取引を行いたいのです。 どういった方法があり、スムーズな取引はどうしたら良いのか? ご教示いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 以上

  • 非居住者で、居住者なりすまし

    1年以上の長期海外赴任でアメリカにいるものです。 昨年3月、日本から発つときに、区役所で非居住者手続きをしましたが、それからもしばらくの間、日本に居住権のあるときに開設した、Eトレードや三井物産で株や為替取引をしていました。しかし、ある時、非居住者はそういった会社で取引ができないことを知りました。理由は、 外国貿易法第6条第1項第5号 に抵触するからだそうです。私は、日本の実家の住所(親が住んでいる)のまま、住所変更手続きはそれらの会社にしませんでした。ですので、取引が可能だったのだと思います。そこで、私は確定申告等は、すべて日本の税理士にお願いしているのですが、非居住者でいながらの、源泉徴収なしの株、為替取引の利益取得はとがめられるのでしょうか?また、シティーバンクも、非居住者の海外送金を禁じていますが、私は平気で自分の海外口座に送金しています。これは問題でしょうか?なお、シティーバンクに届けている住所も実家のままです。 参考:Eトレード Q&Aコーナー 中長期に海外赴任をされておられる等の事由により、『 外国為替及び外国貿易法(外為法)』第6条第1項第5号の定めによる「(本邦)非居住者」に該当する場合、お取引いただくことができません。

  • マンションの駐車場契約について

    私どものマンションの居住者用駐車場は駐車場運用規約に「駐車場使用は原則として本建物に居住している区分所有者又はその同居人とし利用台数は1戸につき1台限りとする。」というルールが有ります。 そこで質問ですが規約に明記されてませんが、 居住者が、遠方に住んでいる家族が時折り(週に1、2回)訪ねて来る時のための目的で、居住者が免許も車も所有してなくとも駐車場の契約は可能でしょうか。(使用料は8000円/月なので費用負担は問題ないそうです) 又は、交際範囲が広い居住者が時折り訪ねて来る友人のために駐車場を契約しても問題ないのでしょうか。 以上何方か教えて頂ければ有難いです。

  • 相伝料をお渡しする際の注意点

    表千家を習っております。 先生から「来週、お免状を渡すから、相伝料をのし袋に入れて持ってきてください」と言われました。 相伝料や御礼自体の金額はすでに決めているのですが、どうやってお渡しすればよいのかが、わかりません。 ・具体的にどのようなのし袋に入れればよいのか  (相伝料:4万円、御礼:2万円) ・のし袋の表書きの書き方 ・実際に先生にお渡しする際の注意 など… 先生や先輩が明確なことを教えてはくらさらず…。 困っております。 経験者の方、ぜひアドバイスをお願い致します。

  • 3国間貿易における仲介業者の役割に関して

    私は日本の繊維メーカーに勤務しており中国で生産米国に輸出をする3国間貿易を行っております。貿易実務検定C級を取得済ですが恥ずかしながら素人の様な状態です。 先日中国より船積した商品が米国で通関出来ずにいます。米国の得意先からは、中国からのexport visaとcertificate of originに記入するカテゴリー番号を変更してそれらの書類を再送信して欲しいと希望がありました。しかし中国の取引先にその旨連絡した所、「中国の商務部で通関済みに表示されている為処理は不可。番号変更の為には、通関済みを未通関にする必要があり、その処理は米国からの指示がなければできない。」とのことでした。 対処策がわからないので、フォワーダーの日本支社に私から連絡を取り、米国のフォワーダーから中国のshipperに連絡を取ってもらいましたが、中国サイドの回答は変わらず、いまだに米国では通関できておりません。私の立場は米・中間の仲介業者ということになりますが、このように日本ではなく中国-米国間の問題が発生した場合、仲介の立場である私どもは問題解決にどこまで介在するものなのでしょうか?また、3国間貿易の場合、書類に記載する単価やB/LのConsigneeをどうするかまで、通常の輸出入と同じなのか?それとも違うのか?些細なことがわからずに困りました。3国間貿易に関する実務を勉強できるところや書籍があれば教えて頂けないでしょうか? 私自身の勉強不足であることは、身にしみてわかっております・・・。しかし、このままですと米国はship backも辞さないと言ってきています。どなたか助けて頂けないでしょうか・・。宜しくお願い致します。