• 締切済み
  • 暇なときにでも

物質の色の見え方

 例えば太陽光の下で、ある物質の反射による色が赤として認識できるとき、なぜその色は赤の光を反射しているのでしょうか。青を反射する物質とどう違うのでしょうか。  表面の凹凸の度合いによって反射する波長が変わってくるのでしょうか。だとすれば、どのくらいの凹凸ならこの色を反射する、といったようなデータや実験結果があるのでしょうか。  情報提供お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数80
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

私も「この道の専門家」ではありませんので、これ以上の情報提供は出来かねます。 申し訳ありませんがここから先はご自分で調べてください。 “色素”を辞書で調べたりネットで検索すると沢山の情報が出てきます。それを基に調べてみてください。 納得いく回答が得られると思います。 それと、この質問はこのカテゴリーではなく、別カテゴリー「[学問&教育]→[生物学]」で質問された方がより専門的な回答が得られると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa76832.html 解りやすい質問と回答があったのでだいたい理解できました。

関連するQ&A

  • 物質の色の見え方

     例えば太陽光の下で、ある物質の反射による色が赤として認識できるとき、なぜその色は赤の光を反射しているのでしょうか。青を反射する物質とどう違うのでしょうか。  表面の凹凸の度合いによって反射する波長が変わってくるのでしょうか。だとすれば、どのくらいの凹凸ならこの色を反射する、といったようなデータや実験結果があるのでしょうか。

  • 日陰の物体の色及び太陽光線の色について

    【疑問1】太陽光線が直接当たる日向と太陽光線が直接当たらない日陰があります。日向では太陽光線が物体に直接当たり、物体が特定の波長のみを反射して、それ以外の光を吸収するために反射された光により、それぞれの色が見えることは理解できます。  しかし、日陰の物体の色は太陽光線が直接当たっていないにもかかわらず、様々な色が見受けられますが、どうしてなのでしょうか?日陰の物体の場合、日向の物体によって反射された光が当たることで色が見えるのでしょうか?その場合、日向の物体は特定の波長のみを反射しているので、日陰の物体はその波長を吸収してしまい、色が黒くなってしまうのではないかと考えてしまうのです。  日陰の物体の色が見えるのはどのように理解すればよろしいのでしょうか? 【疑問2】ある物体が白く見えるのは太陽光線がその物体に当たり、赤や黄、青など全ての波長を反射してしている結果、白く見えると書いてありますが、なぜ、赤や黄、青などいろいろな波長を含んでいる太陽光線は透明にも関わらず、すべての波長を反射した場合には白く見えるのでしょうか?  そして、なぜ、太陽光線は赤や黄、青などいろいろな波長を含んでいるにも関わらず、色が見えないのでしょうか?  以上、おかしな質問かもしれませんが、宜しくお願い致します。

  • 物質の色の見え方について

    物質は赤を反射するから赤く見える、ということはその物質の本質は赤ではないのでしょうか?電気と磁気ならプラスとマイナスで引き寄せあい、一方では同じ性質のもの同士では反発しあいますが、色として見えている波動の状態では、同じもの同士は引き寄せあい、違うもの同士は遠ざけあう と考えると、やはり赤く見えるものは、その物質の本質は赤ではないのでしょうか。 物質にも波動があると聞きましたが、どの位の波動なのでしょうか、又は波長があるならどのくらいの波長なのでしょうか。 要は、物質が赤を反射するのはその物質が 赤そのものなのか、それとも赤ではないからなのか を知りたいと思います。

  • 回答No.2

太陽光には可視光線と不可視光線があることはご存知ですよね? 虹の色(7色)が可視光線で、赤外線と紫外線が不可視光線です。 水も含む全ての物質には「色素」と言うものが存在します。 この色素には太陽の可視光線(7色)のうちの1色(あるいは複数の色)を反射(それ以外の色は吸収)する性質を持っております。 人間の目は、その色素が反射した色で何色かを認識するようになっています。 分かりやすい例でいくと、人間の血液には「ヘモグロビン」という色素があります。この色素は“血色素”とも呼ばれており、名前の如く血の色(赤?)を反射する性質を持っているために、血液は赤く見えるのです。 また、カロテンという色素は黄色または赤色の色素で、かぼちゃ・唐辛子・にんじん・緑茶に多く含まれています。 要は全ての物質は1つ以上の「色素」をもっており、それによって反射される色で人間は色を識別するということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 「色素」が赤を反射するものと、青を反射するものがあるということですが、具体的にはその違いはどこにあるのですか?  赤を反射する色素と青を反射する色素のどこが違うのですか?  あともうひとつ、色素とは分子ですか 原子ですか 素粒子ですか

  • 回答No.1

表面の凹凸具合ではありません。ある物質がどの色を吸収する/しないの違いです。 ある物質が特定の色を吸収しないためにその色が反射されることになり、その反射された色が「その物質の色」として認識されるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 ある物質がどの色を吸収し、どの色を反射するかの違いはどのような要因によって決まるのですか。  たとえば赤い光線を反射する物質と、青い光線を反射する物質の違いはどこにあるのでしょうか。

関連するQ&A

  • ◇色の見え方について

     赤いレーザー光が空気中に見えるとき、それは物質の細かいチリのようなものに当たって、それから反射された赤い色が見えているのですか?それともレーザー光そのものが赤いのですか?  また、物質の反射における色の見え方としては、たとえば太陽光線により赤く見えている物質があったすると、それは赤い光を反射しているからですよね?  なんか、必ずしも「反射」によって色が見えているわけでもないみたいで、なんだか混乱します。

  • ◇電子のはたらきにおける物質の色の見え方について

     自分で発光しているものから出る光の色は電子が関係しているのだと思いますが、反射で見える物体の表面の色は表面に存在する電子と関係があるのでしょうか。  もしあるとしたら、例えば赤く見える物質と青く見える物質では、電子の動き、働き等が 具体的に どのように違っているのでしょうか。

  • 色の見え方

    物質は、どうして様々な色をもつのでしょうか?よく高校の授業などで、虹の色や、空の青色などおそわったりしますが。物質の反射した色をみて、その物質の色とみなすのでしょうか?ある波長の色を反射して、ある色の波長を吸収するとか書いてある本などありますが、すべての物質が吸収しているのでしょうか?波長を吸収したら、エネルギー準位が上がるとか習ったのですが、物質が吸収しているのなら、エネルギーが上がると思うのですが、常に吸収していたとしたら、そのときの上がったエネルギー準位が基準のエネルギー準位になるのですか?バカな質問すいません。

  • ◇色の見方、見え方について

     例えば太陽光線によって、ある物質が赤く見えている(反射によって)場合、それは  太陽光線の中の赤以外の色を吸収し、同時に赤を反射するから赤く見える.  という考え方で良いと思うのですが、  「見る」と言う行為は能動的なわけで、その色を「捕える」行為であると考えれば、例えば脳から発する微弱な電気を「脳波」として測定できるように、目から何らかの電磁波と言うべき様なものを発して、「色を捕らえる」という考え方もできるのではないかと思うのですが、どう思いますか?  見る、見える という行為は「目の網膜器官によって生じる」、完全に受身的なものなのでしょうか.

  • 反射における物質の色の違いについて

     反射によって見える色の違いは、光を反射する物質が吸収する色と反射する色によって決まると思うのですが、反射および吸収する色が違ってくるのは、その物質の表面に存在する電子と関係があるのでしょうか。  もしあるとしたら、例えば赤く見える物質と青く見える物質では、電子の動き、働き等が 具体的に どのように違っているのでしょうか。

  • なぜ色が

    人間の目には赤は赤、青は青と認識できます。 なぜ人は色を識別できるのですか? 葉はなぜ緑に見えるかと言うのを聞いた事があります。 葉は緑の光だけを反射するからだと・・・ それでは他の物質もその見える色の光を反射しているからなのでしょうか? 確かに光のない場所では何色なのか判別できません。 どなたか納得のできる回答をお願い致します。

  • 反射における物質の色の違いについて

     自分で発光しているものから出る光の色は電子が関係しているのだと思いますが、反射で見える物体の表面の色は表面に存在する電子と関係があるのでしょうか。  もしあるとしたら、例えば赤く見える物質と青く見える物質では、電子の動き、働き等が 具体的に どのように違っているのでしょうか。

  • 色の感じ方

    高校の教科書に「物質に光が当たると特定の波長の光が吸収される。私たちは吸収された光の補色を色として感じる」とありました。僕は色の感じ方について「光は物質に吸収され、特定の波長の光だけが反射される。この反射された波長の光を色として感じる」と何かで読んだような気がするのですが、これは間違いでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 液晶の色の変化について

    こんばんは。この前、化学の授業で液晶をあたため、色の変化を観察するという実験をしたのですが、約32℃~31℃は青、約30℃~28℃のときは緑、約27℃~25℃の時は赤という実験結果が出たのですが、これらの実験結果は、正しいでしょうか?そして、疑問に思ったのですが、1、なぜ液晶は暖めると色が変化するのでしょうか? 2、色が変化して赤、緑、青になるのなぜなんでしょうか? 詳しいご回答をいただけると幸いです。ご回答よろしくお願いします。

  • 色・光関係の質問

    色や光に関してのついて質問です。いろいろネットで調べてみたのですがはっきりと分かるところがなく、身近に詳しい人がいないので、ここに質問しました。 (1)金属に色素は含まれているのでしょうか? ないとしたら、金属自体に色素のような性質があると考えてよいのでしょうか。また、あるとしたら、おかしくないですか。そうであれば、例えば金はAuという単体ではなくなってしまうと思います。 (2)そもそも金色や銀色はどのような色なのでしょうか。 可視光線のどの辺の波長が反射すると人間は金色や銀色である。と認識するのでしょうか。 (3)カラーフィルターと呼ばれるものは、赤のカラーフィルターならば赤の波長を透過し、それ以外の波長を吸収する。ということでしょうか? また、赤のフィルターでも赤の波長は反射しているのでしょうか? そうでないと、机の上などにおいた赤のフィルターを赤であると認識できるのがおかしいと思ったので・・・ (4)透明・半透明の色付きプラスチックやクリアファイルの色は色素によるものでしょうか?また、そのようなものは、セロファン紙などと光に関して同じ性質を持っているといってよいのでしょうか? (5)1や4とかぶるかもしれませんが見えるものすべてには色素が含まれていますか? または、色素がなくても、色素のような性質をもった物質というのは存在しますか? (6)もし、可視光線中のすべての波長が反射したらどうなりますか? 見える世界は真っ白になりますか? (7)可視光線をほとんど反射してしまっているように見える鏡の表面を色で表すことはできますか? あらわせるとしたら何色でしょうか? まだ、よく分からないところもあり、習ったこともないので変な質問が多いかもしれませんが、よろしくお願いします。また、このようなことが詳しく載っているサイトなどがありましら、教えていただけないでしょうか。