• ベストアンサー
  • 困ってます

色の感じ方

高校の教科書に「物質に光が当たると特定の波長の光が吸収される。私たちは吸収された光の補色を色として感じる」とありました。僕は色の感じ方について「光は物質に吸収され、特定の波長の光だけが反射される。この反射された波長の光を色として感じる」と何かで読んだような気がするのですが、これは間違いでしょうか? 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数369
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

その二つはまったく異なります。 ≫吸収された光の補色を色として感じる ≫反射された波長の光を色として感じる  上が正しく、下は誤りです。 ≫反射された波長の光を色として感じる  これは、ニュートンが太陽の光をプリズムで分けて、説明した内容 ≫吸収された光の補色を色として感じる  その後、ゲーテ(ドイツの詩人)がおかしいと反論し、マグデブルグの半球( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%87%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%81%AE%E5%8D%8A%E7%90%83 )で有名なゲーリケが証明し、ポラロイド( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89 )の創始者ランドが、緻密な実験で見せ付けた。  いちもん掲載作品 ( http://www.ichimon.jp/book/?md=2&st=9&px=1&no=55 )の下のほうに「ロチェスターで開かれた写真学会の会議で、ポラロイドの社長であるエドウィン・ランド博士が、それまでの常識をくつがえす新たな説を公開したのである。・・・」以下の記事があります。  実は簡単に実験できます。 1) 色紙など、色々な色が使われている模様を用意する。 2) 部屋を暗くして、ペイントをフルスクリーンで起動して画面に赤色で全面を塗りつぶす。 3) 色紙にディスプレイの光だけが当たるようにして部屋の照明を消す 4) 色紙の色は変わったか、またデジカメで撮影したものと比較する。  不思議なことに、色紙からは赤の光しか反射してこない=目には赤色の光しか届いていないはずなのに、青も緑もわかるはず。デジカメで撮影したものは真っ赤なはず。 ( http://iruka.la.coocan.jp/old/science/light/light1.html )もどうぞ・・  色とは、ある物体が「どの波長の光を吸収するか」という性質です。 ★ある波長の光(例:長波長の光)を特定の色(例:赤)と感じるのは、光を当たられた物体が、長波長の光を吸収すると脳が判断するという意味です。  不思議なことに、これは目の網膜内で処理されています。ですから、様々な色が塗られた絵に色々な光源からの光が当たっていても、ほぼ正しく色(どの波長の光を吸収するか)を見分けられる。  デジカメではそうは行かない。・・・懐中電灯や白色ダイオードライトあるいは電灯、そして外光など様々な光源が不均一に当たるようにした絵をデジカメで撮影したものと、目で見ているものを比べてごらん。  半世紀も前に否定された「色とは光の波長」が、いまだに公然と流布されているとは悲しいことです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >色とは、ある物体が「どの波長の光を吸収するか」という性質です。 大変参考になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 色が光を吸収する仕組み

    色はそれぞれある特定の波長の光を吸収してその補色が目に見えているらしいのですがどうやって光を吸収しているのかが分かりません。

  • 色の見え方

    物質は、どうして様々な色をもつのでしょうか?よく高校の授業などで、虹の色や、空の青色などおそわったりしますが。物質の反射した色をみて、その物質の色とみなすのでしょうか?ある波長の色を反射して、ある色の波長を吸収するとか書いてある本などありますが、すべての物質が吸収しているのでしょうか?波長を吸収したら、エネルギー準位が上がるとか習ったのですが、物質が吸収しているのなら、エネルギーが上がると思うのですが、常に吸収していたとしたら、そのときの上がったエネルギー準位が基準のエネルギー準位になるのですか?バカな質問すいません。

  • 日陰の物体の色及び太陽光線の色について

    【疑問1】太陽光線が直接当たる日向と太陽光線が直接当たらない日陰があります。日向では太陽光線が物体に直接当たり、物体が特定の波長のみを反射して、それ以外の光を吸収するために反射された光により、それぞれの色が見えることは理解できます。  しかし、日陰の物体の色は太陽光線が直接当たっていないにもかかわらず、様々な色が見受けられますが、どうしてなのでしょうか?日陰の物体の場合、日向の物体によって反射された光が当たることで色が見えるのでしょうか?その場合、日向の物体は特定の波長のみを反射しているので、日陰の物体はその波長を吸収してしまい、色が黒くなってしまうのではないかと考えてしまうのです。  日陰の物体の色が見えるのはどのように理解すればよろしいのでしょうか? 【疑問2】ある物体が白く見えるのは太陽光線がその物体に当たり、赤や黄、青など全ての波長を反射してしている結果、白く見えると書いてありますが、なぜ、赤や黄、青などいろいろな波長を含んでいる太陽光線は透明にも関わらず、すべての波長を反射した場合には白く見えるのでしょうか?  そして、なぜ、太陽光線は赤や黄、青などいろいろな波長を含んでいるにも関わらず、色が見えないのでしょうか?  以上、おかしな質問かもしれませんが、宜しくお願い致します。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

「私たちは吸収された光の補色を色として感じる」のは当てた光が白色光の場合です。 白色光の場合、吸収された光と反射された光は補色の関係になります。 緑だけを反射する色紙に赤い光を当てると反射する光は無いので暗い(黒色に見える)だけです。 色紙と色付セロファンと懐中電灯(LEDじゃないやつ)があれば実験できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 大変参考になりました。

  • 回答No.3
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

同じことではありますが >吸収された光の補色を色として感じる 「反射された光」と単刀直入に表現したほうがすっきりしますね 吸収されなかった光はすべて反射されるのであって吸収された光の補色だけが反射されるわけではありません 赤だけが吸収されると見える色は白から赤を抜いた色になります 赤の補色だけが見えるわけではありません 三原色で考えがちですが自然光は赤から紫までのあらゆる原色で構成されているのです 三原色は人工的に広範囲の色を再現するために選ばれたに過ぎません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 大変参考になりました。

  • 回答No.2
  • Cupper
  • ベストアンサー率32% (2123/6444)

失礼・・・訂正します 赤く見える物質は、【緑色】と青色を吸収しています そして【緑色】と青色の補色は赤色です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございます。

  • 回答No.1
  • Cupper
  • ベストアンサー率32% (2123/6444)

>「物質に光が当たると特定の波長の光が吸収される。私たちは吸収された光の補色を色として感じる」 >「光は物質に吸収され、特定の波長の光だけが反射される。この反射された波長の光を色として感じる」 どちらも同じことを言っていますよ 「吸収された光の補色」とは「反射された光」のことです 赤く見える物質は、黄色と青色を吸収しています そして黄色と青色の補色は赤色です このとき物質は赤色だけを反射しています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 化合物の色と構造の関係

    赤色が赤色として見える理由ってのは その物質が赤色以外のの光を吸収し 赤色の光だけ反射するからですよね では、赤色に見える化合物があったとして それがなぜ赤色に見えるのでしょうか? 特定の構造を持っているため その波長の光は吸収できないからですか? よろしくお願いします

  • UV測定の波長と色の関係について

    UV測定の原理は、紫外線領域のエネルギー強度の光が分子内のπ電子を励起するために起こる、と文献にありましが、いまいち意味がわかりません。分子に光を当てると、その分子が吸収した波長の光が最大吸収となって現れるのでしょうか。例えば、その分子の見た目が黄色なら、黄色の光を反射しているから黄色に見え、UV測定を行ったときは、その分子が一番よく吸収する黄色と反対(補色)の色である紫の領域の波長にピークが表せるのでしょうか。

  • 色について

    夏休みの理科研究で色について調べているのですが、 大雑把にまとめるとこういうことでしょうか? 光の波長には赤の波長、緑の波長みたいにいろいろな波長があって 吸収する波長と反射する波長の違いが色の違い。。。。ってことですか? 間違ってたら中学生の私にも分かるような簡単な説明をおねがいします。

  • 反射における物質の色の違いについて

     反射によって見える色の違いは、光を反射する物質が吸収する色と反射する色によって決まると思うのですが、反射および吸収する色が違ってくるのは、その物質の表面に存在する電子と関係があるのでしょうか。  もしあるとしたら、例えば赤く見える物質と青く見える物質では、電子の動き、働き等が 具体的に どのように違っているのでしょうか。

  • 色の反射、光に関してです。

    色の反射、光に関してです。 色が見える原理は、いろいろな色の光が混ざった光線が、モノに当たって反射したとき、特定の色の光だけが反射して、目に入るので、それでその色に見えると読みました。 たとえば赤いポストに光が当たると、赤以外の色は吸収され、赤の光だけが反射されるので、そのポストは赤い、と見えるそうです。 そして、どの色も反射せず、全部吸収されると、黒く見えるそうです。 物に当たる光の色(青とか赤とか)により、何色の光を物が吸収して反射するのが決まる、こんな感じでしょうか。 と、まあ、先日以来、ここで私が物に光が当たって反射する時に見える色に関する質問で得た、かなり簡潔した内容です。 ここで、再びギモンが生じました。 ギモン1 物に当たって反射、吸収する色ですが、この場合、どんな色が反射して吸収されるかは、物の材質、温度、湿度などは関係しないのでしょうか。実際身の回りのものは、色が異なるものばかりなので、そう思いました。 ギモン2 例えば、植物は葉緑体があることにより緑色になると学校で習いました。この場合は光の反射・吸収とそれ自身が放つ色とも関係がしてくるのではないでしょうか。 葉緑体以外にも、動植物が持つ自身の性質で自らが色を放つものはいるのでしょうか。 ご存知のい方教えていただくようお願い申しあげます。

  • 色が見える仕組み

    以下のサイトでは、赤い物体が赤く見える理由について説明されています。 http://homepage1.nifty.com/kuwajima/lac100/explanation/20010910.html このサイトには「物体に光が当たったとき、物体は特定の波長の光を吸収し、それ以外の光を反射します。」と書かれていますが、「それ以外の光を反射します。」の所が分かりません。 波長を複数反射するというのはありえる事なのでしょうか? 例えば、700nmの波長と400nmの波長を同時に反射しようにも、波長は波の周期的な長さだろうから、波が2つ無いと同時に反射するのは不可能な気がしますが・・・

  • ミー散乱、レイリー散乱について

     「ミー散乱により雲は白く見える」などと「ミー散乱、レイリー散乱」という言葉が出てきました。そこでは、ミー散乱、レイリー散乱はぶつかる物質の大きさによるとありました。そこで、  【疑問1】なぜ、物質の大きさによって、ミー散乱のように全波長が反射されて白く見えたり、レイリー散乱のように短い波長から散乱されていろいろな色に見えるのか?  【疑問2】雲は非常に小さな水滴からできていますよね。つまり、雲が白く見えるということは光がその非常に小さな水滴にミー散乱しているということですよね。水溜りや海などが白く見えないということはミー散乱していないということですよね。では、なぜ、同じ水滴からできている水溜りや海などではミー散乱していないのでしょうか?  【疑問3】光が非常に小さな水滴に当たる時に、なぜ光の一部が吸収されないで、全反射するのでしょうか?光が水に当たる時、一部は吸収されたりしますよね。  以上、大変申し訳ございませんが、高校レベルで教えていただければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

  • 吸収光光度計とスペクトル分析

    はじめまして、よろしくお願い致します 吸光光度計  水溶液中を通過した光の吸収スペクトル量を 測定することによって物質の定量を行う装置で、 主に水溶液中の微量の化学種を定量するのに用います。 という説明がありました。教科書のよりは 分かりやすいのですが、今一わからなくって… 物質は特定の光を吸収するので通過した 波長を分析しそれが何であるか調べるという のだと思いますが、その液体に吸光光度計では 適当な発色液を入れるとかいてあります。 と・言う事は「ある程その物質が度推測が出来ている」 あるいは「その物質があるかどうか」知ると 考えてよいのでしょうか?(その発色液が特定材料) その波長が吸収された分がその目的の濃度と測れる… 教科書には発色液も書いてません (何に何が吸収するんだろう?) その波長を分析…と聞いて真っ先に思い出したのが 浅知恵の「スペクトル分析」、 これは全然違う物なのでしょうか? 特定の波長を吸収し、何であるか知る・という所はにてますけど…うーん。 説明がおかしくてスミマセン よろしくお願い致します。

  • 物質の色の見え方

     例えば太陽光の下で、ある物質の反射による色が赤として認識できるとき、なぜその色は赤の光を反射しているのでしょうか。青を反射する物質とどう違うのでしょうか。  表面の凹凸の度合いによって反射する波長が変わってくるのでしょうか。だとすれば、どのくらいの凹凸ならこの色を反射する、といったようなデータや実験結果があるのでしょうか。  情報提供お願いします。

  • 色と光の関係+赤外線反射物質

    以下の質問に対する回答と、間違っている文章がありましたらご指摘ください。 ・リンゴ 青緑色の光を吸収し、それ以外の光は反射 →青緑色の補色である赤色をリンゴの色として認識 Q1.リンゴが不透明であるのは、透過率がゼロだから?散乱しているから? Q2.半透明とは? ・ガラス 可視光線領域の電磁波の吸収帯がない為、可視光線を反射もしくは透過。 ※透明であるのは、吸収・散乱がない為。 Q3.赤外線を反射させる物質とは、赤外線領域に吸収帯を持たず、散乱するということ? Q4.かき氷等の光の散乱の際、可視光線以外の電磁波(赤外線等)も散乱している? どうぞよろしくお願いします。