• 締切済み
  • すぐに回答を!

数列の証明

大学の課題で出された数列の証明問題です。 レベルは恐らく高校くらいだと思います。 数列が苦手で、どうしてもわからないので質問します。 正の実数a、b(a>b)に対して、数列{a(n)}{b(n)}を a(0)=a、 b(0)=b a(n+1)=(a(n)+b(n))/2、 b(n+1)=√a(n)b(n) (n≧0) で定義されるものとする。この時、 1、{a(n)}が単調減少であること、{b(n)}が単調増大であることを示せ。 2、{a(n)}が単調減少かつa(n)≧b、{b(n)}が単調増大かつb(n)≦aより、{a(n)}および{b(n)}は収束する。この時、{a(n)}の極限値と{b(n)}の極限値が一致することを示せ。 解答・解説できる方、よろしくお願いいたします。

noname#95559

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数50
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

任意の n について、a(n) > b(n) であることを言えば、 a(n+1) = { a(n) + b(n) } / 2 から a(n+1) < a(n) が、 b(n+1) = √{ a(n) b(n) } から b(n+1) > b(n) が 言えます。 「単調増加」「単調減少」が広義単調でよいならば、 相加相乗平均の関係から a(n) ≧ b(n) が言えますから、 それだけで終わりですが、 狭義単調であることまで含めて示そうとすれば、 数学的帰納法を使って、a(n) ≠ b(n) を言う必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数列の問題…教えて下さい

    以下の問題ですが、どう手をつけていいのかわからずに困っております。どのような方針ですすめればよいのでしょうか?ヒントを下さいませ。 数列{a_n}がa_1 =3, a_{n+1}=√{a_n +2} (n=1,2,…) により与えられるとき以下の問いに答えよ。 (1)すべての番号n=1,2,…に対し,a_n > 2 が成り立つことを示せ. (2){a_n}が単調減少数列であることを示せ. (3){a_n}が収束することを示し,その極限値を求めよ.

  • 数列の極限について

    数列の極限が理解できませんので、 以下の問題の解答、解説をお願いいたします。 数列の極限を調べ、収束する場合は極限値ももとめたいです。 (1)n^2/(5n+1) (2)√(n+1)-√n また以下の極限値の求め方がわかりません。 (1)(2x^2 +3)/(4x-1) (2)x/√(x^2 +4)-2 よろしくお願いします。

  • 数列

    A1=√2,An+1=√(2+An)の数列について(nは正の整数) (1)An<3を示せ。 (2)An+1-AnとAn-An-1は常に同符号であることを示し、それよりAn<An+1を示せ。 (3)□に入る言葉と数値を答えよ。   数列Anは(1)(2)より□かつ□であるので収束する。その極限値は□である。 という問題なのですが、(3)の極限値は計算して求めることができましたが、(1)(2)の示し方がわかりません。 どなたかわかる方がいたら教えてください。

  • 回答No.1

(1)は数学的帰納法で示せますね。 具体的には、任意のnに対してa(n) > b(n) かつ a(n+1) < a(n) かつ b(n+1) > b(n)を帰納法で示します。 (2)は、a(n)とb(n)の極限をそれぞれα、βとでもすれば、 n→∞のとき、a(n+1) = a(n)の式から、 (α+β)/2 = α となり、α = βがいえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数列 極限 大学入試

    x[1]=1,x[n+1]=1/(1+x[n]) (n=1,2,3,・・・・・)により数列{x[n]}を定める。 (1)すべての自然数nに対して1/2≦x[n]≦1が成り立つことを証明しなさい。 (2)すべての自然数nに対して│x[n+1]-x[n]│≦1/2*(4/9)^(n-1)が成り立つことを証明しなさい。 (3)極限値α=lim[n→∞]x[n]を求めなさい。(数列{x[n]}が収束することは証明しなくてよい。) (1)は数学的帰納法で証明できたんですが、(2)(3)がわかりません。どなたか解説をお願いします。

  • 数列の収束。発散の問題について、

    有界単調数列の収束性を用いて、 lim[n→∞]1/n = 0 を証明せよ、とあります。 極限値などは、勝手に決めていいのか、 そして、どのように証明していくと、 答えになるのか良く解りません。 説明をつけて、頂けると大変、助かります。

  • Σ[n=0..∞](-1)^n5^n/(2n)!の和は?

    Σ[n=0..∞](-1)^n5^n/(2n)!の収束・発散を判定し,収束ならその和を求めよ。 という問題です。 これは交項級数なので数列{5^n/(2n)!}が単調減少且つlim[n→∞]5^n/(2n)!=0より (∵比を採ると5^(n+1)/(2(n+1))!/5^n/(2n)!=2/((2n+2)(2n+1))で単調減少且つ極限値が0) Σ[n=0..∞](-1)^n5^n/(2n)!は収束。 となるのかとと思いますが和はどのように求めればいいのかわかりません。 どのようにして求めれるのでしょうか?

  • 数列が収束するかの証明問題

    数列{a_n}{b_n}を写真のように定める。 (a_n,b_nはすべて正数とする) a_n,b_nが同じ値に収束することをしめしなさいという問題なのですが、 流れとしては、 1) a_n=b_nならば代入すれば、a_(n+1)=b_(n+1) 数学的帰納法(?)で数列{a_n}{b_n}は同じ値に収束する 2) a_n>b_nとして、 b_n=√(b_n*b_n)<√(a_n*b_n)=b_(n+1) a_n=2(a_n)^2/2(a_n)>2a_n*b_n/a_(n)+b_n=a_(n+1) (ここは計算すると、不等号が成り立ちますが、省略します。) またa_(n+1)<b_(n+1) (0<(a_n-b_n)^2から計算すれば出ますので省略します) これをまとめてb_n<a_(n+1)<b_(n+1)<a_nとなる 3) 次にa_n<b_nのときは 上記と同じような計算で b_(n+1)<b_n a(n+1)>a_n a_(n+1)<b_(n+1)がえられる。 2)3)の結果を合わせて a_n>b_nの場合は、a_(n+1)<b_(n+1)に、 a_n<b_nの場合はa_n<a_(n+1)<b_(n+1)<b_n…(1)となる。 nが2以上で(1)が無限に繰り返されていき、a_2<a_3<a_4<a_5<...<b_5<b_4<b_3<b_2が成立するため{a_n}{b_n}はともに有界であり、n=2以上で {a_n}は単調増加、{b_n}は単調減少であるとわかる。よってともに収束する。 数列{a_n}の収束値をA、数列{b_n}の収束値をBとして 与式に代入するとA=Bがえられ、数列{a_n}b_n}は同じ値に収束することがわかる。 といった感じ大まかにはあってますか?

  • [高校数学III]数列の極限値

    an=(-1)^n/n の極限値を求めよ。 という問題ですが、自分は (-1)^n/n=(-1)^n*1/n lim[n->∞]1/n=0より lim[n->∞]an=0 と解答したのですが、この解答で問題ないでしょうか? 数列が積の形に分割でき、その片方の極限が0に収束すれば、数列全体の極限も0に収束すると言えるのかどうか、いまいち分からず困っています。 ちなみに模範解答は -1≦(-1)^n≦1 をnで割って挟みうちの原理を使っています。

  • 数列の収束と極限の問題

    数列の収束と極限の問題 はじめまして。最近数学を少し勉強し始めた者です。 頭の出来が良くない故、また独学故に多く質問させて貰うかもしれませんがよろしくお願いします。 a[1] = root(2), a[n+1] = root(2a[n])で定義される数列{a[n]}が収束することを証明し、極限値lim a[n] を求めよという問題なのですが、分かりません。 収束は、ダランベールの判定法を使おうと思い、lim a[n+1]/a[n] = lim root(2a[n])/a[n] = lim root(2/a[n]) まで求めたのですが、これが1より小さいことが分かりません。 極限値のほうは全然です。 どなたかご助言お願いします。

  • 数列の極限でわからない問題

    次の数列の極限値をいえ。 cosπ,cos3πcos5π,.......,cos(2n-1)π,...... この問題がわかりません。 ぼくの予想では振動して極限値はないと思うのですが、この問題は教科書で「収束しない数列」の章より前に出ている問題なので、極限値がでると思います。 初歩的な問題ですがどうぞよろしくお願いします。

  • 数列の極限

    an+1=Kan+α/Lan^2 が単調減少であることが証明でき極限値がα^2/3(3分の2乗)になるようにKとLを求めよって問題が出たんですが、教科書とか参考書を見ても類似の問題がなく困り果てています。まずどのようにすすめたらいいんでしょうか?皆さん教えてください。

  • 漸化式と数列

    漸化式 f(k+1)=[{f(k)}^2]/16+3 , f(1)=10 で定まる数列で、 極限値αが存在するとして、αを求めると12,4 さらに、この数列が有界であることが示されたとすると、 減少数列であることを示すには、 f(k+1)<f(k)が成り立つはずなので、 f(k)-[{f(k)}^2]/16-3>0を解いて 4<f(k)<12が成り立つから よって、f(k)は減少数列である、 で正しいでしょうか?

  • 数列の極限問題

    a,bを2つの正の定数とし、数列{an},{bn}を次のように帰納的に定義します。 a1 = a, b1 = b, an+1 = (an + bn)/2, bn+1 = √(an x bn) (n = 1,2,...) このとき、 (1) a >= bならば   a1 >= a2 >=....>= an >=...>= bn >=.....>= b2 >= b1 が成り立つことを証明してください。 (2)数列{an},{bn}は同じ極限値に収束することを証明してください。 よろしくお願いします。