• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

長割り終身か、変額終身保険か

現在、52歳です。 死亡保障及び終身医療保障について迷っております。 <死亡保障> 長割り終身か変額終身保険どちらを選ぶか、もしくは別の保険を選ぶか迷っています。基本的には65歳まで解約する予定はありません。 65歳までの遺族補償としての500万 65歳からは老後貯蓄としての解約返戻金を考慮しての保険選びとなっています。 ・東京海上日動あんしん生命(長割り終身) http://www.tmn-anshin.co.jp/goods/kojin/nagawari/index.html 死亡保障500万 払込65歳 月24,800円 総払込保険料386万 65歳時点での解約返戻率101%→70歳で107% 利点 5年毎の運用益配当がある点 ・あいおい損保の積立利率変動終身保険(無配当) http://www.ioi-life.co.jp/kojin/kojin_01.html 死亡保障500万 払込65歳 月24,800円※ ※毎月払いが長割りと大体同額として計算(1,000万とFPに頼んだ300万の資料しかないため概算で) 総払込保険料386万 65歳時点での解約返戻率102%→70歳で106% 利点 予定利率が上がった場合、死亡保障及び解約返戻額(率)が上がる点 保険会社の格付けで選んだ場合、東京海上日動あんしん生命のほうが安心感はあります。 http://www.hokenno.net/kakuzuke_data_l.htm 死亡保障を見た場合はほぼ同じ契約に見えますが、違いはあるのでしょうか? 上記にそれぞれ利点として上げた予定利率が上がった場合を除いて、考慮すべき違いなどはあるでしょうか? 他にこの終身保険を選んだ目的で考えた場合に選ぶ候補の保険としてはどのようなものがあるでしょうか? 又、その特徴を教えてください。 <医療保障> 損保ジャパンの健康のお守りアレックスを検討しています。 http://direct.himawari-life.com/dm2/alex/alex_02.html 70歳払込 月払い11,700円 総払い保険料257万 保障 入院(ガン) 20,000/日 入院(ガン以外) 10,000/日 手術給付金 10~40万 手術見舞金 50,000円 先進医療保障 通算1,000万 この保険で注意すべき点はあるでしょうか? 他に検討するとしたらどのような保険があるでしょうか? 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

補足をありがとうございます。 現段階では、まず、預貯金を増やすことをお勧めします。 40万円では、いざと言うとき、不足する可能性があります。 まずは、100万円。 さて、毎月6万円を貯蓄すると60歳までの8年間で…… 6万円×12ヶ月×8年=576万円という計算をされたのでしょうが、 そうではなくて、 6万円×12ヶ月×13年=936万円 という計算をしてください。 これに退職金がプラスされます。 32万円×12ヶ月=384万円が年収なのでしょうか? 退職金はいくらなのでしょうか? 仮に1000万円だとして、合計1936万円となります。 退職金は、重要な金額なので、会社の規定で確かめておいてください。 定年退職金だけでなく、死亡退職金も調べてください。 これに終身保険の解約払戻金がプラスされます。 仮に400万円としましょう。 合計2436万円 老齢年金は、いくらなのでしょうか? 仮に、ご夫婦で300万円としましょう。 重要な金額ですので、社会保険庁で確かめておいてください。 現在の支出が年間312万円。 となると、年間12万円が赤字となります。 20万円とすれば、2436万円に対して、121倍とります。 となれば、老後の生活は安定していると考えて良いでしょう。 実際には、ライフプランとキャッシュフロー表を作成して確かめる必要があります。 ライフプランとは、これからの人生の予定表。 キャッシュフロー表とは、今後30年間の毎年の収支と累計の収支を一覧表にした、大規模な家計簿のようなものです。シミュレーションに使うので、EXCELなどの表計算ソフトを使って作成すると便利です。 または、保険担当者に作らせてください。 この程度の表が作れない担当者は×。 このように考えると、死亡保険金は「現時点で」いくら必要なのか、見えてきます。 まずは、その金額を確保することです。 それが500万円だったしたら…… 老後資金として解約を前提にするのならば…… 東京海上あんしんの「長割り」 介護資金を考えるならば…… アフラック「WAYS」の「介護コース」 あいおい生命を外す理由:商品として問題はないが、長期の保障なので、より長期安定の会社を選択したい。 ちなみに、平成19年度の総資産は、アフラックは5兆7千億。東京海上あんしんは2兆5千億。あいおい生命は3700億。 医療保険 がんと医療は別々にすることをお勧めします。 医療保険…… 健康のお守りならば、120日型を選択してください。 CUREならば、CURE-W EVERならば、EVER+長期入院・通院特約 理由:高齢になると、平均入院日数が50日を超える。骨折などでは平均が60日を超えるので、60日型では不足。平均で60日を超えると言うことは、単純に考えれば、半数は60日を超えるということ。 がん保険は…… フルカバータイプならば…… 東京海上あんしんの「がん治療支援保険」かアフラックの「フォルテ」。 理由:最近のがん治療に通院は欠かせません。 放射線は通院治療が原則です。抗がん剤も通院での点滴が増えています。 検索で、お住いの「都道府県名」と「外来治療センター」または、 「都道府県名」「がん」「外来治療」で検索すると、通院治療専門の外来を持っている病院がヒットします。 外資に関して、不安を持つ方は少なくありませんが…… 過去に破綻した生命保険会社は、すべて国内生保です。 国内・外資というわけ方は、あまり、意味がありません。 先に、キャッシュフローの話をしましたが、保険選びは担当者選びとも言われています。 ちゃんとした計算ができる担当者を選んでください。 これからの人生、マネープランでの失敗は厳しい結果となります。 きちんとした計算に基いて、お金を動かしてください。 根拠がしっかりとしていれば、何かが起こったときの対処方法も間違わずにできます。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

死亡保障についての、キャッシュフローやストックとの兼ね合いで必要な補償額を計算するという考えは理解できました。 その点を考えれば、500万~1000万の保障があれば充分だと考えます。 貯蓄性を考え、死亡保障については長割り保険でほぼ確定しておきます。500万にするか、1000万にするかはもう少し考えてみます。 どちらにしても、貯蓄性が強いので65歳まで払い込む場合は損の無い取引だと考えます。 問題は医療保障なのですがrokutaro36様が挙げられた 健康のお守りならば、120日型、CUREならば、CURE-W、EVERならば、EVER+長期入院・通院特約 それぞれ入院、通院、手術、三大疾病の場合の一時金など差異はあれど大体200~300万の払込額になります。 医療保障もキャッシュフローとストックの兼ね合いで考える商品だと思います。 現状のストックこそ小さいものの、ライブワンを解約した場合に約100万の解約返戻金があり、預金の脆弱性は解消されます。 その代わり医療保障を使う際は当然キャッシュフローの悪化がリスクとして存在すると考えます。 65歳までが収支悪化のリスクを受けるので、それまでの収入保障の意味で定期保険もひとつの候補として挙げられます。 それ以降はストックでの対応は可能であろうと思うのですが、一般的に医療保障が必要な高齢のときの備えはどれくらい必要なのでしょうか? 高額医療制度を考慮すると払込保険料との釣り合いはとれるのでしょうか? 情報の追記で、母からの相続財産は相続税はかからないものの金融資産としては葬儀代を引いた残りでも300~500万は見込まれます。 相続財産のうち不動産資産に車庫があり固定資産税を引いてもキャッシュフローの改善が見込まれます。(年間30~50万ほど改善) 又、愛煙家であり病気へのリスクは一般的に多少高いと言われています。 医療保障について、終身保険か、終身払込保険か、定期保険か、もしくは不要かで多少迷っております。 上記資産状況、収支状況ではどういったメリット、デメリットがあるか教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

医療用費用としていくら用意すれば良いか…… ということは、誰にもわからない問題です。 また、平均でいくら用意すれば良いか……というのも、医療用費用の場合には、意味のない数字です。 この辺りの新築の家は、平均3000万円です……という場合、3000万円を目安にすれば良いということになります。3000万円前後で買える家を探せば良いのです。 でも、病気やケガの場合、何回入院するのか、何日入院するのか、人によってバラバラでわからないのです。 それこそ数万円から数百万円まで、バラバラです。 しかも、予定金額を超えたので、もう医療は受けなくても良いです……というわけにはいきません。 なので、医療保険でカバーしておくというのは、マネープランをたて易くなると言うメリットがあります。 しかし…… 1回の入院にどれだけの費用がかかるのか? ということは、計算可能です。 健康保険には、高額療養費制度があり、 80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1% が、医療費の自己負担の上限となります。 つまり、200万円の医療費がかかっても、自己負担は、97,430円で良いのです。 これに、差額ベッド代、雑費などがかかります。 70歳以上になれば、一般の方の自己負担の上限は、44,400円となります。 これに、入院食事代260円×90食=23,400円。 つまり、差額ベッド代を別とすれば、雑費を含めて15万円もあれば、何とかなります。 一日5000円の医療保険では、30日で15万円+手術給付金。 一日10,000円あれば安心ですが、5000円+貯蓄でカバーという方法もあります。 それに、医療保障は、ご自身だけでなく、配偶者様のことも考えなければなりません。 キャッシュフローを考えながら、無理のない計画を立案してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧に教えて頂き有り難うございました。 医療の保障についてはもう少し考えてみます。

  • 回答No.1

死亡保険について…… どのような経緯で、この2社に絞られたのでしょうか? 他には、どこの会社を検討されたのでしょうか? 医療保険についても、どうして損保ジャパンひまわりに絞られたのでしょうか? 保険とは、契約者の方のニーズがとても大切な商品です。 なので、どうして選んだのか、ということは、とても重要なことなのです。 さらに言えば、保険はマネープランの一つです。 つまり、現在の収入、貯蓄、職業、家族状況、住居環境などを総合的に判断して決めることなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

まず52歳男で、妻、母、息子2人(既に扶養ではありませんが、実家暮らしです)の5人暮らしです。 実家は持ち家で、住宅ローンは完済しております。 資産状況は不動産資産を除き、金融資産のみで考えた場合、以下の通りです。 住宅ローンを繰上返済したばかりなので預金がかなり小さくなっています。 現金10万 預金40万 息子への貸付金130万(毎月2万づつ返済) 家計について、収入は私(52男)の給与収入のみで支えており、息子、母の収入については各自で貯蓄しております。 定年後65歳までは継続して働こうと考えております。 又、65歳からの老後はそれまでに稼いだ貯蓄と年金で暮らしていき、息子達には介護・家事など身体的な点については養って貰い、経済的には自立していきたいと考えています。 現在の平均的な月別の収支としては 収入が32万、支出が26万程度となっており、毎月6万程度の貯蓄が可能で60歳までに600万程度の貯蓄が可能と考えています。 現在ライブワンの保険に入っており80歳までしか保障がなく、解約返戻も払込額に対してかなり少ないため、保険の見直しを考えています。(870万払い90万程度、いまからならいつ解約しても解約返戻額は大体変わらず) <死亡保障>を選んだ基準としては 65歳までに万が一の事があった場合を考え死亡保障500万程度 何もなかった場合には元本を老後のための資金として考えているため払い込んだ場合の元本保証が必要 どちらかが65以降に死亡した場合は遺族年金で何とかなると考えています。 <医療保障>を選んだ基準としては 保障が必要なのは80歳くらいからだろうと考え、65や70歳払込で終身保障の保険を探しています。 その際必要な保障として先進医療保障やそれなりの入院保障、手術については高額医療制度で還付があると考えバランスのとれたアレックスを選びました。 終身払い80歳時点で考えて、払込終身保障と10~20万程度の差ならば後者を選びます。 ・終身を選んだ際に他に検討した保険 ○長割り終身(東京海上日動あんしん生命)→65までの死亡保障、払込後の老後資金 ×アフラックの終身保険(アフラック)→終身払いの死亡保障を目的とした保険、貯蓄性が無いので合わず ×スマイル(アリコ)→同上 ×かわらぬ安心(アリコ)→同上 ○積立利率変動型(あいおい損保)→65までの死亡保障、払込後の老後資金 △E終身(富士生命)→あいおいと大体同じ、どちらを選ぶかと言われればあいおいという意味で△ ×JAの終身保険(JA)→終身の死亡保障で考えた場合100万しか残らない、80歳までの特約等が多く、無駄に保険料が大きい △WAYS(アフラック)→死亡保障を残し、解約した場合の解約返戻率で考えた場合に候補として考えられるが、外資なので△ ×MS終身(三井住友海上きらめき生命)→解約返戻率がよほど利率が上がらない限り元本割なので× ・医療保障を選んだ際に他に選んだ保険 ○アレックス→がんで入院の場合の保障が倍で、普通の入院保障も大きい。先進医療も付いており、手術給付もある。70歳払込で総払込額が巨大ではない。 ○健康のお守り(損保ジャパンひまわり生命)→終身払いで80歳まで払ったら大体アレックスと同じ。保障はアレックスのほうがガンで倍なので若干良い ○CURE(オリックス生命)→60歳払込で、三大疾病の一時金があるがその分高くなってしまう △EVER(アフラック)→介護の一時金があり、80歳時点でアレックスと同じ程度の払込額になるが、ガンに備えたいためアレックスのほうが良い △EVER-HALF(アフラック)→同上 死亡保障について、長割りか変額利率積立型、どちらが有利か 又、死亡保障及び医療保障について、他に良い保険があれば教えてください。 宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 変額終身保険の解約

    40歳の夫の保険で悩んでいます。 子供はなし。 がん保険加入を考え始め、以下で質問させて頂きました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4643520.html がん保険、医療保険。 考える程に、生きている内の保険の重要性を感じ、 節約するなら死亡保険しかないと思い始めています。 (低収入な為、保険料は出来るだけ節約したい) それで、現在入っている変額終身の死亡保険について質問です。 (夫婦二人とも見直しなのですが、とりあえず夫のみの相談で) 葬式代のつもりで、3年前にソニーの変額保険終身型に加入しました。 ・死亡300万 ・60歳払込 ・掛金 年¥76,000程度 利率がよければいつでも解約すればいいし、基本的には葬式代なので 解約しない事を前提に考えれば、トータルして割安かと思い加入しました。 しかし、その時点では共働きだったのでそれ程負担でもなかった掛金が 現在私が体調不良で働けないので、夫だけの収入では負担に感じています。 (私もほぼ夫と同じ保険に加入(医療、変額終身共に)なので、実際掛金もこの倍) そこで、この変額終身保険をどうすればよいのか悩んでいます。 1.解約する  これは利率が悪すぎて今はするべきではないのでしょうね。 2.保障の減額  たとえば200万に減額する。  しかし、これも100万分の解約返戻金が0なのでやはりもったいないような。 3.払済保険にする  するならコレかと思っています。   4.このまま何とか頑張って払い続ける ソニー生命に現在払済にすると保障はいくらになるのか?と問い合わせたのですが、 あと1年程過ぎないと払済に出来ないし、金額も代理店で確認して下さいと言われ 詳しく分かりませんでした。 死亡保険についてはやはり最低200万は欲しいと思っています。 それも終身にするか、75歳まで等にすればいいのか分からないですが。 現在の変額終身を払済にして、掛捨ての「300万75歳まで」に変更すれば 年額2万程度で済みます。 しかし76歳でなくなれば75万程捨てる事に。 終身死亡保険で掛捨てで安いのって有り得るのでしょうか? このまま変額終身を続けた方がいいのでしょうか? 素人で勉強不足なので申し訳ないですが 色々なご意見よろしくお願いします。

  • 変額終身保険

    20年前に加入した変額終身保険があります。 当時友人の付き合いで加入し、保障というよりは運用(解約返戻金)目的で勧められました。日本株100%という運用内容になっていて、ここ半年位で解約返戻金も100万円程目減りしてしまいました。 保険料の払込みを止めれば解約となり現在の解約金を受取ることになります。少しでも解約返戻金が回復するのを待つには、今後も保険料を払わなければなりません。 保険料を払わずに解約金を増やす、何か良い方策はないでしょうか?

  • 1000万の終身保険の価値とは

    現在保険の見直し中なのですが、夫の終身保険について教えてください。 97年に当時25歳で死亡保障1000万の終身保険に入りました。 主保険 有期払込終身保険 払込期間60歳 月11700円 特約  災害死亡特約           月490円   特約  障害特約〔本人型〕        月690円 計12880円 普通死亡時に1000万、災害死亡時に3000万の給付金が下ります。 保険料の負担を減らそうと思いFPさんに相談したところ、 現在解約すると解約返戻金は\1118700 払い済みにすると\3393000の終身保険が残る。 死亡保障500万に減額した場合月保険料5850円です。 とのことでした。資料によると 60歳までの保険料累計は¥5409600 60歳時の解約返戻金は¥6004000です。 予定利率はちょっと判りかねますが。 正直、1000万の終身は必要ないのでは?〔葬式代位の終身で〕と思い 減額か払い済みにし、安い掛け捨ての定期を子供が大学卒業するまでかけようか悩んでいます。 しかし死亡してから子供に残せるひとつの財産かな・・・と思うと踏みきれません。でも今の保険料も負担ですし・・・ 私的には、終身は葬式代のみ。保険は掛け捨てと割り切って子供に保障が必要な期間、定期で掛ける。終身保険で積み立てせずに、こじんで積み立てしていく。 とこのような考えも頭をよぎりますが 皆さんはこの保険どう思われますか?

  • 終身保険について

    夫婦2人暮らしで子供無しです。 保険に入る場合、夫の保険の死亡受取人を妻、妻の受取人を夫としますが、 親兄弟がいないとして、夫の死亡時、妻の受取人がいなくなってしまいます(逆もしかり)。 この場合は、妻の保険を解約して本人が解約返戻金をもらうしかないのでしょうか? 受取人を本人として保険を継続できるのでしょうか? 現在、低解約返戻金型終身保険への加入を検討していますが、 妻の保険の払込期間中に夫が死亡した場合はどうすればよいのか悩んでいます。 低解約返戻金型終身保険よりも低解約返戻金型でない終身保険の方がよいでしょうか? (そもそも終身保険はいらない、という意見はお控え願います。) よろしくお願いします。

  • 貯蓄性の高い終身保険について

    先日ほけんの窓口で医療保険と終身保険について相談に行きました。 医療保険については決めたのですが、終身保険で迷っております。 ちなみに主人33歳、私34歳の夫婦でして、子供はつくらないと決めております。 主人が死亡した場合、自宅については団信に加入しておりますので、死亡保険はあるに越した事はないかなという程度で、メインは老後の生活資金の為の貯蓄目的です。 絶対に解約はしないつもりでして、無理のない金額で設定しようと思っております。(月1~2万円程度) ほけんの窓口の方がお勧めして下さったのは、メットライフアリコの『つづけトク終身』という商品でした。 ●積立利率は10年更新 ●年1.85%を最低保障 以前、別の保険代理店の方が勧めて下さったのは、東京海上日動の『長割り終身』だったのですが、こちらより条件が良いとの事でした。 そこでつづけトク終身についてネットで調べてみたところ、ある人の書き込みで、貯蓄目的であれば三井住友海上あいおい生命の『積立利率変動型終身保険(低解約返戻金型)』の方が良いとの事でした。 三井住友海上あいおい生命について調べてみたところ、以下のような特徴がありました。 ●積立利率は毎月更新 ●年1.75%を最低保障 三井住友海上あいおい生命の方が優れている理由としては、最低保障は1.75%で『つづけトク終身』よりも低いが、アリコは払込満了4年前から解約返戻金が保険料払込累計にじわじわ近づいてくるのに対し、三井住友あいおいの方は、支払満了と同時に解約返戻金が一気に増えるからだそうです。 ◆貯蓄目的で比較した場合、三井住友海上あいおい生命の方が良いのでしょうか? ◆金利について変動タイプか10年更新、どちらの方が良いのでしょうか? ◆他の書き込みで、ソニー生命のものだと最低利率2%とあったのですが、それは何という商品なのでしょうか? ◆これ以外に似たような商品で条件の良いものはありますか? ちなみに投資信託など元本割れリスクのあるものは考えておりません。 次回相談時にこれと比較して下さいと言えるようにしたいのすが、他に良い商品があれば教えて下さい。 どうぞよろしくお願い致します。

  • あいおい生命の終身保険について

    あいおい生命の利率変動型終身保険に入ろうと考えています。 詳しい方教えて下さい。 この保険は、低解約返戻金となっているのですが、払込65歳だとして、65歳以降になり解約した場合は低解約返戻金ではない保険よりも、返戻金は多く貰えるのでしょうか? 元金より多少なり増える終身保険で、他にお勧めの保険あればご存知の方、教えて下さい!!

  • 低解約返戻金特則付 積立利率変動型終身保険について

    現在妊娠中の、33歳主婦です。 保険の見直しをしております。 現在加入の、明治安田生命のライフアカウント(10年更新型)から終身医療保険への切り替えを検討中です。(損保ジャパンひまわり生命の『健康のおまもり』かオリックスの『キュア』に加入予定です。 (60歳払込/保障は終身/入院日額7000円/1入院60日で七大疾病の場合+60日/保険料月4101円) 専業主婦ということもあり、今のところ終身医療保険のみの加入で検討していて、終身死亡保障(葬式代程度で200~300万)は預金もあるし、働き出して家計に余裕がでてから考えようと思っています。 が、先日相談に行った代理店で、あいおい生命の『低解約返戻金特則付 積立利率変動型終身保険』をすすめられ迷っています。 内容としては 保険期間/終身 払込期間/49歳まで(年払いで16回) 保険料 497,865円/年 死亡・高度障害保険金1500万円 積立利率年1.75%(最低保証) 16回の保険料払込総額は7,965,840円で払込満了までに途中解約すれば返戻率が低い為元本をかなり下回りますが、払込完了後1ヶ月でも経過すれば返戻率が112.1%となり8,937,119円戻ってきます(利率1.75%の場合)。その後保険料を置けば置くほど返戻率が上がり、返戻金が増えていきます。(積立利率年1.75%は最低保証で、それを上回った場合は増加保険金額が発生するそうです) 現在1000万円程度の預金があり、年で80万円程度は貯金をしているのですが、銀行に預けておいても利息はたかがしれているし、現在の貯金を移すつもりで子供(二人の予定)の学費の積立と思ってどうですか?とすすめられました。 払込を完了した後(16年で)に100万円以上も増えるというのはスゴイと思ったのと、死亡・高度障害保障が付いているのが何より魅力的だと感じました。(死亡より高度障害の方がお金も負担も大きいので医療保険だけでは不安な気持ちがありました) その一方、長期にわたって大金を預けることに多少の不安があります。 (もし破綻等しても90%程度は保障されると言われましたが・・・) 年に50万円は厳しいし(もしかしたら家や車の購入も有り得るので、その場合にまとまったお金が使えなくなるのは困る)死亡保障も1500万円も必要ないので、もし積み立てるとしても年払い30万程度、死亡保障1000万程度かなと思っています。(保険料総額480万円で50万円位は増える計算になります) 途中解約さえしなければ損しないし、積み立てなら安心かなと気持ちが傾きつつあるのですが、こういった商品が存在することも初めて知ったので、不安があります。 ちなみに、なぜ専業主婦の私が被保険者かというと、お金の管理を私がしている(預金の名義は私です)のと、主人は健康状態に不安があり加入は難しいのと、主人には別で死亡保障をかけているので私を被保険者にしての契約にとの事でした。 保険にお詳しい方、もしくは、うちもやってるよという方、この商品についてどう思われますか? ご意見をお聞かせ下さい。 宜しくお願いします。

  • 主婦の終身保険 1つ解約したい

    現在、終身保険に2つはいっています。 というのも、1つは働いていたときに入っていたもので、 忘れてて、2年前に新しく加入してしまいました。 最近そのことに気づいて、1つ解約しようと思うのですが、 どちらを解約しようか迷っております。 専業主婦なので、万が一のときにもお葬式代さえあれば・・・みたいな 感じです。どちらが良いかアドバイスいただけますでしょうか?  ●損保会社の変額終身保険  掛け始めて4月で2年。毎月4400円。  55歳までの払い込みで、死亡時200万円の保障。  今解約すると、返戻金は2万円ほど。 ●全労災の終身保険  掛け始めて4月で10年。毎月4100円。  61歳までの払い込みで、300万円保障。  今解約すると、返戻金は38万円。

  • この金利が低い現在では、定額終身保険には入るべきではない?

    我が家は夫(37才・サラリーマン)と妻(私・33才・現在無職)の二人暮し、子供の予定なし、です。 私が死んでも夫は経済的には困らない(楽になる?)はずなので、60歳までの払込で、保険期間は終身の医療保険を探しています。 最初は「定額の終身保険」を考えていたのですが、いろいろ調べてみると、このタイプの保険は運用利率が固定されているので、金利が高い時代に入った場合の掛金が安い、金利が低い時代に入った場合掛金が割高、とのこと。 となると、現在のような超低金利時代には入るべきではない保険タイプかと思い始めました。 「積立利率変動型終身保険」はどうかなと思ったのですが、保険屋さんに提示された提案書には、最低利率(そのプランでは)2%はよいとしても、3%だったら、4%だったらと、良い場合の提案書を出してくれるのですが、高利回りの運用を約束してくれているわけでもありませんよね。しかも掛金が高く設定されがち、とのこと。メリットとしては「1月単位で運用結果が最低保障額を上回った場合、死亡保障と解約返戻金が増えるし、 一度積立てられた分は減らない」というのがあるのですが。 しかも↑の「積立利率変動型終身保険」はインフレ対応に絶大な効果があるわけでもないようなので、 インフレ対応のできる「変額保険(終身型)」も今勉強の途中です。 本当にいろんな保険があって正直困惑しているのですが、今回おききしたいこととしてはこうです。↓ 「この金利が低い現在では、定額終身保険には入るべきではないでしょうか?」 「だとしたら、今は解約返戻金の高い保険、もしくは低解約返戻金型の保険に入っており、いざ金利が高くなってから定額終身保険に入るというのはどうでしょうか?」 の2点です。 ダラダラと書きましてわかり辛かったとは思いますが、どうぞアドバイスよろしくお願いします。

  • 終身保険

    現在、保険の見直しを考えており、以下のようなプランで検討しております。 が、本当にこれでいいかどうか自信がありません(特に(3)と(4)の保険)。 私(30歳)には、妻(29歳)と子(1歳)がいます。また、住宅ローンを夫婦共にもっており、それぞれ団信に入っています。それと学資保険にも月1万入ってます。 プラン(月約23400円) (1)家族収入保険10万/月 (2)変額終身300万(死後整理用) (3)積立利率変動型終身保険500万 以上、ソニー生命 (4)低解約返戻型終身保険500万 東京海上あんしん生命 (3)と(4)をプランに入れた背景 当初は、(1)15万/月+(2)だったのですが、老後資金(年金受給までのつなぎ)として、個人年金を検討している(自分で運用する自信がないので)ことをプランナーの方に話したら、それならば、(1)を減額して、(3)に入ったらどうでしょうと勧められました。(3)ならば、死亡保障がつき、今後の金利上昇にも対応でき、60歳払込後は、これを年金として受け取ることができるとのことです。 そこで、私は、それならば(3)を他社の終身にしてもいいのではと思い、検索したところ、(4)が出てきました。(4)は、(3)よりも返戻率が高いので魅力的ですが、途中解約しないとも限らないし、利差配当であるという点も気になります。そこで、(3)と(4)を組み合わせて入ろうかなと考えております。 それと、妻の保険ですが、死後整理目的として、変額終身300万を15年払込で入ろうかと思ってます。短期払いなので払込総額を節約できると思いますが、デメリットはありますか。 以上、長くなりましたが宜しくお願いいたします。