• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

おぼろ月夜の歌詞の意味

  • 質問No.4878923
  • 閲覧数17308
  • ありがとう数97
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 56% (84/149)

菜の花畑に 入り日うすれ
見渡す山のは かすみ深し
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて においあわし

の、歌詞の意味を調べているのですが古語辞典を持っていないのでどうしてもわかりません;;
 分かる方いらっしゃいましたら現代語に訳していただけたら幸いです。
すみませんorz

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 41% (3584/8636)

この歌は大正3年に文部省唱歌として登場したもので、内容は決して「古語」ではありません(^^)。当時の「文語調」といえるでしょう。
意味は(たぶん、です)
菜の花畑に夕陽が沈んで、すでに夕焼け色が薄くなった。
見渡す限りの山の輪郭に、かすみが深くかかっている。
春風がそよふく空を見上げれば、
夕方の月が空にかかって、かすかな良い香りがする。
お礼コメント
akino_yu

お礼率 56% (84/149)

とてもたすかりましたwありがとうございます!!
投稿日時:2009/04/14 18:32
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ