• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

不定積分についてです

(置換積分) f:[a,b]→[c,d]がC^1級でg:[c,d]→Rが連続であるとき次の式が成立する ∫[a,b]g(f(x))f'(x)dx = ∫[f(a),f(b)]g(y)dy この定理が成り立つのは良いのですが,不定積分について ∫g(f(x))f'(x)dx =∫g(y)dy が成り立つ理由がわかりません… 部分積分も同様に,定積分の式ならわかるのですが、不定積分について ∫f(x)g'(x)= f(x)g(x)-∫f'(x)g(x) となる理由がわかりません。 大学数学での不定積分のきちんとした定義とともに、 ∫[a,b]g(f(x))f'(x)dx = ∫[f(a),f(b)]g(y)dy ∫f(x)g'(x)= f(x)g(x)-∫f'(x)g(x) の成り立つ理由がわかる方がいらっしゃいましたら回答よろしくお願い致しますm(__)m

noname#87373
noname#87373

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数144
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

不定積分の定義は、微分の逆操作です。 関数 f(x) が関数 F(x) の導関数であるとき、 F(x) は f(x) の原始関数であると言い、 f(x) から F(x) を求めることを「不定積分する」と言う。 原始関数のことを、名詞で「不定積分」と呼ぶのは、 言葉の流用です。 ですから、 不定積分について公式が成立することを示すのに、 式を微分して考えたり、既知の公式の両辺を積分して 証明したりするのは、不定積分の定義に従った方法です。 定積分の定義のほうが、むしろ厄介で、 http://opencourse.doshisha.ac.jp/open/bunka_joho/07179109001/integral1.htm これに素朴に従って何かを証明するのは難しいと思います。 微積分学の基本定理「定積分は不定積分の差である」を使って、 定積分に関する公式は、不定積分の公式に転嫁して証明する のが常道です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 別の本で調べたところ、 『元来はfの不定積分とは積分限界を変数とした積分∫[a,x]f(t)dtのことであるが、微積分の基本定理によりほととんど原始関数と同義。この意味でのfの不定積分を∫f(x)dxと表す』 とあるのですが,これは不定積分が定積分を使って定義されてませんか…?

関連するQ&A

  • 不定積分

    今数学Ⅲの不定積分を やっているんですが、 いろんな方法があって こんがらがっています(>_<) 置換積分法とか部分積分法 とかのやり方はわかるのですが いざ不定積分せよ、と聞かれたとき どの方法を使うのか わかりません この式の形だったら この方法を使うといったような パターンはありますか? 教えていただきたいです

  • 不定積分について

    不定積分を表す記号は ∫f(x)dx ですが、dx は何のためにあるのですか? f(x)の不定積分を∫f(x) で表してはいけないのですか?

  • 不定積分の証明問題 cotxcosecx

    不定積分の証明問題に困っています。 f(x)=cotxcosecx を積分すると -cosecx になるらしいのですが、それを証明のやり方がわかりません。 部分積分・置換積分がヒントになっているようなのですが、どうやって証明すればよいのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

私の説明では、「定積分」と「不定積分=原始関数」が等しいというのが基本定理、 その説明では、「定積分≒不定積分」と「原始関数」が等しいというのが基本定理 としていますね。「不定積分」を、結局は一致する「定積分」と「原始関数」の どっちにくっつけて話を始めるか…という差でしかありませんが。 そっちの説明では、「定積分」と「不定積分」の言葉を区別する意味は 何かあるのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

原始関数=不定積分がなんか混乱します…。 (でも不定積分が微分の逆演算で定義され、あの証明が定義に基づくものだというのはなんとなくわかりました。) 解析概論には 積分∫[a,x]f(x)dxの上の限界を変数とし、下の限界を任意の定数とすれば、その定数をどうきめても差はxに無関係。すなわちf(x)が積分可能なる区間に属する任意の定数a、a'について ∫[a',x] =∫[a,x]-∫[a,a'] で∫[a,a']はxに関係しない。このように積分の下の限界なる定数を指定しない場合に積分を限界なしに ∫f(x)dxとかいて、それを不定積分という。fが連続ならば不定積分は原始関数と同意語。 この文章の意味がわかればarrysthmiaさんの仰ることがよくわかると思うんですが、この意味がよくわからないんですよね… 解析概論ではこれより前に原始関数を∫f(x)dxと書いてますが…

  • 回答No.2
  • proto
  • ベストアンサー率47% (366/775)

教科書を読めばすぐに解決しそうな質問ですが。 前者は合成関数の微分より   (d/dx)g(f(d)) = g'(f(x))*f'(x) の両辺をxで積分することにより得られる。 後者は積の微分法より   (d/dx)(f(x)g(x)) = f'(x)g(x) + f(x)g'(x)   f(x)g'(x) = (d/dx)(f(x)g(x)) - f'(x)g(x) の両辺をxで積分すると、積分の線型性より得られる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お二方とも回答ありがとうございます。 高校の参考書にも同じやり方で両辺をxで積分して…としてるのですが、この"xで積分して"の意味がわからないのです… 例えば積分の線形性についても、教科書には A(I)={f|fはI上の有界可積分関数}とおくと A(I)は和や積やスカラ―倍について閉じている と書いてある。 また、積分については 上積分と下積分が一致するときfは可積分であるといい∫[a,b]f(x)dxをfの積分という と書いてあります。 両辺をxについて積分するとは ∫f(x)dxなどとするのではなく∫[a,b]f(x)dxのことではないのですか? ∫f(x)dxの定義とはなんなのでしょうか? 申し訳ありませんが回答よろしくお願い致します。

  • 回答No.1

● 関数の積f(x)・g(x)の微分から、逆演算として不定積分をして公式的に求める。  {f(x)・g(x)}’=f’(x)・g(x)+f(x)・g’(x) 移項して,  f(x)・g’(x)={f(x)・g(x)}’-f’(x)・g(x) 両辺をxについて積分をすると,  ∫f(x)・g’(x)・dx=∫{f(x)・g(x)}’・dx-∫f’(x)・g(x)・dx             =f(x)・g(x)-∫f’(x)・g(x)・dx が得られます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 不定積分

    ∫e^(-x)sinxdxなんですけども fx=sinx g'x=e^(-x) とおいてやってみたんですが解けません。 あと、不定積分を求めるとき置換積分法を使うのか 部分積分法をつかうのかはどうやったらわかるのですか?

  • 不定積分

    こんばんわ。私は今大学一年生で、今学期「解析概要」という授業をとっています。 そこでの不定積分の問題なんですが、分からないものがあったのでよかったら教えてください! (1)∫arcsin(x) dx (2)∫x^2/√(a^2-x^2) dx (1)はarcsin(x)=yとしてx=sin(y)で置換して積分したら、arcsin(x)sin(arcsin(x))+cos(arcsin(x)) と出したんですが、解答はxarcsin(x)+√(1-x^2)となっていました。どうすればこういう答えになるのでしょう? (2)は部分積分で挑戦しましたが出来ませんでした。 よろしくお願いします。

  • 不定積分の問題です。教えてください。 

    こんにちは。 ∫1/X^2+1 dxという問題なのですが部分積分法や置換積分法を用いてもうまく解けません。解法を教えてください。

  • 不定積分について

    大学の微分積分でてきた問題(答えが無い) で(2X+3)/X^2+9を不定積分しろとあったのですが 分子が分母を微分した結果にならないからlogで積分できないし 部分分数にすることもできずまた分子を分母でわることもできず 積分ができなくて困っています それと(X-1)log(X+1)dxの不定積分とe^2xcosxdxの不定積分を 部分積分法を使ってやってみたのですが何回くりかえしても 式が展開されるだけで困っています

  • 不定積分

    次の不定積分の計算ができません。 ∫e^2x/((e^x)+3)^2 dx の計算ができません。 とりあえず、置換積分すると2回置換しなければなりません。しかも解答と合わない。 解答はlog(e^x +3)+3/e^x +3 +C となっています。

  • 不定積分の問題で

    ∫((1/x)+logx)e^x dx (log xは自然対数が底である。)を部分積分や置換積分をやってもうまくいきません。 どのようにしたら解けますか?

  • 不定積分できる!

    質問サイトなのにタイトルが肯定文なところに惹かれて来てくだっさたあなたに質問です。 私は基本的な不定積分(高校くらいまでで∧難しすぎないもの)ならできるつもりです。 しかし、三角関数の不定積分がよくわかりません。 たとえば、次の関数の不定積分を求めよ。(xは省略) ア) tan/cos , イ) cos^4 , ウ) 1/sin , エ) (tan/cos)^2 , オ) tan^4 , カ) 1/cos^4 きっとどうせ、置換積分法か部分積分法か式変形の組合せで解くのだと思いますが、三角関数の不定積分は紛らわしいです。 問題の式をちょっと見ただけですぐに解法が思いつくにはどうすればいいのでしょうか。 (別にアからカの答えを聞いているわけではありません。一応なんとか解けます)

  • 不定積分

    ∫√(x^2-2)dx (1)部分積分で、x√(x^2-2)-∫x^2/√(x^2-2)dx この後進まず。 (2)置換積分で考えました  ア 三角関数でxを置き換え替えようとしましたが、sin,cos,tanいずれもダメなように思う  イ 他はあるのか 方針が分かればいいので、よろしくお願いします。

  • 不定積分の計算について

    不定積分の式で置換不定積分法で解いてますが、 下記は参考書にのっていたものです。 計算をみていくと、どうしてもわからない場所が出てきました。 計算式の最後から2番目より分かりません。教えてください宜しくお願いします。 ∫x(5x-2)^3 dx t=5x-2 とおくと dt=5dx すなわちdx=(1/5)dtとなる。 またx=(t+2)/5 = ∫(t+2)/5 ・t^3 ・ (1/5)dt =1/25 ∫(t^4 + 2t^3 )dt =1/25(1/5t^5 + 2・1/4t^4)+C =1/25(1/5 (5x-2)^5 + 1/2(5x-2)^4 ) + C =1/250 (5x-2)^4 {2{5x-2}+5) + C ← ここから分かりません =1/250(5x-2)^4 (10x+1) + C     ←

  • 逆関数の置換積分の原理をもう少し深く理解したいです

    逆関数の置換積分が根本的に分からないのです。(置換積分の考え方についての質問です。) 「πx^2sin(πx^2)の1≦x≦0までの区間とx軸に囲まれた平面をy軸周りに回転させて出来る立体の体積を求めよ」という問題でそれに気づかされました。 有名問題そうなのでグラフの様子や答え自体は周知という前提で話を進めます。 この問題のある解き方ではまず0≦x≦1なる極点のx座標をα(y座標をy1)とします。 そしてαを境目として、問題の関数を2つの逆関数x=g1(y)(0≦x≦α)、x=g2(y)(α≦x≦1)で表現すると、その回転体の体積は∫[0,y1]π(g2(y))^2dy-∫[0,y1]π(g1(y))^2dyとなり この式についてy=f(x)とおくと∫[1,α]πx^2f'(x)dx-∫[0,α]πx^2f'(x)dxとなるということだったと思います。あとはごちゃごちゃ計算すれば値πが求まるわけです。 y=f(x)と置いた後の積分の式はdyの部分がf'(x)dxになっていて、これは置換積分の公式y=f(x)dx⇔y=f(g(t))dx/dt*dtについて、tをyと見て適用した結果が素直に反映されているように見えます。 疑問なのはg1,2(x)^2がx^2になっているところで、なんでこうなるのかちゃんとは理解できていないようなのです。 x=g(y)のような式をy=f(x)でおくのだからx=g(f(x))ということになるでしょう。これは公式のf(g(t))に対応すると思います。公式のこの部分は、tで置換積分すると決めたらf(x)の変数xが全てtで表されるようにしろという意味で私は理解しています。 たとえばx(x-2)^3のような式を積分するならt=x-2と置くでしょうが、そのとき式中の(x-2)は宣言した通り一文字のtで置き換えるだけですしt=x-2はxについて解けますからそれを代入することによって式はtだけの式で表されるということになります。 ですがこれと違って、y=f(x)でおくという場合代入という考え方で式の同値変形ができるわけではありませんよね。公式を適用する中でg(f(x))=xというのはどうやって導出するものなのかが分からないのです。 考えてみたら、逆関数として表現したものを逆関数で置きなおすのだからx=g(y)という等式で結ばれたxでそれは表現されるというのは「なんとなく」そんな気がしますし、これに限っては「逆関数の逆関数はx」と暗記することで済むと思います。 しかし数学なのだから考え方が正しければ途中過程によらず正しい答えにたどり着くという前提のもとで、置換積分の際の置き方というのは自由なはずですから、たとえばy=f(x)ではなくy=2f(x)として置換積分したらどういう流れで元の結果に行き着くだろうと考えたのですが、全くわからなくなりました。 y=2f(x)ですからdy=2'f(x)dxなのは当然でしょう。するとg(2f(x))は2'f(x)dyの2が打ち消されるような式でなければならないわけです。置き換える前の式は∫[0,y1]π(g2(y))^2dyのように式が二乗されていますから求める式はg(2f(x))はx/√(2)ということになる、のでしょうか?いよいよ分からなくなるわけです。x/√2という式でたとえ合っていたとしても、また別の、答えがあらかじめわかっておらず、こうしたつじつま合わせが使えない別の問題は解くことができないのです。 長くなりましたが、なぜ最初の問題について積分の中身をg(y)^2がx^2となるのか、y=2f(x)のように置いた場合にも応用が利くような考え方でご解説いただきたいと思います。よろしくお願いします。