• ベストアンサー
  • 困ってます

変数分離法で積分するときの積分変数について質問です。

変数分離法で積分するときの積分変数について質問です。 例えば、dy/dx=yという式を変数分離法で解く時、両辺にdxをかけて、両辺をyで割って、1/ydy=dxという形にして両辺を積分します。このとき、教科書を見ると「∫1/ydy=∫dx+C」となっており、積分定数がついています。 積分の定義は「∫f(x)=F(x)+C」のように、積分を行ったものに積分定数がつくと習いました。しかし、変数分離の式「∫1/ydy=∫dx+C」では積分を行う前に積分定数がついています。これはなぜなのでしょうか?どなたかわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数583
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

C出現の理由をこのように解釈してはいかがでしょうか。 z = ∫(1/y)dyとおく。 zをxで微分すると、 dz/dx = (1/y)(dy/dx) = 1 両辺をxで積分すると、 z + C = ∫1dx Cを別のものに置き換えると z = ∫1dx + C つまり、 ∫(1/y)dy = ∫1dx + C 逆にわかりにくかったらすいません…(汗 結局、両辺インテグラルをとるときはなんか定数つけたほうがいいんですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます!確かにxで微分して積分すると積分定数が出てきますね。ただ、なぜxで微分して積分するという操作を行うのかが分かりません。そのような操作をしないと積分定数は出てこないのでしょうか?そのような操作が必要なのでしょうか?!

関連するQ&A

  • 変数分離の規則について

    変数分離の規則について 例えば、3y^2(dy/dx)=y^3+xですが、 y^3=α 3y^2=dα/dy より dα/dy・dy/dx=α+x dα/dx=α+x とαとxの式に変換して構わないのでしょうか? ご指導願います。

  • 変数分離系

    dy/dx=x^-2*y^3 をとくと 1/y^2=2/x-2C(cは積分定数) となるのですが、これは解としてよいのですか?

  • 高階微分方程式の積分定数

    例えばx^2y'''=y''^2のような問題でp=y''と置き換え変数分離を用いると ∫(1/p^2)dp=∫(1/x^2)dxとなりますが、この式を展開するとなぜ積分定数がCではなく1/Cの形で現れるのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

∫(1/y)dy も、∫dx も、不定積分だから、 その式の中に未定の積分定数を含んでいる。 従って、ウマい積分定数をとれば成立する …という意味で書くのなら、 ∫(1/y)dy=∫dx であって、+C は要らない。 ∫(1/y)dy と ∫dx の両方に任意の積分定数 を割り当てても整理する…ように書くのなら、 ∫(1/y)dy=∫dx+C と書くことになる。 どっちの立場で式を書いているのか?ということ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

「∫(1/y)dy と ∫dx の両方に任意の積分定数を割り当てても整理する…ように書く」というのはどういうことなのでしょうか?!

  • 回答No.1
noname#113983

結果的には「∫1/ydy=∫dx+C」でやっても同じになるけど、貴方の教科書途中式というか、 全然きっちりしてないね。教科書にはどういった途中式で書いてあるんだ? あんまり貴方の教科書あてにしないほうがいいかも。ちゃんとした参考書買った方がいいと思う。そもそもdy/dx=y が成立しているならばまず、(1/y)(dy/dx)=1がいえるので 両辺にxで積分すると∫(1/y)(dy/dx)dx=∫dx でしょう。 そして∫(1/y)(dy/dx)dx =∫1/ydy なので∫1/ydy=∫dx である。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分方程式・変数分離形

    (3x+2y+1)dx-(9x+6y+4)dy=0 という問題なのですが、u=9x+6y+4とおいて、 u'=9+6y' 3x+2y+1=1/3*(9x+6y)+1=1/3*(u-1) y'=(u'-9)/6=(u-1)/(3u)と変形して変数分離形にしようとしたのですが、 u/(11u-2)*u'=1 を積分しようとしてもできません。この形が悪いのでしょうか?それとも積分できるのでしょうか?どなたかご指摘お願いします。

  • 2階微分方程式の問題について

    下記の微分方程式についての質問です。 k * (d^2 y/dx^2) = a * y^2 …(1) ここで、k, a は定数、(d^2 y/dx^2)はyの2階微分(つまりy'')を表しています。また、* は積を表しています。 この2階微分方程式の一般解を求めたいのですが、詰まっています。 私のやり方は、まず(d^2 y/dx^2)=y'' として k * y'' = a * y^2 …(2) (2)の両辺に2y'をかけて k*y''*2y' = a * y^2 * 2y' これより ( k * (y')^2 )' = ( 2a* (y^3/3) )' 両辺を積分して k * (y')^2 = (2a/3) * y^3 + C1 …(3) (ただしC1は積分定数) このあと、変数分離すればとけるはずなのですが、 その先が詰まっています。 C1があるせいで積分できないのです。 これは一般解が求められないのでしょうか? また、初期条件は x=0でy=y0、x→∞でy=0 なので、x→∞でy'=0 と考えて、(3)よりC1=0 として考えると、 うまく変数分離できて y^(-3/2) dy = √(2a/3k) * dx ∴ y^(-1/2) = (-1/2) * √(2a/3k) *x + C2 (C2は積分定数) ∴ y = ((-1/2) * √(2a/3k) *x + C2)^(-2) …(4) 初期条件より C2 = y0^(-1/2) という感じで解いていったのですが、 どうやら解答は y = p * (x + q)^(-2) ただし、p = 6k/a, q = (a*y0/6k)^(-1/2) となるようです。。。 何度見直してもこうならないのですが、 私の計算ミスでしょうか。。。? (i) 式(3)の一般解 (ii) 式(4)が合っているか に関して、どなたか知恵をお貸しいただければ幸いです。 数式見づらくて恐縮です。

  • 変数分離法

    dx/dt = ax. dx/dt = ax/t. dx/dt = x - x^2 上記の微分方程式を変数分離法というもので解くとどうなるのですか? そしてこの変数分離法という解法をつかうと何がわかったり便利なのでしょうか。

  • 変数分離形微分方程式の導入における式の展開について

    変数分離形微分方程式の導入において、参考書に次のような式の展開がありました。 y=f(x)において、         Δy/Δx≒dy/dx         Δy≒dy/dx・Δx         dy=dy/dx・Δx(近似式)・・・(1) ここで、y=x とすると、         dx=dx/dx・Δx より         dx=Δx・・・(2) (2)を(1)に代入すると、         dy=dy/dx・dx 上の式で、y=x としていますが、なぜなのでしょうか? y=x は y=f(x) の関数の1つに過ぎないと思うのです。一般化しているように思えないのですが・・・ 宜しくお願い致します。

  • 変数分離法の計算

    問題を2つ解いたのですが解答がでません。どこが間違っているか教えてもらえないでしょうか? 一つ目はこの前に質問して回答を見て納得し、自分でやって答えも出たのですが今やってみると解答と違っていました dy/dx=(1-y^2)/(1-x^2) dy/(1-y^2)=dx/(1-x^2) 部分分数にして両辺を積分すると log((y-1)/(y+1))=log((x-1)/(x+1))+logC logをはずして計算をすると y=(1-C+Cx)/(1+C-Cx) になるのですが解答は y=(x+C)/(1+Cx) になってました。積分定数の置き方が違うと思うのですがお願いします もう一つは (2x^3-y^3)ydx-x(x^3-2y^3)dy=0 dy/dx=(y/x)*(2x^3-y^3)/(x^3-2y^3) =(y/x)*(2-(y/x)^3)/(1-2(y/x)^3) y/x=u と置いて dy/dx=u+xu' よって u+xu'=u*(2-u^3)/(1-2u^3) 1+(x/u)u'=(2-u^3)/(1-2u^3) (1/x)dx=((1-2u^3)/u*(1+u^3)du 左辺を積分して 左辺=logx 右辺は部分分数にすると 右辺=(a/u+b/(1+u)+c/(1-u+u^2))du a=1 b=-3 c=-3より 右辺=1/u-(3/(1+u))-(3/(1-u+u^2))du ここで-(3/(1-u+u^2))の積分ができません 両方とも計算の仕方が間違っているのでしょうか?

  • 変数分離型の微分方程式

    次の微分方程式を、変数分離型として解け。 dy/dx = x*exp(-(x+y)) -1 ただし、初期条件x=y=0 とする。 うまく変数分離型にもっていくためのやり方がわかりません。 どなたか解説よろしくお願いします。

  • 微分方程式の途中の変形が分かりません。

    変数分離形の微分方程式 (x^2*y-x^2)dy=(x*y^2+y^2)dx を解くのですが、 ∫(1/y-1/y^2)dy=∫(1/x-1/x^2)dx と変形し、 log|y|+1/y=log|x|-1/x+C (C:積分定数) まで、解きました。 これはy=○○の形にどうやって変形すればよいのでしょう? 何を使うなどのヒントでいいので、よろしくお願いします。

  • 変数分離

    分かりにくいかもしれませんが、 u'=a*u+v を、変数分離してuを求めると u(t)=e^(a*t)*(u0+t*v0) になるのが分かりません。 u'=a*u を変数分離して、uを求めたら du/dt=a*u du/a*u=dt(両辺を積分して↓) log(u)/a=t+c(cは定数) log(u)=a*t+c'(c'=a*c) u=e^(a*t+c') u=e^(a*t)*e^(c')(e^(c')=u0として↓省略。。) u=e^(a*t)*u0 となるのは分かるのですが、 +vがつくだけで計算が分からなくなりました。。 分かる方計算方法を教えてください。 お願いいたします。

  • 基礎解析★変数分離の問題!!

    微分方程式 y’=f(ax+by+c) は z=ax+by+c とおくと、 xとzについて変数分離形に直ることを示せ。 (b≠0,a,b,cは定数) という問題に対して (自分の解答) y’=f(z) ∴dy/dx=f(z) dz/dy=b b≠0より dy=dz/b したがって (dz/b)/dx=f(z)        ∴dz/bf(z)=dx (正しい解答)   dz/(a+bf(z))=dx となっています。 どこで違っているのか教えてください!! お願いします(><)

  • 一階の常微分方程式の変数分離ができません。

    大学1年の基礎物理学の授業で微分方程式を教わっているのですが、 変数分離をどのようにすればいいのか分からない問題に悩んでいます。 問題は「dy(t)/dt+ay(t)=b」(a,bは定数、y(t)はtの関数y)の一般解を求めよ。 というものなのですが、先程述べたように、どの様に変数分離すればよいのか分かりません。 自分はまず、両辺をy(t)で割って、「1/y(t)・dy(t)/dt+a=b/y(t)」としたのですが、 そうすると、bの方にもy(t)が出てしまい積分できません。 友人にチラッと聞いた話では、b=0で計算すればよいと言われました。 確かにb=0として計算すると一般解はでますが、これは違う問題の一般解に なっているのではないかと思います。 仮にそうではなく、ちゃんと正しい答えになっているのであれば、どうしてb=0としてよいのか 分かりません。 加えて、これは自分の予想ですが、この問題は、大問の(iii)なのですが、 (i)(ii)ではそれぞれ、「dy(t)/dt=b」「dy(t)/dt+ay(t)=0」の一般解を求めているので、 その一般解を何かしらの形で用いるのではないかと思っています。 自分の憶測を書いたり、分かりませんばかりで申し訳ないのですが、 どうかよろしくお願いいたします。