• 締切済み
  • すぐに回答を!

手付金につきまして

はじめまして、ご質問のほうさせて頂きます。よろしくお願い致します。 今回の件なのですが、不動産会社から重要事項説明を受け、説明書に印鑑を押し手付金を支払った状況なのですが、会社の内定通知書や写真などは提出しておらず、審査はまだかと思うのですが、手付金は返金できないという事でした。 まだ契約書自体も私自身受け取っておらず、サインもしていない状況です。この場合ですと手付金は返金して頂けないのでしょうか? 何卒よろしくお願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数70
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.6

No.3 です。回答番号:No.4を読んで、質問者さんのために一言です。 >役所の無料相談、宅建協会ともに「手付金返還は認められず」 確かに、重要事項を聞いて納得して払った手付金なら、契約の意思表示をしたものと解釈されても仕方ありません。しかし、このケースの手付金は、名前は手付金でも実質は契約申込の証拠金と解すべきもだと思います。なぜなら、契約の相手方たる貸主は、契約の申込に応諾するため要求している「会社の内定通知書や写真」が未だであるし、それに審査の手続きも結果も不明の状態ですから、契約に応諾した、すなわち契約が成立した状態でない事が明らかであるからです。 この点が回答番号:No.1でいう、「契約が合意した後に支払われた手付金」とは性質を異にしていると思います。こNo.1の場合は、「重説に署名=契約成立」の理由ではなく、双方で契約成立の意思表示が何らかの方法(口頭でも可)でハッキリしていたからだではないでしょうか。 この点が重要ですから、私は「手付」についてどのような(内容かの)説明受けたかを、問題にしているのです。また、質問者さんが、不動産会社に何を言ったかも判断のポイントになるでしょう。 従って、これが単なる申込金か証拠金であるなら、返還は可能であると言っているのです。 この種の問題は事実関係にいろいろなケースがあります。一方的な申し出だけでの判断は危険です。このケースでも仲介をした不動産会社からの意見を聞かないと、公平な判断ができません。それなくして回答すると、質問者さんをいたずらに混乱させるか、間違えた思い込みに誘い込む結果になる場合もあります。だから、このサイトより、然るべき公的な機関に相談した法がベターですと言っているのです。 この点については、No.5さんの回答が参考になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

お聞きした内容だけで判断すると・・・・ 重要事項説明書は契約書ではないので署名捺印してても関係ありません。 お金は返して貰えますよ。 ただし、入居審査の結果がOK(内定書は出さなくても入居申込書で審査します)だった連絡を聞く前までです。 家主からのOKが出たあとなら預かり金(手付金と呼んでるけど性質は預かり金なのです)から手付金に変わるので返りません。 だいたいは仲介業者が「返さない」と言ってるのですが、もし家主が返さないと言ってるのであれば業者として指導すべき立場なわけです。 たちの悪い業者だと、家主にはキャンセルだけ言って仲介業者が売り上げにしてしまう会社もあります。 素直に返してくれなければ都道府県庁の宅建業の係りへ相談されるといいでしょう 業者に電話して「返してあげなさい」と言ってくれますよ ※不動産の協会(全日or宅建協会)に言っても業者が会員だし会費で成り立ってるんだから言っても無駄ですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#184449
noname#184449

元業者営業です ここで議論してもあまり意味がありませんので一つだけ。 確かに、#3さんの回答も正論です。当の私もそう思ってました。(以前は) 以前、ご質問者様と同じケース(重説に署名済み、賃貸借契約書は未署名)が当時私が勤務していた会社でありました。 当時の私は当然「契約書はまだ署名、捺印をしていない=契約は未成立」との認識から手付金の返還は当然と解釈しておりました。 しかし、会社の見解は「重説に署名=契約成立」との解釈(正に今回のケース)で手付金返還に応じられないと・・・。 当然、お客様は納得がいかず、自治体の無料法律相談と宅建協会へ相談されました。その結果は 役所の無料相談、宅建協会ともに「手付金返還は認められず」だったのです。 理由は私の前回の回答どおりです。 故に、前回の回答で「手付金は放棄」と回答させていただきました。 勿論、ご質問文から私が「勝手に」判断した事ですから、100%正解ではないかもしれません。 もしかしたら、ご質問者様のケースと私が経験したケースでは何か違いがあり、その結果ご質問者様の主張がとおるかもしれません。 その意味では#3さんの「宅建協会へ相談」という回答はその通りです。 ただし、#3さんの回答で「こんなサイトで間違った事を教えられるよりも、都道府県庁の不動産業課へ相談し訴えれるべきです。」という仰りようは如何なものでしょうか? 相談される方は少しでも「情報が欲しい」「助けが欲しい」から相談されるのですし、回答者はご質問文の限られた情報から「何か役に立てれば」というスタンスで回答していると思います。(平たく言えばおせっかい) 結果的に間違った回答になってしまう事もあるでしょうし、私は自分の回答が「100%正しい」と断言できない回答については全て「参考意見」へチェックを入れて回答しています。 それを「こんなサイト・・・」という仰りようは他の回答者に対して、いささか礼を失しているのではないでしょうか。 #3さんの回答自体はご質問者様の為を思っての事でしょうから、全く異論はございませんが、最後の数行は余計だと思います。 ご質問者様への回答欄をお借りして他の回答への意見、大変失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

法律上からすると他の回答は全部間違いです。法律を曲解した業者側の都合のいい解釈と慣例を言っているに過ぎません。 重要事項の説明は、宅建業法35条で不動産業者義務付けられた業務です。この条文には「売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に」説明せよ書いてあります。従って、重要事項説明は契約ではありません。記名捺印をするのは、この説明を「受けた」証拠として買主(借主)にさせるのです。これは買主(借主)側にとって法定の義務ではありません。後になって何か問題が起きたとき「ちゃんと説明しているよ」というのに業者が必要なために、そうさせるだけのものです。 この説明を受けて、契約をするかしないかの決断をすればいいおです。 ただし、この説明を受けた後、契約に意志を示し、相手の売主(貸主)が承諾すれば、口頭でも契約は成立しています。この点、NO1さんの説明は片手落ちですね。しかも、この質問の場合は、審査等が未だのようですので、相手は承諾していないと思います。 また、不動産会社は媒介をするだけで、契約の当事者ではないと思われますが、不動産会社が事自己所有の物件を貸す場合もありますから、これはどっちでしょう。 さて、この質問者の場合には「手付」についてどのような説明を受け納得し支払ったのでしょうか。それによて、返還されるかどうか判断できるのですが…。 いずれにしても、正確な回答を求めるには事実関係の情報が不足しています。 しかし、恐らくこの不当は手付なものと思われますので、こんなサイトで間違った事を教えられるよりも、都道府県庁の不動産業課へ相談し訴えれるべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

入居者の者です。 重要事項説明っていうのは、文字通り「引き返せない分岐点」で、だからこそ宅地建物取引の有資格者しか担当できないんですよ。重要な分岐点だったことをお忘れなく。印鑑を押した責任を実感していますか。 あと、審査はまだとおっしゃってますが、ふつうなら、物件の申し込み書を出して先方に提出した時点で、不動産屋さんはすぐに審査を依頼しているいるはずです。だからこそ、重要事項説明の場にたどり着けたんじゃありませんか? 先方も、審査も済んでいない人に契約させるわけないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#184449
noname#184449

元業者営業です 本来、契約は「口約束」で成立します。 ただし、それでは「言った言わない」等後々にトラブルになる可能性が高く、また、不動産については動く金額の大きさなどから宅建業者へ「重要事項説明書を基にした説明」と「売買(賃貸借)契約書」の作成と、それぞれの書面への署名、捺印が義務付けられております。 なお、不動産に限らずおよそ「契約」というものはどちらか片側からの「一方的な契約破棄」に関しては「違約」に関する取り決めをしており、不動産契約においては「手付放棄」「違約金の支払い」がそれにあたります。 さて、ご質問のケースですが、前述のように宅建業者は「契約書に署名、捺印の前に」重要事項の説明をすることが義務付けられており、その説明に納得しないうち(署名、捺印をしていない)に支払われた金銭は、返還請求があった場合、理由の如何を問わず速やかに返却しなければなりません。 ここで重要なのは「重要事項説明書に署名、捺印をする前に支払われた金銭」というところです。 逆に「重要事項説明書に署名、捺印した後に支払われた金銭」については、「契約が合意した後に支払われた手付金」とみなされ、「片側からの一方的な契約解除」の場合は「手付放棄若しくは違約金の支払い」の義務が発生します。 つまり、例え契約書に署名、捺印がされていなくとも重要事項説明を受けて「重要事項説明書」へ署名、捺印した時点で「契約成立」になるのです。 以上の事から今回のケースで「手付金の返還請求」は認められません。 残念ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 賃貸アパートの手付金について

    2日前、賃貸アパートの内覧をし、入居審査書(?)を書き手付金を家賃の1ヶ月分支払いました。 今日アパートの管理会社との電話のやりとりで、その管理会社の物件には住みたくないと感じ不動産会社にキャンセルを申し出ました。その際「大家さんにもう手付金は渡ってるので、僕の一存で返金できるかは言えません。おそらく返金は厳しいと思います」と言われました。特に契約書にサインや捺印などの段階ではなかったのですが、本当に返金は厳しいのでしょうか?

  • 手付金を返してもらいたい。

    手付金を返してもらいたい。 新築のマンションを購入したいと思い、 不動産屋を通して、新築のマンションを紹介されました。 その時は、とても気に入って、購入意志はありました。 ただ、購入費用の条件金額は、 手付金を1週間以内に払い込むということでしたので、 1週間後に手付金10万円を支払いました。 購入に際し、一番心配していたのは、 両親の説得だったので、それが不安である旨を 不動産屋とマンション業者には話しておきました。 両親の説得ができないのであれば、手付金は返金するという話でした。 両親に話してみたところ、 立地や建物の状況からして、良い返事をもらえませんでした。 両親からは不動産購入として、若干の支援をしてもらえる予定でしたが、 良い返事でなかったので、支援をしてもらえず、 返済は難しくなったこともあり、契約解除をしようと思い、 業者に申し出をしました。 業者から、親からの支援については聞いていない。 今、ローンの審査をすれば完全に通るので、 手付金を返金する理由には当たらない。 と言われました。 確かに、親からの支援については、 業者には話していませんでしたが、 反対にあったことにより、資金が足りなくなったことは事実です。 重要事項説明は、手付金を払う前に説明を受けていますが、 書類は受け取っていませんし、契約書にもまだサインをしていません。 言った。聞いていない。という話になってしまい、 話が進みません。 仲介に入った不動産屋も、 仮押さえと思えばいい。と言っていたのに、 契約解除するという話をしてから、全く連絡もしてきません。 騙された感がとても強いのですが。 やっぱり、戻らないのでしょうか?

  • 手付金の返金について

    2日前不動産屋に行きある物件を見た際 不動産屋から手付金が必要ということでお金を払ったのですが ちょっと考えたいので後でやめるといえば返金されるのか質問した際は これは申し込みの前だからキャンセルすれば返金するという答えを貰い 入居審査のための免許証のコピーが欲しいと言われましたが普段車等に乗らないため持っていなかったので近日中に届くようにすると返事し とりあえずその日は家に帰りました その日の晩に不動産会社から電話があり「あの物件でよろしいですか?話を進めてもいいですか」と言う内容の連絡があり見てすぐであそこでもいいかなと思っていたので「はい」と返事したのですが 翌日冷静に考え「やめよう」という考えになったのですが 忙しく連絡する暇がなかったので夜電話しましたがすでに帰った後でした 一度「いいよ」と言った後に「やっぱりやめる」という返事をした場合は手付金は返金してもらえるんでしょうか? 一応入居審査もされていません(まだ免許証のコピーを送っていない) また重要事項説明書には署名をしましたがこれは契約書とみなされるのでしょうか? 文章がグチャグチャで申し訳ありませんがよろしくお願いします

  • 手付金を払ったのに・・・

    先日、不動産会社Aにおいて、住宅の賃貸の入居申し込みを行い、手付金を支払いました(仲介不動産会社が二つあり、私→A→B→オーナーという流れになります)。ところが、土曜日になって、不動産会社Bが、「法人契約の申し込みがあったから、平行してどちらの入居者がよいか審査する」と言い出したのです。Bは、既に金曜日に手付金を受け取っており、その際には何も言っていなかったのに。 平行して審査するといいいますが、要するに自分の会社で信用を審査するということなので、要するに私を落としてその法人と契約することは内部では決定事項なのでしょう・・・ Bからは謝罪も何もなく、手付金倍返しすらするつもりはなさそうです。Aは通常考えられない話だ、といってこちらの味方のようです。ちなみに、Bはけっこう大きな会社です。 不動産関係の方に聞きたいのですが、これは常識的にありうる話なのでしょうか?なんだかずいぶんひどい扱いを受けているという気がするのですが・・・

  • 手付金についての質問

    先日不動産で物件を押さえるさいに申込金を払ったのですが、その際に特に説明はなく書類等にサインしてしまいました。 その後、その物件が気に入らなくなったので不動産にキャンセルを申し込むと、大家に手付金をもっていったので返金は出来ないといわれてしまいました。 仮押さえ時に払った申込金が審査後に手付金になったそうなのですが、説明もないまま手付金になったと言う理由では返金はしてもらえないでしょうか? また、消費者センター等に相談しようと思うのですが、他に相談すべき機関などあれば教えてください。 宜しくお願いします。

  • 重要事項説明書と手付金返還

    賃貸マンションを友人と借りようとなり、不動産屋に行きました。 よさそうなところがあったのですが、今決めないと他にとられます とのことで決めますと回答しました。 書類を記入し家賃一か月分がないと補償できないといわれ 一か月分支払いました。 その領収書には手付金となっています。 その翌日、友人が入居できない事情になり まだ入居審査のOKももらっていなかったので すぐに電話し、キャンセルを願い出ました。 がもう既に大屋さんにお金を渡してしまったので返金できませんとのこと。 契約は口約束なので契約されたことになっているのでしょうか? 後、気になる点があるのですが重要事項説明の際 お店の営業マンの方に説明を受けました。 特に宅地建物取引主任者証を見せられたりしていませんし それらしき人もいませんでした。 その場合、重要事項説明は受けていないという判断でよいのでしょうか? 大屋さんとお店の方には本当に申し訳ないことをしたと思うのですが 金額が大きい為、返金してもらいたいです。 どうにかなるでしょうか?

  • 賃貸の仮契約をキャンセルした時の手付金の返還

    私の知り合いが賃貸マンションの仮契約をし、10万円を手付金として支払ってきたらしいのですが、本契約の書類を貰いに行く日に契約を解除したいと申し出たら、不動産屋から10万円は返金できないと言われました。 (1)契約者は19歳で保証人は知人である (2)審査の為に契約書に記入したが、印鑑の捺印や住民票などの提出はしていない (2)仮契約の時に手付金の返金についての説明はなかった (4)手付金の領収書は持っている 以上らしいのですが、返金は可能でしょうか?

  • 賃貸契約で契約日より前に入金を依頼されたことについて

    先日父が亡くなったため、急遽母を呼び寄せ、一緒に住むことになりました。 不動産会社やオーナーさんのご厚意で、借主(申込者)を母(遺族年金生活者)にして保証人を私にする方法で契約させていただくことになりました。 同居人が保証人になることについて問題ないのかどうか不安だったため、先日こちらの不動産・引越しのカテゴリーで質問させていただいたのですが、皆様からオーナーさんが許してくれたのであれば問題ないとのお答をいただき安心していました。 ですが、物件を紹介してくれた不動産会社から、その物件のオーナーさん(物件の管理もやっている会社です)からの要望で、契約日より前に契約金全額(初期費用)を支払って欲しいと言われていると伝えられました。 まだ重要事項説明も受けていませんでしたし、契約書も見ていない状態だったので、せめて契約日当日に現金で持って行くという形でどうにかならないか?と聞いたところ、当日持参でOKになりました。 その後、不安に思っているということも正直に伝えたところ、再度連絡があり、契約書の内容説明と重要事項説明を契約日よりも前にしてくれることになり、その際に疑問点や不安点も全て話をしてくれて構いませんと言ってくれ、また、契約書を一度持ち帰り契約日の時に借主である母のサイン・捺印をして持ってきてくれれば良いということになりました。 ですが、もし契約書の内容説明と重要事項説明に不安点がないようであれば、その時は、保証人の書類(私が保証人です)にサイン・捺印して欲しいとも言われています。 私が住んでいる地域は首都圏なのですが、首都圏では、契約書にサイン・捺印する前に、入金をせまる不動産会社が多いとのことが分かりました。 今回私の不安な気持を察して、契約書の内容説明と重要事項説明を契約日よりも前にしてくれることになったにも関わらず、正直なところ、この不動産会社や物件のオーナーさんである管理会社が信用できるのか不安です。父が一生懸命働いて残してくれたお金をお支払することもあって、どうしても慎重になってしまいます。 不動産会社やオーナーさんの折角のご厚意にも関わらず、このような考え方しかできずお恥ずかしい限りですが、不動産業界に詳しい方がいらっしゃいましたら、今回の、不動産会社やオーナーである管理会社の対応が信頼できるものであるか、また、当日保証人の書類にサイン・捺印してしまっても問題ないかどうかを推測でも構いませんので、お教えいただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 賃貸契約のキャンセルでの手付金の返金について

    仲介会社を通さずに家主と直接賃貸契約の話をしたのですが途中でキャンセルすることにしました。手付金のようなものを渡しているのですが、法的にはお金は返してもらえるでしょうか?以下のように話はすすみました。 (1)部屋を内覧し、その時はいいかなと思い契約しようと思い、なにやら書類を書きました。(賃貸契約書ではないと思います。保証会社に提出するとおっしゃっていました。重要事項説明もうけておりません。) (2)その後家に帰り考えるといろいろと気に入らないところが判明し、やはりキャンセルしたいという意思をその日のうちに伝えました。(この時点では審査中であり、契約は成立していないと思っていました。) (3)しかし、もう契約は成立していて、1年以内の解約になるとおっしゃり、逆に違約金を請求されてしまいました。 私に落ち度があるのはわかっているのですが、この場合、法的にはどうなりますか? 違約金を支払わなければならないでしょうか?手付金は返金してもらえるでしょうか?

  • 賃貸マンションの手付金のことについて質問させていただきます。

    賃貸マンションの手付金のことについて質問させていただきます。 この度3月中旬頃から一人暮らしをすることになり、12月23日に賃貸住宅を不動産屋に見学しに行き、そのまま契約の流れになりました。しかし、後々冷静になって生活費などを考えると、あまりに高価な物件を選んでしまったと後悔しています。また、途中不動産のやり方で幾つか疑問な点があったこともあり、もう一度他の物件に考え直そうかと思っています。このとき、不動産屋からの手付金の返済がありえるのか、というのが今回の疑問点です。 詳しく説明させていただきますと、見学にいったその日に、契約という形で話を進めました。その際、手付金として、家賃一カ月分を支払いました。(預かり書では手付金が消されて申込金となっており、審査終了後、手付金としてとなっています)さらに、重要事項の説明も受け、書類にサインと判を押しました。(この重要事項説明の際に、支払った手付金について、書類にサインをした時点から、戻ってこないのかと質問したところ、その通りだとの回答を受けました。) このとき、私は恥ずかしながら申込金と手付金を混同していたためそれで納得しました。 また、新築のマンションのため、1月中旬からの入居をお願いされました。そのときは、大家との連絡が取れないため、書類上で1月15日から入居という形で一旦置いておき、「これはあくまで、最悪の場合で、実際は1月20日ごろ入居になるでしょう。また後ほど、大家と交渉した後、連絡します」と不動産屋が言ったため、店を後にしました。 すると、店を出て、10分後に電話があり、「今大家と連絡がとれて、現在別の人が同じ物件を契約したいとの申し出があります。あなたを優先的に契約させますが、その場合、入居が1月15日からになりますがどうしますか?」と聞かれました。契約をしたはずなのに、他の人が契約できるっていうのは変な話だと思いながら、先の説明で、手付金として支払ったお金が返ってこないと思っていましたので、そのまま進めてくださいと返答しました。 そして、現在入居審査まで終わり、本契約書などが郵送されてきました。また、敷金、礼金などの初期費用の振り込みが、1月5日までとなっています。 このごろは、いろいろなサイトを拝見し、自分の無知を恥ずかしく思う日々です。 この場合、もし敷金礼金を振り込むまでに解約するとしますと、手付金として支払ったお金は戻ってこないのでしょうか?ご回答お願いします。