• 締切
  • すぐに回答を!

∇^2ψ-cψ=0の偏微分方程式

  • 質問No.4777987
  • 閲覧数131
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

∇^2 ψ - cψ = 0
(∇^2はラプラシアン,ψ=ψ(x,y,z)はスカラー関数)
の形で表される偏微分方程式に関する情報を集めています.
何か知っていることがあれば教えてください.

cf:
ヘルムホルツ方程式は
∇^2A + k^2 A = 0
という形で表される.

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 0% (0/1)

ご参考として、下記図書をご紹介します。この本の
「8 偏微分方程式の解の事例」の章に関連情報が
あります。

「超指数関数と微分方程式 入門」

http://www.e-bookland.net/square/ebook.aspx?id=EBLS13062200&c=0

以上
  • 回答No.1
 cをスカラー定数とすれば、これはラプラス方程式の固有値(固有関数)問題(スツルム・リュービル問題)で、得られた固有関数系を利用して、ラプラス方程式の解を展開すると思います。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ