• 締切済み
  • すぐに回答を!

合成関数の偏微分について

z=f(x,y)で  x=rcosθ y=rsinθ と置いたとき ∂z/∂r = cosθ(∂z/∂x) + sinθ(∂z/∂y)  ∂z/∂θ = r×{-sinθ(∂z/∂x) + cosθ(∂z/∂y)} となりますよね。 次にこれらを ∂z/∂r = P   ∂z/∂θ = Q  とおいて 2階偏導関数 ∂P/∂r = (∂P/∂x)(∂x/∂r) + (∂P/∂y)(∂y/∂r)  ∂Q/∂θ = (∂Q/∂x)(∂x/∂θ) + (∂Q/∂y)(∂y/∂θ)  を求めたいのですが ∂P/∂x や  ∂Q/∂x を求めるときに cosθ(∂z/∂x) についている cosθ や r×{-sinθ(∂z/∂x) + cosθ(∂z/∂y)} についている r は 定数として扱うべきなのでしょうか?それとも変数とみて積の微分法を 用いればよいのでしょうか? 考えてみれば cosθ = x/r で (x,r)の関数ですから cosθは xで偏微分できそうですし r=x/cosθ で (x,θ)の関数ですから rも偏微分できそうです。 しかし解答をみる限りではいずれも定数として扱われているようです 何故だかさっぱりわかりません。 どなたか知恵を貸していただけるとありがたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2036
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3

> cosθ = x/r で (x,r) の関数ですから cosθ は x で偏微分できそうですし > r = x/cosθ で (x,θ) の関数ですから r も偏微分できそうです。 偏微分を考えるときには、「何を固定して」微分するのかを意識することが大切です。 ∂P/∂r = (∂P/∂x)(∂x/∂r) + (∂P/∂y)(∂y/∂r) という式で使うのであれば、 ∂P/∂x や ∂Q/∂x を求めるときに、∂/∂x は「y を固定」した偏微分です。 y を固定した ∂/∂x と、θ を固定した ∂/∂x は、別のものです。 ですから、cosθ や r が x に従属するかどうかは、(x,y) の関数としてどんな関数か で考えねばならず、(x,r) や (x,θ) の関数として捉えても、直接には判りません。 例えば r は、r = √(x^2 + y^2) ですから、∂r/∂x = x / √(x^2 + y^2) であって、 x について定数ではありません。 これを r = x/cosθ で考えようとするならば、 ∂r/∂x = (∂/∂x)(x/cosθ) = (1/cosθ) + x (∂/∂x)(1/cosθ) = (1/cosθ) + x { (sinθ)/(cosθ)^2 }(∂θ/∂x) この右辺が恒等的に 0 でなければ、r は x について定数ではありません。 > しかし解答をみる限りではいずれも定数として扱われているようです 読み違いだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • info22
  • ベストアンサー率55% (2225/4034)

> z=f(x,y)で  x=rcosθ y=rsinθ と置いたとき > ∂z/∂r = cosθ(∂z/∂x) + sinθ(∂z/∂y)  > ∂z/∂θ = r{-sinθ(∂z/∂x) + cosθ(∂z/∂y)} P,Qで置き換えないで考えた方が分かりやすいと思います。 ∂(∂z/∂r)/∂r = cosθ∂(∂z/∂x) /∂r+ sinθ∂(∂z/∂y)/∂r =cosθ{∂(∂z/∂x)/∂x(∂x /∂r)+∂(∂z/∂x)/∂y(∂y /∂r)} +sinθ{∂(∂z/∂y)/∂x(∂x/∂r)+∂(∂z/∂y)/∂y(∂y/∂r)} =cosθ{cosθ∂(∂z/∂x)/∂x+sinθ∂(∂z/∂x)/∂y} +sinθ{cosθ∂(∂z/∂y)/∂x+sinθ∂(∂z/∂y)/∂y} ={cos^2θ∂(∂z/∂x)/∂x+2sinθcosθ∂^2z/∂x∂y+sin^2θ∂^2z/∂y^2 ∂(∂z/∂θ)∂θ =r{d(-sinθ)/dθ(∂z/∂x) + d(cosθ)/dθ(∂z/∂y)} +r[(-sinθ)∂(∂z/∂x)/∂θ + cosθ∂(∂z/∂y)/∂θ] =r{d(-sinθ)/dθ(∂z/∂x) + d(cosθ)/dθ(∂z/∂y)} +r[(-sinθ){∂(∂z/∂x)/∂x(∂x/∂θ)+∂(∂z/∂x)/∂y(∂y/∂θ)} + cosθ{∂(∂z/∂y)/∂x(∂x/∂θ)+∂(∂z/∂y)/∂y(∂y/∂θ)}] =r{-cosθ(∂z/∂x) + sinθ(∂z/∂y)} +r[(-sinθ){cosθ∂^2z/∂x^2+sinθ∂^2z/∂x∂y} + cosθ{cosθ∂^2z/∂y∂x+sinθ∂^2z/∂y^2}] =r{-cosθ(∂z/∂x) + sinθ(∂z/∂y)} -sinθcosθ∂^2z/∂x^2+(cos^2θ-sin^2θ)∂^2z/∂x∂y + cosθsinθ∂^2z/∂y^2} となります。 P,Qで置き換えて偏微分した式と比較して見てください。 一旦、rが式中にあるときはrでは微分しますが、θで微分する際はrは定数扱いになり、逆に θが式中にあるときはθでは微分しますが、rで微分する際はθは定数扱いになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • KI401
  • ベストアンサー率53% (44/82)

x、yは独立。 r、θは独立。 x、rは従属。⇒θはx,rの関数とは呼べない x、θは従属。⇒rはx,θの関数とは呼べない y、rは (略) rはx、yの関数。 θはx、yの関数。 xはr、θの (略)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 合成関数の偏微分

    z=f(x,y)で  x=rcosθ y=rsinθ としたとき ∂z/∂r = cosθ(∂z/∂x) + sinθ(∂z/∂y)  ∂z/∂θ = r×{-sinθ(∂z/∂x) + cosθ(∂z/∂y)} となりますよね。 次にこれらを ∂z/∂r = P   ∂z/∂θ = Q  とおいて 2階偏導関数 ∂P/∂r = (∂P/∂x)(∂x/∂r) + (∂P/∂y)(∂y/∂r)  ∂Q/∂θ = (∂Q/∂x)(∂x/∂θ) + (∂Q/∂y)(∂y/∂θ)  を求めたいのですが ∂P/∂x や  ∂Q/∂x を求めるときに cosθ(∂z/∂x) についている cosθ や r×{-sinθ(∂z/∂x) + cosθ(∂z/∂y)} についている r は 定数として扱うべきなのでしょうか?それとも変数とみて積の微分法を 用いればよいのでしょうか? 考えてみれば cosθ = x/r で (x,r)の関数ですから cosθは xで偏微分できそうですし r=x/cosθ で (x,θ)の関数ですから rも偏微分できそうです。 しかし解答をみる限りでは偏微分していません。 誰か教えていただけるとありがたいです。

  • 偏微分の問題です

    偏微分の問題です z=f(x,y) x=rcosθ y=rsinθ について、Z[x]とZ[xx] (zのxについての、1階偏微分と2階偏微分) をr,θ,Z[r],Z[θ]を用いて表したいのですが、後者のほうがわからなくて困っています。 前者は自分で計算したところ Zのxでの1階偏微分 Z[x] = Z[r] cosθ - 1/z * Z[θ] sin(θ) となりました。これもあっているか不安です。どなたか教えていただけると嬉しいです。

  • 偏微分について

    偏微分をこの前習ったのですが、いまいちよく分かりません><どなたか手助けお願いいたします。 位置ベクトルrの独立変数はデカルト座標(x,y,z)で、 Δr/Δx=lim {r(x+Δx,y,z)-r(x,y,z)}/ Δx と、これでよいのでしょうか??(極限はΔx→0です) またデカルト座標(x,y,z)、極座標(r,θ,Φ)について、デカルト座標を極座標の関数とし、または極座標をデカルト座標の関数として偏微分を行うときに、 Δx/Δθ=rcosθ×cosΦ Δy/ΔΦ=rsinθ×cosΦ Δz/Δr=cosθ でよいのでしょうか?? あと、これの逆の Δr/Δy,Δθ/Δz,ΔΦ/Δx のやり方が分かりません。 どなたかよろしくお願いいたします。

  • 偏微分の問題

    物理学基礎論で、偏微分を習いましたがよく分かりません>< 今朝、数学のジャンルで質問させていただきましたが、質問の意味が分からないと言われたので、問題ごとこちらに質問させていただきます。 1、次の偏微分を求めよ。ただし位置ベクトルrの独立変数はデカルト座標(x,y,z)である。 ∂r/∂x これに対し私の答えは・・・ Δr/Δx=lim {r(x+Δx,y,z)-r(x,y,z)}/ Δx と、これでよいのでしょうか??(極限はΔx→0です) 2、次の偏微分を求めよ。ただし()-()ではデカルト座標xyzを極座標rθΦの関数とし、()-()では極座標rθΦをデカルト座標xyzの関数として微分を行うこと。 ()Δx/Δθ=rcosθ×cosΦ ()Δy/ΔΦ=rsinθ×cosΦ ()Δz/Δr=cosθ これでよいでしょうか・・・?? ()Δr/Δy=y/√(x^2+y^2+z^2)=y/r ()Δθ/Δz ()ΔΦ/Δx ()()がまったく分かりません^^;たとえば、()ではtanθを微分したらよいのでしょうか?? どなたかよろしくお願いいたします。

  • 偏微分

    次の偏微分を求めよ。ただし(1)-(3)ではデカルト座標xyzを極座標rθΦの関数とし、(4)-(6)では極座標rθΦをデカルト座標xyzの関数として微分を行うこと。 (1)Δx/Δθ=rcosθ×cosΦ (2)Δy/ΔΦ=rsinθ×cosΦ (3)Δz/Δr=cosθ これでよいでしょうか・・・?? (4)Δr/Δy=y/√(x^2+y^2+z^2)=y/r (5)Δθ/Δz (6)ΔΦ/Δx (5)(6)がまったく分かりません^^;たとえば、(5)ではtanθを微分したらよいのでしょうか?? よろしくお願いします。

  • 偏微分の問題について

    偏微分の問題で、 Z=e^(x^2+y^2) x=rcosθ 、 y=rsinθ に対してZr、Zθ を求めよ。 という問題でどうしても答えがでません。 どなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • 偏微分、合成関数の微分法

    数学を進めているのですが、偏微分が絡んだ合成関数の微分法がわかりません。 大学数学のテキストは高校のと比べて、読み進めずらいです。助けてください。 (質問本文) 「」は私の理解の仕方と思ってください。まず、公式の理解から私の偏微分の考え方は正しいでしょうか? (1)関数z=f(x、y)にさらにx=x(t)、y=y(t)という関係がある時、「実質1変数で」、dz/dt=(∂z/∂x)×(dx/dt)+(∂z/∂x)×(dx/dt)(「それぞれxとyでzを偏微分して、x、yを今度は1変数なので、微分する」) (2)関数z=f(x、y)にさらにx=x(u,v)、y=y(u,v)という関係がある時,今度は変数が2つuとvがあるので、「どちらか片方で微分して」、∂z/∂u=(∂z/∂x)(∂x/∂u)+(∂z/∂y)(∂z/∂u)(「それぞれ片方の変数x、yでzを微分して(偏微分)さらに、そのx、yを関係式があるuで片方を選んで、uで偏微分する」) 次に、教科書の文章で、f(x、y)=0によって、xの陰関数y=f(x)が定められているとき、y‘=-Fx/Fyをxで微分すると、(dFx/dx)=Fxx+Fyy×dy/dx,dFx/dx=Fyx+Fyy×dy/dx(★)とあるのですが、★の微分はどのように考えて実行しているのでしょうか?(上の教科書の公式では全く上手くいきません)

  • 偏微分係数の問題

    次の関数の(0,0)における偏微分係数を、定義に従って求めよ f(x,y)=(x^3-y^3)/(x^2 +y^2) ((x,y)≠(0,0)のとき) 0((x,y)=(0,0)のとき) ↑少し見づらいかもしれませんがご了承下さい 以上の問題で他の問題と比較しながら解いたところ、fx(0,0)は解答通り1になったのですがfy(0,0)が-1になりませんでした ちなみに、自分はyについて偏微分してから x=rcosθ、y=rsinθ を代入して求めました 解き方が分かる方簡単にでいいので解答をお願いします(>_<)

  • 偏微分関数の問題が分かりません!

    大学で偏微分の問題が出されたのですが分かりません。教えてください!! [問]z=f(x,y)はC^2級で、x=rcosθ,y=rsinθとする。次の問いに答えよ。 ・x(∂z/∂x) + y(∂z/∂y)=0の時、zはθに依存することを示せ。 ・(1/x)*(∂z/∂x) = (1/y)*(∂z/∂y)の時、zはrにのみ依存することを示せ。 ・(∂^2z/∂x^2) + (∂^2z/∂y^2) = (1/r)*(∂z/∂r) + (1/r^2)(∂^2z/∂θ^2) となることを示せ。

  • 偏微分について

    偏微分について R^2上C^1級関数f(x,y)があるとする。 R^2上任意の(x,y)でx,yそれぞれの偏微分が0であれば、R^2上、fは定数であることを示せ。 そうなることはわかるのですが、どうやって示せばいいのかよくわかりません。 よろしくお願いします。