• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

関係代名詞

1 He arrived on the day (  ) he had told to me. 2 That is the resason (  ) I have wanted to know for a long time. 3 A fire borke out at he hotel (  ) we were staying. 1、2に関係副詞ではなくwhichが、3に関係代名詞ではくwhereが入る理由をそれぞれ教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数42
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • go_urn
  • ベストアンサー率57% (938/1643)

こんにちは!  ●関係代名詞と関係副詞――最初は使い分けが難しいですね!どちらもそれが後ろの文の一部だということが第一に押さえるべきことです。 1 He arrived on the day【( ア ) he had told to me】. 2 That is the resason【( イ ) I have wanted to know for a long time】. 3 A fire borke out at he hotel【( ウ ) we were staying】.  ですね。  ●●関係代名詞であるとすれば、その直前の名詞(the つき)が(  )に入ることになります。(  )に仮に入れてみますね。  1.【( the day ) he had told to me】  2.【( the reason ) I have wanted to know for a long time】  3.【( the hotel ) we were staying】  ですね。  ●●●さて、この【】の中が、(  )の言葉をどこかに動かしてピッタリ納まり、完全な文章になれば、その(  )に関係代名詞が入るという証拠です。ならなければ、関係副詞ということです。  1.【he had told ( the day ) to me】納まりました!=(  )に関係代名詞の which ないし that を入れればよい。  2.【I have wanted to know ( the reason ) for a long time】納まりました!=(  )に関係代名詞の which ないし that を入れればよい。  3.【we were staying ( the hotel ) 】納まりません。staying 【at】the hotel と前置詞が不足しています。こういう前置詞不足の場合が、関係副詞を使う場合なのです。  塾の教え方みたいですが、私は塾・予備校で長く教えていましたので、クセが抜けません。でもまずこうして判別していくのが一番分かりやすいですよ。  一旦分かれば、だんだん慣れていきます。まずこの方法で考えてみて下さいね!  以上、ご参考になれば幸いです!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい説明有難う御座います! 今後はこの方法で判別していきますね^^

関連するQ&A

  • 関係代名詞です。

    His mother wanted him to be a teacher, ( ) he did not become. 補語格の関係代名詞が入ると思うのですが、よくわかりません。

  • 「関係代名詞+挿入節」

    「関係代名詞+挿入節」について教えていただければと思います。 A: The man who <I thought> was my friend deceived me.  B: The man whom <I thought> to be my friends deceived me. それぞれ、 A: (1)The man deceived me. + (2)I thought he was my friend. B: (1)The man deceived me. + (2)I thought him to be my friend. が合わさった形だと思いますが、これに関連して、以下の3種は、この挿入の用法でもありうるでしょうか。 1.Aは、I thoughtに続く従属節内の主格の関係代名詞ですが、従属節内の目的格や補語が関係代名詞になる場合 2.Bは目的格の関係代名詞ですが、補語が関係代名詞になる場合 3.「所有格の関係代名詞」を使う場合 そもそも論理的に不可能なものはあるでしょうか。論理的に可能であっても、実際に使うことがあるのか、そういう点で例文を探しています。出典も添えていただけましたら幸いです。

  • 関係代名詞(口語の時)

    1)The woman who lives next door is a doctor. 2)The woman who I wanted to see was away on holiday. 1)の関係代名詞whoは、subjectなので省略できない。2)はobjectなので省略可能、ですよね? でも、英語圏の人達って会話する時にあまり関係代名詞を使わないような気がするんですが、1)のような場合はきちんとwhoと、言っているのでしょうか? 自分が話すと関係代名詞をたくさん使ってしまい、 辞書のような不自然な文になってしまいます。 例えば、野良猫が私になついてきたので He(猫) know I am a person who give a food. と、いったのですが同じ意味のことをネイティブの人が 話すとどうなるのでしょうか?

  • 関係代名詞と関係副詞と複合関係副詞

    インターネットで関係代名詞と関係副詞の区別法というのを 知りました。 ( )の後が不完全な文には、関係代名詞が入り ( )の後が完全な文には、関係副詞が入るそうです。 That is the island( )I've wanted to go to. goで終わっていれば自動詞なので完全であり 関係副詞が入り"where"が正解ですが toがあるので、目的語が必要な為不完全であり "which"が入るそうです。 でも、問題集にあった次の例文の( )以降の文は 不完全であるけども、複合関係副詞が入るようなのです。 つまり、これは関係副詞では有効だった完全な文と不完全の文による 判別方法が、複合関係副詞では通用しないということなのでしょうか? 問題集の英文 "What time should I begin?" "I don't know. Begin (whenever) you want to."

  • 関係代名詞の所有格

    He told me to stop smoking, which advice I followed. “そのアドバイス”と考えると所有格のwhoseがくると思うのですが、文の全体(あるいは一部)を受ける時の関係代名詞はどんなときもwhichになるのでしょうか。

  • 関係代名詞は接続詞ですか?

    関係代名詞は接続詞ですか? 関係代名詞を1つ使えば主語と動詞のある文を2つ置いて平気ですか? また関係代名詞は副詞ですか? 接続詞は副詞ですか? よろしくおねがいします

  • 関係副詞と前置詞プラス関係代名詞について

    英文法に詳しい方、教えてください。 関係副詞を前置詞プラス関係代名詞に置き換える件ですが、 THE DAY FOR WHICH HE HAD WAITED ARRIVED AT LAST. (彼が待ち受けていた日がとうとうやってきた) を関係副詞のWHENに置き換えた場合下のどちらになりますか? 1. THE DAY WHEN HE HAD WAITED FOR ARRIVED AT LAST. 2. THE DAY WHEN HE HAD WAITED ARRIVED AT LAST. 要はWHENを用いた場合場合FORがいるかいらないか、なのですが。 いろいろ調べるとWHENの場合なんとなくFORは不要になりそうなのですが、 WAITとFORは切り離せないような気もしますし・・・・。 ご存知の方、教えてください。

  • 関係代名詞と時制

    (A/The) person who I (didn't/don't) know called on me. 上の場合ですが、called onの時制に合わせて、didn't knowとすべきでしょうか?しかしdidn't knowだと「知らなかった」つまり「今は知っている」事にならないでしょうか?今も知らないことを意図して言うならdon't knowもしくはhaven't knownが適当な気がするのですが。 また、AとTheではどちらが適当でしょうか?関係代名詞がつくので限定されるため、Theになるかと思いきや、「ある一人の・・・」と言う意味で、Aでも適当ではないかとも思えます。 細かい話しですみませんが、 以上2点よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞

    1. 関係代名詞の使い方について質問します。 I have done it. My father told me to do it. を関係代名詞を使って1文にするとき、I have done what my told father told me to do . と正解がありましたが、I have done it which my told father told me to do .  では、不正解なのでしょうか? 2. 基本的なことで申し訳ありませんが、She spoke in German, ( which / whose)language I did not understand. whoseは、制限用法では人、ものの両方に使えますが、非制限用法では、どうなのでしょうか? この問題の正解は、which ですが、whose がものにも使えるなら、ここで、whose language というのも正解なのかと思い質問しました。 よろしくお願いします。

  • 関係代名詞と関係副詞

    解説お願いします。 I have been to the place( ) in the park. 選択肢 1 where he spoke of. 2 where he spoke. 3 that he spoke. 4 which he spoke of. 5 of that he spoke. 次のように考えました。 関係副詞の後の文は完全な文で、関係代名詞の後の文は不完全な文ということは 知っています。 この文でのspokeは自動詞ですね。 spoke ofの後は名詞が必要なので1と4は不完全。 1は不完全なので関係副詞は不可。 答えは4番。 そこで教えて欲しいのは、2はofがありません。完全な文です。 4はof which he spoke.でも言えるので前置詞+関係代名詞=関係副詞で 2の答えはof whichをwhereにした文だと思ってしまいます 2は なぜ ダメなんでしょうか? 質問の仕方がまずくてすいません。   2がだめな理由を教えてください。

専門家に質問してみよう