• 締切
  • すぐに回答を!

留年や大学院卒の就職について

  • 質問No.4644339
  • 閲覧数258
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 28% (10/35)

自分は海外の大学を辞めて日本で大学一年生をやり直したものです
海外の大学に居たのは、半年程度で
それ以降は病気の親の世話やアルバイトなどをしていました。
そして2年後(実質三年遅れ)で日本の大学に入り、
今度経営や会計の専門職大学院に行きます。(関関同立MARCHクラス)
そして、公認会計士をとろうとおもっています。
金融業界への就職を希望しているのですが、+3と大学院進学は就職活動の際、不利に働きますでしょうか?
また有利になるとしたらどの業界でしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 46% (99/214)

>それと金融危機を迎えたことにより、会計士のニーズが高まるのではないかと思い会計士への道を歩んでいくことを決めました。

公認会計士がどういったところで働いているかというと大きく分けて
1.監査法人
2.コンサルティングファーム
3.一般企業
(4.独立)
と分けられるかと思います。

1.監査法人については、あくまでここ数年の話ですが採用を控えている傾向にあり、20代後半以降の合格だと四大監査法人への就職が厳しいと言われています。
公認会計士になる(公認会計士として登録する)のであれば、監査法人への就職は必須に近いでしょう。

IPOブームやJ-SOX対応などで一時的に監査法人が忙しくなった時期もありましたが、これは景気の波に影響されるものや一時的なものですから、売り上げの根幹である監査報酬が減ってしまうと、一般企業と同様に採用を控えることが多いです。
最近の監査法人はこの状態にあるようです。

2.コンサルティングファームですが、金融危機でニーズが高まるとすればここでしょうか。
不況になると事業再生・組織再編・合併・統合などの案件が増えてくるため、会計や税務の専門知識を持つ人が必要になります。
特に財務・会計系のコンサルティングであれば公認会計士資格は必須になっているところも多いです。

3.一般企業の経理や経営企画部門にいる公認会計士もいますが、資格を必ずしも必要とはしませんので、専門性を活かしたいという場合は当てはまらないかもしれません。


ただ、コンサルティングファームは30代半ば以降になるとマネジメント経験者でないと採用しないところも多く、若いうちでないと狭き門であることは確かですから、なるべく早く試験に受かることだと思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (99/214)

一般企業に入社するなら公認会計士資格は必ずしも取る必要がないと思いますが、どうでしょうか?なぜ公認会計士を目指したいのですか?

公認会計士試験に受かると通常は監査法人に就職します。
というか、試験に受かっても実務経験を積んで補修所の単位をとって統一考査をパスしないと「公認会計士」として登録できないのです。(それまでは「二次試験合格者」)
このあたりは少し調べれば色々情報は出てくるとは思いますが…

大学院に行って公認会計士試験に受かっても、それを何のためにやってきたかを説明できなければ厳しいと思います。
よく大学卒業後に試験勉強などでブランクがある人がいますが、それなりに年齢が上がっているにも関わらずビジネスマンとしては1年生ですから、企業にとっては好ましい経歴ではないからです。
留年・大学院進学・公認会計士受験を、ただの「モラトリアム」だったと思われないように説明できることが第一条件です。


>また有利になるとしたらどの業界でしょうか?

「有利」というのがどういう意味かは分かりかねますが考えられるのは「大学院在学中に公認会計士試験二次合格→大手監査法人になんとか就職する」という道でしょうか。
ただしこの場合も公認会計士は年齢に関わらず合格したときがスタートですので、新卒で金融機関に就職した同年代と比べると年収は低いかもしれません。


何のために大学院に行くのか、何のために公認会計士試験を受けるのか、明確な目的意識をもっていることが大切だと思います。
補足コメント
tyuyan

お礼率 28% (10/35)

書き込みどうもありがとうございます。
公認会計士になりたくて会計大学院に進学予定ですので、
明確に公認会計士を目指す予定です(大学院とは別に専門に通いながら頑張っています)
ありふれた理由になってしまいますが、
まず自らに専門性を身につけたかったことにあります。
TOEICやTOEFLでは9割以上取れるだけの語学力は備わっていますが、英語だけでは企業に自分を売り込めないのではないかと思い、色々と手をつけてみて、一番興味を持ち、面白いと感じたのが簿記・会計でした。
それと金融危機を迎えたことにより、会計士のニーズが高まるのではないかと思い会計士への道を歩んでいくことを決めました。
まだまだ理由はいくつかあるのですが、とりあえずこんなところです。
出来たらまたアドバイスの方よろしくお願いします。
投稿日時:2009/01/20 20:17
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ