• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

1974年に建てた賃貸住宅のアスベストは問題になりますか?

1974年に建てた鉄筋コンクリートの賃貸マンションに引越し予定です。 重要事項説明書によりますと、アスベストの調査はしていないとの事でした。 ネットで調べてみると飛散性の高いアスベスト含有率の高い吹き付け材は1975年に禁止されるまで頻繁に使われていたとの事。  これから数年すむ予定なので不安になっています。   1.通常生活にアスベストの影響があるものでしょうか?まだ、契約書は提出していないのですが、この物件は取りやめた方が良いでしょうか? 2.専門家の意見を電話で伺いたいのですが、どこに問い合わせればよいでしょうか? 3.この物件とは別に迷っていた物件があります。こちらは1988年に建設です。この方がアスベストのリスクはかなり低いものでしょうか? この物件は耐震の調査もしていないようで、少し不信感を持ち始めていますが、その他の私の希望は満たしており、問題なければ住みたいと思っています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数812
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • dekacho
  • ベストアンサー率38% (89/229)

No2です レベル1のアスベスト含有建材が露出していない(目に見えない)のであれば生活上のリスクはあまり高くありません。ただし目に見えなくとも換気などによってアスベストが飛散拡大する恐れはあります。 >解体業者でない限りそれほど心配する必要はないのですかね? アスベストの解体除去には「大気汚染防止法」に基づいた特別な処置が必要となるた解体除去費用が加算され、それが将来的に所有者の負担としてのしかかってくる訳です。ですので賃貸であればその点は関係ないですね。 ちなみに、鉄筋コンクリート造では耐火吹付け材を用いる部位が少ないことは確かです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 結局最低1975年は超えたところで、RC造の、機械室のない、アスベストの露出していない物件を自分が納得して決めました。ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • dekacho
  • ベストアンサー率38% (89/229)

国土交通省が出している「目で見るアスベスト建材」をご覧になれば建材毎のアスベスト含有の年代がわかります。 飛散性の高い(レベル1)の建材でなければ生活上の影響は少ないと考えられますが、使用されている部位にもよるので影響は無いとは言い切れません。アスベストの調査をしてあったとしても、検査対象物質や定量下限値が変わってきていますので、いつ調査したかにもよります。 また、建材にレベル1、レベル2のアスベスト建材が含まれている場合、改修や立替時にはアスベストの除去費用が別途必要になるので、注意が必要です。 新しい建物ほど含有のリスクは低いのは確かですが、規制年代が建材によりまちまちなので築年数だけでは単純に比較できません。 耐震的には1985年に耐震基準が強化されているので、それ以降の「新耐震」構造の物件のほうが良いと思います。 そんなことを言っていると中古マンションが買えなくなってしまいますが、ご参考まで。

参考URL:
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/01/010331_7/01.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。ロックウールの吹き付け材などは1989年規制なんですね。。。1975年に規制されたのは特に含有率が高いものだけですか。。。調べると少し古い建物にはかなり使われているみたいですね。素人には結局リスク覚悟で生活していくしかないのでしょうか。解体業者でない限りそれほど心配する必要はないのですかね?

  • 回答No.1
  • URD
  • ベストアンサー率21% (1105/5238)

アスベスト材が 目に見えるような建物はまずありません 目に見えなければ通常の居住にはまず問題となりません 目に見える材料でも 床のPタイルや天井ボードに使われていても飛散量は無視できます 実に見えて問題となるのは耐火被覆や断熱材として使われた吹き付け材の場合だけです それが目に見えて使われることは鉄筋コンクリートの賃貸住宅ではまず考えられませんし、仮に天井内で使われていても居室への飛散は無視できます あなたが毎日天井の中にもぐって運動会をしたり勝手に天井を壊して改装するのでもない限り無視できます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 もう一つ教えてください。鉄筋コンクリートの賃貸住宅には考えられないというのは、鉄筋コンクリートには普通吹き付け材を用いないということでしょうか?  1988年建設の物件は軽量鉄骨ですがそちらの方が逆に危ないということでしょうか。。。  不動産やさんを通して大家さんに聞いていただいたところ、設計書を調べていただけるそうです。

関連するQ&A

  • 近所の解体の件

    私の自宅から100m先の場所で、ある会社の寮が解体されました。昭和51年建設された鉄筋コンクリートの3階建てだったのですが、3ヶ月程で終了しました。工事が始まって2ヶ月頃にアスベストが世間で問題視され、私はアスベストの詳細を知り、解体工事業者と寮の会社に連絡したところアスベスト含有のものはありませんと言われました。しかし、ちゃんと調査していなかってようです。後日、51年鉄筋コンクリート建設なので、吹きつけアスベストはないと言われ、何も言い返す事ができず、今すごく心配です。Pタイル等の含有製品も気になりますが、飛散率が高い吹きつけアスベストがされている可能性は低いのでしょうか。50年に吹きつけアスベストは禁止になったようですが、ロックウールに含有されていたようですので、ひる石等と混ぜて吹き付けるとかはないのでしょうか。鉄筋コンクリートの場合アスベスト含有の内装材が心配されるものは沢山ありますか。よろしくお願いします。

  • 中古住宅購入にあたって。 耐震 アスベスト

    1988年築の中古物件を購入してリフォーム後住もうかと思っています。 しかし調べていくうちにアスベストが使われていないか、耐震はいかほどか、を調べないで購入することはあまりに危険ではないかと思いました。 この内容について調べる場合は、その家の現在の持ち主に調査料を負担してもらうことはできるのでしょうか。 建坪が大体30坪程ですが、調査費用はどのくらいを考えればいいでしょうか。 またそれ以外にも中古住宅を購入する際に気をつけたほうがいい項目を教えてください。 よろしくお願いします。

  • アスベストが使われている中古住宅

    購入を考えている中古物件の重要事項説明書に アスベストの欄がありました。 建築した会社が倒産のためどこに使われいるか一切不明です。 建築は平成1年です。図面もないです。 瓦はセメントです。見た感じアスベストを混ぜているようです。 外壁もサイディングです。 リフォームの時に飛散する可能性大です。 契約までもう一歩のところでまた問題が出てきました。 ご意見よろしくお願いします。

  • 住宅耐震・アスベストの説明重要事項説明書追加について

    賃貸マンション管理会社の者です。来月にも賃貸マンション契約の際、重要事項説明書に耐震およびアスベストの記録有無を記入が義務付けになると聞いていますが管理会社としてしなければいけないことを具体的に教えて戴けませんでしょうか?また他の管理会社は実際にアスベストや耐震の診断をオーナー様に薦められるのでしょうか?

  • 平成元年竣工の鉄骨造りの賃貸マンション アスベストは大丈夫?

    賃貸マンションに入居を考えています。 竣工が、平成元年の3月の鉄骨造のマンションです。 不動産会社の重要事項説明書によると、アスベスト調査はしてないそうで、大家さんの話では『アスベストは使ってないと思う。』でした。私に言わせれば、調査してよって感じ。そりゃ、費用がかかるんだろうけど、『(アスベストを使用してないと)思う』ってなんだよ!と。確証はないのか、と。 アスベストのこと以外はパーフェクトな物件ですが、これだけがネック。一応、物件を見た(室内も)けど、アスベストを使ってるかなんて、素人にはわかりません。 ただただ、不安です、、大家さんの言葉を信じて入居すべきでしょうか。 うん十年後、肺ガンでもがき苦しみ、あの時に入居しなければ…と後悔し涙する自分が頭に浮かび、眠れません。 安全性はどうでしょうか?入居しても、ハイキシュや肺ガンにならないでしょうか。 よろしくお願いいたします

  • アスベスト使用の可能性は?

    古屋付(解体前提)の不動産を購入しようと思っています。古屋に関しては 「昭和51年3月築、軽量鉄骨スレート2階建て、防火/準防火の指定なしの地域」 という内容で土地は気に入ってはいるのですが、重要事項説明書の「石綿使用調査の内容」で「調査記録:無し」「使用調査の内容:売主に確認しましたが不明です。」との記載に契約するか迷っています(瑕疵担保責任無しの物件)。 つまり古屋解体時にアスベスト使用が判明したら、解体費用が100万以上アップするからです。 不動産屋は、解体しないと分からない(多分使っていないでしょう)し、売主に調査依頼や瑕疵担保責任は難しいと言われました。 そこでお聞きしたいことがあります。 このような建物の場合、(解体費がアップするような)アスベストを使用している可能性はありますか? 傾向的にで結構です。 なお、昭和50年頃からアスベスト含有ロックウールに切り替わったのは似た質問から知りました。

  • 住宅金融公庫が出資した古いマンションの耐震度

    1974年築ですが内装は完全にリフォームされた綺麗で安い賃貸マンションを見つけました。74年築ですので耐震基準ができる前の物件です。不動産屋さんも耐震性についてはなんともいえないといっています。ただ、住宅金融公庫が出資して立てた家であるため、建築基準はかなり厳しく、しっかりしていたはずだと言っています。 耐震性が不安である以外はとても満足しています。住宅金融公庫が関与する物件の耐震に対する信頼性を教えて下さい。

  • アスベスト含有マンション。飛散の可能性があります

    古いマンション(築43年)に住んでいます。 去年の年末に、賃貸で入居しました。 契約時の説明では、その部屋単独の仲介会社(その部屋の大家と契約あり)からは、 アスベスト含有なしと言われましたが、 実際には、天井上部の断熱材に吹き付けにアスベストが使われていることが分かりました。 去年、アスベストに対する法律が強化されたと知りました。 先日は、マンション内の一室に大規模な室内リフォームが入りました。 天井を剥がすなどの作業があるということでしたが、 告知などの張り紙もなく、飛散防止の対策もしている気配がないということから、 役所の環境対策課の方が現地調査と指導をしてくれました。 「天井上部に吹き付けられていたアスベストがポロポロと天井裏に落下していた状態。あのまま天井を剥がすだ外すだをしていたら飛散していただろう」ということでした。 役所からの指導により、施行業者が工事内容の一部を変更したと聞き、一安心していました。 しかし、その数週間後、 天井からの水漏れ疑惑がある部屋があり、(上記のリフォーム部屋とはまた別です) その部屋の天井を開けたというのです。 告知もありませんでしたし、アスベスト含有箇所を施工することに対しての届け出も役所に出されていないようです。 作業員は、飛散したくないからとガスマスク装着など完全防備で作業をしていたらしいですが、住民は皆無防備な状態でした。 さらには、あろうことかその部屋の住民が業者が来る前に自分でどうにかしようとして含有箇所をいじくったり削ろうとガリガリしたりを安易にしていたと聞きました。 他の住民に対する配慮がなさすぎることに苛立ちを感じ、 管理組合にこれはおかしいと思うと抗議したところ、 「今時の若者は病的に神経質すぎる」 「私たちはアスベストなど普通に使ってきたし、吸ってきた」などと怒鳴り散らされました。 管理組合含め、年寄りばかりのマンションですので、 色々な問題に対して「今時の常識」が通用しないことが多いです。 アスベストに関しては、住んでいる子どもたちの健康に関わることですし、 失礼ながら、その人たちはあと何年もすれば寿命がくるでしょうから影響は少ないと思います。 「自分たちも今まで散々吸ってきたから」と、 危険性が明らかになった昨今も平気で子どもたちの危険まで脅かすやり方が理解出来ません。 理解を求めても、神経質だ基地外だと罵倒されて終わります。 役所には、今回の件を通報はしましたが、 今後私は、どのようなことを役所に求めたりしていけばいいでしょうか?

  • マンション【アスベスト・有害物質】について

    知識がない為、詳しい方からのアドバイスを頂きたいです。 以下2点についてです。 (1)アスベストについて (2)ペンキ(有害物質)について 2点の質問になってしまい申し訳ありませんが、似たような問題なため、まとめての投稿とさせていただきました。 今、私の住んでいるマンションは、鉄筋コンクリートの造りです。 一階はテナントが入っています。 昭和49年に建った物です。 入居して2年がたちます。 (1)アスベストについて アスベスト=有害だとニュースで見聞きし、 単純に、古い建物だから、アスベストが使用されていたのではないかと心配です。 昔は、普通に使用されていて、現在では有害とされているようですが、 有害だと世間で知られてから、アスベストが使われていたであろう時代に建ったマンションや工場等では、自主的に調査・検査がされているものでしょうか? 自分のマンションにアスベストが使用されているか、知る術は、管理人さんに聞く・管理会社に聞くのが一番でしょうか? それでもわからなければ、もう専門業者に調査してもらうしかないでしょうか? 万が一、アスベストが使用されたいた場合、マンション全体の、アスベスト除去は可能なのでしょうか?(費用をマンション管理持ちで) (2)ペンキ(有害物質)について 古いマンションの為、和室の壁が、砂壁です。 入居する前に、家族が、掃除等をしてくれたのですが、 「黄緑っぽい砂壁だと変だから、白色にしてあげる」と言い、 ホームセンターでペンキを買ってきて、それを砂壁に塗りました。 外壁を塗る用のペンキだったらしいのですが、そういったペンキに有害物質は入っていますでしょうか? 今のところ、これと言って身体に異変は起きていませんが、なんだか少し気になってしまって・・・。 ちょっとこすれると、ボロボロと粉が出てくるので、クロスにしたいのですが(クロス張り替えのリフォーム予定)、もし有害でしたら、全ての砂壁を剥いでしまえば、問題はないでしょうか? クロスを貼る際の接着剤も有害だったらどうしよう、と、とにかく不安ばかりです。 リフォームの際に、無害な接着剤を使って下さいと言え大丈夫でしょうか? 長くなってしまって申し訳ありません。 お答え出来るモノだけで構いません。 どうか回答・アドバイスお願い致します。

  • 耐震性について教えてください。

    今度賃貸物件に引越しをする予定の者です。 建物の耐震性についてお伺いします。 ひとつは 建築年が1983年鉄筋コンクリート、1階/3階建ての物件 もうひとつは 建築年が1993年軽量鉄骨造、2階/2階建ての物件 この場合、やはり築年数的にも後者の物件の方が耐震性は優れているのでしょうか? 防音は前者のほうが優れているでしょうか? また、耐震性の気になる物件(前者の物件)に住む場合、気をつけることはありますか? 実際には耐震性、地震のことを気にしているとどこにも住めないのですが、気になったのでご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。