• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アスベストが使われている中古住宅

購入を考えている中古物件の重要事項説明書に アスベストの欄がありました。 建築した会社が倒産のためどこに使われいるか一切不明です。 建築は平成1年です。図面もないです。 瓦はセメントです。見た感じアスベストを混ぜているようです。 外壁もサイディングです。 リフォームの時に飛散する可能性大です。 契約までもう一歩のところでまた問題が出てきました。 ご意見よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1082
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>リフォームの時に飛散する可能性大です。  と思うならばその物件はやめられた方が良いと思います。 >平成元年  平成元年でしたら大丈夫な気がするのですが。 http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/01/010331_7/01.pdf国土交通省の資料をはっておきます。  アスベストが含まれていることと飛散することは別問題ですが、自己責任で判断されてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になるサイトをご紹介いただきありがとうございます。 早速みたのですが・・・・・ 世の中の建造物のほとんどがアスベストで建てられている。 という感想をもちました。 未使用の建物なんて絶対ないと思うのですが・・・ どこでも見かける住宅、建物の天井、 私の会社も アスベスト使用のものでした。 現在のアパートの外壁ですが、これも間違いなくサイディングなので 使用されています。 結果、どこに住んでもアスベストから離れられないと思いました。 新築でもして材料に目を光らせていないかぎり・・・ それから思ったのですが、いくら自宅だけ気をつけていても 塗装のはげた屋根や外壁から空気中にアスベストは浮遊している と思うのです。 考えすぎたら切がないですが、之が事実なのかと思ったら 怖くなりました。

関連するQ&A

  • 1974年に建てた賃貸住宅のアスベストは問題になりますか?

    1974年に建てた鉄筋コンクリートの賃貸マンションに引越し予定です。 重要事項説明書によりますと、アスベストの調査はしていないとの事でした。 ネットで調べてみると飛散性の高いアスベスト含有率の高い吹き付け材は1975年に禁止されるまで頻繁に使われていたとの事。  これから数年すむ予定なので不安になっています。   1.通常生活にアスベストの影響があるものでしょうか?まだ、契約書は提出していないのですが、この物件は取りやめた方が良いでしょうか? 2.専門家の意見を電話で伺いたいのですが、どこに問い合わせればよいでしょうか? 3.この物件とは別に迷っていた物件があります。こちらは1988年に建設です。この方がアスベストのリスクはかなり低いものでしょうか? この物件は耐震の調査もしていないようで、少し不信感を持ち始めていますが、その他の私の希望は満たしており、問題なければ住みたいと思っています。

  • 築25年の中古住宅

    中古住宅を購入しようと物件を探しています。 先日、ほぼ希望通りの物件に出会いました。 しかし、「築25年」(S55.3)。 現在は居住中である家の中を見せていただきました。 素人目では問題なく、お風呂のタイルに少々カビが着いている程度でした。 ・南4M道路に接する、木造2階建て5Kの間取りです。 ・台所を4年前にリフォームしています。 ・風呂場のリフォームはしていないそうです。 ・シロアリ対策の扇風機が床下に3機あるそうです。 ・屋根はセメント瓦です。 このような物件の場合、購入前に必ず確認しておくべきことを教えてください。また、購入後メンテナンスが必要と思われるポイントとその理由を教えてください。よろしくお願いします。

  • セメントサイディングとアスベスト

    築25年の自宅のセメントサイディングにリシン吹きつけをした外壁が劣化してリシン吹きつけが剥離して、なかから粉の様な物が落ちてきます。このセメントサイディングがアスベストを含んでいるか簡単な見分け方が有りましたら教えて下さい。以前表面を削って芯に白もしくはねずみ色をした繊維状の物があればアスベストを含む可能性があるとみたのですが

  • 中古住宅の耐震性について

    築20年の軽量鉄骨の住宅を購入するか検討中です。 耐震性が心配です。 リフォームで2階の部屋の壁がぶち抜かれていて、2部屋を1部屋にしています。 1階も外壁を一部無くして、リフォームで部屋を大きくしています。 また、リフォームではありませんが、2階のある部屋は部屋の角の部分がXY 方向とも窓で壁がありません。 住人が2回ほど入れ替わっているため、新築時の図面も残っていないそうです。 耐力壁が壊されているってことは考えられないでしょうか? 耐震診断も考えましたが、壁をめくる必要などがあるため、購入前の診断は難しいですよね。 仲介会社の人からは、1980年の法改正以降の家だから今の基準と大差がない基準で建てられた家だという説明と、耐震診断については建築確認申請時に構造計算書等を添付するから普通は再調査をすることは無いということを聞きました。 物件を見たところ、外壁や基礎にヒビなどはなかったです。 購入する前に何か耐震性について調べられることがあるでしょうか? そんなに心配せずに、購入しても良いでしょうか?

  • 教えてください!リフォームされた…でも古い鉄骨中古住宅。

    春に引っ越しを検討しており、新しい家を探しています。最近紹介された家が気に入り、購入を前向きに考えているのですが何かと気になることがあり、質問させていただきました。 1 昭和54年に建てられた鉄骨で、当時は写真屋 2 倒産したため、リフォームして(地盤からやり直した?とのこと)住宅として販売 3 今の持ち主がさらに1500万円ほどかけて大幅にリフォーム。(平成16年のことです) 4 大通りに面しており、坪単価の相場は45ー50万で、この家は50坪で3階建てです。 不動産業者は土地の価値が2500万円としても、リフォームしてから年数もたっていない。5400万円くらいが妥当、と言います。 ですが、知人の建築業者等からの意見では『鉄骨自体が古く、リフォームしていてもウワモのの価値はほとんどないだろう』とも。。 気に入っているので、これから値段交渉…というところなのですが、どうにもモヤモヤして仕方ありません。 古い鉄骨とのことで、アスベストの問題もあるだろうとのことでした。(これは不動産業者も『あるかもしれません』と言いました。) ウワモのの価値の問題、アスベストの問題、、、どうかご意見お願い致します。

  • 中古住宅のトラブルについて

    どなたか教えてください。先日中古住宅(土地と中古住宅)を契約しました。土地は公簿で90坪と表記されていました。売買契約をしたとのことで、境界石のない場所があったので、新たに石を入れるために売り主で測量しました。その結果実測面積は83坪しかありませんと報告がありました。不動産会社に言ったところ中古住宅の場合、公簿と実測に差異があっても清算は行わない旨重要事項説明書に書いてある。と言われました。しかし、納得できないのは、平成6年にその家を建てた時の文書(確認通知書)に敷地面積が83坪とかかれています。これは建築主事から建築主あての文書で、当然公簿より少ないのを知っていたと思うのですが・・・また、当時家を建てたときの建築図面の面積も83坪になっています。また、契約前に不動産屋がとってきた書類があります。建築指導事務所で出す「証明書」ですが、この書類の敷地面積も83坪になっています。不動産会社に説明責任はないのでしょうか?このような場合でも、買い主は重要事項説明書にある以上不服は言えないのでしょうか?このあたりは安くみても坪単価30万はします。200万以上損した気分なのですが泣くしかないのでしょうか?本当に困っています。どなたかよきアドバイスをお願いします。(*実際には坪ではなくm2で記載されているものもありますが、この文章では統一するために坪で表記しました)

  • コロニアル屋根のアスベストは有害ですか

    築後10年になるので、外壁や屋根の塗装を考えています。 新築時に作成した設計図面を改めて見ると、屋根はカラーベスト葺と書いてあります。 これは、石綿セメント系の成型材に水分吸収対策として塗膜を施しているものでアスベストと思っていますがこの解釈は正しいでしょうか。 もしそうだとすれば、どの程度害があるものか心配になりました。 鉄骨を耐火被服するときに吹き付けるアスベストは軟性で飛散も多く問題が大きいのはわかりますが、瓦状に成型されたものは飛散は少ないと思います。特に表面を塗膜で処理されていればなお更かもしれません。この材料、新品では下になる部分にも塗膜が施してあるものでしょうか。 アスベストによる健康障害が表面にでるのは30年程度かかると聞いていますので、私たち夫婦は現在70才前後ですので、90才まで大丈夫と思っていますが、たまに泊まりにくる孫達に与える影響はどうなのでしょうか。 屋根再塗装の際配慮すること、または別の材料に交換しなければならないのか、アスベストについて詳しい方、宜しくご指導お願いします。

  • ヘルプ!中古住宅買うべき?!

    状況・・・主人37歳。妻32歳。子供2歳と0歳の二人。 主人の年収・・・400万 現在2LDK賃貸マンション。家賃5万。 (1)今回の物件 築20年(昭和63年3月)1780万(土地坪70.34)(建物坪33.88) 土地価格1300万、建物価格380万 構造 軽量鉄骨造セメント瓦二階建て 書類 権利書のみ、検査済み書や立面図等なし (2)内見した感想 幼稚園、小中学校近くで静かな住宅街、近隣と話の中で子供に声をかけてくれたり、詳しく環境状況など話をしてくれたので親切な方が多く安心だと思いました。新築を変える生活状況じゃないので半年前から探して、今回お互いに気に入り、不動産預かり金5万を今日払い、購入したいと考えました。 (3)両親にも見てもらった結果 床下、天井裏、水平器をつかっての傾きは全部の柱は大丈夫みたいです。たたみの下ーコンパネの上に畳  フローリングの下ー断熱材 床下ー布基礎みたいですが、砂も湿気ておらず基礎部分もシロアリの通った跡なし。天井しみなし。 (4)リフォーム必要箇所 屋根の塗り替え、畳の表替え、網戸、障子、ベランダのさびの為塗り替え、外壁のヒビ、屋根の近く(通気口付近)縦のクラック、上下水道工事、お風呂の給湯のみ(追い炊きなし、外に石油菅ありました)システムキッチンなど (5)結論 銀行から借りれたとしても2000万までなのでこの上記のリフォームまですると遥かに上回ってしまいます。なので、痛みのひどい順から1・瓦、2・畳、(網戸、障子、ふすま、ベランダ等は自分でするとして)と考えていましたが、親からそれ以外に、浴槽やトイレの上下水道工事は必要だ!!と言われました。その為1500万まで下げてもらえとの事、そうじゃないと買う必要なし。子供が大きくなってからのリフォームは教育費もかかるから、今のうちしとかないとダメとの事でしった。 私たちとしては、今回の物件は気に入ってますし、そんなに値段をさげてもらえると思ってないので。瓦、畳だけのリフォームのみ今後お金を貯めながらリフォームをしていけばいいと思ってました。私たちの考えは甘いのでしょうか・・・・また年収400万で2000万の住宅ローン返済は厳しい結果になるのでしょうか? 現在・・・仮押さえ中。リフォームの見積もりお願い中。1週間後購入するかどうか聞かれます!皆さんの意見を参考にしたいので、どうか宜しくお願い致します!!

  • 断熱材と防水紙の入っていない中古住宅について

    築24年の中古住宅を購入する事にしました。現在、売主様が居住中です。2度目の内覧の時に不動産屋さんの連れてきた一級建築士とは別にこちらで第三者の一級建築士を含む3人の建築士の方に住宅診断して頂きました。その結果、天井裏、床下、壁の全てに防水シートと断熱材が入っていないとの診断でした。実際に写真も提示されました。外壁はサイディングで再塗装されています。第三者の建築士の方によると築30年位の住宅で防水紙が入っていない施工は考えられないとの事でした。その写真を不動産屋さんに渡してお話をした所、不動産屋さん側の建築士に相談して回答するとの事でした。実際に防水紙と断熱材を施工しないで張れるサイディング材等は有るのでしょうか? とても気に入った物件ですのでどうしても諦めきれない気持があります。下手な文章表現で恐縮ですがどなたかアドバイスお願い致します。

  • 中古住宅トラブル

    築49年(平成10年2Fフロアーリフォーム)、土地面積約50坪、鉄筋2F建、2世帯対応、同地区土地料金約32万/坪の中古住宅を、2575万で購入しました。 築年数もいっており、塩害(古いのでセメントに海砂を使用している可能性大)も考えられるが、子供の学校区で転校もなく、2世帯対応であり、とりあえず見に行ったところ、見た目は、傷みも修繕可能に見え、不動産も600万ほどかければ充分すめるのではないかとの話でした。借り入れ3500万し、1200万リフォームに充てる計画で、契約しました。 契約前に、素人目で判断し、売主の了解をえて、リフォーム業者に見積り依頼をしました。その際にも、多少の雨漏りのあとを指摘されましたが、修繕できるということで、決断しました。 売買契約締結後、支払い完了し、鍵を受け取り、改めて業者に見積り依頼したところ(先の見積りは銀行融資用のため、何回も図面変更し、ようやくキッチンや配置等をきめ、着工前の本見積もり)、雨漏りと屋根(2F天井点検口5箇所より確認)の欠損が発覚しました。 深刻な傷みのようで、1F部はリフォーム時に柱等を確認予定ですが、鉄筋コンクリートが、腐食して、点検口を開けると崩れた5センチほどの石ころが落ちてきたり、天井裏にすでに落ちた重さ7キロ程度のコンクリート片もいくつか確認でき、1F部も腐食している可能性もあり、お金をかけても到底安心してすめる家ではなく、住宅購入の目的が達せられない可能性が出てきました。 解約したくても、料金支払い後約1ヶ月経過し、登記も完了しており、契約書の特約事項(いろいろな定めがあるが、本事項が最優先で適用)には、「築年数49年を経過しており、経年劣化による瑕疵は、隠れた瑕疵に該当しない」と明記されており、こちらにサインをしていますよね、ということで、応じてもらえません。 こちらの言い分は、重要事項説明書作成について、前日でなく契約当日、売買契約書作成前に、主任宅建者が「手続きは素人である売主」に、水漏れがないか等の点検事項にチェックを入れさせ、不動産事務所のためこちらが住宅をチェックできない状態でありましたが、不動産と売主との信頼関係の元、特約事項も含め、古い家なので、修繕が前提での購入で計画していたので、素直にサインしました。このような事態になり、いろいろ調べましたが、わからないのが、 1、重要事項説明書の記入については、虚偽の報告は当然あってはならないようですが、付帯 設備欄にクーラー無しとなっていても、実際には撤去してないしです。大事な書類なのに、 一つ一つを以前住んでいた想像を浮かべながらのその場の記入で、買主は確認もできない状 態での付帯設備や雨漏りの欄に、同意の印鑑を押しました。自分も甘かったかもしれません が、不動産と売主とは信頼関係ができているものとし、自分も2回家を見ていて想定内の劣 化しか見当たらなかったので、てサインしたのですが、いざ盾に取られると後悔していま  す。これは、売主と不動産と主任宅建者は調べ(確認)もしないで記入しているということ で、虚偽になるの でしょうか? 2、契約書は、不動産・主任宅建士・売主・買主の4名の割印がされているのですが、主任は 当日初めての方で、実際に住宅を見たことも、売買主と面識もなし、不動産は5個もある点 検口も見ていないし、建物外壁も確認していない、売主は40代後半の奥さん所有者(3分 の1所有権)で、重要事項等の項目も確認せずに申告、買主(わたし)は、手続きがはじめ てのため、当然のように不動産と主任者の進行どおりに、押印作業・・、押印は何よりもの 証拠書類ですが、このような状態で作成されたことが明らかである(前述のとおり、そして なにより、修繕が必要であることを隠していたとはいえないので、不動産業者は点検もせ  ず、買主に物件説明していたと本人が認めるしかない状態である。)→「重要説明事項で虚 偽の申告はできないため、今回の雨漏りと天井裏の件は知らなかったと言っている」という ことは・・→点検は行って無い、または気づきませんでしたと言わざる得ない場合も1番優 先な強制力があるのでしょうか? 3売主・不動産業者・買主も気づかなかった、瑕疵が、今後の建物の維持上重要な役割をしめ 、買主の予算と、修繕しても残る不安による、精神的苦痛は、不慮の事態により当初の目的 がたっせられないため、契約解除の理由になりうると思うのですが、それよりも、特約事項 が優先になるのでしょうか? 4そもそも、仲介不動産業者も主任宅建の資格をもっての仲介であるのに、公平な立場でなけ ればならなく、その人が2F点検口を確認せず、外壁も確認せずで、重要事項説明書に特約 事項を組み込み、売主にかなり有利な契約書でサインさせ、それを盾に取るのは、一般的に 通用することなのでしょうか? 5特約事項に「・・・購入後の経年劣化に よる瑕疵は隠れた瑕疵ではない」とありますが、 コケの生え具合や、雨漏り部分にのみ植物が生息、修繕しても不安が残る重大な修繕を要す る箇所の発覚は、瑕疵ではなく、完全に契約をもとにもどす理由になりえるのではないで  しょうか? 以上、<(_ _)>よろしくお願いします