• ベストアンサー
  • 困ってます

アーベル群(訂正)

H,K:アーベル群 H×K={(h,k)|h∈H,k∈K} H×K∋x1=(h1,k1),x2=(h2,k2) x1+x2=(h1+h2,k1+k2) この+に関して、H×Kはアーベル群であることを示したいんです。 アーベル群の定義 (G,+)はアーベル群⇔(ⅰ)(a+b)+c=a+(b+c)             (ⅱ)a+b=b+a             (ⅲ)∃0∈G st.a+0=a             (ⅳ)Gの各元aに対して                a+a´=0をみたすGの元a´が存在する。 自分の見解としては、上記の定義の合うようにH,Kかろそれぞれいくつかの元を取ってきて式変形をしていき、H×Kにおいても定義(ⅰ)~(ⅳ)を示していくというものです。しかし、「+に関して」というところに躓いてしまい証明することが出来ません。 また、定義の(ⅰ)~(ⅳ)全てを証明しなければアーベル群を証明することが出来ないのかというのも疑問です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

意味が分かれば、それほど難しい問題ではなので、 おそらくどこかで何か勘違いしてるんじゃないかと思うんですが… ちなみに(i)~(iv)の条件は、特定の元a,b,cについて成り立つものではなく 「任意の元」a,b,c,について成り立つものだと言うことをお忘れなく。 百聞は一見にしかず、実際に(ii)と(iii)を証明してみます。 (ii) a1=(h1,k1),a1=(h2,k2)∈H×Kを任意にとると a1+a1=(h1,k1)+(h2,k2)=(h1+h2,k1+k2)=(h2+h1,k2+k1)=(h2,k2)+(h1,k1)=a2+a1 (iii) 0=(0,0)とおけばこれが(iii)の零元の条件を満たす。 実際a=(h,k)∈H×Kについて a+0=(h,k)+(0,0)=(h+0,k+0)=(h,k)=0である。 分かっていれば、かなりくどい証明ですが、 (i),(iv)において何を示すべきか多少は伝わったでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私は群論に関してほとんど無知なのでhandarinさんのような解説をしていただけると大変助かります。 本当にありがとうございました。 群論頑張ります。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • koko_u_
  • ベストアンサー率18% (459/2509)

群の定義で「+」という記号が単なる写像の略記であることに注意すればよいでしょう。 Hで定義された「+」とKで定義された「+」、H×Kで定義された「+」すべてが異なるという点のみが、 ひっかかる箇所と言えるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私は群論がとても苦手です。 しかし、koko_u_さんのような解説をしていただけると大変助かります。本当にありがとうございました。群論頑張ります。

  • 回答No.2
  • old_sho
  • ベストアンサー率38% (20/52)

当然に4つすべてを証明しなければ、アーベル群ではありません。 疑問なのはむしろ、何処につまずく所があるかです。失礼とは思いますが、つまずく所を見せていただきたい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アーベル群

    Hはアーベル群(G,+)の部分群とするとき0∈Hを示したいんです。ここでの0はGの単位元です。 部分集合の定理 ⅰ)H∋∀ x,y に対して、x+y∈H ⅱ)H∋∀ x に対して、-x∈H 上記の定理を用いて証明を展開すればいいのですか? 回答の程よろしくお願いします。

  • アーベル群

    短完全系列というのがよくわからなくてこまっています。 短完全系列というのは 0→H→G→K→0 というカタチである、と本には書いてあるのですが たとえば 0→H→G→K→J→0 というのも短完全系列と呼ぶのでしょうか? (アルファベットはアーベル群、各写像→は準同型写像です)

  • 群論の交換子群について

    (問題) Gを群,HをGの部分群とする.また,[G,G]をGの交換子群とするとき, [G,G]⊂H⇔H\GかつG/Hがアーベル群 となることを示せ. ここで,H\GはHがGの正規部分群であることを表し(記号が環境依存文字だったので\で代用させていただきました),G/HはHによる商群とする. (質問) この証明なのですが,H\Gは証明できました,しかし,G/Hがアーベル群であることが示せません. 手持ちの参考書には,任意のGの元a,bに対して, {a^(-1)b^(-1)ab}H=H・・・(1) であるから, (aH)(bH)=abH=ba{a^(-1)b^(-1)ab}H=baH=(bH)(aH) よって,G/Hはアーベル群である. とあるのですが,(1)が示せません. (1)が示せれば後は簡単なのですが,ここが理解できないので困っています. a^(-1)およびb^(-1)はそれぞれa,bの逆元です. どなたか群論に詳しい方よろしくお願いします.

  • G:有限アーベル群

    G:有限アーベル群 e:単位元 もし任意のGの元aに対してa^2=eが成り立つならGはZ2の幾つかの直積に同型であることを示しなさい という問題でいきずまってしまいました。 わかる方いましたらよろしくお願いいたします<(_ _)>

  • 部分群であることの証明

    部分群であることの証明 Gを群、Hをその部分集合とし、a,b∈Gに対し、「a~b⇔ab^(-1)∈H」なる~ が同値関係であるとする。このとき、HはGの部分群であることを証明してほしいです。 部分群であることを証明するには、(1)結合法則が成り立つこと(2)単位元の存在(3)逆元の存在が言えればいいこと、 同値関係の定義については理解しています。 ですが証明文を書くことができず、困っています。 回答よろしくお願いします。

  • 部分群の問題なんですが・・・

    HをGの部分群としてGの元a,bに対して a~b⇔a^(-1)b∈H と定義するとき (1)関係~は同値律を満たすことを証明 (2)aの同値類をaとHを用いて表せ という問題なんですが、まず(1)の同値律を満たすことを証明というのはどういうことを証明すればよいのかわかりません。また(2)について、同値類をaとHを用いて表すというのが問題の意味すらよくわかりません。何かアドバイス頂ければありがたいのですが・・・よろしくお願いいたします!!

  • 直積の問題なんですが・・・

    H,Kが群Gの部分群であるとき外部直積H×KからGへの写像ψを   ψ:H×K→G , (h,k)→hk と定義する時この写像ψが群の同型写像であるための必要十分条件は次の条件(1)(2) が成立することである。これを証明せよ。 (1)Hの任意の元とKの任意の元が可換である。 (2)G∋aはa=hk(h∈H,k∈K)と一意的に表される。 という問題なんですが、まず(1)→(2)を証明しようとしたのですが (1)の可換という条件からh1,h2∈H k1,k2∈Kとして 準同型写像を考えて ψ((h1,h2)(k1,k2)) =ψ((h1h2,k1k2)) =h1h2k1k2 =h1k1h2k2 =ψ((h1,k1))ψ((h2,k2)) くらいしか思いつかなかったのですが(2)の条件をどう証明してよいのかわかりません。 アドバイスよろしくお願いします。(1)→(2)の証明ができていないので当然(2)→(1)の証明もできていないのですが・・・

  • 群っていったい・・

    ここのところ、「群」について勉強しています。 初っぱなから面食らっているのですが、 「集合Gが群をなすとは、任意のGの元 a,b,cについて (1)結合法則:(a・b)・c = a・(b・c) (2)単位元:e・a = a・e = e (3)逆元:a-1・a=e が成り立つこと」 とあります。 漠然とした質問で申し訳ないのですが、 (1) なぜ、こんなことを定義するのでしょうか!? (2) 導入なしにいきなり定義がきて面食らっているのですが、最初に群を考えた数学者はどういう必要性があって(実用問題?)こういうことを考えたのでしょうか?

  • 代数学 群の問題

    Gをアーベル群、eをGの単位元、kを整数とする。 (1)H={g^k|g∈G}はGの部分群であること (2)N={g∈G|g^k=e}はGの正規部分群であること (3)剰余群G/NはHと同型であること 上記3つを示したいのですが、お力を貸してください。どうぞよろしくお願いします。

  • 代数学 包含関係の意図と証明

    毎度お世話になっております。 前回教えていただいたところに関しては大変助かりました。ひいこら言いながら教科書を読んでいるわけですが、またわからないところが出てきました。またお願いします。 今度はアーベル群です。有限アーベル群に関して巡回群に直積分解するために、次の補題二つを証明しようとしています。 15.2 有限アーベル群のAの元の最大位数をeとすれば、Aの任意の元の位数はeの約数である。 15.3 aを有限アーベル群Aの最大位数の元とすれば、<a>はAの直積因子である。 で、次が15.3の証明なのですが、<a>∩<c>=1となる、位数が素数pの元cを探したあとで、cを使って剰余群を作りそこから数学的帰納法で証明しようとしています。剰余群を作るところから。 A^*=A/<c>において、x∈Aを含む剰余類をx^*で表す(ということは、集合のアスタリスクと元のアスタリスクは微妙に使用方法が違います)<x^*>=<x><c>/<c>なので、これは<x>/<x>∩<c>と同型。(同型定理より) 従って上の式で位数を取ると、O(x^*)|O(x)が導ける。 特にaについてはO(a^*)=O(a)=e a^*はA^*の最大位数の元。A^*に帰納法の仮定を適用して、A^*=<a^*>×H^*と直積に分解される。ここでHは<c>を含む部分群で、H^*={h^*|h∈H}である。この時<a>∩H⊂<c>,したがって<a>∩H=<c>∩<a>∩H=1となり,<a>H=<a>×H.これとAの位数を比較してA=<a>×Hを得る。 このうち、 この時<a>∩H⊂<c>, とあるのですが、ここの理由がわかりません。多分*に関する事項を利用して示すのでしょうが、どうにもこうにも。今日二人で頭を絞ったんですが結局わかりませんでした。なぜこれが真だと導かれたのか説明お願いします。わからないところあれば補足します。 なにとぞよろしくお願いします。