• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

部分群の問題なんですが・・・

HをGの部分群としてGの元a,bに対して a~b⇔a^(-1)b∈H と定義するとき (1)関係~は同値律を満たすことを証明 (2)aの同値類をaとHを用いて表せ という問題なんですが、まず(1)の同値律を満たすことを証明というのはどういうことを証明すればよいのかわかりません。また(2)について、同値類をaとHを用いて表すというのが問題の意味すらよくわかりません。何かアドバイス頂ければありがたいのですが・・・よろしくお願いいたします!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#24477
noname#24477

群とは(部分群でも)ある演算に閉じていて 単位元、逆元、が存在。演算に対する結合法則が成り立つ という性質を使います。 (i) a~aの証明 a^(-1)*a=e∈H (なぜならばHは部分群だから単位元を要素に持つ) (ii) 「a~bならばb~a」 の証明 (当たり前といわないように。左右入れ 替えて成り立つかどうか?) a~b が成り立つとすると a^(-1)b∈H Hは群だからHの元には逆元も存在する。 a^(-1)b の逆元は(a^(-1)b)^(-1)=b^(-1)a∈H これは b~a が成り立つことを意味する。 (iii) a~b,b~c ならばa~c の証明 ひとつぐらい残しておきます。自分でやらないと力はつかないと思いますから。 (2)はそのままでしょう。 a^(-1)b∈H が成り立つようなbを集めた集合 {b|a^(-1)b∈H } 簡略にb=aH なんて書き方もしたような・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

(1)同値律を満たすというのは、「~」が同値関係になるということ。 で、同値関係になるというのは、次の3条件を満たすことです。 (i) a~a (ii) a~b ⇒ b~a (iii) a~b , b~c ⇒ a~c それぞれ反射律、対称律、推移律といったかな。 「~」の定義から考えて、これら3つが成り立っていることを表せば 同値律を満たすことの証明になります。Hが部分群であることを使えば できると思います。やってみてください。 (2)aの同値類というのは、Gの元 a に対して、aと同値となる元すべての 集合を指します。記号で書けば{x∈G|a~x}です。 (これは必ずしも部分群ではありません) これを、~の定義を考え、Hを使って表現すればいいわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 部分群であることの証明

    部分群であることの証明 Gを群、Hをその部分集合とし、a,b∈Gに対し、「a~b⇔ab^(-1)∈H」なる~ が同値関係であるとする。このとき、HはGの部分群であることを証明してほしいです。 部分群であることを証明するには、(1)結合法則が成り立つこと(2)単位元の存在(3)逆元の存在が言えればいいこと、 同値関係の定義については理解しています。 ですが証明文を書くことができず、困っています。 回答よろしくお願いします。

  • 部分群について

    群Gの部分群Nについて、次の4条件は同値である 1 NはGの正規部分群である 2 Gの任意の元aに対して、(a^(-1))Na⊆N である 3 Gの任意の元aに対して、Na=aN である 4 Gの任意の元aに対して、Na⊆aN である ______________________________________ ランダムで 1⇔3 や 2⇔3 などは証明できました。 次に 3⇔4 の証明で躓いてしまいました。 3⇒4 は明らかだと思うのですが、問題は 4⇒3 です。。。 すみませんが、知恵を貸してください。 よろしくお願いします。

  • 同値関係の問題です。

    同値関係の問題です。 1)群Gと部分群Hで{(x,y)|xy∈H}がG上の同値関係でないものを与えよ。 2)群Gと部分群Hで{(x,y)|xyx^(-1)y^(-1)∈H}がG上の同値関係でないものを与えよ。 3)RをXの同値関係とする。与えられたx∈Xに対して、y∈Xを(x,y)∈Rとなるように選ぶ。対称律より(y,x)∈Rとなり、次に推移律より(x,x)∈Rが示される。それゆえ、同値関係の反射律は余計なように思える。この議論の何が問題なのだろうか? 1問でもいいので分かる方おねがいします。

  • 「群G、あるa∈Gにおいて、aG⊇G」は成り立つか?

    お世話になります。よろしくお願いします。 「群G、あるa∈Gにおいて、aG⊇G」が成り立つことの証明を知りたいのですが。 Gが有限群の時は簡約律(ag=ag'ならg=g')から元の個数が等しいので aG=Gになるというのが分かります。(多分) 問題は群Gの元の数が無限の時です。 一般的に 「群G、あるa∈Gにおいて、aG⊇G」は成り立つのでしょうか? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ここからは補足で、 この問題の出所なのですが、 「Hを群Gの部分群、a,b∈Gで b∈aH→aH=bH」の証明です。 (証明) b=ah(h∈H)とおける。 bH=ahH=aH(←ココでhH=Hとしています。) となっています。(親切な代数学演習 現代数学社 p174)

  • アーベル群(訂正)

    H,K:アーベル群 H×K={(h,k)|h∈H,k∈K} H×K∋x1=(h1,k1),x2=(h2,k2) x1+x2=(h1+h2,k1+k2) この+に関して、H×Kはアーベル群であることを示したいんです。 アーベル群の定義 (G,+)はアーベル群⇔(ⅰ)(a+b)+c=a+(b+c)             (ⅱ)a+b=b+a             (ⅲ)∃0∈G st.a+0=a             (ⅳ)Gの各元aに対して                a+a´=0をみたすGの元a´が存在する。 自分の見解としては、上記の定義の合うようにH,Kかろそれぞれいくつかの元を取ってきて式変形をしていき、H×Kにおいても定義(ⅰ)~(ⅳ)を示していくというものです。しかし、「+に関して」というところに躓いてしまい証明することが出来ません。 また、定義の(ⅰ)~(ⅳ)全てを証明しなければアーベル群を証明することが出来ないのかというのも疑問です。

  • 群Gの部分集合Mによって生成されるGの部分群

    定理 群Gの部分集合Mによって生成される部分群H=〈M〉はMを含むGの部分群のうち最小なものである。 証明 H⊃MであることはHの定義より明らかである。また、Mを含むGの任意の部分群をUとすれば、Mの元のべき積はすべてUに含まれ、H⊂Uを得る。したがって、HはMを含む最小な部分群である。 (1)なぜMの元のべき積で表される元の全体Hは明らかにGの部分群なんでしょうか。 例えばもし部分集合Mに単位元、逆元がなかったらHは部分群にならないように思えます。 (2)証明の2文目までは理解できましたが、 「したがって」以降、つまり3文目が理解できません。H⊂UからなぜHが最小だと言えるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 部分群の問題について

    教科書の章末問題を学習中の者です。 「1の6乗根全体の群Uの部分群を全て求めよ」 という問題にあたりました。 自分の回答としては、 (以下、a^xはaのx乗をあらわすものとします。) U ={1,a,a^2,a^3,a^4,a^5} ただし aは、a^6 = 1 を満たすものとする。 という風にUを置き、部分群の条件を考え、 H ={1,a^2,a^4} --(1) H ={1,a^3} --(2) H ={1,a,a^5} --(3) という3つを部分群と解答しました。 巻末の解答には (3)はのっていなかったので、 (3)は間違いなのかな、と疑問に思っています。 自分の理解では(3)の例は、 A. 単位元1 が存在している。 B. 1の逆元は1、a の逆元はa^5、a^5の逆元はa。 (∵ a・a^5 = a^6 = 1 ) C. また・に関して閉じている。 という部分群の条件を満たすので(3)もUの部分群になっている、 と思うのですが。 どなたか解説をお願いできないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 正規部分群の特性部分群が正規部分群である証明

    G:正規部分群、A:Gの正規部分群、B:Aの特性部分群 とするとき、BはGの正規部分群となること この証明が分かりません。 どうやって証明すればいいのでしょうか? ご教授よろしくお願いいたします。

  • 開部分群と閉部分群

    位相群Gの部分群Hが開集合であるか閉集合であるかによって、開部分群/閉部分群と定義されていますが、Hによる剰余類の直和 G = H ∪∪_(λ∈Λ) (Haλ), a_λ ∉ H を考えると、結局、Hが開集合であれば(Haが開集合だから∪Haも開集合。その補集合である)Hは開集合、閉集合であれば(Haが閉集合だから∪Haも閉集合。その補集合である)開集合となって、結局、開部分群⇔閉部分群となるのではないかと思うのですが、開部分群と閉部分群を区別する意味はあるのでしょうか?

  • 群論の交換子群について

    (問題) Gを群,HをGの部分群とする.また,[G,G]をGの交換子群とするとき, [G,G]⊂H⇔H\GかつG/Hがアーベル群 となることを示せ. ここで,H\GはHがGの正規部分群であることを表し(記号が環境依存文字だったので\で代用させていただきました),G/HはHによる商群とする. (質問) この証明なのですが,H\Gは証明できました,しかし,G/Hがアーベル群であることが示せません. 手持ちの参考書には,任意のGの元a,bに対して, {a^(-1)b^(-1)ab}H=H・・・(1) であるから, (aH)(bH)=abH=ba{a^(-1)b^(-1)ab}H=baH=(bH)(aH) よって,G/Hはアーベル群である. とあるのですが,(1)が示せません. (1)が示せれば後は簡単なのですが,ここが理解できないので困っています. a^(-1)およびb^(-1)はそれぞれa,bの逆元です. どなたか群論に詳しい方よろしくお願いします.