• ベストアンサー

擁壁の強度が基準未満と言われました。

区画整理地内に50坪の土地を購入しました。 高台になっており、南側は道路と同じ高さですが、北側は隣地より4m高く、 町の区画整理課が造った間知ブロックの擁壁があります。 壁式RC造25坪の平屋の設計を設計事務所にお願いし、建築確認申請を提出 して貰ったところ、擁壁の強度が基準未満と土木事務所から回答がありました。 でも、擁壁の補強等は不要で、基礎の一部をあと60cm深くするだけで建築許可は 出せるそうです。 設計士さんは「実生活には特に問題ない」と言っておりますが、擁壁と認められない擁壁が 敷地内にあることで、後々何か問題が起こることはないのでしょうか。 また、擁壁を造った役場及び建築許可した土木事務所には責任はないのでしょうか。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、お手数をお掛けしますがご回答よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#78261
noname#78261
回答No.3

基準未満という言葉の意味をよく建築士さんに確認してください。 間知に限らず、安全に作った証明書つまり、構造計算書があれば2の方が言うような建物荷重を考慮した擁壁なのかどうなのかわかります。しかし、おそらく今回の間知の場合はあくまで土留めとして作られたという意味なのだと思います。あと少し建物が小さければ荷重が土留めを圧迫することなく問題はなかったと思います。 土留めで構造計算書がない場合は、県の基準や標準化されたものと比べるしかありません。小規模なものなどはもともと計算書はないでしょうし、もし、設計資料が見つかって建物による圧力を設計条件に入れていなければ、土留めに負担をかけないように基礎を深くするというのが一般的な対策です。 おそらく、土留めとして耐力に問題があるというわけではないと思いますよ。だったら、もっと大ごとになります。 だって、老朽化や、擁壁が今の土圧も耐えられないような状態であるならば建築士から、「特に問題ない」という言葉は出ないと思います。 ですから、配慮してあげれば危険でない擁壁だと思います。 念のために建築士さんに確認してくださいね。

reiryk
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 宅地造成のための区画整理事業で造られた擁壁なので、当然その上に住宅を建築出来るように設計されている ものだと思っておりましたが、土留めとしての間知ブロックという可能性もあるのですね。。。 でも、配慮すれば危険でない擁壁と聞いて少し安心しました。 明日にでも再度設計士さんに詳しくお話を伺ってみたいと思います。 アドバイスありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (3)

noname#79085
noname#79085
回答No.4

一です、すみません、設計士が状況説明したんですね。   ミス隠匿を謀る様な奴は余計な説明などしません。    この設計士、信頼出来ると踏みます。       慣れぬ携帯回答ゆえ訥弁御了承下さい。

reiryk
質問者

お礼

度々のご回答ありがとうございます。 信頼出来る設計士さんとおっしゃっていただき安心しました。 私も設計士さんのことは信頼しておりますが、私達夫婦にとっては一生に一度のマイホーム作りになると思うので、 それでも少しのことで心配になってしまいます。。。 後悔しない納得いく家作りが出来るように頑張りたいと思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#102385
noname#102385
回答No.2

cyoi-obakaです。 憶測の範囲ですが、 擁壁の上載荷重(設計上)が 約10kN/m2(1.0ton/m2)程度なのではないか?と思います。 木造住宅用宅地の区画整理事業ですと、有り得ますよ! 壁式RC造ですと、その重量は平屋建てでも木造2階建ての2倍強はありますからね! ですから、どこにも責任は無いと思いますよ。 設定条件の違いだと思います。 つまり、あなたの計画が設定条件を越えてしまっただけの事!と判断します。 疑問が有りましたら、直接関係官庁に問い合わせる事をお勧めします。 以上、参考意見です。  

reiryk
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 説明不足で申し訳ございません。建築場所は沖縄県なので、住宅の9割以上がRC造の沖縄では、 木造住宅用に設定しているとは考えにくいのです。。。 再度設計士さんに詳しいお話を伺った後、直接土木事務所に問い合わせることも検討したいと思います。 アドバイスどうもありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#79085
noname#79085
回答No.1

思いつきですが。 今建築物においては「擁壁の強度が基準未満」という事ではないでしょうか。 擁壁から建物の距離が極端に短く設定新設基礎から生じる土圧には対応しきれない、なんて。 建物に絡まず開発申請の段階で見落としていたのであれば問題でしょう。 計画通知みたいなものかな?。 >設計士さんは「実生活には特に問題ない」 特にって・・・何かしら有る訳ですかねえ、実は設計士のミスだったりして。 疑えばキリがないのですが何か胡散臭いお話ですねえ、一応御自分で土木事務所に見解を聞かれたら如何でしょう。

reiryk
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 今建築物においての強度が基準未満なら納得なのですが。。。 でも、宅地造成のための区画整理事業で造った擁壁が、25坪の平屋(それも長方形のシンプルな家)で 強度が基準未満って、素人考えでは信じられません。 一応構造計算もして貰っているので、設計士さんのミスということは考えにくいのですが、どうなのでしょう。。。 直接土木事務所に見解を伺うことも検討したいと思います。 アドバイスどうもありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 擁壁の強度について

    擁壁の強度に関することでお尋ねします。素人ですので説明が正確ではないかもしれませんがご容赦ください。 南側道路の土地を購入しました。現在、設計事務所に建物(木造2階建て)の設計を依頼しています。北側は横13,510にわたって擁壁があり隣家と接してします。 擁壁の仕様は、高さ1,750の練積み(石垣)擁壁(tan角度=1,750/650)の上に、幅が150のコンクリートブロックが5段(=1,000)あり、合計2,750の高さが敷地のGLです。 Q1:擁壁が古く(約35年)、新築する場合は、現行の建築基準に従ってLブロックの擁壁を設置する必要があると不動産屋からいわれましたが、ハウスメーカーや設計事務所からは、やりかえなくても建物の基礎を鋼管杭とすれば問題なく、施主が責任を持つという一筆があれば法的にもクリアできると云われました。どちらが正しいのでしょうか? Q2:現行のままでいくとして、現在設計を進めている建物について、私からの間取りの提案に伴う設計上、北側(擁壁側)から約1mあたりに一階の外壁を配置し、2階の外壁も同じ通りに乗せています。ところが設計事務所から、2階側の壁は、北側(擁壁)への荷重負担を軽減するために、半間、南側にずらすようにいわれました。そうすると思いの間取りが実現せず困っております。設計事務所の主張は正しいのでしょうか?

  • 土地選び 擁壁物件

    8mの坂道公道(西)と私道(南)に面した擁壁の土地物件の購入を考えています。また土地には住宅を新築しようと考えています。 そこはもともと平屋が建っていた60坪の盛り土(2m)の土地で、あらたにL型の擁壁つけて2区画(南北)に分けて分譲されています。さらに南側の区画は私道に面した角地です。東側は1m弱のブロック擁壁で家がすでに建っています。北側は2m擁壁の駐車場です。 心配しているのは同じ擁壁の土地が分譲されるので、将来建て替えするときに擁壁はそのままで良いのか、もし擁壁に問題がある場合は隣地とつながっているので処置できないのではないかという点です。また問題がなかったとしても資産価値としては低いのではないかというところも気になります。 場所自体は住宅街で日当たりも見晴らし良いので気に入っているのですが、上記のような点が引っかかっています。なお価格的には周辺地域と大差ないです。みなさんは、どう思われますか。

  • 擁壁にクラックが・・・

    この度、不動産屋が造成中の6区画の内の1区画を買いました。8月の半ばに市の許可が降り引渡しになりました。北側に高い所で4m、西側に2m弱の擁壁が打ってあります。その擁壁の返り(2mぐらい)の上に家が乗るので、擁壁に土圧がかからないような基礎を造ってもらうことになりました。先日、基礎補強で杭を打った後、現場監督さんから、西側の北から1.5m程の所のつなぎ目が北側と東側に10mmずつ程動き、下のほうにひびというか、割れてしまっているような状態になってしまいました。建築屋さん(大手ではないハウスメーカー)は、擁壁に杭が誤って乗ってしまったということはないとのことで、基礎補強工事に問題はないようです。考えられるとしたら、擁壁の構造はしっかりしているけど、軟弱地盤のため擁壁の下が弱くそうなってしまったのではとの事でした。とりあえず、不動産屋さんの見解も聞いてみてからなんですけど、責任のなすり合いみたいになりそうで心配です。擁壁に土圧をかけない為に高い基礎にしたのに、家も建ってないのにこんなふうになってしまいショックです。このような場合、擁壁の打ち直しを求めるのは可能なのでしょうか?それとも。割れた部分の補修程度で大丈夫なのでしょうか?また、もしどちらが瑕疵を認め、補修のため工事が遅れた間の家賃(現在アパート暮らし)などは請求できるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 不適格擁壁上にそのまま建つ新築物件に対して

    皆さま、お世話になります。 自宅の隣地に新築物件が建つことになりました。 自宅と隣地の間には高さ約4mの擁壁があります。 擁壁は大谷石3mの上にブロック1m強(6段)で形成されています。 擁壁自体は隣地にあり、隣地の敷地面は私の家より約4m高いところにあります。 擁壁は不適格擁壁だと思うのですが、擁壁の補強や作り直しがないままに新築物件の工事が始まろうとしています。 居住地は川崎市で、川崎市の建築審査課に問い合わせたところ、川崎市では擁壁が安全かどうかは設計者が判断することであり、設計者が安全と判断したのであれば何の策を講じなくても問題ないとのことでした。 しかし、ブロック部分にひびが入っており、ブロック部分が一部盛り上がっていること、大谷石の部分も穴が開いたりかけらが落ちてきていることを考えると、建築側に何らかの策を講じてもらいたいのですが、何か法律や条令等を理由に擁壁の補強をお願いするようなことはできないのでしょうか? 擁壁を補強したり作り直してもらえるための良案があれば教えてください。 なお、現在の土地の所有者は不動産屋で、5か月後に完成する新築物件として既に金額が決まって売りに出されています。

  • 北側道路 擁壁 適正な坪単価について

    不動産を購入するにあたってアドバイスをお願い致します。 ○北側道路 ほぼ正方形 60坪 間口14M 間口部分擁壁1.6M 擁壁上にもブロック積1.0M位あり  ○間口内駐車場1台分掘り込み部分があり隣地との共有ブロック部分を含めて駐車場のブロック積は崩落の可能性あり  ○東・南・西にはすべて住宅が建っております。 一種低層住宅地です。 ○南側の家が増築をしており境界ぎりぎりに建てていらっしゃいます。北側制限等も無視で増築されている。日当たりはかなりわるくなるであろうとの事。 擁壁・崩落も含めて値段交渉を行う予定ですが、南側隣地のかたの事も条件に含めた上での交渉はどうでしょうか。マナー違反ではないですか? それとここの区画は(南側道路・角地・高低差+-0)で坪単価25万で取引されています。 (北側道路・高低差+1.6・各隣地との高低差は+-0)です。 適正な坪単価を教えていただけますようお願い致します。

  • 擁壁・造成の費用について

    気に入ったエリアで最近土地が販売されそうで、購入を検討しております。 形状は以下のとおりです。 ○高低差 ・当該敷地に対して道路(12メートル)は西に面しており、当該敷地は道路より3.5メートル高い。間口は8メートル程度。 ・北側の隣地は当該敷地と同じ高さ。 ・東側の隣地は当該敷地よりも1.9メートル高い(この擁壁はそのまま維持) ・南側は公共の階段になっており、西側から東に向かって上っている。階段の脇にも擁壁あり(長さ18メートル)。 ・形状は不整形(台形)で、細長い。 ・面積は50坪から60坪(調整の余地あり)。 所有者は建設会社です。この会社に条件面を確認したところ、当初は次のとおり言われました。 (1)現況引き渡しで坪45万円 (2)擁壁を以下のとおり作り直し、建築条件を外して坪55万円 ・既存の斜めの擁壁を壊し、新たに垂直の擁壁を作る ・土地の一部を掘削して、地下駐車場、階段を設置する。 予算の制約もあり、坪50万円にならないかと交渉したところ、担当者ベースではOKをいただきました。 ところが、社長には話が上がっていなかったらしく、どうも坪単価60万円程度で販売したがっているようです。 そこで伺いたいのですが、上記のケースで、古い擁壁を壊して造成し、新しい擁壁を作るとコストとはだいたいどのようなものでしょうか。 近く打合せがあるので、早めにアドバイスをいただければ幸いです。

  • 欠陥擁壁を建造されてしまいました。

    欠陥擁壁を建造されてしまいました。 家建築後に擁壁を建造しましたが、その擁壁はコンクリートブロックで造られている擁壁ですが、まあ2メートル以下なので、大丈夫ですと業者は言っていました。 ちなみに作った擁壁は1.7メートルです。 ところが、擁壁を作る際、幅、土嚢袋横にして2つ分、高さ3Mほどの土を、ショベルカーで、業者の下請けの土木業者がお隣の土地を削ってしまい、お隣の方が私に激怒され、これをなんとかしろと言われまして、業者になんとかさせていたのですが、その時にうちの擁壁の強度の事も隣の方が言われ、業者が建築士に依頼し、 強度計算をしたところ、なんと強度不足の擁壁でした。 ですが、業者は本当は補強は必要ありませんが、お隣の方の指摘もありますので、補強しますと言われたのですが、H鋼がもろに表にでてしまう工法なので、断り作り直してくれとメールしたところ、双方合意の元、見積書通り(見積書もたったA4の半ページです。)に施工しましたので、造り直せませんといってきました。 そこで、お隣の土地を修復するために数百万の用意があるようなので、そのお金を新たに作る擁壁(お隣の隣地境界にも鉄筋コンクリートの擁壁を造ります。)の代金の一部として、負担させたいのですが、(残金は私の方で負担します。) どのようにすれば、 業者にすんなり払わす事が出来ると思いますでしょうか? なんとか教えていただけますでしょうか?大変困っています。 長文ですみませんが、どうぞ、宜しくお願い致します。

  • 擁壁からの排水

    擁壁上に2区画、下に2区画の4区画の分譲地の擁壁の南段下、西側に住んでいます。北側の擁壁上の西側は空き地ですが他はすでに建物が建っており生活しています。ちなみにうちが一番先に建築しました。 裏に溝があるのですが、土のままになっておりここは大部分は擁壁上の土地の部分ですが一部はうちとの境界線上になります。 問題ですが、大雨の日や擁壁上の家が(うちから見ると斜め上のお宅)洗車などをしたらその水が擁壁の穴から隣家をとおり、うちの裏に流されます。空き地からの水も流れます。つまり、3区画分の雨水や排水が裏の溝に流入します。排水が悪く水が溜まるし、雑草もすごいので溝にU字溝などを設置して枡まできちんと水が流れるようにしたいのです。 この際の費用は土地を売った売主や不動産仲介業者に請求できるのでしょうか?出来なければ、費用はうちがすべて負担するのでしょうか?

  • 隣接地の間知ブロック積擁壁が越境しています

    土地の購入を検討していますが、北側隣接地(アパート)の間知ブロック積擁壁の基礎がこちらに越境しています。 ・住宅を建築するのに何か問題はありますか? ・その他に今後予想される問題点はありますか? 宜しくお願いいたします。

  • 既存不適格擁壁の下に立つ家について

    現在、建築予定の自宅裏側に約3mの擁壁があります。不動産会社から、この擁壁と建物との間にスペースを設けるとともに、擁壁に面する側の基礎を高くすることで、建築の許可は降りるという説明を受けました。擁壁の上は平地になっており、擁壁の近接した位置に2階建ての家が建っています。おそらく、擁壁が崩れても安息角に対応する領域を高基礎で保護しているので、安全上の問題は少ない、ということではないかと思っておりますが、基礎(鉄筋コンクリート)の強度で擁壁の崩落に耐えられるのでしょうか?また、建築予定地は東京都港区ですが、建築許可が降りたということは、擁壁崩落のリスクが低いということなのでしょうか?崩落に備えて、基礎と擁壁との間に土嚢等を積んでおいたほうがよいのでしょうか?擁壁は上の住人の持ち物であるため、当方が自由に補強することはできません。

このQ&Aのポイント
  • PCがOFFなのにプリンターの電源が薄く点いたり消えたりする
  • お使いの環境はWindows10でLAN有線接続の光回線です
  • ブラザー製品のインクジェット/レーザープリンター・スキャナーに関するFAQ
回答を見る