• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

環境教育の卒業論文

私は某大学の2回生で、環境系の学科に在籍している者です。 私は環境系の学部なのですが、将来は教師を目指しており、環境教育についての卒業論文を書きたいと思っています。 そこで、学科長に質問したのですが、「教育に関する論文はかなり厳しいが、きっちりと問題提起できており、論文として完成しそうだと担当教員が認識したらそれでも不可能ではない。」と返答が返ってきました。 何か具体的に環境教育のテーマにできそうなものがあれば、教えていただければうれしいです。教育学部でなくてもできそうなものをできればお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1639
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 厳しいというのはどういう意味なんでしょう?環境教育の研究は最近ではありふれているので、この場合、あなたの学科に環境教育に詳しい教員がいないとか、あなたの所属する学科での要求水準(例えば、環境工学の学習が必須で、卒業論文も環境工学の手法に則ったものを執筆する必要がある、とか)を満たした論文を書かなくてはいけないから「厳しい」と言っているのでは、と思うのですが、補足お願いします。  ちなみに、環境経済学とか環境社会学、環境工学とかの分野で、 ・日本(or海外)における環境教育の実例をまとめる、ヒアリング調査する。歴史を調べる。 ・実際に子供に環境系の教育を施して、その効果を調べる。 ・効果的な環境教育法、システムを考察、検証する。  といった事を研究テーマにしている研究者、学生は多いです。ネットで検索すると色々出てくると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 環境教育の実例をまとめ、ヒアリング調査をし、歴史を調べたり、教育効果を調べたり、環境教育法の考察、検証をしている研究者、学生が多いんですね。 私は、実際に子供に環境系の教育を施し、効果検証する研究に興味を持ちました。このことについて、学習していこうと思います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

 と、なると、指導教員を配慮して、独り言を。独り言ですから、参考になさるのは勝手です。  私が関心があるのは、「公害」という単語。科学は、言葉を厳密に定義しています。「公害」も、誰が最初に言い出したのか、不明です。第二次世界大戦前には文章にこの2文字を見つけられるのですが、現在の意味とは違います。環境教育の教科書に、「公害の2文字は、○○年に、××に見つけられるので、その年には社会問題になっていた」なんぞの記述がありそうなものですが、読んだことはありません。  また、「公害」の2文字は、いつのまにか「環境」にすり替わっています。どうして、というのも知りたいところです。  単純には、環境教育に、どれくらい時間をかけているのか、なんぞの調査も。そうすると、どこの市町村・都道府県が熱心か、なんぞも論究できるかも。  教育方法、となると、ビデオなんぞの活用。あるいは、年齢によっては議論。議論は、「公害はダメ」というのが常識ですが、それではなぜ公害は生じたのか、という反面教師的な見方から議論させる。  その場合、その教育の効果を実証する方法を研究・開発する。この教育効果の判定法というのは、全国の教育者が悩んでいます。  かなり広げましたが、研究も同じで、最初は上手な人の真似をする、のが出発点です。上手な人とは、やはり学術論文を読むことから始められては(天才は、別)。本気でなさるのであれば、学会に入る、というのも可です。研究とはどのようなもので、どのようにしてするのか、それを学んでください。  といっても、研究の海で40年近く。偉そうに書きましたが、海で泳いでいる、というよりいつも溺れかかっています。厳しい意見書いたのは、何かやってくれそうと感じたからです。期待しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 環境教育に要する時間調査、視聴覚機器の活用、教育効果の判定法の追究と、非常に重要なキーワードをいただきました。 様々な視点から学習し、学術論文を読むことも試みたいと思います。

  • 回答No.2
  • mojitto
  • ベストアンサー率21% (945/4353)

まさに学科長さんの言うとおりですね。 ただ、考えてほしいのが、あなたはその道のプロフェッショナルの卵であり、学外から見たらプロと同等の位置にいます。 某一流メーカーの人が、「こんなん作りたいんですけど、どうしたらいいですか?」と質問したらどうでしょう? きっとそのメーカーの商品を買うのをためらうでしょう。 あなたが「某大学」と名乗ったのが唯一の救いです。 そしてあなたは大学2年。 まだ時間はあるでしょう。 学科長さんが言いたいのは、 「やりたいなら、それまでに問題提起をするだけの力をつけろ」 です。 必要な時期までに担当教官にプレゼンできない場合は、諦めたほうがいいです。 そのつもりで頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 プロと同等の位置にある、というお言葉には身が引き締まる思いがいたしました。 しっかり学習して、問題提起できる力を身につる努力をします。

  • 回答No.1
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

 卒論に関して、の質問をいくつか見て、「レベルの低さに救いようのない」と唖然とするのですが。  まず、指導教員に指導を仰ぐべき。いない、というのなら、こんな書き込みをするようでは、無理です。  研究でなにをしよう、どうしたら達成できるか、というのをアイデアといいます。アイデアは、研究者の生命線です。  テーマは、何を研究するかで、これが決まれば、50%は完成(1%のアイデアと99%の汗、の声も)。他人に教えるお人好し(を通り越して、馬鹿)は、いません。自分でやります。教員が、学生に卒論のテーマを与えるのは、義務もありますが、論文の一部に使ったりして、自分の名が残るからです。  卒論といえど、「研究」と名がつくのなら、研究者としてどうあるべきかを、まず勉強して下さい。こんなところで、テーマを教えて欲しい、なんぞは、私は無能力、助けてください、と恥さらしもいいところです。  論文ができたら、普通発表します。その時に、「このテーマは、どのようにして浮かんだのですか」の質問に、「インターネットで」と返答されるのですか。「アイデアを盗んだ」と判断されます。盗作、の意味を調べてください。  私の意見が誹謗中傷と感じるなら、試しに、その学科長さんに、この書き込みをみせて、判断を仰いで下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 私もおっしゃるとおりだと考えます。 卒業論文に労力をかけている方には失礼なことを書いてしまったことをお詫びいたします。 改めて考え直します。

関連するQ&A

  • 環境教育の効果検証法

    前回は、環境教育の卒業論文についての質問でお世話になりました。 環境教育の効果を検証する、といった内容で検討していこうと思っているのですが、その検証法というのは、具体的には、どういった例があるのでしょうか。アンケート調査を教育前と教育後を比較する、ということが基本となると思うのですが、それ以外の方法がもしありましたら、ご提案をよろしくお願いいたします。

  • 卒業論文と卒業

    初めて投稿します。 私は現在某国立大学に通う四回生です。 本来ならば、この三月で卒業する予定でした。 去年の11月頃から、卒業論文のことを考えると夜も眠れなくなり、ご飯も食べれないという状況になりました。そして、卒業論文のことをやっているときも、理由のない不安に取りつかれそれに向き合えないという状況になりました。そして、12月頃には、卒業論文のことを考えるだけでも気持ち悪くなるといった症状に襲われるようになりました。そして10日間で5キロ体重が減っていました。 最終的には、指導教員との相談もあり、半年間卒業を伸ばすことになりました。今テーマを考えている最中ですが、テーマが決まっていません。指導教員には、「なにをすればいいですか」という質問ばかりを発するようになってしまっています。しかしながら、やはりこのことに関しては、自分で決めなければならないことであり、指導教員に助けを求めても仕方ないということは理解しています。  前期卒業を目指すのであれば、7月末には提出しておかなければなりませんが、いまだにはっきりとした方向性を見いだせていないことに強い焦りを感じます。  新しいテーマを練り直しているため、何かに対して強い興味を持てず、どんなテーマをやってもおなじだろう、という投げやりなきもちさえあります。  現在は一つだけこれを題材として取り扱おうかというのがあり、それに関して指導教員が資料をくれました。しかしながら、この題材で、卒業論文として耐えうる内容が書けるのか、自分がきちんとこれに対して向き合えるのかという不安があります。  自分が一度失敗していることから、自分には卒業論文を書く能力がないのではないか、今まで何をやってきたのかということを考えてしまいます。  そして、以前の体験がトラウマになってしまっているのか、卒業論文というものに対して強い恐怖を感じています。指導教員には、出来るできないという結果ではなく、過程を見なさい、と言われそれに対して納得しました。  しかしながら、どうしてもこの恐怖や不安を打ち消すことができません。考えすぎてしまい、気持ち悪さを若干ですが感じるようになりました。  卒業論文を乗り越えるために、またこの不安を乗り越えるために、どのようなことをすれば良いのでしょうか。もちろん相応の努力は払うつもりです。もし何かありましたら、アドバイスをお願いいたします。  長文にも関わらず、最後までお付き合いありがとうございました。 

  • 卒業論文について

    初めまして。 現在、卒業論文の作成に取り掛かっている大学四年生の者です。 自身は国際文化をマネジメントする学科に所属しており、論文は日韓のキリスト教をテーマに文化マネジメントをできないかと考えています。 ただ、指導教師との面談を行う度に毎回「テーマが広い」という指摘を受け、テーマを却下されて全くテーマが定まらない状況にいます。毎回、テーマを定められず、目次もそれで書けるのか?という無茶苦茶な状態なので、指導教師には飽きられてしまっています・・・。 具体的にテーマはどの程度に絞るべきなのでしょうか? 今のところ、日本と韓国が近代化を境にして、日本では国純主義・軍国主義の台頭、一方の韓国では日本による植民地政策下に入り次第にキリスト教の信者を増やしていく過程に注目したいと思っています。当時のそのような社会的背景に対して両国のキリスト教がどのような展開と態度を取ったのかを明らかにして、文化マネジメントとして論文を書きたいと思っているのですが、やはり「近代化」というテーマでは広いでしょうか? また卒業論文の提出が12月なのですが、このテーマで論文を書くとしたら間に合う範囲なのかもよく分からないです・・・。 このような質問をして、みっともないですが、ご指摘宜しくお願い致します。

  • 卒業論文と卒業

    初めて投稿します。 私は現在某国立大学に通う四回生です。 本来ならば、この三月で卒業する予定でした。 うちの大学においては、卒業論文は必修であり、書ききれなければ卒業は不可能です。 去年の11月頃から、卒業論文のことを考えると夜も眠れなくなり、ご飯も食べれないという状況になりました。そして、卒業論文のことをやっているときも、理由のない不安に取りつかれそれに向き合えないという状況になりました。そして、12月頃には、卒業論文のことを考えるだけでも気持ち悪くなるといった症状に襲われるようになりました。そして10日間で5キロ体重が減っていました。 最終的には、指導教員との相談もあり、半年間卒業を伸ばすことになりました。今テーマを考えている最中ですが、テーマが決まっていません。指導教員には、「なにをすればいいですか」という質問ばかりを発するようになってしまっています。しかしながら、やはりこのことに関しては、自分で決めなければならないことであり、指導教員に助けを求めても仕方ないということは理解しています。そして、とりあえずは半年ですが、もし無理であれば一年延ばすことも覚悟しています。  前期卒業を目指すのであれば、7月末には提出しておかなければなりませんが、いまだにはっきりとした方向性を見いだせていないことに強い焦りを感じます。英語で提出しなければならないということも不安を感じる一要素になっているかもしれませんが。  新しいテーマを練り直しているため、何かに対して強い興味を持てず、どんなテーマをやってもおなじだろう、という投げやりなきもちさえあります。    専攻は英語学です。 現在は一つだけこれを題材として取り扱おうかというのがあり、それに関して指導教員がそのテーマにおいて影響のある先行文献をくれました。しかしながら、この題材で、卒業論文として耐えうる内容が書けるのか、自分がきちんとこれに対して向き合えるのかという不安があります。  身近な構文ですが、知らない部分もたくさんあったためこの題材にしようかなぁ、ということを担当教員に伝えた際、「それはあなたが知らないだけでしょ」と言われ、この内容では無理なのだと感じていたので、戸惑いました。しかしながら、この構文に焦点を当てるときめたものの、その構文のどのような部分を取扱い、どのように分析していくのかは、きちんとそれに関しての知識がないため決められていません。  そして、今とりあえず決めたこのテーマでやるべきなのか。担当教員と自分の気持ちをきちんと話して別のテーマを考えるべきなのか。  どのように研究を進めていけば良いのか。  どのように指導教員との話を詰めていけばいいのか分かりません。  時間がまた迫ってきており、以前と同じ症状がまた出始めてきています。  どのように卒業研究を進めていけばよろしいでしょうか。  何か良いアドバイスがあればよろしくお願いいたします。   要点の定まらぬ内容であり、また長文失礼いたしました。

  • 卒業論文と教員採用試験

    私は、現在、中学理科教員を目指している大学2年の者です。 来年から卒論配属があるのですが、理科教員になる者が大学で研究しておくべきこと、また、教員採用試験で有利にはたらくような研究はどのようなものなのか、教えてください。 卒業論文の内容は実験系か社会系があるのですが、どちらが教員に有利にはたらくのでしょうか。 ちなみに、実験系の方が忙しく、採用試験の勉強時間があまりとれないことが心配です。社会系は忙しくないようですが、私は教育学部ではないため、教育の研究は難しいという状況です。

  • 卒業論文

    経営学科の四年生です。 そろそろ卒業論文のテーマを決めようと思っています。 しかし、さっぱりどうしたらよいかわかりません。 現在興味のあるのは中国でのビジネスや日本との関係についてです。 様々な企業が中国に進出しているが、今後中国が経済成長をつづけ、輸出をしないようになったら・・・・などなど調べてみたいなと思うところがあります。 その他ブランド構築についても興味がありましたが、いろいろ調べてみても、特に疑問に感じるところがありませんでした。 また、来春からIT企業に就職するので、その辺で卒業論文が書けないかなとも思っています。  しかし、IT企業の何を、就職先の企業の何をテーマとして進めていけばよいのかよくわかりません・・・ アドバイスお願い致します。

  • 卒業論文

    卒業論文を期間内に提出したけど、誤字が5箇所くらいあって合格できない事ってありますか?提出直前に指導教官に添削してもらいokをもらったので提出したのですが、家に帰って読み直すと、誤字が5箇所くらいありました。指導教官にOKをもらったので、その言葉を信じ、提出前にもう一度読み直さなかった事が原因です。私が最後にもう一度見直さなかったのが本当に悪いのですが、このまま誤字が原因で卒業できなければ悔いが一生残りそうです・・・このような場合でも卒業論文が合格しなくて卒業できないってことありますか?審査はゼミの教員の主査と学科内の教員の副査二名によって行われます。

  • 卒業論文の内容について悩んでいます

    一ヵ月後に卒業論文の題目届けを提出しなくてはならないのですが いまだに何を書きたいのか自分でもわかりません! わたしは社会学部なのですが 1年間ゼミでやってきたことは LOHASやスローライフ、グリーンコンシューマーといった内容で 私はLOHASについて研究してきました やはり環境問題に興味があるのですが LOHASなんて生ぬるいことしてても環境問題は解決しないと思っています また環境問題といっても主に興味があるのは生物多様性や 絶滅危惧種、動物愛護に関することです また卒業論文のテーマを決める時 問題をどう設定すればよいのかわかりません たとえばリサイクルを扱う場合 「リサイクルは本当に環境に負荷を与えてしまっているのか」 (自分はリサイクル肯定派として) みたいな感じでいいのでしょうか? またゆとり教育扱う場合 「ゆとり教育がもたらした学力低下以外のものとは?」 みたいな感じなのでしょうか? 環境問題や動物の問題を扱う場合 社会学部としてどのようなテーマ設定が可能か アドバイスをいただきたいです よろしくお願いします

  • 卒業論文のテーマについてなのですが。。。

    卒業論文のテーマを何にしようか迷っています。 私は大学2年生なのですが,今年からゼミが始まり レポートを前期,後期とこれから4枚づつ4年生まで 書いていかなければなりません。 私の専攻は応用言語でテーマは自由なのです。 (コミュニケーションを勉強しています) その4枚づつ書いていくレポートをまとめて卒業論文に するので先生は全部ばらばらのトピック でもなんでもいいとおっしゃったのですが あとあとまとめるのが大変だと思うのである程度 関連性のあるものにしていきたいと思っています。 ですが,いざ考えるとなるとどうしていいかわからなくて 特にしたいものというのがなく, ゼミも自分の好きなことをしたらいいということで 普段することがばらばらです。 文化についてしていこうとは思っているのですが テーマが大きすぎだと言われました。 例えばアメリカと日本を比較し,教育や宗教,食生活など 書いていく方がいいのか,教育について世界各国の 教育なら教育で調べたほうがいいのか,と いろいろ考えてはいるのですがこれから3年間していく ことなのでなかなかテーマが決まりません。 どのようにしていけばいいのでしょうか? また何か良いテーマってありますか? 長くなってすみません。お願いします

  • 卒業論文の進め方について

    現在大学4年生で、中国の歴史を勉強する学部に在籍し、卒業論文に取り組んでいます。この時期になるとテーマも決まり、順調に進んでいる人が多い中、私は、なかなか進まなくて困っています。 テーマは、中国が隋の時代に北方に位置する異民族「突厥(とっけつ)」に関係することで、突厥という国が内部紛争と中国側の離間政策によって東西に分裂した年を自分なりに特定をしようと考えています。突厥が分裂した年の通説は、既に決まっているのですが、研究者によって諸説有るので、それも併せて書こうと思っています。 テーマは朧気ながら見えてきているのですが、今更ながら卒業論文をどのように進めていったらいいのが分かりません。下書きの提出期限や授業の発表時に発表の原稿ができていないという状態が続いてゼミの先生から、匙を投げられています。今の状態では、先人の論文や本を引用したような論文ができあがってしまうのではないかと危惧されており、自分の力でこの状態から脱却しなさいとゼミの先生からは言われています。 また、テーマに関係する論文を読んでも、ただ単に読んでいるだけになってしまい、自分なりの意見を持つことができていません。論文を読む時、自分なりの意見を持つためにはどの様な所に注意して論文や本などを読めば良いのでしょうか。 この時期になって卒業論文の見通しが立っていないことは、遅い事は分かっています。叱責、アドバイス等、どんな事でも良いので宜しくお願いします。