• ベストアンサー
  • 困ってます

床下断熱をDIYで

現在,床下断熱の隙間埋めをDIYで計画中です。 自宅の床下は根太レス工法で,カネライト25mm程度が断熱材として使用されています。 床下にもぐりこんだところ,カネライトとその上の合板の間に5mmから10mm程度の隙間があり,手でカネライトを押し上げると若干持ち上がります。あまり気にせずに隙間(カネライトとカネライト間,カネライトと大引き間)がある場所にスプレー式発泡ウレタンを噴射して,床下からの隙間を埋めていけばそれでよいのでしょうか。 また,発砲スプレーを使用した際,後々重みでカネライトが反って落ちたりするようなことは考えられないでしょうか。カネライトは1cm程度のフックで数か所大引きに固定されている状態です。 アドバイスいただけると幸いです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数5208
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

隙間にウレタンを入れるのはやめたほうがいいと思います。 さらに隙間が大きくなると思います。 ウレタンはそんなに簡単なものではありません。 重みはほとんどありません。 使い勝手が非常に悪いです。 隙間で発砲して膨らんだ場合隙間が大きくなります。 木で押さえネジで止めるのがいいと思います。 断熱材同士の隙間がある場合はウレタンがいいと思いますが高価で難しいですよ。 床下で上向きに使用した場合、そこらじゅうべとべとになってしまうと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 これを機にスプレー式発泡ウレタンを使用してみようと考えている 未使用者なので,参考になります。 私が購入してみたスプレー式発砲ウレタンは シスタM5250という製品で 「360度使用OK」と缶に書かれており, 私なりには上向きでも使用できるかなと思っていました。 (なんせ1回使い切りタイプなので,  試しに使用することもまだやっていません…) また,回答文面からは やはり断熱パネルと合板との間は隙間がない方がよい ということだと感じました。 ウレタンについても調べてみます。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 床下の断熱について教えて下さい

    根太間にネオマフォームをいれての断熱について教えてください。 根太間にネオマフォームを入れる場合、少しの隙間が出来ると思います。 この隙間はどれぐらいまでが許容範囲なのでしょうか? 断熱材の施工方法で隙間に対しての何か決まりはありますでしょうか? 根太間に断熱材を入れると根太が熱橋になると聞きましたが、剛床と比べるとどれくらい性能が落ちるのでしょうか? 床下にもぐり根太の上から断熱材を張り付ければ、断熱性能はあがりますか? 根太を密閉し、床下の外気にあてなくなることで何か結露やカビの発生の可能性はありますでしょうか? よろしくお願いします。

  • 床下断熱について

    床下断熱について教えてください。 現在、IV地域で木造軸組工法による新築を考えています。一般的に床下の断熱はXPSやEPSもしくPEなどの発泡樹脂系の断熱材が使用されることが多いと思います(もちろんポリウレタンもあるかと思います) これら樹脂系断熱材の使用は床下の湿気対策、垂れ下がりなどからかなと思っています。 発泡系の断熱材を床下に用いる場合、一般的には根太間に施工することが多いかと思いますが、この場合、IV地域でも次世代エネルギー基準適合にするためにはXPSを90mm近く入れる必要があり、この場合根太を太くする必要があるとともに、XPSの価格もかなりするのではと思っています。 そこで、床下断熱に高性能グラスウールを少し考えています。高性能グラスウールを大引き間、根太間に施工すれば150mmくらいの施工が可能になるのではと考えています。そこで教えてください。 床下断熱に高性能グラスウールを用いる場合、断熱材受けはどのようにしたらよいのでしょうか?床下からの湿気対策及び床下へのグラスウールの垂れ下がり対策に、大引き下に防湿シートを敷いたベニヤを固定してその上に断熱材を敷き詰めていくという施工方法は間違っていますでしょうか? 北海道などでは床下もグラスウールで断熱しているようなことを聞いたこともあるのですが、その場合どのような施工をしているのでしょうか? タイベックを敷いてその上にグラスウールを敷いているのをどこかの写真で見たような気がしますが・・・タイベックは透湿ではないかと思うのですが・・・ それとも、やはり床下にはグラスウールは用いず、樹脂系断熱材で施工した方がよいのでしょうか? ご存知の方がお見えでしたらご教授お願いしたします。

  • 1戸建ての床の断熱材増し方法について

    一戸建ての1階が寒いので、DIYで床下の断熱材増しをしようと考えています。  本日、床下にもぐってみたところ、下記が判明しました。  1)発砲スチロール(カネライト40mm)が床材に密着しておらず、15mmほど下がった位置で    五寸釘に支えたれた状態。  2)大引きとの隙間が2~5mmほど開いている。(根太なし、べた基礎、猫土台)  3)発砲スチロールを手で押すと軽く上下する。 このサイトでいろいろ調べて、  ・グラスウールは(発砲スチロールとの密着性を考えると)施工的に困難  ・スチロールは搬入経路のスペース的に困難 のことから、  1)まずはカネライトを床材に接触するまで持ち上げた場所で固定  2)インサルパックで大引きとの隙間を埋める ことを考えています。 効果が少なければ、インサルパックでスチロールの上に15mmほど盛ろうかとも考えています。 そこで、気になることがひとつ。皆様のお知恵をお借りしたく。 質問:上記の根太とカネライトの隙間にインサルパックを充填すると、木材に何らかの悪影響は     ないのでしょうか? 以上、よろしくご指導願います。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

補足です。 隙間に注入するのでは無く隙間の上に盛りつけるようにしたらいいです。 出し過ぎないように注意してください。 ウレタンが付着したら、取れないと思ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 多くの方からのアドバイスで,発砲ウレタンを使用するのは やや,難しいように感じました。 とりあえず,気密テープの使用を考えたいと思います。

  • 回答No.4
  • fuji812
  • ベストアンサー率36% (40/110)

一度練習をしてからでないと無理です。発泡も3倍~10倍しますのでウレタンが合板部で発泡を始めたら、カネライトを押し下げてしまいます。 当社も、アルミサッシと柱の間を現場発泡ウレタンを使っていますが、失敗するとアルミサッシを曲げてしまう位の力を持ってます。 また、発泡ウレタンで、地盤沈下した家を持ち上げるといった工法もあるくらい凄い力を持ってます。 よって、隙間を上から抑えるように注入しましょう。 床下の断熱材は、床に直に引っ付いている方が効果が高いですので下からビスか何かで止める方がいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答,ありがとうございます。 一度も使用したことのない発砲ウレタンで 単純に何とかなると考えた私の考えが 甘かったように感じています。 アドバイスに感謝します。

  • 回答No.3
noname#72861

>やはり断熱パネルと合板との間は隙間がない方がよい  断熱パネルとその上の合板の間の隙間は、 そこにある空気が移動できない状態であれば、 埋める必要はないと思います。  空気は良好な断熱材です。  断熱材のロックウールも、 ロックウールの繊維に断熱効果があるのではなく、 繊維にからみとられた空気が断熱材になっているのです。  毛糸のセーターや衣類の重ね着が暖かいのも同様な理由です。  断熱パネルの周辺の隙間を#2のお答えのような方法でふさいで パネルとその上の合板との間への空気の流入流出さえ防げば、 隙間全体を無理にふさぐ必要はないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 気密性を高めれば内部の空気も 断熱の役割を果たすという考えですね。 確かに,私たちの生活の中に, そのような製品も多く見ることができますね。

  • 回答No.2

上向きに使用することはできますが、ぼとぼと落ちてくるということです。 物により多少違いますが貴方の予想ほど便利なものではありません。 狙った場所に狙った量をつけるのが難しいです。 すぐ発砲して固まってしまいますので隙間に吹いたら断熱材を手で押さえてくっつけたほうがいいと思います。 ただの接着剤になります。 隙間全面に吹くようなものではありません。 床下もコンクリートなら養生したほうがいいかもしれません。 手袋をしていらない服を着て作業してください。 沢山購入する前に自由のきくところで一本試した方がいいと思いますよ。 あまりおすすめできるものではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 お礼が遅くなり申し訳ありません。 今回は皆さんのアドバイスを参考に 発砲ウレタンの使用は見合わせたいと考えなおしました。 ただ,気密性を少しでも高められたらと思い 気密テープを使用する方向で検討してみたいと考えています。 これなら時間と手間,資金はややかかるような気はしますが 素人でも家自体をおかしくすることなく 気密性を高めることができるように感じています。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 床の断熱増量の方法

    現在、床の断熱材の増量を考えています そこで質問なのですが、現在、床下にはカネライトフォームの55mmが入っており根太の太さが58mm程度なので入れるスペースがありません。そこで大引きの間に入れようと思うのですが、いくつか心配点があります。 まずは、大引きの間に発泡系の断熱材を入れると根太を下から塞ぐことになるので、湿気の逃げ道がなく夏場など木から出た湿気で腐らないか心配です。また、グラスウールでも防湿シートつきでは同様になるような気がしますが、 私が今、考えているのがグラウールを敷き詰めてタイベックス等の防風透湿シートではりあげて大引きとの間に取り付けるというものです この場合防湿シートについては無視しても大丈夫でしょうか? どうも防湿ラインについてよく分かりません このような方法で何か問題があるでしょうか?どなたか教えてください

  • 床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間)

    床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間) 現在、次世代省エネ基準の仕様で新築中の者ですが、床下の断熱材の施工について疑問がありますので教えてください。 我家の床は、根太貼り工法です。この工法ならば、根太の間に断熱材が施工されるのが普通だと思うのですが、我家の場合は、大引の間に施工されています。そのため、床下地と断熱材との間に隙間(根太の幅55mm)が生じています。このような施工でも良いものなのでしょうか。 掲示板等を拝見しますと、床下地と断熱材は密着させるのが原則のようで、このような隙間は結露の原因となるとの記載もあります。 設計士に質問したところ、「空間が生じているが、断熱材と大引との間を密閉しており、気密性がとれているので問題はない。」とのことです。 現在、施工を中断しています。よろしくお願いします。    

  • 日本一の断熱材

    先日、住宅展示場に行きました。 そこで断熱材に発砲ウレタンを使っている工務店が「現在の断熱材の日本一は発泡ウレタン」と言っていました。 私も前から発泡ウレタンは性能良さそうだと思って見ていましたが「日本一」と言われると大げさな気がして??? 日本一を決めるのは難しいと思いますが、この断熱材はいいよ!というのを教えて下さい。

  • 床下の断熱について

    床下の断熱についてお伺いします。 私は現在自宅を新築中ですが、床下の断熱材は使用しないとのことでした。 使用しなくても結露等は発生しないのでしょうか? 工務店の説明としては 畳にカビが生える ベタ基礎の立ち上がり部分(外周のみ)に断熱材を入れている でした。 私は素人でわかりませんが 壁等に断熱材(25MMMミラフォーム)を入れているので床だけが結露してカビがよけい生えるのではないか 床下はベタ基礎でパッキン通気であるので冬が寒いのではないか LDK下の構造用合板が腐るのではないか とも思います。 よろしくお願いします。

  • 床下断熱の有無について

    セキスイハイムの床下断熱についてどなたかわかる方いらっしゃるでしょうか。 設計・営業、その他の方に聞いた時点で、「あら?」と違っている気がするのです。 ともかくも、現状は、 A)ベタ基礎 B)側面四方に内側断熱材(下面はコンクリート) C)外壁と基礎の間に風通しの隙間あり D)床下(裏)は、断熱材なし で、冬は、下からしんしんと冷える感じと、床下収納をあければ、スースーです。 外壁と基礎の風穴(外壁と基礎の接点部分の雨よけの奥に隙間があるらしい)がある場合、床下(裏)の断熱材がなければ、当然の現象だと思うけど、これで良いのかしら? 当初、床下は密閉と聞いていたので床下断熱は無くても良いのか、と思っていたんだけど、・・・。 a)密閉にして、断熱剤なし b)風通しありで、断熱剤あり のどちらかと思うのですが、どなたか教えていただけないでしょうか。 どうぞ、よろしくお願いします。

  • 床の断熱材の施工について

    現在、在来木軸にて新築中です。 1Fの床組および断熱材施工(パーフェクトバリアのボードタイプ40mm) ならびにコンパネの貼り付けが終わったとの連絡を受け、現場を見に行ったところ、 以下の状況でした。  ・根太と断熱材の間にところどころ隙間があり。  ・断熱材が垂れてきており、床コンパネと断熱材の間に隙間あり つまり断熱材の横方向にも上方向にも隙間がある状況です。 現場監督にコンパネを外して断熱材を入れなおすようにクレームを言ったところ、 床下にもぐって問題のあるところは修正するとのことでしたが、そのようなやり方で 大丈夫でしょうか? また、修正後に再度チェックする場合、どこを見れば良いか教えて頂けませんでしょうか。 尚、根太は角材でなく、桧の半割材を使っているため、根太の側面は真っ直ぐではなく、 パーフェクトバリアでは無理なような気もしています。 宜しく教えて頂きたく御願いします。

  • 断熱材について

    断熱材について教えてください。 (1)現場発泡ウレタンと現場水発泡ウレタンの違い。  それについての性能。気密性はあると聞いてますが、遮音性、断熱性は?  セルローズファイバーと比べると? (2)過去の質問内容に現場発泡ウレタンを直接木に吹付けると木が腐ると  書いてありました。本当でしょうか。 (3)水発泡ウレタン及び発泡ウレタンを基礎内断熱を考えてますが、シロアリ  は大丈夫でしょうか。

  • 発砲ウレタン(断熱材)

    現在、木造で新築予定です。 断熱材の件で色々と過去ログを読んだのですが、再度聞かせてください。 現在の予定では、断熱は「発砲ウレタンの吹きつけ」という方法になっています。 床下25m/m 壁30m/m 小屋裏50m/m という見積りになっているのです。(奈良県在住) 気になっているのは、断熱材の厚みがこれで十分なのか?というのと、過去ログでは発砲ウレタンは木材を腐らせるというのがあったので、少し不安に思っています。 ロックウールなどの断熱材の方が良いのか?他のものが良いのか?は素人のため判断も難しく困っていますので、良きアドバイスをお願いします。

  • 屋根裏に断熱材を自分でDIY

    屋根に断熱材を自分で貼ろうと思っています。専門の方、知識のある方アドバイスよろしくお願いします。 地域は兵庫県南東部 築3年の木造内断熱通気工法の家です。 屋根はカラーベストで2階にロフトがあり吹き抜けです。 ロフトから屋根裏点検口があり、屋根裏は2階の天井の上にグラスウールが敷いてあります。ロフトの周りの壁にもグラスウールが巻いてあります。 屋根の野地板とロフトの周りの壁に直接ホームセンターに売ってある断熱材(スタイロホーム等)を張り付けて隙間を発泡ウレタン(ホームセンターで売っているリホーム用スプレー)で埋めようと思っていますが、結露の関係から、野地板と断熱材の間に通気層と呼ばれる空間を作ったほうがよいのでしょうか?そのまま断熱材を貼っても問題ないのでしょうか?ホームセンターで売っているスタイロホームにも、25・30・40ミリとありますが分厚いほうがいいのでしょうか?断熱効果は出るのでしょうか?また別件ですがカラーベストに塗る断熱塗料とは効果はあるのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 床下の施工について

    1F床下の根太間に断熱材を入れるのですが、間に挟みこむ形なので、下に落ちそうになっています。 断熱材が落ちないようにして欲しいのですが 普通、何も要望しなければ根太下には板や桟などはらないものなのでしょうか? 当方、在来工法での建築依頼です。