• 締切済み
  • すぐに回答を!

床下断熱材について

寒さ対策について質問させていただいたものです。皆様のアドバイスにより床暖房を設置する際に床下の断熱材を入れることにいたしましたが、断熱材料について2つの工務店が提案してるものが違うので判断しかねています。一つは既存床下からグラスウールをビス留めしていく方法で現在の床材ははがさず、その上から床暖房をということのようです。 もう一つは既存の床をはがし、根太と根太の間にスタイロフォームを敷き込み、その上にすて張りのコンパネ、床暖マット・床材を貼る。という方法です。 ちなみに、現在の床は、床材の下に合板もなく、いきなり根太です。 私の素人の感想では後者のスタイロフォームの方が良いのかなという気がしてるのですが、素人ですのでよくわかりません。 費用、効果の面でどちらを選択するのが良いのかアドバイスよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2768
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.6

今ある床をはがすと根太でしたら、大引からフローリングの上面まで何センチあるか分かりませんが、捨て張りを2重にしてサンドイッチ方式にし、そこにグラスウールをつめ、そこに床暖用のパイプを通した方が断然暖かいです。 私の家も畳で掘りごたつでしたが、12mmの合板の上にクッションフロアーを貼っていますが、その下にグラスウールとパイプその下に捨て貼りの12mm合板です。隙間がないからとても暖かです。 真冬は貼っていない部屋に行くと底冷えがします。 寸法が取れるかの問題ですが、スタイロフォーム貼るより安くあがります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 床下の断熱材

    こんにちは。 先日、 点検口から1階の床下をのぞいたら 床下に貼られている断熱材が 2枚ほどはがれていました。 断熱材はグラスウールだと思います。 厚さは100ミリぐらいです。 この断熱材は 1階の床下の合板に どのようにして取り付けられているのでしょうか。 接着剤なのか、金具のようなものなのでしょうか。 もし接着剤ならば どのような種類のものを使っているのでしょうか。 修繕じたいはハウスメーカーにしてもらうので 何も問題はありませんが 今後の知識として覚えておきたいと思うので 良かったら教えてください。

  • 床下の断熱材はどこまで?

    こちらのサイトのおかげで、やっと建物も完成間近までこぎつけました。ここでまた疑問が・・・。階段下や和室の押入れのところには、断熱材(スタイロフォーム)が入っていないのです。これは当然のことなのでしょうか?床下の断熱材と言えば、床下収納以外のところには断熱材が入るものだと思っていたのですが・・・。どなたか教えてください。

  • 床暖房の断熱材について

    又、お世話になります。床暖房に無垢材は最適でしょうか?にたくさんのアドバイスありがとうございました。皆さまのご意見を参考に合板の床材にすることに決めました。築40年の木造なので床下に断熱材が必要とのことですが、グラスウールを使用のようです。硬質ウレタンが良いと何かで見ましたが違いはあるのでしょうか?もうすぐ作業が始まるのでどなたかアドバイスいただければ嬉しいです。ガス式の温水パイプです。

  • 回答No.5
  • irororo
  • ベストアンサー率23% (17/72)

スタイロの厚みは厚いほうが良いですが、隙間なくやることが大事だと思います。 発泡スチロールなので、隙間が出やすいです。それをどうやるかを確認して間違いなく隙間なくやれると確認できたらお願いしてよいように思います。 いい加減な仕事になって、隙間が目立つようでは、やってもらっても効果が得られないと思います。 たぶん2つにおれててぱちんぱちんとはめていくようなものが根太ようのスタイロですが、後施工でうまくやれるのか気になります。 僕だったらグラスウールを下面よりホッチキスで止めて、あとでグラスウールが落ちないようにベニヤを釘ウチして完了とすれば納得できます。 ベニヤでは床下での作業は大変ということだったら、胴縁を30センチ間隔程度に打ち付けるということでもおグラスウールが落ちてしまうことの防止にはなると思います。 ただしグラスウールも通常は内側から施工するように出来ているので、内外を間違えないように確認する必要があると思います。 内外を逆に使ってどうなるかわからないですが、逆に使ったほうが仕事はやりやすいと思います。 この辺も判断が必要なところのように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

うちと同じような状況です。 自分の場合はフローリングの部分はまずグラスウールを 根太の間にグラスウールを入れて、蓋をするように スタイロフォームとは違う、スポンジに近いような 断熱材をはめ込みました。 畳の部屋は畳を上げて下地材をはがしてまずスタイロ を入れてその上にグラスウールを敷きこみ、下地材を 再度固定して畳を置きました。 なんせ床下での作業は大変でした。74平方メートルの 1階部分をやるのにかなりの日数と労力がかかりました。 もう二度とやりたくないです。目やら鼻やらに細かい ほこりが入って結膜炎になってしまいました。 ゴーグルは付けてくださいね。でも曇っちゃうんですよ。 その作業のおかげか、なんとなく気密性も増した感じがあり (潜ったついでに気流止めにグラスウールをねじ込んだ) 床からの冷え込みも緩和しました。 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ご自分でやられたんですね?!我が家は一応工務店さんにやってもらうつもりですが、自分でできるものなのでしょうか?

  • 回答No.3
  • irororo
  • ベストアンサー率23% (17/72)

床下に潜ってやれるということだったら、その方が安いんじゃないでしょうか。 グラスウールとスタイロの性能差は2割り程度かと思います。スタイロ厚50とグラスウール厚75がほぼ同じ性能と考えて、あとは費用で比較すればよいように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

調べてもらったら床下にもぐれるそうなのでもぐってスタイロフォームを入れるとのことでまとまりそうです。45mm 厚とのことですが、50mmにしておいた方がよいのでしょうか?5mの差っていうのは結構あるものなのでしょうか?

  • 回答No.2
noname#78261

今の根太間にスタイロをはめ込む。 手間がかかるけどGWの浮いた感じがどうも効きが悪いように思うんですよね。スタイロで今の床を壊さない方法のほうが出来ればやすくて安心かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 おっしゃる通りで、根太の間にスタイロをはめ込むということで落ち着きそうです。床は取り外さなくても済むとのことなのでそちらで行きたいと思います。

  • 回答No.1

どちらも有り得る方法だと思います。 1つ目の方は、現在の床の上から仕上げていくので 床の高さが変わり、廊下との段差とかドアとの関係・・・などなど 高さ関係を注意しないとダメだと思います。 2つ目は、一般的に新築とかでもする方法です。 費用の事を言えば、両方で見積もりを取ってもらい それを見比べて考えてみてはどうでしょうか??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 スタイロフォームをもぐってはめ込むという方法に落ち着きそうです。

関連するQ&A

  • 床下の断熱材

    床下の断熱材の下側は断熱材がむき出しのままになっていますが、落下防止のために合板を打ち付けて何か問題はありますか。それに上側の合板と下側の合板で断熱材をサンドイッチ状態にした方が熱効率が良さそうな気がするのですが。。。どなたか教えて下さい。

  • 床暖房の施工業者様

    私も施工業者です 一般的にリフォームで床暖房にする場合 灯油やガスを使った温水床暖房では 一旦床を剥して、床暖パネルを張り、架橋ポリなど通してその上からフローリングしますよね ここで、床を張替えることになりますが、この張替えをせずに床暖房できないでしょうか? 私の案です 床下に断熱材があれば切り外す 床下からステンのサドルバンドで極小ビスで止めながら配管を施工していく 根太をまたぐところは遮熱管を通す 根太の間に断熱材(スタイロフォーム等)をはめ込む アルミのフラットバーで断熱材を固定し落ちないようにする 以上が床部の工事案ですがわからないことがあります 立ち上がりがどのくらい遅くなるのか? 放熱ロスは? 等々 このような施工経験のある方、また似たような考えをお持ちの方。 ご意見、ご感想をお聞かせください

  • 床下断熱について

    床下断熱について教えてください。 現在、IV地域で木造軸組工法による新築を考えています。一般的に床下の断熱はXPSやEPSもしくPEなどの発泡樹脂系の断熱材が使用されることが多いと思います(もちろんポリウレタンもあるかと思います) これら樹脂系断熱材の使用は床下の湿気対策、垂れ下がりなどからかなと思っています。 発泡系の断熱材を床下に用いる場合、一般的には根太間に施工することが多いかと思いますが、この場合、IV地域でも次世代エネルギー基準適合にするためにはXPSを90mm近く入れる必要があり、この場合根太を太くする必要があるとともに、XPSの価格もかなりするのではと思っています。 そこで、床下断熱に高性能グラスウールを少し考えています。高性能グラスウールを大引き間、根太間に施工すれば150mmくらいの施工が可能になるのではと考えています。そこで教えてください。 床下断熱に高性能グラスウールを用いる場合、断熱材受けはどのようにしたらよいのでしょうか?床下からの湿気対策及び床下へのグラスウールの垂れ下がり対策に、大引き下に防湿シートを敷いたベニヤを固定してその上に断熱材を敷き詰めていくという施工方法は間違っていますでしょうか? 北海道などでは床下もグラスウールで断熱しているようなことを聞いたこともあるのですが、その場合どのような施工をしているのでしょうか? タイベックを敷いてその上にグラスウールを敷いているのをどこかの写真で見たような気がしますが・・・タイベックは透湿ではないかと思うのですが・・・ それとも、やはり床下にはグラスウールは用いず、樹脂系断熱材で施工した方がよいのでしょうか? ご存知の方がお見えでしたらご教授お願いしたします。

  • 床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間)

    床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間) 現在、次世代省エネ基準の仕様で新築中の者ですが、床下の断熱材の施工について疑問がありますので教えてください。 我家の床は、根太貼り工法です。この工法ならば、根太の間に断熱材が施工されるのが普通だと思うのですが、我家の場合は、大引の間に施工されています。そのため、床下地と断熱材との間に隙間(根太の幅55mm)が生じています。このような施工でも良いものなのでしょうか。 掲示板等を拝見しますと、床下地と断熱材は密着させるのが原則のようで、このような隙間は結露の原因となるとの記載もあります。 設計士に質問したところ、「空間が生じているが、断熱材と大引との間を密閉しており、気密性がとれているので問題はない。」とのことです。 現在、施工を中断しています。よろしくお願いします。    

  • 床下の断熱材のついて

    中古住宅で床下に断熱材が入っていません。 今から床をはがさずに床下から断熱材を取り付けることは可能ですか? また、床に断熱材がないとかなり暑さ、寒さは変わりますか? わかっている事は以下の通りです。 基礎はベタ基礎。 床はフローリング。(コンパネの上にフローリング。2枚張りと言うのでしょうか?) 壁と天井には断熱材あり。 宜しくお願いします。

  • リフォームの断熱材について

    今回、床のリフォームを検討しています。 床下の断熱材ですが、根太間に入れるタイプか、大引き間に入れるタイプを検討しています。 そこで、質問ですが、長期的にたわんで、床との間に空間ができないものは、どのようなものでしょうか? グラスウールだと湿気でたわんでしまうような気がします。しかし、グラスウールのカタログには、ポリスチレンボードよりもたわまないとあります。 よろしくお願いします。

  • 床にグラスウール断熱材を入れる方法

    床に断熱材が入っていないので自分で床下にもぐってグラスウールを充填しようと考えています、根太にタッカーで留めただけではたるんできてしまうのではないかと思います、どの様な方法で行ったらよいかアドバイスをお願いします。

  • 床下の断熱について教えて下さい

    根太間にネオマフォームをいれての断熱について教えてください。 根太間にネオマフォームを入れる場合、少しの隙間が出来ると思います。 この隙間はどれぐらいまでが許容範囲なのでしょうか? 断熱材の施工方法で隙間に対しての何か決まりはありますでしょうか? 根太間に断熱材を入れると根太が熱橋になると聞きましたが、剛床と比べるとどれくらい性能が落ちるのでしょうか? 床下にもぐり根太の上から断熱材を張り付ければ、断熱性能はあがりますか? 根太を密閉し、床下の外気にあてなくなることで何か結露やカビの発生の可能性はありますでしょうか? よろしくお願いします。

  • 2階の床下に断熱材を入れたい

    木造の2階建てです。 床が畳の部屋はそうでもないのですが 板間の部屋は足元が冷える感じで いくら暖房を使っていても快適ではないです、特にデスクの下などは区切られているところは暖気が来にくいようです、絨毯を敷いても 完全には解消されません。 一階の電灯の穴から覗いてみると 断熱材が付いておりませんでした、普通は付いているものでしょうか? そこで2階の床下に断熱材を入れたいのですが かなり大掛かりな工事になりますか?

  • 床暖房を設置した際、バルコニーの断熱材について

    はじめまして、こんにちは。 現在、北海道で数年生活しているのですが、今住んでいる家は中古で購入したため、床暖房が設置されておらず、毎年暖房費が嵩みます。 そこで、床暖房(温水式)を設置しようと考えているのですが、ある会社の方より、部屋の中を暖かく保つ場合、床暖房を設置する際にバルコニーにもきちんと断熱材で保護しておかないと、パイプの中で暖まった空気が床下を通ってバルコニーに伝わり、熱が逃げてしまうとききました。 北海道に住んでいるのでできるだけ部屋の中を暖かく保ち、エアコン等の暖房費を節約したいと思っているのですが、バルコニーまできちんと断熱材で保護した方がよりよく室内を暖かく保てるのでしょうか? それとも、断熱材で保護する必要は全くないのでしょうか? どなたかご存知でしたら教えてください。 よろしくお願いします!