• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

固有値を全く持たない演算子(or 行列、作用素?)はあり得るのか?

任意の固有値{e_i}が0以上(0 <= e_i)であり、また任意の固有値{e_i}は整数に限られるような演算子(作用素?)Nがあるとします。 さらに、Nが固有値Eを持つとすれば、E-1もE+1も固有値であることが分かっているとします。(ただし、E=1の場合は、E-1は固有値ではありません。) 仮にNが1つでも固有値を持つとすれば、上記仮定より必然的に0以上の整数全てがNの固有値である事になります。しかし、Nが全く固有値を持たないときは、この限りではありません。 私の疑問は、全く固有値を持たない演算子(作用素)は存在しえるのかという事です。0演算子(作用素)ですら、固有値0を持っています。 できれば、演算子は線形演算子、エルミートであり、作用される被演算子(被作用素?)は連続で、絶対積分可能な関数であるとしたいのですが、その様な空間(?)の数学的に厳密な定義の仕方が分からないので、その場合に限らなくてもかまいません。何か一例でも、存在すると聞いたことがあるなどでもかまいません。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

まず「固有値」の定義を明確にしないと混乱するばかりです。数学では点スペクトルだけを「固有値」と呼び、そのような固有値を持たない作用素としては量子力学の「座標演算子」が有名です。しかし物理では連続スペクトルも含めて「固有値」と呼んでいるのが実情かと思います。ringohatimituさんの回答は固有値に連続スペクトルも含めるとした場合のことで、固有値(点スペクトル)を持たない作用素が存在することと矛盾するわけではないのです。 完全連続作用素の0と異なるスペクトルは固有値(点スペクトル)であることが知られています(Riesz-Schauderの定理、関数解析の大抵の本にあります)。完全連続作用素は有界です(これも関数解析の大抵の本にあると思います)。そしてringohatimituさんも書いているように有界作用素は必ずスペクトルを持ちます(例えば田辺広城「関数解析上」p.164定理8-5)。すると「完全連続であっても、エルミートでなければ固有値の存在は保証されない」は??? 有界でない作用素はスペクトルが空集合のこともレゾルベントが空集合のこともあります(例えば前掲書p.166注意8-2)。しかし自己共役作用素は有界でないものも含めスペクトル分解が可能です(関数解析のすべての本にあると思います)。また自己共役作用素は剰余スペクトルを持ちません(前掲書p.206定理10-2)。このことから自己共役作用素は点スペクトルか連続スペクトルを必ず持つといって良いでしょう。 信頼できる回答を書くのは一部の人だけだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変丁寧な回答ありがとうございます。 私の知る限り、量子力学に出てくるエネルギー演算子(作用素、通称ハミルトニアン)はエルミートであり、調和振動子の場合もやはりエルミートです(数演算子も)。また、多くの場合、有界ではない項(x^2、1/xなど)を含みます。 grothendieckさんの結論に従うと、それでもエネルギー演算子(作用素)はスペクトルを持つとの結論になると。 私が知りたかった事、および不明な点は解消されました。ただ、私が真に納得するには、勉強が必要なようですが^^ (書籍情報は大変助かります。フォローするのに大変役に立ちます。) 本当に助かりました。ありがとうございました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

No1です。No1の回答はあまりにも漠然としていて、何も答えていないのと同じでしたね。 >閉集合である限り、空集合ではないので 空集合も閉集合です。 ヒルベルト空間では、エルミート作用素は「近似固有値」を持つことまでは示せますが、固有値を持つことを示すためには、もう少し条件を強める必要があります。作用素の「完全連続性」という、有限次元に近似できる条件などを加える必要があります。しかし、完全連続であっても、エルミートでなければ固有値の存在は保証されないということは記憶にとどめておくべきです。そして、固有値を持たない作用素の具体例もいくつか知れれています。 物理学などの数学的な厳密性を離れた場面では、エルミート作用素には固有値が存在することを前提とした上で議論が進められます。数学を応用する立場から言えば、あまり細かいことに気を遣う必要がありませんから、それで十分ではないでしょうか。 話が前後しましたが、元の質問に戻って、 >固有値を全く持たない演算子(or 行列、作用素?)はあり得るのか? ヒルベルト空間で、ユニタリー作用素やその他の作用素には、固有値を全く持たない作用素の具体例がいくつか知られています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>閉集合である限り、空集合ではないので >空集合も閉集合です。 これは、そうなのでしょうか?定義にもよるでしょうが、開集合にも閉集合にも含めてしまえるような物であると思っておりました。便宜上どちらかに含めることが多いと。 >作用素の「完全連続性」という、有限次元に近似できる条件などを加える必要があります。 このあたりの議論は、現段階では私の理解が及ばないので、わからないです。 >ヒルベルト空間で、ユニタリー作用素やその他の作用素には、固有値を全く持たない作用素の具体例がいくつか知られています。 反例が既に知られているという事ですか。なるほど。#2にある主張と矛盾しますが、前提条件や、考えている範囲が違うせいなのでしょうか? 下記URLの2ぺーじ目に、具体的な例がありますが、これが私の考えている前提条件に当てはまるのかどうか良くわかりません。 http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tnomura/EdAct/92fa.pdf とりあえず、現段階では、私の理解が全く足りていないので、#2にありますように、関数解析の本などを見つつ、皆さんの助言を頭に置きながら、勉強するしかないようです。 大変参考になりました。 ありがとうございました。

質問者からの補足

なぜか、お礼の方に投稿できなかったので、補足にも再投稿します。もしかしたら、重複する可能性があります。 >>閉集合である限り、空集合ではないので >空集合も閉集合です。 これは、そうなのでしょうか?定義にもよるでしょうが、開集合にも閉集合にも含めてしまえるような物であると思っておりました。便宜上どちらかに含めることが多いと。 >作用素の「完全連続性」という、有限次元に近似できる条件などを加える必要があります。 このあたりの議論は、現段階では私の理解が及ばないので、わからないです。 >ヒルベルト空間で、ユニタリー作用素やその他の作用素には、固有値を全く持たない作用素の具体例がいくつか知られています。 反例が既に知られているという事ですか。なるほど。#2にある主張と矛盾しますが、前提条件や、考えている範囲が違うせいなのでしょうか? 下記URLの2ぺーじ目に、具体的な例がありますが、これが私の考えている前提条件に当てはまるのかどうか良くわかりません。 ​http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tnomura/EdAct/92fa.pdf​ とりあえず、現段階では、私の理解が全く足りていないので、#2にありますように、関数解析の本などを見つつ、皆さんの助言を頭に置きながら、勉強するしかないようです。 大変参考になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
noname#161582
noname#161582

#3です。 #2さんへの返答を念頭に質問を見直してみると、 演算子Nというのは粒子数演算子だったのですね。 確かに量子力学では 「Nの固有状態を |n> とおくとN|n>=n|n>・・・」 「消滅演算子aの固有状態を |a> とおくと・・」 のように固有ベクトルの存在が確かではないのに、存在を仮定して 議論することが多い気がします。 そこで、固有ベクトルの存在を保証できないか少し考えてみました。 よく知られた次の定理 『状態ベクトル空間において二個の演算子A,Bを考える。 Bの固有値・固有ベクトルは既知とする。 AとBとの間に交換関係 [A,B]=0 が成り立つとき、AとBは同時固有ベクトルをもつ。 これはBに縮退がある時にも成り立つ。』 を利用します。Bとして恒等演算子Iをとると、任意の演算子Aに対し [A,I]=0 が成り立つので、AとIの同時固有状態が存在します。 状態ベクトル空間内のあらゆるベクトルはIの固有ベクトルですが、 その中の少なくとも一個のベクトルはAの固有ベクトルなわけです。 以上、つつくといくらでもボロがでそうですが...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たしかに、こう言った考え方もありますが、やはり3C273さんも最後に言及しておられますが、数学的厳密性に欠けると思います。 ただ、個人的には、このレベルで良いのかもしれませんが。

  • 回答No.3
noname#161582
noname#161582

特性方程式を考えれば演算子の固有値は必ず存在すると思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >特性方程式を考えれば演算子の固有値は必ず存在すると思いますが。 私もそう思います^^ ただ、行列としてあらわされている場合には、上記はもっともらしく感じますが、もっと一般の場合には・・・?と思った次第です。また、上記は非常に直観的で、数学的には、あまり厳密とは言い難く、そこをなんとか、クリアに説明出来たらと思い、質問させて頂いたしだいです。 数学は時に突拍子もない答えを与えますから、もしかしたら、あり得るのかもしれないと思いました。ただ、物理学上の問題を扱う際に出てきた疑問なので、そのような突拍子もないものは、そもそもの前提条件からはみ出してしまうのかもしれませんが。

  • 回答No.2

質問者さんの言うところの「固有値」が一般的に言われる「スペクトル」のことを指すのであれば、ノルム空間上の有界線形作用素の「固有値」は必ず存在します。これは関数解析の本であれば大抵載っている事実ですが証明で使われる本質的な定理は「複素平面上で有界かつ正則な関数は定数に限る」という定理(いわゆるリュービルの定理)です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 大変参考になります。 >これは関数解析の本であれば大抵載っている なるほど。図書館で借りてくることにします。 >ノルム空間上の有界線形作用素 一つ問題があると思われるのは、有界であるかどうかが、疑問です。上記の問題は、お気づきの方もおられると思いますが、実は(Dirac風に)調和振動子の固有解を求める際に起きた疑問です。線形作用素の定義にはx^2の項が含まれており、x->∞で、x^2->∞ですから、非有界であるように思えます。 とはいえ、非常に参考になりました。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

>固有値を全く持たない演算子(or 行列、作用素?)はあり得るのか? ヒルベルト空間では、エルミート演算子のスペクトルは閉集合です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 >ヒルベルト空間では、エルミート演算子のスペクトルは閉集合です。 スペクトルは固有値(固有関数)と同義であると解釈し、考えたのですが、よく意味が理解できませんでした。閉集合である限り、空集合ではないので、必ず元は存在し、固有値は存在するという事なのでしょうか? 仮にそうであるとして、「命題A:任意のエルミート演算子の固有値が常に閉集合をなす」ことを証明することは、「命題B:固有値をまったく持たないエルミート演算子は存在しない」ことを証明することを含んでいるようにおもうのです。つまり、命題Aを示すためには、命題Bを示し、かつ「命題C:任意の固有値をもつエルミート演算子の固有値は閉集合をなす」を示すことになるのではないでしょうか? 勘違いしていたら申し訳ありません。

関連するQ&A

  • 近似固有値と固有値の違い

    ヒルベルト空間Hがあるとします。Hの元xのノルムを||x||と書く事にします。 有界線形作用素T(:=H→Hの有界線形写像)があって、 ある複素数λと、Hの元の列x_1,x_2,・・・ (∀n ||x_n||=1)に対して、 lim[n→∞]||(T-λI)x_n||=0 (Iは恒等作用素) を満たす時、λをTの近似固有値と呼ぶそうです。 この「近似固有値」は、「固有値」とどのように違うのでしょうか? あるいは、ヒルベルト空間Hが、C^nである場合,L^2(二乗可積分な関数)である場合等、どのような場合であっても構わない(内積も適当に)のですが、 近似固有値ではあるが、固有値ではない例を教えて頂けると嬉しいです。

  • 線形作用素とシュレーディンガー表現

    清水明著 新版量子論の基礎p117からの話なのですが、 一般化座標qに対応する演算子をQとして、 一般化運動量pに対応する演算子をPとします。 Q|q> = q|q> となります。さて状態ベクトルを |ψ> = ∫dq ψ(q)|q> と書くと、 Q|ψ> = ∫dq ψ(q)q|q> となるそうですが、ここで1つ目の疑問があります。 Qはψ(q)には全く作用しないと考えてよいのでしょうか? 演算子Qは線形作用素だから、|q>のみに作用すると 考えるのでしょうか? そうなりますと、 P|ψ> = ∫dq ψ(q)P|q> となるはずです。だから (QP-PQ)|ψ> = ∫dq ψ(q)(QP-PQ)|q> = ih ∫dq ψ(q)|q> と計算されます。これを波動関数の積分として眺めなおすと、 Q|ψ> という計算は qψ(q)になっている。 P|ψ> という計算は -ih ∂ψ(q)/∂q に対応させると (QP-PQ)|ψ> という演算は、ちゃんとih ∫dq ψ(q)|q>と計算できる。 つまり、|q> に演算子を作用させることは、実質的には ψ(q) にqをかけたり、qで偏微分したりすればよくなる。 気になるのはPはもともと線形作用素でψ(q)には作用しない はず(と理解しています)なのに、結局波動関数の演算に 置き換えたときには-ih ∂ψ(q)/∂q となってψ(q)にまともに 作用しているということです。どうもすっきりしません。 よろしくお願いします。

  • 【量子力学】演算子の行列表示

    固有値方程式  Fφ_n = f_n φ_n に、左から(φ_m)^*を掛けて積分すると、φの正規直交性より  F_m,n ≡ f_n δ_n,m であり、これは対角型の行列である。 と本に書いてあるのですが、 Fがオブザーバブルな物理量であるとしても、Fはエルミート行列になるのではないでしょうか? 上記の部分を読むと、固有値方程式として書ける演算子の行列表現が全て対角行列になる、というような解釈をしてしまうのですが…。 よろしくおねがいします。

  • 実対称線形作用素の固有関数は完全系をなすかどうか?

    自己共役線形作用素(演算子)の固有関数が完全系をなすことは、結構いたるところで言及されますが、証明を見たことはありません。が、仮にこれを信じたとして、実対称線形作用素の固有関数は完全系をなすのでしょうか? ただし、関数の連続性を仮定してもよいとします。なお、現在考えている作用素は1/rの様な有界ではない項を含みますが、議論の簡単のため、有界な作用素としてもかまいません。 よろしくお願いします。

  • シュレーディンガー方程式 演算子

    シュレーディンガー法式でポテンシャル、V=0とし、運動エネルギーの演算子K(x)=-A(d^2/dx^2)と運動量の演算子を求めれます。 この事で質問なのですが、V=0の時に導出した運動エネルギー、運動量の演算子をポテンシャルがゼロでない時の波動関数に作用させて、得られた固有値がそれぞれの物理量になるとしてもいいのでしょうか?それとも、ポテンシャルがゼロでない時には、また別の運動エネルギー、運動量の演算子が存在するのでしょうか? ご回答よろしくお願いします。

  • 調和振動子の離散的なエネルギー固有値の出所

    量子力学では、調和振動子の問題の解法には2通りの方法がありますよね。 (1)シュレーディンガー方程式を解析的に解く方法 この方法では、エネルギー固有値がとびとびの値を持つのは、無限遠方で波動関数が0になることを要請した(束縛状態)結果だと理解しています。 (2)生成消滅演算子を用いて解く方法 位置演算子(x)や運動量演算子(p)の線形結合を取って生成消滅演算子(a)や(a*)を定義すると、エネルギー固有値は個数演算子(a*a)だけで書くことができて、その結果エネルギー固有値がとびとびの値を取ります。 (1)の方法では、境界条件が重要だったのに、(2)ではそのような境界条件を課すことなく、エネルギー固有値がとびとびの値を取るのは何故ですか?

  • 分かる限りで構わないのでお願いします。

    分かる限りで構わないのでお願いします。 ハミルトニアン H=(p^2/2m)+{(m・ω^2・x^2)/2} で記述される1次元調和振動子を考える。ここで、座標x^,運動量p^は正準交換関係[x^,p^]=ihを満たすエルミート演算子であるとする。 a^={√(mω/2h)}・{x^+(ip^/mω)}とおくと [a^,a^’]=1, H^=hω(N^+(1/2)), (N^=a^’a^), [N^,a^]=-a^, [N^,a^’]=a^’, が成立する。これらの公式を用いて以下の問に回答して下さい。 (a^,x^,p^はそれぞれの文字の上に^があるイメージで。a^’はa^の右上に+があるイメージで。) (1)任意の状態ベクトル |Ψ〉に対し、〈Ψ|Ψ〉≧0である事実を用いて、エルミート演算子N^の固有値が、非負の整数値となることを示して下さい。また、状態 |0〉を、 a^|0〉=0, 〈0|0〉=1 を満たすものと定義するとき、Nの固有値nの固有状態が |n〉:=N_n(a^’)^n|0〉と表されることを示して下さい。さらにエネルギー固有値も求めて下さい。 (2)(1)の固有状態 |n〉を 〈n|n〉=1と規格化するとき、規格化因子N_nを決定して下さい。 (3)公式〈x|x^|Ψ〉=x〈x|Ψ〉, 〈x|p^|Ψ〉=-ih・∂/∂x〈x|Ψ〉、などを用いて波動関数φ_n(x)≡〈x|n〉を求めて下さい。 (ヒント:exp(ε^2/2)・exp(-ε/2)=d/dε-εを利用) (4)規格化された固有状態|n〉に対する演算子x,pの行列要素 〈m|x^|n〉, 〈m|p^|n〉を計算して下さい。 (ヒント:まずa^,a^’の行列要素を求め、次にx^,p^がa^,a^’を用いてどのよに書けるか考える。)

  • 固有値と安定性

    Aを2n×2n実(ハミルトン)行列、xをx∈R^(2n)としたとき dx/dt=Ax (*) の解は、Aのすべての固有値が純虚数であるとき、安定(t>0で||x(t)||<∞) である。なぜなら、(*)の任意の解はt^k*exp(tλ)v (kは正整数、λは固有値、vは定ベクトル)の線形結合で書き表されるが、固有値が純虚数の時には、k=0となるからである。 と今読んでいる本に書かれているのですが、何故、すべての固有値が純虚数ならばk=0といえるのか理解できません。基礎的な質問かと思われますが、どなたかよろしくお願いします。

  • 量子力学において運動量を微分演算子に代える物理的意味

    量子力学をきちんと物理的,数学的に理解したいので,独学で量子力学を勉強しています.学部時代は量子力学の授業がなかったこともあり,正直分からないことだらけで不思議に思うことがたくさんあります. そのうちの一つとして,ある原子内の電子群を考え,ハミルトニアンHを持つ系だとすると,波動関数Ψの絶対値の二乗(存在確率)で存在する原子内にある一つの電子は,あるエネルギ準位(固有値)εしか取り得ないという考え方をシュレディンガー方程式 HΨ=εΨ で表される固有値問題に帰着するということをとりあえず納得したとすると,線型代数学で出てくる固有値問題 Ax↑=λx↑ のように「ある固有ベクトルx↑に対してある固有値λが決まる」 ということと似ているのでなんとなく分かります. 波動方程式からシュレディンガー方程式を導出していくこともなんとなく分かりました.分からないことは,シュレディンガー方程式の導出として,ハミルトニアンを波動関数に作用させ,ハミルトニアン中に含まれる運動量を微分演算子に代えれば,シュレディンガー方程式になっているということです.この方法は,結果として成り立つだけで,後付けくさいなあと感じました. 過去にも同じような質問をされていた方 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa587812.html がいましたので見てみると,運動量を微分演算子に代えるのは数学的には導けるようですが,その導く過程が物理的には分かりにくいと感じました. 量子力学を勉強する前に基礎知識が不十分なのもあるとおもいます. なので,量子力学を勉強する前に習得するべき学問は何かと,どの順番で勉強すれば効率がよいかも教えていただきたいです. (1)量子力学において,運動量を微分演算子に代えることの物理的意味は?もっと一般的に,その他の物理量(角運動量,スピン角運動量など)を演算子に代えることの物理的意味は? (2)量子力学を勉強する前に習得するべき学問は何かと,それらをどの順番で勉強すれば効率がよいか? です.長くなりましたが,よろしくお願いいたします.

  • 偏微分とエルミート共役

    運動量演算子Pを用いて、固有値方程式  P|p>=p|p> と表せるとき、Pを座標表示で書くと  P=-ih~∂/∂x   (h~ はエイチバーです) であることを用いて、  -ih~∂/∂x|p>=p|p> ですが、ここでこの方程式の両辺のエルミート共役の式に書き換えると、  {-ih~∂/∂x|p>}^†={p|p>}^†  ⇔ih~<p|(∂/∂x)=p<p| となると思ったのですが、実際は  ih~∂/∂x<p|=p<p| のようでした。 どうしてxでの偏微分(という演算子)は<p|というブラと入れ替わらないのでしょうか? よろしくお願いします。