• 締切済み
  • すぐに回答を!

matlabやscilabでラゲールの多項式などのフリープログラムがないか

matlabやフリーのscilabで、水素原子の波動方程式の解をプログラムとして入れたいのですが、その中に出てくるラゲール(laguerre)の多項式や球面調和関数が複雑で、どうプログラミングすればいいのか分かりません(元からは入ってないようなんで・・)。  なのでインターネット上にラゲールの多項式などを表すプログラムが公開されてないかを知りたいです。英語が苦手で、検索しても何が書いてあるのか分からない感じで、困っています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数893
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

"matlab quantum mechanics"や"matlab laguerre"で検索すれば、多くのサイトがヒットします。参考URLもその一例です。Schrodinger toolboxがアップされていて、Laguerre多項式の係数を始めとした量子力学関係のmatlab関数ファイルが数多く収録されています。 簡単な英語ですし、matlabでプログラムを作るとなると英語ですので、これくらい習得できないとお先真っ暗と思いますが。

参考URL:
http://www.theophys.kth.se/mathphys/schrodinger.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 量子力学に関する質問です

    水素原子における電子の波動関数と 球面調和関数の関連は何でしょうか。 ご回答よろしくお願い致します。

  • 水素原子の波動方程式

    水素原子の波動方程式のポテンシャルエネルギーが負の値をとるのはどう考えればいいのでしょうか?お願いします。

  • キルヒホフの公式を導くアイデア

    空間3次元の波動方程式の初期値問題の解の公式であるキルヒホフの公式は, 波動方程式の解の球面平均がEuler-Poisson-Darboux方程式を満たすことから, 空間1次元の波動方程式の解の公式であるダランベールの公式に帰着させて導きます. 球面平均を考える意味は何でしょうか ? 空間1次元に帰着できる根拠があるのでしょうか ? それともたまたまうまくいくだけなのでしょうか ?

  • 波動関数の動径関数について

    現在、分子軌道法について勉強しているのですが、波動関数の動径波動関数について調べても理解できない点があったので、どなたかご存知でしたら、ご教授頂ければと思います。 質問1)  動径関数は、クーロン場に由来する関数であるため、原子核からの距離rの関数として表されますが、なぜ1sは動径関数の値は正のみをとり、2sからは負の値も取り得ることが可能なのでしょうか?  動径関数は、空間的な電子の広がりを支配しているため、負の値の意味がよくわかりません。  よろしくお願いします。 質問2)  波動関数は動径関数と球面調和関数の積で表されますが、球面調和関数の位相因子はどのような意味をもつのでしょうか?  動径波動関数で、空間的な電子の広がりを表現するために、正負の値を取り得るのなら、なぜ球面調和関数が必要なのでしょうか?  よろしくお願いします。 以上ですが、自分の勉強不足という点もあり、なかなか理解できず、困惑しております。ご教授よろしくお願い致します。

  • 分子軌道法の役割?

    先日、量子力学の位置づけを質問した者です。 今回は、波動方程式と原子価結合法、分子軌道法の役割について、教えていただきたいと思います。 むずかしい話はついていけませんので、以下の解釈がおかしくないかだけ教えてください。 1.波動方程式は原子や分子内の電子の状態を説くもの。 2.原子価結合法や分子軌道法は波動方程式を解くための条件付け的な役割を担う。 専門家には力のぬける質問で申し訳ございません。

  • matlabのプログラミング

    MATLABのプログラミングについてご質問ですが、 構造体配列を使った、二つの多項式を足すプログラムの作り方をご存じの方いらっしゃいますか? (コマンドのpolyaddを構造体配列で作ったプログラム) 例、 a=struct('exponent',{1,2,3},'coeff',{0,1,0}) b=struct('exponent',{1,2,3},'coeff',{1,0,1,}) でプログラム(a,b)を発動すると answer= 1x3 struct array with fields: exponent coeff となり、workspaceにある答えが昇順表示になるプログラムです。 よろしくお願いします。

  • 波動方程式の解法

    偏微分方程式の本にはラプラス方程式の解法として  変数分離法  Green関数法  変分法  アプリオリ評価法  境界上の積分方程式に帰着する方法  ペロンの方法  複素関数的方法 の七つが挙げられていました。これをダランベールの波動方程式  (∂^2/∂t^2 - ∇^2)φ=0 にあてはめて考えると、変数分離法、Green関数法、変分法は共通して使えます。双曲型方程式には特性曲線による方法があります。ファインマンの経路積分法もあると思います。双曲型方程式の場合、アプリオリ評価法、境界上の積分方程式に帰着する方法、ペロンの方法に相当するようなものはないのでしょうか。また、複素関数的方法は解析関数の実部と虚部が調和関数になることを使うため、波動方程式に使うことは難しいと思いますが、全く不可能でしょうか。

  • 多項式についてです。

    多項式f(x),g(x)を考えるとき、任意の実数tに対して f(sint)=g(sint) が成立するとき、任意のxに対して f(x) = g(x) が成立する理由がわからないのでご教授下さい。

  • 多項式について

    中学校3年生です。 僕は今、駿台文庫の「受験数学の理論 数と式」という本で勉強をしているのですが、 多項式をf(x)と表していました。 どうして、関数のときに使うf(x)を使うのですか。 教えてください。お願いします。

  • 多項式について

    「x^2-xy-2y^2+ax-y+1が1次式の積に因数分解されるようにaの値を求めよ」 という問題が数学の参考書に乗っていたのですが説明を読んでもいまいち分かりません。どうやら判別式を使うようなのですが・・・。やり方を教えてください。