• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

π-π*吸収極大波長の長波長シフト

  • 質問No.429216
  • 閲覧数4803
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 5% (1/17)

π-π*遷移に基づく吸収極大波長は溶媒の極性が大きくなると、長波長側へシフトするのでしょうか?短波長側にシフトするという説もあるのですが、どちらが真実なのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 44% (65/145)

長波長シフトです。

π-π*遷移後の電子状態は、基底状態に比べてより分極しているため(これはわかりますよね?)、基底状態よりも周囲の極性溶媒と相互作用し、安定化するからです(n-π*遷移の場合とちょうど逆です)。

お書きになっている短波長にシフトするという説は、もしかしたら分子構造(あるいは分子を取り囲む特殊な環境)に依存したものではないでしょうか?

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

 ryumu さん(お久し振りです~)が回答されている様に,一般には『長波長シフト』のようです。

 また,別質問されていた「n-π*遷移」は,溶媒の極性が大きくなると長波長側へシフトするそうです。で,この違いを元に遷移がπ-π*かn-π*かを区別するのに利用される事もあるようです。

 「現代化学シリーズ23 紫外・可視スペクトル 第2版」(C.N.R. Rao 著,中川正澄 訳,東京化学同人)に記載があります(文献もあがっています)。御覧下さい。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ