• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

日本は《マインドコントロール社会》でしょうか

  • 質問No.4254724
  • 閲覧数443
  • ありがとう数60
  • 回答数28
 然りでしょうか 否でしょうか。
 いづれでも その理由は なんでしょう。
 その結果 どうすべきでしょう。どうも しないでしょうか。

 わたしの関心の焦点は こうです。
 一つには 広い意味での《以心伝心》 これが どのように はたらいているか。さらに広げて 《言霊》思想も そこに かかわるのか。
 もう一つには 農耕民と遊牧民との比較対照での捉え方です。後者が 現代では 広く欧米が代表し 中東砂漠地帯にもかかわると言われます。そこでこそ ものごとを明確に表わす傾向にあると言うものですが これに対して 農耕民の社会では そうではない・つまり 言外に言わんとすることを忍ばせ 果ては マインドコントロールにまで行きつくと見られるのかも知れない。というとき じつは いわゆる上層・支配層は そうであるかも知れないとしても 基層を成す市民のあいだでは 農耕生活をいとなむ共同体の昔から なるほど たとえ ものごとをあからさまには言わないとしても 人びとの間では 世の中の真相を じゅうぶん 早い段階で 知ってしまっている。知り切っているからこそ 特別に何も言わないのだと考えられてくる場合が 多いのではないでしょうか。庶民は ばかではありません。
 上層のもっぱらの公民と そして 基層の市民らとのあいだに きわめて 滑稽な茶番劇が演じられていて 後者の人びとも あほらしいから 積極的に 新しい一歩を踏み出さない。こういう情況が 戦後 半世紀以上にわたって 続いているのではないでしょうか。
 マインドコントロールという情況は あるか / あるとすれば どのようであるか / どうしたものか。ご賢察をおしえてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.14
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 10% (2/19)

ANo.11の返答です。

公民と市民の連関は日本の惰性的な社会では非常に難しいと思います。
日本では公民も市民も所詮はシステムとして稼働しているにすぎません。

あと宗教の話ですが、昔日本で島原の乱がありました。
それは、幕府がクリスチャンを恐れ迫害しようとした結果起きた蜂起です。
なぜ迫害しようとしたのか、単純にクリスチャンはいうこときかないからです。

彼らには神という絶対の原理があるため現実のシステムなど別にいうこときかなくとも天国を信じているので無視できるのです。
これは当時の権力者にとっては非常に厄介だったでしょう。

しかし、現在ではというとその性質が逆に利用されています。

真面目な宗教家、特にイスラムや能動的なクリスチャンは人を愛し、殺さず罪を犯さずのキリスト教絶対原理主義者と違い、どこかの軍隊にコントロールされています。

なぜ現代ではテロが起きるのか、なぜ宗教の戦争が起きるのか、誰かが真面目な宗教家を挑発するからです。
そのだれかとは戦争がなくなると困る連中です。

9,11のテロはアメリカがなんか大変に被害を受けたことになってますが、一部の人間にとってはちょうどよかった出来事だったんではないでしょうか。
それを口実に戦争できるわけで、まだ組織を維持できるわけですから。

実際、戦争するとなれば大国なら莫大な金が組織へと動くことになります。武器の開発費を口実にしたりして。
マインドコントロールを破壊するには社会構造を見抜いた上で対策を考える必要があります。世界的にも部分的にも。

権力者というのは権力者同士でつるみ、現状を維持し続けようとします。
はっきりいってそれが今の日本人に限らず世界規模で気づけるかは無理があるような気がします。

とにかく支配的なシステムがどこにでもあり、がんじがらめにされているので市民には構造がなかなか見えません。

この支配的な世界構造に気づいたのはヨーロッパの市民なんですが、ヨーロッパの人たちは頭がすこぶる切れる上に市民の間にネットワークができています。
カフェとかでよく政治とかの話を議論するようです。

1人が気づけば集まって市民同士で話し合い、上が流した嘘も誤解もとくことが可能となります。

日本はどうでしょうか、それどころの話ではないですよね。
みんな部品、自分のやることだけやってればいい、長いものに巻かれろが慣習なので土台無理な話です。

じゃあ日本はこの先もこの延長線上なのかといえば、そうでもないです。
ここで以外な話が出てくるのですが、芸術というのが非常に大きな意味を持ってくると思います。

「考えますに わたし一人なら 一人としてなら 進もう これです。」とありましたが、それプラス芸術です。

日本の芸術ははっきりいって欧米のパクリみたいなのが多くて中身がほとんどないです。
特に音楽はひどいと思いますね。

ここに気づいた人が芸術により惰性的な目を覚まさせる、僕はそこそこ芸術とはどういうものか勉強したつもりで、芸術の話になるとかなり話がややこしくなるし、かなり長くなるのでここではやめときますが。
あと芸術はプロパガンダとはまた違います。

最後に、やはり人は矛盾したものです。
僕はたまに欠陥というのがいとおしくなります。

人間は決して完璧にならない、欠陥だらけな存在ですから。
補足コメント
noname#80116
 h1g2h1g2さん さらにお答えいただきありがとうございます。

 そうですね。
 ・日本社会への批判は 方向として 同じであると思います。
 ・《芸術》は 最大限に広い意味で虚構 つまり 自己表現であると捉えました。そのつてでは けっきょく すべての生活・すべての活動が 批判や改革・革命の道につながると 大言壮語しておくというのは いかがですか?
 ・《最後に、やはり人は矛盾したものです。 / 僕はたまに欠陥というのがいとおしくなります。 /// 人間は決して完璧にならない、欠陥だらけな存在ですから。》――これは 弱さを誇っているのではなく むしろ 自分は強いと自慢していませんか。
 ★ 人間は決して完璧にならない、欠陥だらけな存在ですから。
 ☆ ここからしか 人は 出発しません。それを 言挙げするのは けっこう がんばった・この成果を見たまえと言っていませんか。もし誇るのなら 我が弱さを誇ろうと 死ぬまで 言っていきます。わたしは です。
 ★ ヨーロッパの人たちは頭がすこぶる切れる上に市民の間にネットワークができています。
 ☆ 《頭がすこぶる切れる》人間は ヨーロッパだけではなく 日本にも どこにも います。日本には 《市民の間にネットワークができていま》せん。出来ているのは 仲好し倶楽部です。牙は抜けていてもよいでしょうが 骨まで抜かれて くらげ(水母)どうしのおつきあいが いたるところで 繰り広げられます。
 ★ 1人が気づけば集まって市民同士で話し合い、上が流した嘘も誤解もとくことが可能となります。
 ☆ 戦争と武器産業等々のからくりについては それ相応の調査が必要でしょうが もっぱらの公民の話し方・対応の仕方については かなり 市民は 分かってきたのではないでしょうか。《アマテラス語弁論術》のことです。われわれは 裸のスサノヲ人間語で 応答するわけですが。
 われわれの戦いは すべて話し合いによる《何もしない闘い》です。古代国家の以前には 我が国にも かろうじて 民主主義の原点とも呼ぶべき市民社会があったという歴史も 見つけました。《アシハラ(葦原)デモクラシ》です。その平屋建ての社会の上に 第二階として(または雲の上にとして) 《タカマノハラ(高天原)デモクラシ》が 建てられました。これをも デモクラシと呼ぶのは 能力に応じてという前提条件に立てば その条件を満たすために奔走するのは 自由であり その能力主義の階段を上がる機会は 平等であるからです。この第二階の建設を 市民たちは 国譲りして 好きなようにさせたという解釈です。最大限に好きなように振る舞うのをゆるすようになってしまったという情況です。

 ★ 長いものには巻かれろ
 ☆ たしかに泣く子と地頭には勝てないのですが それは 無効の考えや行為が 既成事実となって そのことの・それとしての秩序を守るという口実をいいことに 有力な現実となってしまう。そういう無効の有力という事実に対しては 非力ですが 簡単に巻かれるわけには行きません。
 妥当で有効な考えを保ちつつ 無効の有力の前には 無力のまま――その弱さを誇りつつ――何もしないたたかいを続けるのが 筋道だと思います。話し合いです。井戸端会議です。人びとは 《巻かれる》と言っても その振りをしているだけであるかも知れません。先ほど 《くらげのようだ》と減らず口をたたきましたが 眠っているだけであるかも知れません。

 ★ 島原の乱――☆ 情報不足で申し訳ありません。承りました。
 ★ テロ問題――☆ 残念ながら いまは 広すぎますし 気の利いたお応えをするまでの情報がありません。
 ★ マインドコントロールを破壊するには社会構造を見抜いた上で対策を考える必要があります。世界的にも部分的にも。
 ☆ 日本の《社会構造》の一端を 分析しました。
 ★ 日本の歌謡曲――☆ これは 歌詞が ひどいと 少ない情報の範囲で 考えます。

 失礼な言い方もしています。中身には自信をもっています。この先 どうなりますやら。
投稿日時:2008/08/19 09:26

その他の回答 (全27件)

  • 回答No.28
オコリザルです。
犬について考え直しました。
「畜生」。
これが混乱の原因でしょうか。
私は畜生と言う言葉に悪いイメージがもてません。
生命に対するいかなる冒涜が誰によってなされたのでしょうか。
お礼コメント
noname#80116
 動物に うらみはありません。
 馴染んでもいませんが 特に どうということも ないのです。

 ★ 畜生
 ☆ と言っても 本能で生きているのでしょうから。だから どうだと言うには あまりにも 人間との違いがあるように思うのですが。
 ★ 生命に対するいかなる冒涜が誰によってなされたのでしょうか。
 ☆ ううーん。同じ生命体であるという感覚や意識を持たないと 《冒涜》になりますでしょうか。
 ★ 悪いイメージ
 ☆ を持っているわけではありませんが。
投稿日時:2008/08/31 00:28
  • 回答No.27
primeapeことポケモンのオコリザルです。
犬の話の続きです。
私は愛犬家なので犬の本をいろいろ読んだのですが、犬種や血統の話で性格のよい犬の子孫を残す改良が洋犬においてなされていました。
はてな?犬に性格があることを認めながら、感情があることは認めない?
キリスト教圏の人に聞いてみたいのですが、この教会で教える論理は相当にめちゃくちゃでしょう。
階級の話になるのでしょうか。
社会的に低い階級の人は教会で盲目的に従うだけでした生きることが認められないのかもしれません。
日本型とは違うマインドコントロールかもしれませんね。
補足コメント
noname#80116
 primeapeさん こんばんは。ご回答をありがとうございます。

 愛犬家でいらっしゃいましたか。わたしは 何も分かりません。わたしは 一時期 歩いて 街や郊外を 回っていました。風景や家並みが 見て たのしいと思いました。(運動もあります)。
 時々 犬が 吠えるのです。その声に対して 意識を集中し そちらを見てやると 吠えるのを止めます。そして通り過ぎていくと また 後ろから 吠えて来ます。
 あるいは 吠えないで こちらを見ている犬も います。あるいは 飼い主が そこに一緒にいて どうも 知らない人間だという感じを持ったのでしょうか その訝(いぶか)しげな様子を見てのように 犬も それに合わせて 吠える場合もあります。飼い主は 知らん顔でいますが 知らん顔でいればいるほど 犬に吠えることをけしかけているように感じました。
 ある程度 気持ちが 通じるかに思われるという印象です。それのみです。

 西欧社会は かなりきつい階級社会だと言います。いまも 何かと残ると言います。
 ★ はてな?犬に性格があることを認めながら、感情があることは認めない?
 ☆ わたしの場合 《感情があることは認める》のですが 同じように たとえば マインドコントロールの情況があるというのには 条件がちがうように思うというものです。
 人間のばあいには どうなのでしょうね?
 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 社会的に低い階級の人は教会で盲目的に従うだけでした生きることが認められないのかもしれません。
 日本型とは違うマインドコントロールかもしれませんね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 上流階級でないばあい 人は その属する階級に 甘んじている あるいは 諦めているのかも知れません。フランスなどでは けっこう 批判精神が旺盛であるように見えます。人と同じようには 機械的にと思えるほど 振る舞わない。でもその傾向じたいが マインドコントロールのような社会心理の情況であるかも知れません。
 そうですね。わたしには 外国のことが 生活感覚としては まったくといいほど 分からないのです。いろいろ体験記を読んだとしても かえって 生活感が 自分にないので 自信が出ません。

 そうですね。《教会》の占める位置や重みあるいは軽さ よく分かりません。テレビのルポなど映像を見ていても その結果 自信をもって 理論づけたり 分析をすることができるというには なんとなく だめですね。残念ながら。
 締まりのない文章になってしまいました。あしからず。
投稿日時:2008/08/31 00:21
  • 回答No.26

ベストアンサー率 14% (98/698)

おはようございます、 brageloneさん。

取り急ぎ、この部分へお返事します。

* 途中での 《 ​ 》は 原稿にないのに 出てしまいます。あしからず。

《 ​ 》
ああ、これね。
「何だこれ?」と、わたしも以前にあげたものに《 ​ 》が付いていて首をかしげたことがありました。ダイレクトにコピペ(コピー&ペースト)して載せると付いてくるみたいです。書き上げた後、《確認》ボタンを押し確認画面へ進みます。確認画面で書き上げた文章をチェック。尚、ダイレクトにコピペした箇所がある場合などは要チェック。その場合、確認画面に《 ​ 》があがってきます。《 ​ 》が付いているのが気になるようでしたら《戻る》のボタンを押し、《回答内容入力》のページへ一度かえります。すると、入力文中に当初なかった《 ​ 》があがっていますからこの場で《 ​ 》を削除します。削除したのち、《確認》ボタンを押し確認画面へ進み再度確認画面に《 ​ 》が付いていないかを確認したうえで投稿すれば《 ​ 》は出ないと思います。逆に《 ​ 》を付けたい場合は、ダイレクトにコピペ(コピー&ペースト)して載せると出せます。


ほでも、いつから《 ​ 》があらわれる設定になったんだろう?

…素朴な疑問。
お礼コメント
noname#80116
 littlekissさん さっそくのお答えをありがとうございます。

 いえ 以前にもあったと思い出して もう 放っておこうと 安易な気持ちになりました。
 ただ その時にも 何度も 削除しても ついて来て どうしようもなかったことも 覚えています。
 でも 次回には 気をつけます。ありがとう。
投稿日時:2008/08/28 11:01
  • 回答No.25

ベストアンサー率 14% (98/698)

こんばんは、brageloneさん。

今年行われていたオリンピック、リアルタイムではあまり見てなかったんです。もっぱら、TVにかじりつき甲子園で連日熱戦繰り広げられる高校野球に見入っていました。好きなんです、高校野球。あきらめかけたときに、カッキーンと、状況が一変したり、ピッチャーゴロ、誰の目にもアウトだなと、それでもファーストベース目指しがむしゃらに走る走る走る全力疾走。アウトどころかファーストベースをまわってセカンドまで行けてたり。最後まで見てみないとわからない。わからないからおもしろい。

4日,5日前、そそ、臥せってお家でぼへーっとTVを眺めてたら、テレビ画面に曲名が「北京、北京、我愛北京(ベイジン、ベイジン、ウォアィベイジン)」とあがり、北京オリンピックの歌っていうのが流れてた。ヘンなの? I love New York.みたくって、北京と書いてベイジンと発音。かぶってる。日本語で「ベイ」を「米」に変換し、「ジン」を「人」に変換すると「米人」。ほでもなー、中国語の「米」の発音は「ミィ」。「北京」と書いて「ベイジン」との発音、漢字と読みをあわせると北京原人が浮かぶんだな。北京原人といえば、アフリカ大陸に起源を持つ原人…。http://www.ne.jp/asahi/seven/angels/sinkaron.htm中国語で「アメリカ」を「米国」とは書かない、「美国」。中国語の「美」の発音は「メィ」だから「美国」は「メィクォ」。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312212153?fr=rcmd_chie_detail

【漢文は和文で読める?】
http://www.hmt.u-toyama.ac.jp/chubun/ohno/wabun.htm


▲☆ 《メット五回ぶつけたり》の《メット》とは ヘルメットのことですか。

野球だったらメット五回ぶつけたら相手ベンチが黙ってはいない
デッドボール

ほでも、こっつんこなら…

アイタタ、、、と、くれば、返しの言葉は… ごめんよ

「おつかいありさん」
関根栄一作詞/團伊玖磨作曲
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/otsukaiarisan.html

で、オリンピックとアリ繋がりで…モハメッド・アリ? 
1996年7月19日アトランタオリンピック
http://www.weblio.jp/content/%E3%83%A2%E3%83%8F%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AA


ふむ、おそらく《メット》は…メソッド(method)の略語なんじゃないかな?

method→met

                          
お礼コメント
noname#80116
 littlekissさん ご回答をありがとうございます。

 前回のお応えとしては No.25の補足欄(⇒《未来予想図》)も No.24のお礼欄・補足欄とともに 見てくださいね。

 ★ 中国語で「アメリカ」を「米国」とは書かない、「美国」。中国語の「美」の発音は「メィ」だから「美国」は「メィクォ」。​
 ☆ ひとつの音節を取り出して 好字(美字)を当てたようです。相手に花を持たせて。

 美国 meiguo : America
 英国 yingguo : England
 法国 faguo  : France
 徳国 deguo : Deutschland
 
 ほかの国は あまり一字による略称はしないようです。

 意太利 yidali : Italia
 西班牙 xibanya[シーパンヤー] : Espagna
 希臘  xila[シーラー] : Hellas(=Greece)

 ★ 【漢文は和文で読める?】
 ☆ 勉強になりました。じつは 中身は すでに学んでいましたが 説明の仕方が 分かりやすく なっていたので。

 ☆☆ ひとつの音節を取り出して 好字(美字)を当てたようです。
 ☆ たしかに この内の《好字》という部分を真似て その昔に 《やまと》を 《養徳(ヤントック~やまと)》――ううん 苦しい!――と書いていたことがあります。《徳を養う》のなら 言うことなし。《大和》は まったく 意訳ですね。
 《飛ぶ鳥の明日香》から 《飛鳥=あすか》と読ませるなどとは 遊び好きのようです。
 《籠もり口(形状として 長い谷)の初瀬》→《長谷=はつせ・はせ》。
 《春日(はるひ)の切れるかすが》→《かすが=春日》
 《日のもと(本・下)の草香》→《日下=くさか》

 ★ 北京 Beijing
 ☆ いまだに 昔の《ペキン》あるいは《 Peking =[ ペキャン ]》と呼んでいるのは 日本とフランスくらいなのでしょうか。(全部を調べたわけではありません)。

 締めも無しにて。
 * 途中での 《 ​ 》は 原稿にないのに 出てしまいます。あしからず。
投稿日時:2008/08/28 08:58
  • 回答No.24

ベストアンサー率 14% (98/698)

こんばんは、brageloneさん。

先週あたりから夜になるとぐっと涼しくなってきましたね。

お変わりないですか?

わたくしごとながら、連日の夜更かしがたたったせいか…

(((((ゾクゾクゾク))))) 鬼の霍乱 (|||_|||) |(><)| (e_e).。oO

この前のお休みは、家から一歩も出ず、ひたすら寝て養生してました。

で、ちょい遅くなりましたが、≡≡≡ヘ( ^-^)ノ ただいますぅー!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ じつは もうわたしには 情報が不足しているのであるが このまま異議を続けます。要するに 《〈十字架〉という象徴をとおしての信仰》において 《〈髑髏〉のさらに奥の永遠の美》を見るということをしなかったという失敗であり 悲劇であると言おうとしています。

 どんなものでしょう? このような《絶望》は そうだとしたら ざらにあると言うべきではないでしょうか。しかも――しかも です―― このように《わが神から見捨てられた》そのことによって 《そのままみづからが髑髏となった》そのことにおいて じつは 見捨てられておらず 髑髏であることを免れたとこそ 言うべきではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大人(親)と子ども(子)の関係(親子の絆)のお話のように読みました。

《〈髑髏〉のさらに奥の永遠の美》=真実=子どもの気持ち(人の気持ち)

●《〈髑髏〉のさらに奥の永遠の美》を見るということをしなかったという
失敗であり 悲劇であると言おうとしています。

子どもの気持ち(心)に限らず、相手(人)の気持ちを知り得ることは不可能に近い。
不可能と、ぶっきらぼうな物言い、ぞんざいとも思えるような態度。表面的な事象。
その一面を見、そのものすべてとみなしてしまうことによって生まれる悲劇。
断絶。コミュニケーションギャップ。

●《わが神から見捨てられた》そのことによって 《そのままみづからが髑髏となった》
そのことにおいて じつは 見捨てられておらず 髑髏であることを免れた
とこそ 言うべきではないでしょうか。

断ち切れてしまったのだろうか?
いや、いまもこうして話は続いている。
おっしゃる通り“髑髏であることを免れた”と言えます。
子どもの気持ち(心)に限らず、相手(人)の気持ちを知り得ることは不可能に近い
けれど、諦めてはおらず、いまもこうして少しでも理解するべくことば綴っています。

『燃えろよ燃えろ』 
作曲者 フランス民謡 /作詞者 串田 孫一
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/i_moeroyo_moero.htm


【QNo.4259365 ブルセラという響きの中にあ】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4259365.html

タイトル「ブルセラという響きの中にあ」
《あ》は《あっ?!》なのか?
それとも…ただの打ち残し(打ち間違い)なのか?
はたまた、ア・イ・シ・テ・ルのサインの 「あ」?

『ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~』
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND56184/index.html




【語源に見る日本人の感性】
http://www.wood.co.jp/kinokokoro/no09/gogen.htm
http://www.wood.co.jp/kinokokoro/no10/gogen.htm
【二つの「え」の話~『古言衣延辨』】
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/shiryoo/eyeben/


【日本21世紀ビジョン】
http://www.keizai-shimon.go.jp/special/vision/
【21世紀日本の構想】
http://www.kantei.go.jp/jp/21century/



【QNo.3346636 日本人は 死んでいるのでしょうか】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3346636.html
【QNo.3385985 あなたの抱く《これぞ 日本人》をおしえてください】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3385985.html
【QNo.3417579 三身常住は 三位一体とどう違うでしょう】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3417579.html
【QNo.3647182 水子思想と無明と覚り】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3647182.html
【QNo.3689191 男と女】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3689191.html
【QNo.3783575 日本人は生ぬるいですか】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3783575.html
【QNo.3807611 ヘブル書に引くエレミア書の《新しい契約》とは?】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3807611.html
【QNo.3843320 《われはブッダなり》と宣言する人は】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3843320.html
【QNo.3893969 日本人は 人間ではないでしょうか】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3893969.html
【QNo.3965802 輪廻と業によれば 被害もすべて自業自得ですか】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3965802.html
【QNo.4016682 いわゆる共同体は もう望みが薄いですか】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4016682.html
【QNo.4065008 言霊の思想についてうかがいます。】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4065008.html
【QNo.4077221 自然法は もう人気がないのでしょうか】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4077221.html
【QNo.4148911 無意識ないしアーラヤ識をめぐって おうかがいします。】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4148911.html
【QNo.4199231 ブッダは 神ですか】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4199231.html
【QNo.4225294 日本は 世界のリーダーか】
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4225294.html
補足コメント
noname#80116
 お礼欄につづいて ほかの話題にかんしてです。

 ▲☆ 《メット五回ぶつけたり》の《メット》とは ヘルメットのことですか。

 ★ 【語源に見る日本人の感性】
 ☆ この方の研究に水をさすつもりはありません。全くありませんが 基本的に言って 日本語に関しては 大野晋の研究をすべて吟味した上で 独自の発想を推し進めねばならないと考えます。例示します。
 ▼ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 馬:うま →《ウマは古くから mma と発音されたらしく 古写本では〈むま〉と書くものが多い。語源は朝鮮語 mar (馬) 満州語 morin (馬)などとの関係が考えられる。》
 梅:うめ →《〈梅〉の中国音 muei を写したもの。平安時代 mme と発音したので 古写本には〈むめ〉と書くものが多い》
 (大野晋:古語辞典)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ わたしの知り得たところでは 次のような語例があります。
 ☆ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・ Nanai――― Korean ――――――――Jpn.
海: namu――― pada――――――――― wata・〔umi〕
波: vata―――〔mul-gyoe水‐木目〕――― nami
水: mue ――― mul ――――――――― midu
兎: tokse―――thokki ―――――――― usagi
石: dyolo―――tol ――――――――― 〔isi〕
地: na―――― nara〔国〕――――――― na / nara 〔奈良〕

 ・ナーナイ na-nai=《土地の‐人・国の‐人》は アムール河流域に住む人びと。 トルコ・モンゴルと同系のトゥングース語族。
 ・こう見ると ナーナイ語と日本語とでは 水 mue / midu を同じくし 海 namu / wataと 波 vata / nami とを あたかも入れ替えているかに見える。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

 ★ 【二つの「え」の話~『古言衣延辨』】
 ☆ ア行の《え(衣) e 》とヤ行の《江 ye 》の区別は ごもっともです。《米=ヨネ/ 稲=イネ》あるいは《良し=ヨシ / イシ〔オホ(大)‐イシ⇒美味しい〕》の例があるので 気になっています。つまり イネ=yine や イシ=yisi が 本来の音だったかどうかです。ただ ワ行のヰやヱやヲのように表わすには 区別が あいまいのようにも思っています。はっきりさせ得れば よいのですが。

 ★ 【21世紀日本の構想】
 ☆ 後回しです。ほかの欄にでも 書きこみます。
 えらい人たち(Aさん)は その圏域と権益を 一度 完全に放棄することから 始める必要があると思います。自己解体から始めなければならないと考えます。地方自治にかんして
 ▲ ガバナンス=協治
 ☆ という言い換えに終わらなければよいと思いますが。あとは追って。

 ☆ 次を加えておきましょう。avec mes remerciements.
 《QNo.4097397 :人が 人のあやまちを赦すことができますか = http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4097397.html
投稿日時:2008/08/27 12:30
お礼コメント
noname#80116
 Ca va bien ? NI HAO MA ?

 微妙にちがうと思われる点にだけ触れて 吟味をあおぎましょう。
 青山論文からです。
 ▲ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ホーソーン(Nathaniel Hawthorne)の『緋文字』( The Scarlet Letter )にもあるように、17世紀のピューリタンにとって神以外のもの、たとえば人間の理性などを拠り所とする自由思想は姦淫の罪よりも重い罪であった。
 きわめて常識的なことながら、もしこの時代に摂理の働きを否定したり、摂理からの離反を説いたりして人間の自由を唱道しでもすれば、神を蔑ろにした廉で間違いなく極刑に処せられたことであろう。(§8)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 《自由思想》も何も 思想も生活も何も そもそも人は 自由意志によって 生きています。問題は 《神以外のもの、たとえば人間の理性などを拠り所とする》という点にあります。
 ★ 《〈髑髏〉のさらに奥の永遠の美》=真実=子どもの気持ち(人の気持ち)
 ☆ これが 大切であることに間違いありません。宇宙広しと言えども どこまで行っても 間違いありません。ありませんが そのように人間の理性および感性として捉え得る《真実や気持ち》は 《拠り所》には これまた なりません。拠り所は 神というように根拠のないもの つまり 無根拠という根拠 これだと思うのです。
 (理性の神ではだめだと言い その神は死んだと 誰だったかが 宣言したとき もともとの・表象し得ぬ神に戻っただけだったし それにとどめておくのがよかったというやり取りをしました)。
 無根拠なる根拠を 共通のものとするゆえに 互いにコミュニケーションを進め得るのかも知れません。そうすると 奥の奥の 真実ではあるが 知りえない気持ち 自分にさえも知り得ないかも知れない真実の心 これは 知り得なくてもよいと 一たん 決め合って むしろ 表層の言葉で 意志疎通を図らなければならない。つまり この理論からいけば 表に出して表わすことが 肝心だとなります。
 詭弁であるかも知れないので 吟味をお願いしておきます。
 その他は あとに 回します。

 * ホーソーンについては 表現や発想が 時代がかっている。青山論文についても もっと柔軟に もっともっと自由に柔軟に 扱えないものかと 無い物ねだりします。
投稿日時:2008/08/27 10:10
  • 回答No.23
primeapeです。
A8犬の話を書き直します。

犬には感情があるのか」この手の問題はいつも論議になりますよね。
答えは医学的に簡単です。大脳を備えた生命は間違いなく感情があります。そうでなければ人間にも感情がないことになります。
キリスト教圏ではこの問題を科学ではなく神学の問題で解決しようとするからもたもたしている。
なぜかわかりにくいから考えたくなるのは感受性ゆえに世界中の喧騒を聞いているのです。
そうではなくて、思い当たるフシから伝ってもいいのですがいいですがその場合煩悩を自ら内包しうるかどうかの孤独な観想に行き着きます。
感受性に基づいて世間の喧騒と戦う場合、その喧騒の聞こえる場はイデア界です。
そこにあなたも居ます。
この辺はテレパシー的哲学の仕方の取っ掛かりです。
この場合わかりにくかった理由がキリスト教圏のもたもたぶりが明白で突破できれば迷いや判りにくさが自らに内包した考えではなかったことになります。
デーモン現象の話し合いもこんな感じです。

イデア界について表現したかったので修正しました。
人によっては涅槃と呼んだり私の場合標準で天界と呼びます。
哲学とは孤独な暇つぶしではなさそうです。
補足コメント
noname#80116
 primeapeさん この場をお借りします。
 ANo.25へのお応えです。(080827)

 ★ 《21世紀日本の構想報告書 / 日本のフロンティアは日本の中にある ―自立と協治で築く新世紀―》http://www.kantei.go.jp/jp/21century/houkokusyo/0120yousi.html
 ☆ 次の総論に対して 批判します。
 ▲ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 変革の核心は、
 (1)国民が国家と関わる方法とシステムを変えること、
 (2)社会における個と公の関係を再定義し、再構築することにある。
 そのためには、これまで十分ではなかった「自立」と「寛容」の精神を育てる必要がある。 ( 1(=ローマ数字).日本の巨大な潜在力)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ (1)については 
 ▲ まず、中央と地域が水平的な関係に。〔4. 2(2)〕
 ☆ というように わたしの言葉で 

  A(アマテラス公民)圏とS(スサノヲ市民)圏とが対等である

という理念を打ち出していますが 必ずしも その理念が 貫かれてはいないようです。たとえば
 ▲ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今日急速に重要性を高めているのは、言語を武器とする言力政治(ワード・ポリティクス)であり、その内容は、情報力、構想力、提案能力、表現力などである。言力政治に対応しうる能力を持つ個人が、政治家をはじめ各分野で輩出されることが重要である。(3.1)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ というように 少し意地汚く見れば このような《個人》も あくまで《A圏 の各分野で輩出されること》を 目論んでいるように思われる。そうではなく 《ムラ mura (市町村)》が 主役にならなければ 何にもならない。つまり 最初の引用の中の(2)の
 ▲ 社会における個と公の関係を再定義し、再構築すること
 ☆ の問題です。

 《 A圏統治 ‐ S圏従属 》の連関体制ではなく 
 《 S圏主導 ‐ A圏従属 》の連合制が 

わたしたちの理念です。A圏の人間は S圏の公僕であるという意味です。したがって
 ▲ そのためには、これまで十分ではなかった「自立」と「寛容」の精神を育てる必要がある。
 ☆ などという悠長なことを言っている場合ではないと思います。
 
 これが 基本です。基軸です。基礎です。その内容として
 (あ) もろもろのムラが 互いに 連携し 連帯する。国際的に 連合する。国家(A圏)には頼らない。できるだけ妨害されないように 協力しあう。
 (い) ムラの役所には 優秀な人間を募る。
 (う) 会社が 基本的に ムラ政府と連携して 社会政策の課題をも担っていく。(a)職の安定。(b)最低所得制度(したがって 高額所得者は 譲歩する。給与を減らすか 寄付をする)。
 (え) 安全保障は むつかしい。成り行きにまかせざるを得ないところがある。ただし インタナショナルなインタムライスムのもとに 経済的にも文化的にも 交流をすすめることで その基盤を築く。
 (お) このような方向に向けて 井戸端会議を 自由に 起こす。その会議じたいが すでに めざすべきインタムライスムの生活であり共生である。動態の過程である。

 * 社会的なマインドコントロールの解消と並行して。
 * 学識者が集まって作成した《構想》に対して 敬意を表しておかねばならなかったですね。
投稿日時:2008/08/27 16:15
お礼コメント
noname#80116
 primeapeさん ご回答をありがとうございます。

 これは困った。ますます分からなくなっています。
 ★ 哲学とは孤独な暇つぶしではなさそうです。
 ☆ これに全く同意しますが あとが 分かりません。犬に感情はあるかの問題がピンと来ていないのは わたしだけの特殊な現象でしょうか。

 分かっていること と言いますか 基本的にこうではないかということを書きます。繰り返しになるかと思いますが。
 1.霊長類の中でも 人間とほかの動物とでは 言葉によって意志疎通をはかるかどうかで 区分されるのではないか。
 2.霊長類ではない犬について 感情があるにしても 存在の全体として――つまり 存在関係の全体として 社会を作るかどうかで―― 基本的な区別があるのではないか。
 3.この犬の感情の問題に どうして神学がかかわると見るのか これが わかりません。
 4.意識の作用として――しかも 慣れっこになると 無意識のうちに―― 情念やいらいら・怒り・むしゃくしゃの感情を あたかも以心伝心の電磁波に乗せ 外に向けて・というのは大抵 ほかの人に対して 発散するというデーモン現象 これは ひとえに 自己防衛としての《接地(アース)》だと考えます。
 5.ただし このアース現象を 逆に わざと ほかの人間に起こさせようとする動きがあります。怒り散らすなど意識の排泄をすることによって 自分の部下や目下に 精神のごみくずを貯めさせ 《充電》させておけば その電位を下げるため 地位が下にいる人は ほかの人に向けて アースせざるを得ないのではないでしょうか。
 6.憶測です。プロのスポーツ界あるいは芸能界において よい場合もわるい場合も含めて 事件と呼ぶべきような出来事を 起こして(――もしくは すでに起きている過去の事件で明るみに出ていなかったものを 引きずり出して来て発表し――) 人びとの気持ちをそれに向かわせ 或る種の気持ちの発散をさせる。不祥事で怒りを呼ぶという場合でも 別のいやな事件がある場合には 話題や関心を その別の事件から逸らさせる。こういうマインドコントロールも ありではないでしょうか。憶測です。人心操縦術!?
投稿日時:2008/08/26 09:48
  • 回答No.22
primeapeです。
はっきり言ってしまうと、現在の私の心理構造、方や無心、方や鬼神の声と言うのは悪魔が「空」を受け取らないからでその論理は正解じみています。
メチャンコ悪魔君はつたない言葉しか操れませんので論理を表ざたにするほどの理解はありませんが。
お礼コメント
noname#80116
 primeapeさん ご回答をありがとうございます。
 内省が お盛んですね。

 ★ 現在の私の心理構造、方や無心、方や鬼神の声と言うのは悪魔が「空」を受け取らないからでその論理は正解じみています。
 ☆ たぶん おっしゃるとおりだと思います。それは 世間へと向けて開いた窓として またそのアンテナとして 《片一方では 鬼神の声》が 活発なのではないでしょうか。
 全体として そのように《無心と鬼神》とがあるというのを
 ★ 悪魔が「空」を受け取らないから
 ☆ というふうに解釈するのは primeapeさんご自身のものではないかと考えます。ご自身の経歴にかかわった特徴ですとか 単なるくせですとか あるいは 単なる表現の綾ですとか。・・・
 まぁ 悪魔をも手なづけていると考えれば そのほうが すごいことであるかも知れないと思うのですが まだまだ メチャンコ悪魔君のことは なかなか 把握がむつかしいです。
 
投稿日時:2008/08/21 22:07
  • 回答No.21
primeapeです。

☆ 前半の《空感というやつ》は 《つかの間わかった気分になる》のですね? しかしながら 《危険を感じる》ので 《空を諦めてい》るということですか? みなさんも たぶん 分かりづらいと思いますよ。

イロイロと思い巡らすきっかけになりました。
さすがに一日でどうのこうのとは行きませんが。
brageloneさんはやはり哲学の先生ですね。
ありがとうございます。
お礼コメント
noname#80116
 primeapeさん こんばんは。ご回答をありがとうございます。

 感覚的に分かる場合はいいのですけれど どっちがどうなのか分からなくなったので 訊いてみました。
 われながら 執念のごとくですね。
投稿日時:2008/08/21 19:56
  • 回答No.20
primeapeです。
>☆ たぶん 人間じたいの生まれ変わりと どうかかわるかが まだ はっきりしないように思います。

>ブッディスムには 容易に 妥協したくない思いがありますし 輪廻は そもそも ブッディスムにとって 克服すべき事態だと思うのです

前世、来世の話はまやかしであることは知識として周知なのです。

今日私はヨーグルトへの感情移入をしました。
前世と言う考え方がある以上それに対する観念と言うか物語のようなものが持ちえますが、それを手放してみました。
よく言う自らが何者でもない感覚で、生命を包み込む地球そのものの立場のさなか地上にぽつんとたたずむ私自身と言う人間、それはまるでヨーグルトでした。
つかの間わかった気分になる幸せです。
空感と言うやつです。
聖典を汚すのははばかれますが私は空を諦めています。
危険を感じるんです。
お礼コメント
noname#80116
 primeapeさん お早うございます。ご回答をありがとうございます。

 ★ 前世、来世の話はまやかしであることは知識として周知なのです。
 ☆ わかりました。輪廻の場合も ブッディスムは それまでのヱ゛-ダなどの世界観に 批判を加えるとき 相手の常識に合わせて 説明したと言いますから。合わせるということだと了解しました。

 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 よく言う自らが何者でもない感覚で、生命を包み込む地球そのものの立場のさなか地上にぽつんとたたずむ私自身と言う人間、それはまるでヨーグルトでした。
 つかの間わかった気分になる幸せです。
 空感と言うやつです。
 聖典を汚すのははばかれますが私は空を諦めています。
 危険を感じるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ここでは 前半は 分かります。最後の二文が 飲み込めません。
 ★ 空を諦めています。 / 危険を感じるんです。
 ☆ 前半の《空感というやつ》は 《つかの間わかった気分になる》のですね? しかしながら 《危険を感じる》ので 《空を諦めてい》るということですか? みなさんも たぶん 分かりづらいと思いますよ。

 ★ 輪廻転生
 ☆ を ブッディスムは 断ち切ると言うわけですが そういう前提を取り外せば 断ち切る必要もないと思うのですが。
投稿日時:2008/08/21 09:28
  • 回答No.19
たびたびprimeapeです。
今回の論議の進展を追ってみてAさんSさんの話の薬効が理解し易い雰囲気になったと思います。
マインドコントロールする立場の不本意さについていい雰囲気になりました。
brageloneさんのお考えをもう少し明かす機会はないでしょうか。
お礼コメント
noname#80116
 ひとつ前のお礼欄に書きましたように 事態は はっきり言って 深刻のようですね。
 独我論が 哲学として 訴えるところが 分からなかったのですが どうやら 公式に議論しているところが問題なのではなく 言外で胸の内に持っているところが 重要であるようです。
 《人びとよ お互い 他人のことなど 分かったものではない。いちいち 心を通わせるなどということを言わず 世の中を住み分けよ。一人ひとりが 違う動物なのだ。言葉を 幸か不幸か 持っているが それゆえ 〈われわれは〉という表現をも用いるのだが それは あくまで 互いに住み分けるために 手段として利用しているに過ぎない。その意味で 孤立せよ。それが 独立だ》とでも 言っているのでしょうか。

 すなわち もしわざわざそういう色眼鏡で見ようとするなら 《もうマインドコントロール社会なんて いやだ。糞くらえだ。われわれ人間は いっさい 互いとかかわりを持たないというのが その存在の本来のあり方なのだ》とでも 言っているでしょうか。

 ★ AさんSさんの話の薬効が・・・
 ☆ この 《A‐S》の連関ということ・この現実 これに賛意をいただいたのは 初めてです。《スサノヲイスム》について 《Q:人が おしえる・おそわるということは どういう事態か》で やはり 初めて 賛同をいただきました。

 《Q:民主主義は 日本人のお家芸か》のような質問をつづけて 歴史的な内容と哲学的な思惟とを 整合するかたちで 明らかにできればよいと思いますし その方向で みなさんに尋ねてまいりたいと思います。まだまだ分からないところが 多いですね。ある程度 考えが進んだ部分で 質問するという形になるのは 仕方ないですね。
投稿日時:2008/08/21 00:31
27件中 1~10件目を表示
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ