• 締切
  • すぐに回答を!

銀行融資に関して

  • 質問No.4236758
  • 閲覧数319
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 77% (127/163)

歯医者です 今、開業する準備をしています。 銀行に融資をお願いしています。 銀行の担当者は、問題がないといっておりますが、心配があります。 その心配とは、私は、債務整理中なのです。 このことが、融資に影響がありますか? 教えてください。 ちなみに、銀行には私が、債務整理中のことは、伝えていません。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 76% (1060/1383)

個人融資審査経験者です。
事業融資の場合は少し違うのですが、開業資金となると過去の事業実績がないため、当然に開業する当人の「信用情報」も影響してくるものですから。

> 銀行融資の審査にては、銀行ではどんな風にわかるのですか?
その銀行が加盟している『個人信用情報機関』にご質問者さまの『個人信用情報』を照会します。
それで、ご質問者さまの「過去の信用状況」が分かります。

融資の際に影響するのは『個人信用情報』です。
簡単に言えば、『個人信用情報』は、『個人情報』の一部です。
「個人情報」のうちの「個人を特定できる情報」とその特定できた個人についての「信用」についてを集約した情報が『個人信用情報』で、個人個人の『個人信用情報』は『個人信用情報機関』という組織に集約されています。
現在、日本には大きく5つの『個人信用情報機関』がありまして、正規に(=法律に則って)「お金を貸すことやそれに準じることを業としているもの」(金融機関、消費者金融業者、クレジット会社、信販会社、保証会社など)は、必ずいずれかの機関に加盟しています(複数の機関に加盟している場合もあります)。
・全国銀行個人信用情報センター
・CIC
・CCB
・全国信用情報センター連合会
・テラネット
の5つです(保証協会は、融資に当たって保証をしてもらうところですので『個人信用情報機関』ではありません。なお、各県等にある保証協会は「全国銀行個人信用情報センター」に加盟しています)。

加盟していなければ、例えば、新規に誰かにお金を貸す際に、その人の「信用」についての情報を得るすべがなく、非常に高い「リスク」を負う可能性があるからです。

ご質問者さまのところに、普段は全く付き合いのない人がお金を借りに来たとします。
ご質問者さま自身は全く付き合いがないけれど、その人には「お金を貸しても返してくれない」「なんだかんだ理由をつけて返済期限を引き延ばした」「実は自己破産している」という「噂」を耳にしています。
そんな人にご質問者さまはお金を貸す気になりますか?
その「噂」=『個人信用情報機関に登録されている個人信用情報』なんです。
金融機関とてボランティアでお金を貸しているわけではなく、それを『業』としていますからね。
ましてや、貸すお金の原資は、お客さまが信頼して預けてくださっている預貯金です。

「過去は過去。自分の未来を信じてほしい。」と言われても、何を以って信じられますか?
獲らぬ狸の皮算用はできません。
「信用」についても「過去の行い」で判断するしかないんです。

> 「個人情報」は、消費者金融に登録されていますが、登録の際の話では、「弊社の与信審査のみに使われる」といっていましたから
それが「個人情報」だから、そう言ったのかもしれませんね。
『個人信用情報機関』と『加盟会員』との契約により、契約内容は「全件登録」が義務付けられています。
ですから、『個人信用情報』は、必ず『個人信用情報機関』に登録されているはずですよ。
「まともな消費者金融業者」ならば。

一度、その消費者金融業者が加盟している『個人信用情報機関』がどこかを調べてみてください。
そして、その『個人信用情報機関』に「本人情報の開示」請求をしてください。
そうすれば、ご質問者さまの『個人信用情報』がどう登録されているかわかります。
そして、その登録内容によって、全く問題がないのか、懸念があるか…程度は分かります。
実際の審査は、その銀行の担当者でなければ、どうなるかは分かりません。

でも、場合によってはご質問者さまが債務整理中であることは、銀行にも「バレ」ます。
債務整理中であることを「正直に」言わなかったことで、さらに印象はよくない…んですよね。
「正直ではない人」も「信用」に値しないので…。
お礼コメント
kghhst

お礼率 77% (127/163)

本当に有難う御座いました。
期待される歯医者になります。
投稿日時:2008/08/09 18:32
  • 回答No.2

ベストアンサー率 48% (5532/11451)

> 銀行融資の審査にては、銀行ではどんな風にわかるのですか?

正式名称は忘れてしまいましたが、
信用情報センターや保証協会といったところに信用の確認をします。
生年月日などで検索しますので、過去何年かの他社での借り入れ状況も分かります。

銀行に分からなければ、自ら不利な情報を知らせたくない気持ちはお察しできますが、
審査状況がご不安ならば、融資担当者にそれとなく聞いてみてはいかがでしょうか?
債務整理中の者には、絶対に融資不可というわけではありませんので、
結局は、銀行側の判断になります。
歯科医という特殊な職業でもありますので、
一般の方々への融資基準とは微妙に異なるかも知れません。


ところで、歯医者さんは、一般医療のように大学病院等の研究機関がほとんどないので、
食べていくには、基本的に、即開業が必要なようですね。
いずれにしろ、融資が通ることをお祈りします。
良い歯医者さんになって下さい。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (5532/11451)

影響の「ある」「なし」だったなら、無いはずがありません。
その結果、融資がダメになるかは、また別な問題です。

融資の際には、個人情報を調べますので、
債務整理中かどうかは銀行に分かってしまいます。
お礼コメント
kghhst

お礼率 77% (127/163)

ありがとうございます。
「個人情報」は、消費者金融に登録されていますが、
登録の際の話では、「弊社の与信審査のみに使われる」と
いっていましたから、銀行融資の審査にては、
銀行ではどんな風にわかるのですか?
教えてください。
投稿日時:2008/08/08 18:13
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ