• 締切済み
  • すぐに回答を!

日米安全保障条約は延長すべきか?

私は大学4年生の者で今授業で日米安全保障条約について学んでおります。そこで皆様に質問があります。 日米安全保障条約は延長すべきか? 賛成それとも反対か。根拠のある理由まで添えて宜しくお願いします! 皆様のたくさんのご意見お待ちしております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数615
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.6
  • teccrt
  • ベストアンサー率35% (91/257)

僕も現状はで日米安保の維持に尽きると確信しているので、既出の方々と意見は同じです。 ただ、日米安保は日本だけの都合で成り立っている訳ではなく、当然もう片方のアメリカの都合もあるわけですから、先々の日米関係については最重要国だからこそ念入りな研究と対応策を講じておく必要があると思います。 日本は、台頭する中国、資源を武器に強気のロシア、相変わらずやくざな北朝鮮を相手にしつつ、自国は高齢化社会と社会経済が成熟から衰退に向かっている状況ですから、なおさら日米安保が重要です。 ただ、アメリカにとっては、日本の経済的地位の没落によって日本を特別待遇するメリットが薄くなり、中国を最重要パートナーとする(もしくは、最低でも日中両国を同レベルで扱う)方がメリットがある時代がいつかはやってきます。 日本は、その時に備える必要があるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

賛成です。 そもそも明確に反対の人はいったいどこにいるのでしょう? 反対の人はおそらく「何となく」とか「軍事同盟自体なんか良くない」って言うあやふやなものじゃないでしょうか? 日米安保否定論者で、現実的な安全保障論など聞いた事がないです。 では、どこと組むか? 日中?日露? 軍事的にも、国民合意が得られる可能性も両方ないでしょう。 日中安保・日露安保が締結されたら、アメリカの最大の仮想敵国になります。 まあ、素朴になんとなく日米安保は嫌だなって言う人は、軍事同盟そのものを嫌ってるわけです。 つまり集団的自衛権を否定してる訳ですから、日中・日露の関係もせいぜい平和条約止まりで、安保を結ぼうなどと考えてる人はよほど特殊な人です。 では、どことも軍同盟を結ばなければ、日本単独で安全保障を考えなくてはなりません。 そのためには核武装も必要でしょう。 しかし、この件について国民的合意が得られる可能性は0%です。 そもそも、外国から侵略された場合どうするかという問いに、 80%の人間が「逃げる」「戦わず降伏する」と答えてるんですから。 残りの20%が戦う意思があっても、これではどんな小国から侵略されたとしても、日本一国で国を守れるはずもありません。 台頭する中国、中露の接近、危うい半島情勢、これから予想される米中の覇権争い、どのような観点から考えても、日米安保は堅持でしょう。 ただアメリカに対しては、「日本はいつか核武装して、日本単独の安全保障政策に切り替えるのではないか?」と言う余地は必要だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

現状は、心情としては反対ですが、現実問題としては、延長すべきだと考えます。 日米安保を延長しないのであれば、自前の自衛隊を軍隊とするか、ほかに同盟を組んで安保条約を結ばざるをえません。 現状アメリカ以外で安保を組める相手といえば、中国、ロシアになりますが、正直日本政府は両国を信用しきれないでしょうし、 アメリカがこれに反対します。アメリカは、現状中国との覇権争いになることを想定して、グアムへの米軍移転を考えていますので、 日本を易々と手放して中国にくれてやろうとは考えていません。 日本の政治家は、そのほとんどがアメリカに首根っこを押さえられている状況で、アメリカと対立するであろう、他国との安保条約には、 日本の政治家は、踏み出せませんので、改憲して自衛隊を軍隊とするという手段をとることになります。 独立国という立場を日本に求めるのであれば、軍隊を自前で持って(軍隊を自前で持たない国は、国とは本来いえませんから) 外交に力を入れて、日本の正当性を訴えなければなりません。 そのための政治力が現状あるかどうかを考えると、非常に不安です。 だから、本来早々に改憲し、国としてのあるべき姿をもたらすべきですが(自民党の結党理由は本来これでした)、 日本の政治を考えると、アメリカ協調路線をとっている方が安全です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

集団的安全保障は、現実に安全を保障するわけではなく、逆の結果を招くこともあるという、名と実がちぐはぐなものですが、基本的に極東の情勢を鑑みるに、問題は安全保障条約そのものではなくて、何らかの変化が起こること自体に問題があります。 つまりは戦後60年、安定してきたパワーバランスをわざわざいじるような情勢にはないということです。だから延長するのは一番、無難といえます。変化させるほどの理由が全くありません。 少なくとも、日米安全保障条約が解消されるには、(1)朝鮮半島の終戦と分断の解決のめどがつくことと、(2)日中関係が進展して日中不可侵条約ないし、安全保障条約が締結されること、の二点のうちのいづれかが起こるひつようがあります。これに加えて、日露間での何らかの条約が新たに結ばれることが望まれます。 極東には冷戦時代の対立構造がまだ残っているという明らかな事実からいって、このような変化がなければ、日米安保は、その初期の成立条件を依然として保持しています。よっていまさら、解消することは非論理的で、解消すれば日本にとって好ましくない状況が生まれる可能性は否定できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

NATOのような集団安全保障体制の枠組みに入れば不要ですが、東アジアの現状でそのような大きな枠組みを構築できる政治的素地が醸成されていない現状では、続ける以外に無いでしょう。つまり、アメリカをハブとした擬似集団安全保障体制です。 日米安保で最大の問題となるのは、巨額な思いやり予算と基地周辺地域住民の騒音被害問題などですが、安全保障条約を結んでいるからといって、常に米軍の実働兵力を国内に駐留させなければならない道理もありませんので、削減は論理上可能でしょう。但し、フィリピンに於けるスプラトリー諸島問題の推移のような例もありますので、兵力の移動は慎重に行う必要があります。 結局、日米安保を廃止して米軍に退場頂くとしても、それまで支払っていた米軍基地維持経費分程度の予算は、軍事的空白部分を埋め合わせる為に支出せざるを得ない事になるでしょう。そうなれば、米国と疎遠になって予算面でも差し引きゼロ、と言った状態になるだけですから、現状より有利な環境が現出するとも考えられません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

素人ですが、日米間の関係は切っても切れない間柄にあると思います。 また日本は自衛の手段に乏しく、どう考えても、 米軍の加護なしでは自国防衛の術がありません。 安易に日米安全保障条約を破棄することはできないでしょう。 軍備に頼らないで済む時代、核の脅威が無い世の中であれば、 そういった条約も不要だと考えますが、否応なく延長はすべきです。 ただし、名目も「テロとの戦い」と意義が衰えています。 再定義という意見には賛成できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日米安全保障条約のことで。

    日米安全保障条約の中で、  アメリカ合衆国の本土が攻撃された場合、  日本はアメリカ合衆国の防衛に協力する義務   はないんですか? 日米安全保障条約には日米の相互防衛義務が 定められているという事で、 日本には前述のような義務があると思ったのですが。

  • 日米安全保障条約

    日米安全保障条約はなぜ締結されたのですか? そして利点はなんですか?

  • 日米安全保障条約について

    日米安全保障条約が無くなると、中国が日本に攻めて来ると言う人も居ますが、どうなのでしょうか。

  • アメリカの対日外交政策と日米安全保障条約について

    アメリカの対日外交政策と日米安全保障条約について 日米安全保障条約についてはそれこそ様々な議論がなされていますが、当方の政治外交についての見識が著しく未熟な為にいまいち全容を掴みきれません。そこで質問なのですが、日米安全保障条約において、日本とアメリカ双方にとってメリットとデメリットは何なのでしょうか。 もちろん、日本は法の上で軍隊を持たないわけで、米軍を日本に駐在させることによって他国の脅威を牽制していたりする一方で、果たしてもし米軍の駐在が無かったとしたら日本は脅威にさらされるのかどうか疑問です。また、米軍の駐在の軍事費用を日本が負担しているとも聞きますし、そういったことに関して日本の日米安全保障条約に対する外交政策はどういったものになっているのでしょうか。 また、アメリカ側の日米安全保障条約を絡めた日本への現在の外交政策はどういったスタンスを取っているのでしょうか。軍事費を抑えながらアジア圏において影響力を強めるには、日本に軍事基地を構えることは大きなメリットに思えますが、現在のアメリカの日本に対する外交政策に関して、アメリカ側にとって足りないもの、改善すべきものなどがありましたら教えてください。 長々と書き連ねてしまいましたが、一番知りたいところは、日本側の視点からの日米安全保障条約に関する対米外交政策の評価と改善点です。日米関係の為に、日本がこれから取ったほうがよい外交政策などがあれば詳しく教えて下さい。よろしくお願い致します。

  • アメリカの対日外交政策と日米安全保障条約について

    日米安全保障条約についてはそれこそ様々な議論がなされていますが、当方の政治外交についての見識が著しく未熟な為にいまいち全容を掴みきれません。そこで質問なのですが、日米安全保障条約において、日本とアメリカ双方にとってメリットとデメリットは何なのでしょうか。 もちろん、日本は法の上で軍隊を持たないわけで、米軍を日本に駐在させることによって他国の脅威を牽制していたりする一方で、果たしてもし米軍の駐在が無かったとしたら日本は脅威にさらされるのかどうか疑問です。また、米軍の駐在の軍事費用を日本が負担しているとも聞きますし、そういったことに関して日本の日米安全保障条約に対する外交政策はどういったものになっているのでしょうか。 また、本題としてはこちらのほうが知りたいのですが、アメリカ側の日米安全保障条約を絡めた日本への現在の外交政策はどういったスタンスを取っているのでしょうか。軍事費を抑えながらアジア圏において影響力を強めるには、日本に軍事基地を構えることは大きなメリットに思えますが、現在のアメリカの日本に対する外交政策に関して、アメリカ側にとって足りないもの、改善すべきものなどがありましたら教えてください。 長々と書き連ねてしまいましたが、一番知りたいところは、アメリカ側の視点からの日米安全保障条約に関する対日外交政策の評価と改善点です。よろしくお願い致します。

  • サンフランシスコ条約と日米安全保障条約の9年の間になにがあったのか

    日本はサンフランシスコ条約を締結しておきながら、9年後に日米安全保障条約を結んでいます。 9年の間になにがあったんでしょうか。。。

  • 日米同盟の自動延長

    日米安全保障条約10条に関する外務省の解説を読むと 予告した一年後には一方的に解消可能というふうに理解できます。 これは英米同盟などに比べて特殊なものでしょうか? <引用> 日米安全保障条約の解説 ○第10条  この条文は、日米安保条約は、当初の10年の有効期間(固定期間)が経過した後は、日米いずれか一方の意思により、1年間の予告で廃棄できる旨規定しており、逆に言えば、そのような意思表示がない限り条約が存続する、いわゆる「自動延長」方式である。本条に基づき、1970年に日米安保条約の効力は延長されて、今日に至っている。

  • なぜ安全保障条約は日米同盟と呼ばれるようになった?

    なぜ安全保障条約は日米同盟と呼ばれるようになった? 日米同盟は、以前は安全保障条約と呼ばれていたと思います。 なぜ呼び方が変わったのでしょうか?

  • イギリスと日米同盟

    日米安全保障条約は当時のイギリス政府にとって何か重要な意味を持ちますか?また、イギリス政府はどの程度安保条約の成立に関与していましたか?

  • 日米安保

    日米安全保障条約・岸信介内閣総理大臣・かんばみちこさんという女性 この3アイテムを含む日米安保についての説明文をどなたか提供してください。